ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「システム開発」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
システム開発 − TechTargetジャパン

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(39):
アジャイルだか何だか知らないけれど、ドキュメントがないのでシステムは未完成ね
IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「システム開発におけるドキュメントは、何のために必要か?」を解説する。(2017/4/17)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「超高速開発ツール」
人的スキルに頼らず高速なシステム開発ができるといわれる「超高速開発ツール」。そのスピードをフルに生かすためにも、メリットや留意点を理解しておきましょう。(2017/3/28)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(4):
ユーザーの協力義務(ゆーざーのきょうりょくぎむ)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/3/27)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(3):
ベンダーのプロジェクト管理義務(べんだーのぷろじぇくとかんりぎむ)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/3/24)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(2):
米Google SREディレクターに聞く、運用管理の意義、価値、役割
デジタルビジネスの競争が激化し、システム開発・運用の在り方がビジネスの成果に直結する状況となっている。こうした中で、運用管理者の役割も「担当システムの安定運用」から大きく変わりつつある。今回は、Googleの巨大なサービス群とインフラを支えているSRE――Site Reliability Engineer(サイト信頼性エンジニア)に、今、運用管理者が持つべき視点、マインドを探ってみた。(2017/3/17)

デジタルビジネス時代、「情シス不要論」の真意とは?:
PR:中央電力に聞く、「不要な情シス」と「頼られる情シス」
およそ全てのビジネスをITが支え、IoT、X-Techといったデジタルビジネスも活発化している現在、システム開発・運用の在り方が収益・ブランドに直結する時代となっている。こうした中で、「ビジネスに寄与しない、システムのお守りしかできない情報システム部門(以下、情シス)はもういらない」といった「情シス不要論」が一部で囁かれ続けている。煽情的に語られることが多いこの言葉だが、具体的には何を意味するのか? 自由化を背景としたシビアな電力市場で自社ビジネスを支える傍ら、自ら「情シス必要論」を提唱している中央電力 情報システム部 課長 山下光洋氏に話を聞いた。(2017/3/1)

今、なぜPuppet Enterpriseを採用するのか:
PR:NTTデータに、統合開発クラウド基盤でPuppetを採用した理由と注意点を聞いた
NTTデータは、全社のシステム開発環境をクラウド上に集約する「統合開発クラウド」を構築している。この開発クラウドでは、インフラ自動化のためのツールとして「Puppet Enterprise」を採用している。その理由と、自動化における注意点を、NTTデータの菅原亮氏に聞いた(2017/3/1)

ルノー・日産、無人運転の公共交通システム開発へ
ルノー・日産アライアンスが、公共交通機関を管理する仏企業と、無人運転車を使った公共交通システムの開発を目指すと発表。(2017/2/28)

PR:こんなことまでサポート!? 迅速なサービス立ち上げに貢献するIIJのIoTソリューション
モバイル通信ネットワークからサーバ、システム開発などまで、トータルでIoTビジネスをサポートするIIJ。同社をパートナーとして、いち早くIoTビジネスを軌道に乗せようとしている企業に、同社の強みを聞いた。(2017/2/28)

5G商用化、進む企業連携 KDDIはセコム、ドコモはALSOKとシステム開発
携帯大手3社の第5世代移動通信の商用化に向けた道筋が明らかになってきた。(2017/2/23)

AWS Lambdaで始めるサーバレスアーキテクチャ入門(1):
アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいサーバレスとAWS Lambdaの基礎知識
システム開発の常識を覆す「サーバレスアーキテクチャ」について「AWS Lambda」を使って構築方法を学ぶ連載。初回は、サーバレスアーキテクチャの仕組み、メリット、Lambdaの特徴と留意点について。(2017/2/23)

手作業による運用管理からの解放
DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。(2017/2/22)

ベンチャーニュース:
大手システム開発会社、自律移動型ロボット開発ベンチャーに出資
TISは、新たなロボットサービスの市場創造を目指すため、同社のベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」を通じて自律移動型ロボット開発ベンチャーのSEQSENSEに出資することを発表した。(2017/2/21)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(2):
準委任契約(じゅんいにんけいやく)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約にかかわる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/2/20)

