ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人材管理」最新記事一覧

お客さまが神様なら従業員も……?
IT部門にとって社内ユーザーは“お客さま”か、モバイル活用促進の鍵を探る
セルフサービス型顧客サポート機能は、モバイルを利用する従業員の仕事の質や効率を高める効果もある。そのためには「従業員も顧客と同じ」という視点が重要になる。(2016/5/26)

PR:日進月歩で変化するビジネス業務、きちんとシステム面で支援できていますか?
ビジネス環境の変化がますます激しくなる中、企業には他社との競争を勝ち抜くために業務改革が日々求められている。ただし、いくら業務が進化していっても、それを支えるシステムが変わらなければまるで意味がない。その解決策として日本マイクロソフトが提供するのが、クラウド型顧客情報管理ツール「Microsoft Dynamics CRM Online」 のサービスの1つである「簡易業務アプリケーション基盤(XRM)」だ。(2016/5/23)

サイバー犯罪のビジネス化の実態を浮き彫りに:
サイバー犯罪対策の実践的アドバイスをまとめたホワイトペーパー、HPEが公表
米HPEは、サイバー犯罪の動機や違法組織の“バリューチェーン”を分析し、企業のリスク軽減に役立つ実践的なアドバイスをまとめたホワイトペーパーを発表した。(2016/5/19)

拡張機能が移行の障害に
「S/4HANA」移行を考えるSAPユーザーが知るべき3つの“勘所”
「S/4HANA」によって、SAPの主力ビジネススイートは刷新された。果たしてこの刷新にはどのような意図があったのだろうか。また、S/4HANAを導入する場合、どのような注意が必要なのだろうか。(2016/4/27)

Computer Weekly製品ガイド
セルフサービスを成功させる秘訣とは
セルフサービスITを模索する組織が増えている。この技術を有効活用するには何が必要なのか。(2016/4/25)

PR:産業医不足でストレスチェック難民に? 担当者に降りかかる課題とその対策とは
2015年12月から従業員のメンタル不調の未然防止を目的とした「ストレスチェック制度」が始まった。ただし、その道のりは、実のところ決して平たんではない。同制度の対応に責任を負う担当者はどのような課題をどう解決しなければならないのか。(2016/3/9)

2016年 新春インタビュー特集:
クラウドがあらゆる“格差”を埋める未来――日本オラクル・杉原社長
POCO戦略を打ち出し、クラウド事業を推進しているオラクル。社長の杉原氏は、クラウドには、日本の競争力を阻害するさまざまな“格差”を解消する力があると語る。特に高齢化社会対策で効果を発揮する可能性があるようだ。(2016/3/7)

製造IT導入事例:
マイナンバー制度対応の新人事システムにERPパッケージを導入
ワークスアプリケーションズは、同社のERPパッケージ「COMPANY」シリーズの「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を、日本触媒が新人事システムに採用したと発表した。(2016/2/25)

高度な人材戦略なくして企業は成功できない
最新ツールに見るタレントマネジメントの成功の秘策とは
人材一人一人の能力を把握し、効果的に生かすべく統合的に管理するタレントマネジメントの重要性が高まっている。しかし、安易に導入しても必ず成功するわけではない。日本企業独特の成功ノウハウがある。(2016/2/24)

タレントマネジメントを実践する企業の実情
タレントマネジメントを導入する企業が増えつつあるが、具体的にどのように活用しているのか。インテリジェンスHITO総合研究所の渕田任隆氏に話を聞いた。(2016/1/8)

タレントマネジメントが注目されるようになった背景
経営環境が激しく変化していく中で、企業はますます人材を効率的に活用していかなければいけない。では、どうすればいいのか。近年日本企業の間にも広まりつつある「タレントマネジメント」について、インテリジェンスHITO総合研究所の渕田任隆氏に話を聞いた。(2016/1/5)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
巻頭特集は、Office 365に対抗するためにGoogleが打ち出した新戦略について。GoogleはMicrosoftに勝てるのか? 他に、暗号化がセキュリティ対策を阻害している現状、Operaの人材管理製品導入事例。OperaがOracleを選ばなかった理由とは? また、PCIe SSDの技術解説をお届けする。(2015/12/25)

