ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T-Kernel」最新記事一覧

組み込み機器にROSを、イーソルがエンジニアリングサービスを提供
イーソルが、組み込みシステムにオープンソースのロボット制御フレームワークである「ROS」を適用するエンジニアリングサービスを開始した。(2016/9/21)

RTOSとClangコンパイラを一体化、準備から解析までの組み込み開発プラットフォーム
京都マイクロコンピュータが、組み込み用開発ツール群とRTOSを統合したソフトウェア開発プラットフォーム「SOLID」を発表。開発準備からデバッグまでを快適にこなせるツールとして訴求する。(2016/6/2)

半導体メーカー7社、IoT向け組み込みモジュール「IoT-Engine」で協業
トロンフォーラムの提唱するIoTエンドデバイス向けの組み込みプラットフォーム「IoT-Engine」に、東芝やルネサスなど半導体メーカー7社が協力する。各社が自社の強みを打ち出しつつ、デバイスがクラウド間の連携機能により“総体的”に働くIoTの実現を目指す。(2016/4/27)

パーソナルメディア、マルチOS対応の小型開発ボード「T-Kernel 2/MIPS-M150ボード」
Ingenic Semiconductorの「M150」を搭載し、T-Kernelを含むマルチOSに対応した開発ボード「T-Kernel 2/MIPS-M150ボード」をパーソナルメディアが販売開始した。(2015/12/8)

パーソナルメディア スマートGUIサーバ:
組み込み機器をスマホで制御、コスト削減や開発期間短縮に効果!
パーソナルメディアは、Webブラウザから組み込み機器をコントロールできるソフトウェア「スマートGUIサーバ」を開発。2016年2月1日より出荷を開始する。(2015/12/7)

トロンフォーラム IoT-Engine:
IoTエンドデバイス向け組み込みプラットフォーム「IoT-Engine」
トロンフォーラムは「2015 TRON Symposium(TRONSHOW)」の開催概要を発表。TRONプロジェクトリーダーの坂村健氏がIoTエンドデバイス向けの組み込みプラットフォーム「IoT-Engine」の存在を明らかにした。(2015/12/7)

スマホ画面から組み込み機器を制御できる「スマートGUIサーバ」
パーソナルメディアが、スマートフォンなどのWebブラウザから組み込み機器を操作できる制御用ソフトウェア「スマートGUIサーバ」を発売する。(2015/12/7)

隠し球「IoT-Engine」も登場、「2015 TRON Symposium」開催概要発表
トロンフォーラムは2015年12月9日より開催する「2015 TRON Symposium(TRONSHOW)」の概要を発表した。坂村教授からは“隠し球”の「IoT-Engine」も紹介された。(2015/12/7)

ET2015特別企画:
PR:最新SoC「Merlin Falcon」から多彩な採用事例まで、AMD 組み込みプロセッサの全てを体感
組み込み機器の画像処理能力への要求はマシンビジョンや4Kの普及でより高まっており、その全てを受け止めるべくAMDが投入するのが、最新SoC「Merlin Falcon」だ。ET2015の同社ブースではMerlin Falconの性能をくまなく確認できる他、多彩な同社製品の採用事例もチェックできる。(2015/10/28)

TRON:
トロンフォーラム、IoT技術の標準化部門を新設
トロンフォーラムがIoTの技術標準化や普及を推進する部門として、「IoT作業部会(IoT WG)」を設立した。(2015/9/30)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
組織体制もISO26262対応済みのジェイテクト、ADAS時代の機能安全は「冗長設計」
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「IoT時代の自動車に求められるISO 26262と車載セキュリティ」の特別講演に、電動パワーステアリング大手のジェイテクトでシステム開発部 部長を務める賀治宏亮氏が登壇。本稿では賀治氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2015/9/1)

ユーシーテクノロジ UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット:
統合開発環境MPLAB X IDEに対応した開発キット
ユーシーテクノロジは、統合開発環境MPLAB X IDEに対応した「UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット」を発売した。リアルタイムOS「UCT μT-Kernel 2.0」をMicrochipの32bitマイクロコントローラに移植し、統合開発環境MPLAB X IDEに対応させた。(2015/7/15)

組み込み開発ニュース:
Visual Studioでリアルタイム組み込み開発、パーソナルメディアが提供開始
パーソナルメディアが.NET Micro FrameworkにT-Kernelのリアルタイム制御機能を付加する「.NET Micro Framework for PMC T-Kernel」を販売開始した。Visual Studioを使ってのリアルタイム組み込み機器開発が可能になる。(2015/5/29)

ESEC2015:
ルネサス「RZ/G1M」のLinux起動は何秒?
リネオソリューションズは「ESEC2015」にて、同社のLinux高速起動ソリューション「Warp!!」を搭載した、日立超LSIシステムズの組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」をデモを行っている。(2015/5/14)