ロボットやドローンにも応用:
産総研、小型で高出力の燃料電池システム開発
産業技術総合研究所(産総研)とアツミテックは、小型で高出力の燃料電池システムを共同開発した。(2017/2/14)

ビルド、デプロイ、テストの自動化を実現:
富士通、アプリケーションフレームワーク「INTARFRM」の最新版をリリース CI支援機能を実装
富士通は、システム開発を支援するアプリケーションフレームワークの最新版「INTARFRM Professional Edition V16」をリリース。CI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)支援機能を新たに実装し、アプリケーションのビルドやデプロイ、テストの自動化を実現する。(2017/2/9)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(1):
請負契約(うけおいけいやく)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約にかかわる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/2/8)

組み込み開発ニュース:
スペイン企業との提携により、要求品質を高めるソフトウェアを提供
SOLIZE Engineeringは、スペインのThe REUSE Company(TRC)と戦略的提携をし、TRCのソフトウェア「RQS」とその関連サービスの提供を開始した。RQSは、システム開発で重要となる要求記述の品質を高めるソフトウェアツール群だ。(2017/2/1)

スピーディなビジネス展開を実現する「新たな仕組み」とは?:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てる開発・運用」に変革する12の要件
IoT、X-Techをはじめ、国内でもデジタルビジネスが活発化し、システム開発・運用には一層のスピードと柔軟性が求められている。だが従来型のやり方では、現在の市場環境変化に追従することはもはや難しくなりつつある。では、デジタル時代に即した開発・運用の新しい「仕組み」とはどのようなものなのか? 日本ヒューレット・パッカードに話を聞いた。(2017/1/31)

小型ロボで天井裏点検 千葉工大、大成建設とシステム開発
千葉工業大学は、大成建設と共同で小型ロボットを使った天井裏点検システムを開発した。(2017/1/24)

B2Cでのコード販売も可能、価格は需要に応じた変動制:
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が他言語化対応
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が英語UIに対応。ソースコードを相互に利用できる環境を整えることで、グローバル対応も含めたシステム開発のコスト削減や開発速度と効率の向上を支援する。(2016/12/22)

オープンソースビジネス勉強会:
システムインテグレーターにとって、オープンソースは難しい?
これからのSIerが取り組むべき「差別化」戦略の有効な手段は、オープンソースの活用。そこで、オープンソースビジネスの特徴の1つである、ユーザー企業やシステムインテグレーターが行う「システム開発においてオープンソースを活用するビジネスモデル」について解説します。(2017/1/20)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」で画面はどう設計する? 第5回
システム開発を進める上での強力なトレーサビリティーツール「システム開発地図(System Development Map)」を解説。第5回は、システム要件定義における重要事項である画面設計について、システム開発地図に落とし込みながら進める方法を解説します。(2016/12/21)

もう迷わないシステム開発:
ドメインモデル作成の5つの注意点 第4回
システム開発を進める上で強力なトレーサビリティーツールとなる「システム開発地図(System Development Map)」について解説。第4回は、概念モデル、用語集、ドメインモデルの話を中心に、システム開発地図の成果物間にあるフィードバック関係にフォーカスします。(2016/12/14)

太陽光発電で電力安定供給 積水化学と京セラ、屋内型蓄電システム開発
積水化学が開発した大容量フィルム型リチウムイオン電池の事業化第1弾で、京セラの太陽光発電の電力を効率よく充電できるハイブリッド型パワーコンディショナーと組み合わせてシステム化した。(2016/12/13)

JIMTOF2016:
インダストリー4.0の世界を容易に、ドイツ発ベンチャーが描く工作機械のスマホ化
板金加工業専用のシステム開発やサポートを行うエフエーサービスはドイツのトルンプグループの工場向けIoTプラットフォームサービス「AXOOM」の国内提案を推進。「JIMTOF2016」において、異種環境を吸収し加工ノウハウをアプリで提供する将来像を示した。(2016/12/7)

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ
がん患者の臨床データなどをAIで解析し、診断や治療の精度向上につなげるシステムを国立がん研究センターや産総研らが開発する。(2016/11/29)