「未来のITインフラが、今ここに」をアピール:
オラクルが注力する「コンバージドインフラ戦略」の意図
「いま出荷しているのは、未来のITインフラである」。オラクルが日本顧客向けイベントで、クラウドの基礎となるハードウエアの重要性をアピール。同社が注力するコンバージドインフラストラクチャの戦略を語った。(2015/12/18)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

企業の競争力を強化するための人事戦略
こうすれば良かったタレントマネジメントシステム、失敗導入をしないための“5つの鉄則”
海外展開する企業を中心に注目を集める“タレントマネジメント”。導入が増えているが失敗するケースも目立つ。失敗を避けるには人事戦略だけではなく、IT戦略の視点が欠かせない。考慮すべき5つのポイントとは。(2015/12/9)

PR:ストレスチェック制度対応をきっかけに、企業は人材や組織の強化を急げ!
2015年12月から社員に対するストレスチェックと面接指導などを義務付ける「ストレスチェック制度」が始まった。しかし、それだけに多くの手間暇をかけるのはもったいない。単なる制度対応にとどまらない企業組織の抜本的な競争力の底上げにつながる施策の実施が重要なのだ。(2015/12/1)

世界中の人材を把握:
PR:なぜタレントマネジメントが求められるのか? グローバル時代に必要な人材戦略
日本企業のグローバル化が加速しているなか、人材戦略のあり方も大きく変わりつつある。人材一人ひとりの能力を把握し、それを生かすべく効果的かつ統合的にマネジメントすることの重要性を認識しつつも、さまざまな課題が浮き彫りに。では、どうすればいいのか。そこで、電通国際情報サービスが提供する「POSITIVEタレントマネジメント・モジュール」というソリューションをご紹介しよう。(2015/11/25)

日本企業にも普及するのか? タレントマネジメントの今
近年「タレントマネジメント」というシステムが注目を集めている。海外のグローバル企業を中心に広まっているが、日本企業の普及は遅い。その理由について、リクルートワークス研究所の石原氏に聞いたところ……。(2015/11/20)

新たな人事戦略:
NTTコムウェアが導入した「タレントマネジメント」という“武器”
日本企業のグローバル化が加速する中で、新たな課題が浮き彫りになってきた。従来型の人材管理では対応することが難しく、各社は対応に追われている。このような状況の中で、NTTコムウェアは新たなシステムを導入した。それは……。(2015/11/16)

人材戦略を再考せよ:
PR:なぜ日本企業ではタレントマネジメントシステムの活用がうまくいかないのか?
欧米企業を中心に広まってきたタレントマネジメントシステムは、数年前から日本企業でも導入が活発になってきた。しかしながら、成果という点では、大きな実績はまだ乏しいと言わざるを得ない。乗り越えるべき課題とは何なのだろうか……?(2015/11/16)

将来的なオンプレミスへの移行も容易に:
PR:Oracle DBユーザーに最適なセルフサービスBI環境とは?
「ビジネス部門主導で手軽に使える高機能なBIツールが欲しい」──Oracle Cloudには、そんなニーズに最適なサービスとして「Oracle Business Intelligence Cloud Service」が用意されている。ハイブリッドアーキテクチャで提供されるため、将来、オンプレミスに移行することも可能だ。[パブリッククラウド][ビッグデータ][Oracle Cloud][Big Data](2015/10/27)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
クラウド事業好調、「SAPは“どうでもよくなった"」 ラリー・エリソンCTO
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。マーク・ハードCEO、ラリー・エリソン会長兼CTOがオープニング基調講演にさっそく登場した。(2015/10/26)

電力供給サービス:
アクセンチュアとSAP、新電力の支援サービスで協業を強化
2016年4月からの電力の小売全面自由化に向け、新たに市場参入する電力事業者をターゲットにしたITベンダーの取り組みも本格化している。アクセンチュアとSAPはこのほど、新規参入事業者向けのサービス領域で協業を強化する方針を発表した。(2015/8/17)

Weekly Memo:
今後のHCM/人事支援サービスの“肝”はどこにあるか
富士通と日本オラクルが相次いで新たな人事支援サービスを打ち出した。両社とも狙いは「人材情報を企業の競争力にどう生かすか」。その“肝”となるのは何か。(2015/7/13)

“攻めのIT”には何が必要か 「HCMクラウド事業」を推進するオラクルの意図
オラクルがクラウド型人事アプリケーション「Oracle HCM Cloud」の機能拡張を発表。攻めのITには“次世代型の人材”が必要。ソーシャルも評価する概念を取り入れた、新時代の人事・人材戦略のあり方を日本市場でも推進していく。(2015/7/9)

