ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「太陽誘電」最新記事一覧

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/21
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月21日)(2016/4/22)

MEDTEC Japan 2016開催直前情報:
圧力波センサーで血管年齢をチェック――太陽誘電
太陽誘電は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2016」の出展概要を発表。「圧電圧力波センサ」や「機能性表面処理膜」などを披露する。(2016/4/14)

太陽誘電 EYSHCNZXZ/EYSHJNZXZ:
BLEモジュール、高機能タイプ2製品を追加
太陽誘電は、高性能CPUコアの採用とメモリ容量を増やすことで、高機能化を図ったBluetooth Smartモジュール2製品を発表した。IoT(モノのインターネット)関連機器などの用途に向ける。(2016/4/5)

太陽誘電:
上限温度125℃まで向上したパワーインダクター
太陽誘電は、メタル巻線チップパワーインダクターに、「MBKK1608H」「MBKK2012H」「MBMK2520H」「MBPK3225H」を追加した。使用温度範囲の上限温度を125℃まで向上した。(2016/3/24)

−40℃対応のポリアセンキャパシターも:
充放電寿命100万回のリチウムイオンキャパシター
太陽誘電は、「太陽光発電システム施工展」(2016年3月2〜4日/東京ビッグサイト)で、リチウムイオンキャパシターやポリアセンキャパシターのプロトタイプを展示した。(2016/3/7)

太陽誘電 JMK063 BJ104ML:
0.11mm厚の積層セラコン、従来より約27%薄型化
太陽誘電は、「0603サイズ」(0.6×0.3mm)で高さ0.11mmを実現した積層セラミックコンデンサー「JMK063 BJ104ML」を発表した。0603サイズの従来品と比べて約27%薄型化している。(2016/2/25)

太陽誘電 WYSAAVKXY-XX-I/WYSACVLXY-XX:
無線制御ソフトウェアを搭載した無線モジュール
太陽誘電は、独自のソフトウェアを搭載した無線モジュール「WYSAAVKXY-XX-I」と「WYSACVLXY-XX」を商品化すると発表した。シリアルポート経由で簡単なコマンドを入力するだけで無線通信ができる。(2015/11/12)

太陽誘電 MCOIL MEシリーズ:
直流重畳特性に優れた材料を使用したインダクタ
太陽誘電は、スマートフォンやウェアラブル端末などのデジタル機器の電源回路向けチョークコイル用途として、メタル巻線チップパワーインダクタ「MCOIL ME」シリーズを発表した。(2015/10/20)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

太陽誘電 EYSGCN/EYSGJN/EYAGJNシリーズ:
ニーズに合わせて選択できる7つのBLEモジュール
太陽誘電は、Bluetooth Smartモジュールのシリーズ計7製品を商品化すると発表した。同社サイトに「最適モジュール選択チャート」を掲載し、最適な商品を提案する。(2015/10/9)

運転者の疲労度合いを見逃さない:
着座姿勢センサーで、居眠りなどの状態を検知
太陽誘電は、シートに座った状態でドライバーの異常な動作を検知できる着座姿勢センサーを開発した。アラーム警告などと連動することで居眠り運転などを防止することが可能となる。(2015/10/8)

イメーション、記録メディアから撤退
イメーションが記録メディアとオーディオ機器事業から撤退。「Imation」「TDK Life on Record」ブランド製品の販売を12月末で終了する。(2015/9/30)

470μF品量産中の太陽誘電:
CEATECで静電容量1000μFのセラコン展示へ
太陽誘電は2015年9月17日、同年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」で、静電容量1000μFを実現した積層セラミックコンデンサの試作品を展示すると発表した。(2015/9/17)

2015年10月から:
太陽誘電がエルナー製アルミ電解コンを拡販へ
太陽誘電は、エルナーの高信頼性アルミ電解コンデンサの取り扱いを2015年10月から開始する。(2015/9/1)

太陽誘電 WYSAAVDXB:
2.4GHz帯/5GHz帯対応のデュアルバンドアンテナを搭載した無線モジュール
太陽誘電は、2.4GHz帯と5GHz帯の周波数帯を利用できる無線モジュール「WYSAAVDXB」を発表した。パターンアンテナに比べて高効率で、IEEE802.11a/b/g/nとBluetoothの無線通信を1つのモジュールで利用できる。(2015/7/30)