クラウド上で事故予測、ドライバーに警告 パイオニア、車に後付けできるIoTシステム開発
パイオニアは、事故リスクが高いと予測した場所でドライバーに警告する安全運転機能を、既販売車に後付けできるIoTシステムを開発した。(2016/11/25)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」の使い方と作り方 第3回
システム開発を進める上で強力なトレーサビリティーツールとなる「システム開発地図(System Development Map)」について解説。第3回は、地図の見方と、業務フローを記述する具体的な手順を解説します。(2016/12/1)

ET2016会場レポート:
IoT時代の組み込みシステム開発はどう変わる? 求められる新たな要素とは
「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)の特別講演として経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 課長の滝澤豪氏が登壇。「組み込みシステム産業の課題と政策展開について」をテーマに、IoTや組み込みシステムなどIT産業に対する政府施策と今後の発展に向けての取り組みを紹介した。(2016/11/22)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」の導入で現場はどう変わるのか 第2回
システム開発を進める上で強力なトレーサビリティーツールとなる「システム開発地図(System Development Map)」について解説。第2回目は、システム開発地図のコンセプトと、システム開発にどのように役立つのかを解説します。(2016/11/17)

ITエンジニア職業図鑑(11):
IoTブームで注目されるハードとソフトの架け橋――制御・組み込みエンジニア(制御システム開発/ファームウェア開発/組み込みソフト開発技術者)
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第11回は「制御・組み込みエンジニア」を解説する。(2016/10/24)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」でトレーサビリティーを導入しよう! 第1回
システム開発を進める上で強力なトレーサビリティーツールとなる「システム開発地図(System Development Map)」について解説します。第1回目は、システム開発にトレーサビリティーの導入が必要な背景やメリットを考察します。(2016/11/7)

FRONTEO/O2:
製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業
FRONTEOは、製造業向けのコンサルティング事業を展開するO2と、製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業すると発表した。(2016/9/6)

製造ITニュース:
製造業における技術継承の支援システム開発で協業
FRONTEOとO2は、製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業し、コンサルティングおよびシステム導入のサービスを提供開始する。両社の技能伝承ソリューションと人工知能を連携させ、企業ごとの専用ナレッジ検索システムを作る。(2016/9/1)

業務部門で完結できるITインフラを考える
「誰もが使える簡単な操作性」だけでは足りない全社ツールの必須条件とは
現場のスタッフがシステム開発と変更に対応できると、状況の変化に合わせた即時回収が可能になる。しかし、「誰もが使える簡単な操作」のほかにも注意すべきポイントがある。それが「コスト」の問題だ。(2016/9/1)

中心人物が提示した「転職の条件」とは:
PR:「デスマーチは起こさない」企業が目指す「日本で一番良い開発環境」の在り方と開発ポリシー
セプテーニ・オリジナルは、インターネット広告事業を手掛ける「セプテーニ」の子会社として、システム開発を行う企業だ。同社ではアトラシアンの「JIRA Software」「Bitbucket Server」「Confluence」「Bamboo」といったツール群を導入し、アジャイル型の開発手法を推進している。同社のエグゼクティブエンジニアとマネージャーに、導入の経緯や現在の活用状況、今後のビジョンなどについて聞いた。(2016/8/29)

【連載コラム】医療ITの現場から
医療従事者が喜ぶ、マニュアルいらずで直感的なシステム開発のコツ
医療現場のスタッフ指導の場面では、多忙のためにマニュアルを作れなかったり、そもそも使わなかったりするケースが多い。この医療現場ならではの課題の中に、システム開発のヒントが隠れているのではないだろうか。(2016/8/22)

OSSのプロフェッショナルが導入や運用にまつわる不安を全て解消:
PR:OSS活用のハードルを解消する「サイオス OSSよろず相談室」が選ばれる理由
IoT、FinTechトレンドも本格化している現在、システム開発・運用には市場環境変化に追従できるスピード・柔軟性が求められている。こうした中、バージョンアップやサポート条件などベンダー側の事情に縛られず、必要なとき、必要な機能を無料で導入・活用できるオープンソースソフトウェア(以下:OSS)は企業に不可欠となっている。だが導入においては「スキルの不安」「万一の障害時の不安」など複数の懸念材料がある。ではどうすればOSSを安心して使えるのか?――OSS導入・活用サポートサービス「サイオス OSSよろず相談室」を展開するサイオステクノロジーに話を聞いた。(2016/8/22)