会社が求める「チームワーク」を上手に形成できる遺伝子は?
チームワークを評価する方法はさまざまに開発されていますが、遺伝子を調べることも1つの手段かもしれません。(2015/6/4)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

今日から自分プロデュース!:
自分の強みをキャリアに生かす方法とは? 才能の“専門家”に聞いてみた
世の中には、自分の長所の伸ばし方についてアドバイスし、強みを開発するコーチ「ストレングス・コーチ」という人たちがいるのをご存じですか? 今回は自分の強みをどうキャリアに生かせばいいのか、ストレングス・コーチの森川里美さんに聞いてみました。(2015/4/30)

「IT×人事」の新潮流:
NTTコムウェアが“タレントマネジメント”を導入した理由
社員一人一人の資質に焦点を当て、埋もれた人材を発掘する――。今、社内の人材を有効活用する人事戦略「タレントマネジメント」が注目を集めている。NTTコムウェアでは、クラウドを使って社員のスキルを可視化する新人事システムを構築しようとしている。その理由とは?(2015/4/27)

Weekly Memo:
SaaSに注力――オラクル ラリー・エリソンCTO講演発言の意図を読む
Oracle創業者のラリー・エリソン会長兼CTOが先週来日し、自社イベントでクラウド事業について語った。その中から興味深かった発言を取り上げ、筆者なりに意図を読んでみたい。(2015/4/13)

「満を持して投入」杉原社長:
オラクル、“日本版”PaaS開始 国内DCも年内設置へ
日本オラクルがPaaS「Oracle Cloud Platform」を日本でも“満を持して”投入する。合わせて、国内データセンターの年内に設置する計画も明らかにした。(2015/4/9)

グローバル企業が相次ぎ採用
いよいよ始まった「マイナンバー制度」、世界の“国民ID先進国”が使うアプリとは?
「マイナンバー制度」が始まった。企業にとってはこれからが正念場だ。その中、世界各国の国民ID制度などへの対応で注目されるグローバル企業向けのクラウド型人事アプリケーションが日本に上陸した。その特徴とは?(2015/4/1)

今日から自分プロデュース!:
メンバーの才能を最大限に生かす、最強の“チーム”をつくる方法
自分自身の才能を理解し、プロデュースする方法が分かってきたら、今後はそれをチームづくりに生かしてみませんか。それはロールプレイングゲームで最強のパーティを組むのにも似ています。(2015/3/6)

新たなビジネス領域への挑戦に必要な“人事施策”を支援:
eラーニング受講率「90%超」 セイコーエプソンが「新・人材管理システム」に込める期待
ビジネスモデルの転換と新規事業領域の市場開拓を──。セイコーエプソンは、今後のさらなるビジネス成長を担う策の1つに「経営資源としての人財をどう生かすか」を掲げる。社員スキルを含む人事情報と教育研修基盤の一元化を目的に導入したITシステムとは何か。(2015/2/23)

今日から自分プロデュース!:
自分の弱点を“強み”に変える3つのアプローチ
誰でも「なかなか目指す姿になれない」ことに悩んだり、「やっぱり自分に向いてない」と弱気になることはあるはず。でも自信をなくすことはありません。弱点は強みに変えることができるのです。(2015/2/20)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
自分のキャリアデザインは自分で考えるしかない、という現実
バブル大量採用世代&団塊ジュニア世代は現在、働き盛りの40歳代。40代社員が多いという企業は多いはずですが、半面「歳を取っても会社で偉くなれなくなった」のも事実。もし明日、会社から放り出されたら……あなたは次に何の仕事をしますか?(2015/2/16)

今日から自分プロデュース!:
己の才能を知り、使いこなす――ストレングス・ファインダーで最強の“自分”をつくる
自分がどんな才能を持っているか――。仕事で力を発揮するためには、まずそれを知ることが重要です。今回は、自身の強みを知り、それを生かす手助けをしてくれる自己診断ツール「ストレングス・ファインダー」の使い方を見ていきます。(2015/2/6)

今日から自分プロデュース!:
“やらされ仕事”を“やりたい仕事”に変える2つの方法
日々の仕事で自分の能力が発揮できている――。こう自信を持って答えられる人は少ないでしょう。それは仕事の“やらされ感”が強いからかもしれません。仕事の目標を「与えられた基準」ではなく、自らの強みを基準にして捉え直してみてはいかがでしょう。(2015/1/23)