バラして見ずにはいられない:
「Galaxy S6 Edge」は中身も“世界初”のオンパレード
世界初のデュアルエッジスクリーンを搭載したSamsungのフラッグシップモデル「Galaxy S6 Edge」。分解・調査の結果、中身も世界初の部品が多数採用されていた。(2015/7/24)

太陽誘電 AMK021BJ223MK:
静電容量0.022μFを実現、0201サイズ積層セラミックコンデンサ
太陽誘電の「AMK021BJ223MK」は、0201サイズ(0.25×0.125×0.125mm)で静電容量0.022μFを実現した積層セラミックコンデンサである。ウェアラブル機器などにおいて、さらなる小型/薄型化を可能とする。(2015/6/26)

太陽誘電 EOMIN:
ダブルレンズ対応カメラモジュール向け、部品内蔵配線板
太陽誘電は、2個のイメージセンサーを実装可能な部品内蔵配線板「EOMIN」を開発した。スマートフォンなどに搭載されるダブルレンズ対応カメラモジュールなどの用途に向ける。(2015/6/19)

太陽誘電、CD-Rなど光記録メディア事業から撤退
「THE 日本製」のThat'sブランドが消える――各方面から悲しみの声が寄せられています。(2015/6/12)

太陽誘電、光記録メディアから撤退 「収益改善は困難」
太陽誘電がCD-RやDVD-R、BD-Rなど光記録メディア事業から撤退。想定を超える市場縮小や原材料価格の高騰などで、収益改善が困難と判断したため。(2015/6/11)

時代の流れ:
太陽誘電、光記録メディア事業から撤退
「That's」ブランドの高品質な光メディアで知られる太陽誘電が記録メディア事業から撤退する。(2015/6/11)

製造マネジメントニュース:
“日本製”で存在感を示した太陽誘電、記録メディア事業から撤退
太陽誘電は1988年のCD-R開発以来続けてきた光記録メディア事業を2015年12月で終了すると発表した。市場縮小と原材料価格高騰の影響による。(2015/6/11)

TECHNO-FRONTIER 2015:
監視カメラに高速可視光通信技術を応用、水中でもワイヤレス伝送が可能に
太陽誘電は、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、監視カメラなどの映像を水中や海中でも高速にワイヤレス伝送できる可視光通信技術などのデモ展示を行った。(2015/5/25)

MEDTEC Japan 2015:
圧電センサーで加速度脈波波形をリアルタイム計測、血管年齢の測定が簡易に
太陽誘電は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2015」において、同社が開発したインテリジェント圧電圧力波センサー「AYA-P」を使った脈波計測への適用事例を紹介した。加速度脈波の波形をリアルタイム計測できるので、血管年齢の測定が容易になるという。(2015/4/28)

MEDTEC Japan 2015開催直前情報:
離床センサーとナースコールシステムをワイヤレスネットワークで組み合わせ
太陽誘電は、「MEDTEC Japan 2015」に出展し、病院や家庭での見守りシステムに利用できる離床センサーと、同センサーとナースコールシステムを組み合わせたワイヤレスセンサーネットワークを提案する。(2015/4/16)

太陽誘電 MDWK4040:
メタル系パワーインダクタMDシリーズに、高さ2.0mm品を追加
太陽誘電は、メタルコアSMDパワーインダクタ「MCOIL MD」シリーズに、外形寸法が4.0×4.0×2.0mmの「MDWK4040」を追加した。PCやサーバー、SSDなど情報関連機器の電源回路用チョークコイル用途に向ける。(2015/1/22)

ビジネスニュース 企業動向:
太陽誘電がエルナーに出資、業務提携
太陽誘電は2014年11月14日、エルナーと資本業務提携を結んだと発表した。太陽誘電はエルナーの発行済み株式26.5%を取得し、主に車載、産業機器向けコンデンサ分野で業務提携を行う。(2014/11/14)

ビジネスニュース 企業動向:
台湾インダクタメーカーのチリシン「3年後に、全社売上高の20%を日本で売る」
台湾のインダクタ専業メーカーChilisin Electronics(チリシン エレクトロニクス/奇力新)は、車載機器、産業機器向け製品の強化を展開し、全売上高に占める日本売上高を20%へと引き上げると明らかにした。(2014/10/20)

CEATEC 2014:
太陽光発電の損失を見つけ出す無線ストリング監視システム――太陽誘電
太陽誘電は、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、太陽光発電システムの発電状況などを、無線方式で監視することができるPV無線ストリング監視システム「SOLMIV(ソルミーヴ」」を展示した。既存設備にも容易に取り付けが可能だ。(2014/10/9)