組み込み開発ニュース:
T-KernelとLinuxのマルチOSと高速起動、日立超LSIがRZ/G搭載プラットフォーム
日立超LSIシステムズがT-Kernel/LinuxのマルチOS環境に高速起動機能を搭載した組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」を発売する。(2015/5/8)

組み込み開発ニュース:
イーソルの機能安全対応「eT-Kernel Platform」、ルネサス「RZ/Gシリーズ」をサポート
イーソルの機能安全対応TRONベースソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」がルネサス エレクトロニクスのHMI向けASSP「RZ/Gシリーズ」をサポートした。(2015/4/30)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

コンピュータビジョンIP:
インドIT企業のコンピュータビジョンIP、イーソルが国内販売
イーソルがインドのIT企業UURMI SYSTEMSが開発した、コンピュータビジョンIPを販売する。(2015/2/19)

組み込み開発ニュース:
IoTの短期導入を可能にするセミオーダー型システム、パーソナルメディアが発売
パーソナルメディアがIoTの導入を短時間で実現する、セミオーダーメード型ソリューション「PMCセミカスタムIoT」の受注を開始した。(2015/2/18)

TRON Symposium:
30周年を迎えたTRONプロジェクトの歩みと最前線
2014年に30周年を迎えたTRONプロジェクト。開催された「2014 TRON Symposium(TRONSHOW)」(東京ミッドタウン 2014年12月10〜12日)では、プロジェクトの“歩み”と“最前線”が紹介されていた。(2014/12/11)

TRON Symposium:
TRONプロジェクト30周年、「TRON Symposium」開催概要が発表
T-Engineフォーラムは2014年12月10〜12日に開催する「2014 TRON Symposium」の概要を発表した。TRONプロジェクトが30周年を迎えることを記念してのコーナーも用意される。(2014/12/5)

プロセッサ/マイコン:
ルネサスの車載マイコン、宇宙へ!?
ルネサス エレクトロニクスは、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所が宇宙航空分野向け高信頼リアルタイムOS「T-Kernel 2.0 AeroSpace」をルネサス製車載マイコン「SH72544R」に移植したと発表した。(2014/5/16)

ESEC2014 開催直前情報:
Armadillo+DeviceSQLでユビキタスとアットマークテクノが協業、産業分野へ
ユビキタスとアットマークテクノは、組み込みプラットフォーム「Armadillo-800」および「Armadillo-400」シリーズに最適化したデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」を開発。業務産業系組み込みシステム向けデータ管理ソリューションとして2014年6月下旬に販売を開始する。(2014/5/8)

マイコン入門!! 必携用語集(最終回):
時間、順序を律義に守る――リアルタイムOSとは
マイコンのソフトウェアにはさまざまなものがあり、目的や状況に応じて適切なソフトウェアを選択することが大切であることを学習してきました。今回は、その中からOS(オペレーティング・システム)を取り上げて解説します。本稿を通して、OSの役割や求められる機能について理解を深めていただければと思います。(2014/3/18)

マイコン入門!! 必携用語集(10):
マイコン開発における“ソフトウェアあれこれ”
マイコンを用いたシステム開発に必要な開発環境への理解が進んだところで、今回は、マイコンを動作させるために必要なソフトウェアの概要について説明します。本稿を通して、マイコン開発時に必要なソフトウェアの種類や特徴、目的や状況に応じたソフトウェアの選び方を習得してください。(2013/12/20)

組み込み機器のキーデバイスを網羅する:
PR:メモリとマイコン/アナログが融合! 新生スパンションを紹介
スパンションは2013年8月に、富士通のマイコン/アナログ半導体事業を統合し、エンベデッドシステム向けデバイスの総合メーカーとして生まれ変わった。“新生スパンション”としてのスタートからわずか数カ月だが、マイコン、アナログ半導体、そしてメモリという組み込み機器に欠かせないキーデバイスを網羅する強みを生かしたエンベデッドシステムソリューションを開発している。(2013/11/18)

ISO26262:
イーソルが「eT-Kernel」のISO26262の第三者認証を「ASIL B」で取得へ
イーソルは、リアルタイムOS「eT-Kernel」と統合開発環境「eBinder」について、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の第三者認証機関による認証を、ASIL Bで取得すると発表した。(2013/10/22)

プログラマブルロジック:
全周囲監視や高速伝送――ARMコア搭載プログラマブルSoC「Zynq」がHD映像の高速処理を実現
東京エレクトロン デバイスは、「Zynq-7000 All Programmable SoCセミナ2013」を開催した。会場内ではXilinx製ICチップ「Zynq-7000 All Programmable SoC」に関連した技術講演に加えて、パートナー企業がZynq-7000 All Programmable SoCを応用したハイビジョン映像の画像処理システムや開発支援ツールなどのデモ展示を行った。(2013/10/21)