迅速なシステム開発・運用を目指す「DevOps推進協議会」が発足
ビジネスへの俊敏な対応を可能にするITサービスの開発と運用を目指して「DevOps推進協議会」が発足。日本IBM、NECなど6社が参画している。(2016/8/2)

ヤマト、MVNO支援を生かしてIoT事業者にセットアップ技術と物流ノウハウを提供
ヤマトシステム開発は、MVNO支援プラットフォームなどで培ったセットアップ技術と物流ノウハウをIoT関連機器事業者へ提供。5月からシャープのモバイル型ロボット電話「RoBoHoN」のセットアップ支援をスタートした。(2016/7/29)

車載情報機器:
アルパインが車載システム開発に「Watson IoT」を活用、快適なドライブの実現へ
アルパインと日本IBMは、自動運転時代を見据えた次世代車載システムの開発に着手したと発表した。アルパインの車載機器とIBMの自動車業界向けIoTソリューション「Watson IoT for Automotive」を組み合わせることで、ドライバーや同乗者に合わせて快適なドライブを提供するシステムになるという。(2016/7/27)

設計開発ツール:
エレクトロビット、ハードウェアに依存しない自動運転システム開発ツールを発売
エレクトロビットは、自動運転車に向けたオープンプラットフォームのソフトウェア開発ツール「EB robinos」を発表した。ハードウェアに依存しないソフトウェアのみのソリューションで、AUTOSARソフトウェアコンポーネントを含むAUTOSAR仕様の基本ソフトウェア上で動作する。(2016/7/19)

プロジェクト成功確率向上の近道とは?(3):
残業も減らせる!? 上級エンジニアになるためのDesign Doc超入門
ITシステム開発の問題点の一つであるコミュニケーションの失敗。本連載では、これを防ぐ方法としてお勧めしたい3つのドキュメントを紹介していく。今回は、「技術視点」のドキュメントとして、2000年代以降注目されている「Design Doc」について解説します。(2016/6/21)

物理モデリング環境「Simscape」で支援:
PR:1Dシミュレーションで実現する車載システム開発のフロントローディング
自動運転技術をはじめ自動車の進化は加速している。その進化を実現するには、詳細設計における個別最適だけでなく、車載システム全体の最適を図る必要がある。その手法として注目を集めているのが、開発プロセス上流で行う「1Dシミュレーション」だ。(2016/6/15)

設計プロセス改革で競争力強化を支援:
PR:最大70%まで設計工数を自動化できる驚きの3Dソリューション
CADやCAEなどを活用した3D設計プロセスを革新するには何が必要なのだろうか。設計現場に密着してのプロセス分析、工数削減や効率化などに求められる課題解決に向けた具体的な提案、そしてその提案を実現するシステム開発力によって、最大70%まで設計工数を自動化した事例がある。その背景にはキヤノングループ内で培ったノウハウがあった。(2016/6/1)

海外医療技術トレンド(14):
急展開した米国サイバーセキュリティ法が医療機器開発に及ぼす影響
ホワイトハウス主導の米国サイバーセキュリティ法が2015年末から急展開を始めている。同法は保健医療分野の製品/システム開発にどのような影響を及ぼすのだろうか。(2016/5/26)

顧客にとって「本質的(マジ)で価値ある」とは、どういうことか?:
PR:今、最も勢いのあるFinTech企業の1つ「freee」が明かすクラウドサービス開発の裏側とエンジニアの価値
中小企業向けクラウド会計・給与ソフトを開発・提供するfreeeにおけるシステム開発の事例や人材採用・育成戦略から、「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法をITアーキテクトの視点で考察したい。(2016/5/26)

これがデスマーチの実情か……SEが無茶なシステム開発に奮闘する自主制作アニメ「こうしす!」2年越しで「第2話」が公開に
第1話公開から2年の歳月を経て完成。(2016/5/20)

IoT/M2M展:
村田がBLEメッシュ用いたシステム開発中、なぜ?
村田製作所は、「第5回 IoT/M2M展」(2016年5月11〜13日/東京ビッグサイト)で、開発中のBluetooth Low Energy(BLE)メッシュを活用した屋内位置推定システムを展示した。(2016/5/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。