太陽誘電 MCOIL MAシリーズ:
太陽誘電、直流重畳許容電流値を24%改善したメタル系パワーインダクタを発表
太陽誘電は2014年9月、メタルコア巻線チップパワーインダクタ「MCOIL(エムコイル) MAシリーズ」として、直流重畳許容電流値などを向上させた「MAMK2520H」(サイズ=2.5x2.0x1.2mm)、「MAKK2520H」(同2.5x2.0x1.0mm)、「MAKK2016H」(同2.0x1.6x1.0mm)の量産を開始したと発表した。(2014/10/1)

太陽誘電 PMK432AC6477MMなど:
4532サイズで静電容量470μF、太陽誘電の積層セラミックコンデンサ
太陽誘電の「PMK432AC6477MM」と「AMK432ABJ477MM」は、4532サイズ(4.5×3.2×2.7mm)で静電容量が470μFの積層セラミックコンデンサである。PCや4K対応薄型テレビ、複合プリンタなどに搭載される電源回路の平滑用途に向ける。(2014/9/26)

太陽誘電 EYSFFNZXZ/EVSFLNZXX:
Bluetooth Smartモジュールを追加、ヘルスケア機器などの設計自由度を向上
太陽誘電は、「Bluetooth Smart」に対応した無線通信モジュールとして新たに2製品を追加した。ヘルスケア/ヘルスケア機器、ウェアラブルコンピュータ、家電機器、モバイルPC向け周辺機器などの用途に向ける。(2014/8/28)

蓄電・発電機器:
モジュール間にはめ込んで異常を検知、太陽光発電所向け
太陽誘電は太陽光発電所向けの遠隔監視システムを太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)で展示した。配線工事を必要とせず、ストリング単位で電流と電圧を検知できることが特徴だ。(2014/8/6)

エネルギーハーベスト導入時の必須課題:
PR:Easy DesignSimを活用した「エネルギーバジェット計算」の手引き
エネルギーハーベスティングを利用した電池レス機器を設計する上で、重要になるのが「エネルギーバジェット計算」だ。ここでは、エネルギーバジェット計算が手軽に行えるオンラインツールを使って、エネルギーバジェット計算の“コツ”を紹介する。(2014/8/4)

TECHNO-FRONTIER 2014:
変位量を精度よく検出、太陽誘電の光変位センサー
太陽誘電は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、光変位センサーのデモ展示を行った。変位を光学的に検出するため、従来のひずみゲージなどと比べて、センサーとしての耐久性に優れているという。(2014/7/25)

ドスパラ、“That's”ブランドとのコラボ製品となる国産DVD-Rメディアを発売
ドスパラは、「That's」ブランド製となるDVD-Rメディアの取り扱いを開始した。(2014/6/19)

ワイヤレスジャパン2014:
IoTやビーコン向け無線SoC、システム設計者はアプリ開発に専念
ノルディック・セミコンダクターは、「Bluetooth Low Energy(BLE)」や「ANT」などマルチプロトコルに対応する無線用SoC「nRF51シリーズ」を中心として、IoTやビーコン、センサーネットワークへの応用などを「ワイヤレスジャパン2014」で提案した。(2014/5/30)

バラして見ずにはいられない:
F-06Eの地味ながらも技術的マイルストーンを分解して知る
海外勢に押され気味の日本製デバイスだが、分解して細かく確認すると世界初の技術を数多く採用している。F-06Eも、このような視点で見ると実に興味深い。(2014/5/27)

人とくるまのテクノロジー展2014:
リチウムイオンキャパシタ、ラミネートタイプを展示
太陽誘電は、ラミネートタイプのリチウムイオンキャパシタや、車載用LEDドライブユニット、最大出力が1kWで効率が92%と極めて高い充電器などの試作品を、「人とくるまのテクノロジー展2014」で展示した。(2014/5/26)

人とくるま展2014 開催直前情報:
「未来をひらく、スーパーハイエンド」――太陽誘電は光変位センサーなどを提案
太陽誘電は、「人とくるまのテクノロジー展2014」において、「未来をひらく、スーパーハイエンド」をキャッチフレーズに新たに開発した技術や製品を展示ブースで提案する。(2014/5/15)