徹底解説:
PR:いまさら聞けない GUI開発フレームワーク「Qt」活用 〜組み込み機器開発で選ばれる理由〜
タッチパネルディスプレイの搭載、スマートフォンライクなリッチUIによる高い表現力と直感的な操作への要求は一般化しつつある。この流れは組み込み機器でも例外ではない。こうしたトレンドを受け、いま急速にその存在感を増しているのが、C++ GUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」だ。なぜ、組み込み機器開発でQtが選ばれているのか。その理由に迫る!(2013/8/21)

ET2012:
富士通セミコンのFM3マイコンを採用した電力見える化プラグ「F-PLUG」
富士通ビー・エス・シーは、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」において、富士通セミコンダクターのARM Coretex-M3コア搭載FM3ファミリ「MB9BF116N」の採用事例として、電力・温度・湿度・照度測定機能付きプラグ「F-PLUG」を展示した。(2012/11/19)

車載ソフトウェア:
リネオと日立超LSIが高速起動デュアルOSをデモ、バックモニター起動時間は1秒
リネオソリューションズと日立超LSIシステムズは、ルネサス エレクトロニクスのユーザーイベント「R-Car Consortium Forum 2012」において、組み込みLinuxとT-Kernelを用いて、高速起動や2つのOSの協調動作に関するデモンストレーションを行った。(2012/10/25)

評価キットの開発を開始:
イーソル、TI、村田製作所が無線LANソリューションの提供で協業
イーソル、Texas Instruments、村田製作所の3社は、ITRONやT-Kernelシステム向けのIEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANソリューションの提供で協業を発表した。2013年第1四半期の発売を目指し、一連の評価に必要なハードウェアとソフトウェアをパッケージ化した「eSOL無線LAN評価キット」の開発も進めている。(2012/10/24)

車載半導体 ルネサス インタビュー:
SoCを分離すると顧客の期待に応えられない、3つの製品分野一体の強みを生かす
厳しい事業環境にある、半導体メーカーのルネサス エレクトロニクス。しかし、中核に位置する車載半導体事業の実力は、世界でもトップクラスだ。同社で車載半導体製品のマーケティング戦略を統括する金子博昭氏に、製品開発の方向性や、強みを生かすための施策について聞いた。(2012/9/14)

ARM9搭載CPUボード+μITRON+JTAG-ICE付き:
10万円以下ですぐに始められる組み込み開発キット
IARシステムズ、アットマークテクノ、イー・フォースは、ARM9搭載CPUボードとμITRON仕様のリアルタイムOS、統合開発環境などが含まれる低価格の組み込み開発キット「Yellow suite.スターターキット」を発表した。(2012/9/10)

7シリーズ FPGAとZynqで組み込み機器はどう変わる?:
PR:PCIe、3Dグラフィックス、リアルタイムOS……、設計ソリューションで“時間を買う”が選択肢に
2011年のサンプル出荷開始から既に1年以上が過ぎ、次世代開発環境も投入され、いよいよ適用の期が熟した「7シリーズ FPGA」。さらに、「FPGAでもプロセッサでもない」という新コンセプトの「Zynqエクステンシブル プロセッシング プラットフォーム (EPP)」も登場し、これら新世代品への注目度が高まっている。ソリューションベンダー各社によるデザインサポートも加速しており、今すぐ具体的な検討が始められる状況だ。有力ベンダーとアヴネットがタッグを組んで実現するソリューションを紹介しよう。(2012/6/15)

ESEC2012【特別企画】注目ブースリポート:
PR:パートナー企業とのコラボ展開でさらなる可能性を見せるリネオの組み込みソリューション
組み込みLinuxの専門技術集団であるリネオソリューションズ。「第15回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)」では、Linux搭載機器の開発を後押しする同社のコア・プロダクトやプロフェッショナルサービスの訴求に加え、パートナー企業とのコラボレーション展開を強くアピールしていた。本稿ではその模様を特別リポートとしてお届けする。(2012/6/1)

製品リリース/デバッガー:
Atom E600番台対応の動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」登場
横河ディジタルコンピュータは、組み込み機器開発者向け動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」のインテル Atom プロセッサ E600番台対応モデルを発表した。(2012/4/23)

ESEC2012 開催直前情報!!:
マルチコアOSの先進機能を余さず見せるイーソル、信頼性/品質にも提案あり
T-KernelベースのリアルタイムOS「eT-Kernel」を手掛けるイーソルはESEC 2012で、リアルタイムOS、ソフトウェアプラットフォーム、車載ソリューションを3本柱として数多くのデモや採用事例を見せる。新たなマルチコアCPUサポートなど、未発表の新製品を使ったデモも用意しているという。(2012/4/18)