太陽誘電 HMJ212BB7104KGHTなど:
樹脂外部電極で“割れ”などを抑制、太陽誘電の積層セラコン
「HMJ212BB7104KGHT」は、樹脂外部電極を採用した積層セラミックコンデンサである。外部電極に伸縮性のある樹脂を用いることで、電子部品の割れや接合部におけるはんだクラックの発生を抑えることが可能となる。車載用電子部品の信頼性試験規格「AEC-Q200」に対応しており、車載電子機器や産業機器などの用途に向ける。(2014/1/30)

オートモーティブワールド2014リポート:
先進運転支援システムの開発を支える半導体の役割
自動車の次世代技術の専門展示会である「オートモーティブワールド2014」には多数の半導体メーカーが出展した。本稿では、先進運転支援システム関連を中心に半導体メーカーの展示を紹介する。(2014/1/28)

オートモーティブワールド2014:
太陽誘電がLEDヘッドランプのPWM調光を提案、昼間点灯ランプ機能も実装可能に
太陽誘電が開発中の「車載用LEDドライブユニット」は、PWM調光が可能な点を特徴としている。これによって、LEDヘッドランプに昼間点灯ランプとしての機能を実装することが可能になるという。(2014/1/17)

アイデア次第で、市場を席巻!:
PR:スマホ連携機器が簡単に作れる! Bluetooth Smartモジュール
スマートフォンの登場で、さまざまな情報に素早くアクセスできるようになり、ライフスタイルは変化しつつある。電子機器も、スマホと接続することでこれまでは実現が難しかったいろいろな機能、サービスを実現できるようになる。ただ、スマホと連動するには機器に無線モジュールを組み込む必要があり、認証取得、コストなどのさまざまな課題をクリアしなければならない。しかし、これらのハードルを下げ、より簡単に短期間、低コストで機器に無線機能を組み込める“スマホ連携機器のための無線モジュール”が登場し、注目を集めている。(2013/9/17)

自然エネルギー:
有機系の太陽電池はなぜ必要――軽量でフレキシブルな性質が生きるから
有機系太陽電池はシリコン太陽電池にはない性質がある。変換効率では劣るものの、軽量でフレキシブルであるため、シリコン太陽電池の設置に向かない用途を開拓できる。NEDOの支援により、国内メーカー7社の実証試験が始まる。(2013/7/18)

ワイヤレスジャパン 2013 無線通信技術:
“スマホアプリ+アクセサリー=アプセサリー”を簡単に開発できる無線ソリューション
ノルディックセミコンダクターは、「ワイヤレスジャパン2013」(2013年5月29〜31日、東京ビッグサイト)で同社の無線ICを使ったBluetooth Smart対応機器を容易に開発できるソリューションを発表した。従来は難しかったスマートフォンと連動するBluetooth Smart対応アクセサリーを1個から作ることも可能という。(2013/5/30)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第20回 部品の内層実装
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第20回は、日本が伝統的に世界で優位に立っている実装技術「部品内装基板」について解説する。(2013/3/19)

CEATEC 2012:
“世界最小”の電子部品を各社展示、肉眼で見えにくいほど小さい0201品も
スマートフォンやタブレット端末に代表されるモバイル機器は多機能化や無線周波数帯のマルチバンド化が継続しており、筐体の限られた容積の中にそれらを詰め込むため、電子部品には引き続き小型化が強く求められている。それに応えるべく、寸法が0.2×0.1mm程度と極めて小さい抵抗やインダクタ、コンデンサがお目見えした。(2012/10/5)

テスト/計測:
【NIWeek 2012】日本の最新技術を世界に発信、スーパーカブの荷台に載る全自動の放射線計測器も
National Instrumentsが米国のテキサス州オースチンで毎年8月に開催する同社最大のテクニカルイベント「NIWeek」。今週の月曜日に開幕したNIWeek 2012では、展示会場の一角に「ジャパンパビリオン」が設けられ、日本の企業や大学が“日本発”の独自技術を世界に向けて紹介した。(2012/8/9)

太陽誘電 BKP1005EM:
太陽誘電のスマートフォン向けインダクタ、直流抵抗は従来比で17%減
小型モバイル機器、とりわけスマートフォンでは、高周波帯で効率的にノイズを除去することが求められる。そうしたニーズに応えるべく、太陽誘電は、スマートフォンなどの電源向けに、チップビーズインダクタの製品ラインアップを拡充した。(2012/8/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。