組み込みソフトウェア開発を支援:
イーソル、Kinetisマイコン向けμT-Kernelの無償提供を開始
イーソルは、小型組み込み機器向けリアルタイムOS「μT-Kernel」をフリースケール・セミコンダクタ製 ARM Cortex-M4コア搭載マイコン「Kinetis」上で動作させるためのパッチの無償提供を開始した。(2011/11/1)

Android×T-Kernel 2.0で理想の組み込み機器開発を:
パーソナルメディア、Android端末向け周辺機器開発キットを製品化
パーソナルメディアは、Androidが苦手とするリアルタイム制御処理をT-Kernel 2.0によって補い、AndroidとT-Kernel 2.0の双方のメリットを生かした組み込み機器を実現する開発評価キット「T-Kernel for Android Open Accessory」を製品化。2011年10月31日より発売する。(2011/10/14)

ARスカウターモードの実現をサポート:
AR技術を搭載したパイオニアの最新カーナビ専用カメラユニットにイーソルの「eCROS」が採用
イーソルは、パイオニアが開発したAR技術を搭載するカーナビの車載カメラ「クルーズスカウターユニット」に、「eCROS」が採用されたことを発表した。(2011/5/20)

Linux、Android、ITRONなどの各種組み込みOS環境に対応:
MCCI、組み込み機器向けUSB 3.0対応のUSBスタックをリリース
組み込み機器向けUSBドライバおよびソフトウェアを手掛けるMCCIは、Linux、Android、ITRONなどの各種組み込みOSに対応するUSB 3.0のUSBスタック「MCCI USB DataPump」をリリースした。(2011/4/15)

車載表示システムを短期間・低コストで開発:
eT-KernelとeBinderが富士通セミの車載向け画像LSIの開発キットに採用
イーソルのT-Kernel拡張版リアルタイムOS「eT-Kernel」と開発環境「eBinder」が、富士通セミコンダクターの車載機器向け画像表示LSI「MB86R11」のソフトウェア開発キットに標準採用された。(2011/4/5)

進化の分岐点を迎えるカーナビ
カーナビが進化の分岐点を迎えている。2006年以降、PNDがナビゲーション機器市場の急拡大をけん引し、携帯電話機のナビゲーション機能も大幅に性能が向上した。こうした動きを受けて、組み込み型カーナビにも変化が求められている。本稿では、まずカーナビ開発の歴史と現在の市場の状況をまとめる。その上で、次世代カーナビ用の最新プロセッサ/リアルタイムOSの動向を紹介する。(2009/7/1)

東京大学大学院情報学環教授・工学博士 坂村健氏:
マルチコアの面倒はOSが見る
組み込み機器の開発プラットフォームである「T-Engine」と、それに向けたリアルタイムOSである「T-Kernel」。組み込み機器向けのプロセッサもマルチコア化が進み、T-Kernelも対応した。それが「MP T-Kernel」である。T-EngineやT-Kernelの標準化を行うT-Engineフォーラムの発起人であり代表を務める坂村健氏に、マルチコア化に向けた組み込みシステムの動向について聞いた。(2009/2/26)

神尾寿のMobile+Views:
特定小電力通信+Bluetoothで屋内ナビ──神戸自律移動支援プロジェクトの今(後編)
神戸自律移動支援プロジェクトでは、前編で紹介したIMESを利用する屋内GPSナビのほか、特定小電力通信とBluetoothを活用する「ユビキタスコミュニケータ(UC)」を利用するナビの実験も行われている。“屋内ナビ”の現状をリポートする。(2009/2/17)

組み込み仮想化技術解説:
組み込みシステムに吹く“仮想化”の風
リアルタイム処理への応用を例に、組み込み分野における『仮想化技術』の適用イメージと、そのメリット・デメリットについて解説する(2008/11/14)

組み込みイベントレポート:
T-Kernel+POSIXでLinux資産を有効活用
トロンプロジェクトの最新技術が集うTRONSHOW。今回は、次世代リアルタイムシステム技術展で見えた最新動向・注目技術についてお伝えする(2007/12/27)

生産性向上への道 Eclipseで行うC/C++開発(3):
CDT/RSEによるクロスコンパイルとリモートデバッグ
Eclipse CDT/RSEで行う「クロスコンパイル」と「リモートデバッグ」とは? サンプルを用いて環境構築を実践する。(2007/10/30)

Symbian OS開発の勘所(6):
並行処理の奥義、非同期フレームワークとは?
Symbian OSでは「アクティブオブジェクト」という非同期処理の機構を用いて、マルチタスク環境におけるシステムの応答性を確保している(2007/7/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。