今日から自分プロデュース!:
自分主演の“人生劇場”、ちゃんとプロデュースできてますか?
正解がない、先が見えない、なのに動きは早い。そんなカオスな世界でもしっかりと“自分”を見失わずに進んでいきたい。そう思う人は多いはず。とはいえ、己の長所や短所を自覚している人は少ないもの。まずは自分のことをもっと深く知るところから始めましょう。(2015/1/9)

2015年 新春インタビュー特集:
「Do, Big, Different」 DBトップベンダーが示すクラウドの真の価値――日本オラクル・杉原社長
「ナンバーワンのクラウド企業に/クラウドと言えばオラクルと言われるように」──。データベースのトップベンダーである同社が、クラウドで提供できる真の価値とは何か。日本オラクルの杉原博茂社長に聞いた。(2015/1/8)

世界7カ国調査で比較:
日本の中堅企業の特徴は?
現金支払いが多くクレジットカード利用が少ない、ビジネスの最重要課題は「人材確保」だが、自社社員を引き止めるのに重要なのは「給与より企業理念」――7カ国調査で分かる、日本の中堅企業の特徴とは。(2014/12/8)

徹底解説:グローバル企業が目指すべき人材戦略【後編】
事例で学ぶ日本企業のグローバル人材戦略 隣の会社はここまでやっている
さまざまなハードルを感じながらも先進企業は手探りでグローバル人材戦略を進めている。欧米企業、日本企業はどのような取り組みを始めているのか。参考になる事例を紹介する。(2014/8/20)

優秀な技術者を採用するための5つのヒント
Python生みの親を12カ月かけて口説き落としたDropbox CEOの“採用哲学”
米Dropboxの創業者、ドリュー・ヒューストン氏の経験を基に、優秀な人材を採用する方法、エンジニアが望むこと、そして同社のビジネス向けサービス「Dropbox for Business」について紹介する。(2014/8/6)

IT技術職で男女を隔てるものについて
女性がIT業界で成功する秘訣は「ありのままで」
IT技術者のキャリアにおいて男性と女性を隔てるものとは何か。米HPの女性幹部社員に聞いた。(2014/7/30)

30代からの「次の働き方」:
多様な働き方の未来――「時間」「組織」「場所」を自由に選ぶという意思
「多様な働き方の推進」は、その重要性が語られ、施策がとられつつあるものの、それほど進んでいない。それは「多様な働き方」という漠然とした概念で語られるからだ。(2014/7/22)

NEWS
“納得感”のある人事目標管理(MBO)を、クレオが支援システム発売
多くの企業が導入する人事目標管理(MBO)については、目標設定や結果の評価が合理的でないなどの問題も指摘される。クレオマーケティングの人事目標管理システムはMBOプロセスの可視化を実現する。(2014/7/7)

徹底解説:グローバル企業が目指すべき人材戦略【前編】
優秀な外国人社員がすぐに辞める――人材戦略の何が問題か
日本企業の海外進出が続く中、課題になっているのが人材戦略だ。進出先での優秀な人材の確保や、国内人材の育成、人事システムの整備など悩みは多い。グローバル企業が考えるべき次世代の人材戦略を説明する。(2014/6/3)

時代が求める「少人数チーム」の作りかた:
多くの企業が陥る、リーダー不足という“勘違い”
先が読めない今のような時代には“1人で何もかもこなせる”ことより“仲間と協力して物事を進める”ことのほうが重視されます。その方法さえ分かっていれば、チームリーダーの役割を担うことができるのです。(2014/5/28)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第3回 出遅れが致命的な結果にならないために――ますます重要になるコンテンツマーケティング
コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングは一時的な流行ではなく、営業規模や組織規模に依存せず売り上げを拡張していくために、企業にとっては継続的に取り組みたい重要課題です。今回は、見込み客に向けたメッセージの見せ方、伝え方の基本を振り返ります。(2014/5/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバルで戦うためのIT戦略には創造的破壊を進める勇気も必要
ITを駆使した新しいビジネスを、システム部門はリードできているのか。多部門の業務にも果敢に挑み、「とりあえずやってみる」という楽観主義も持ちあわせながら、新しい姿に変えていってほしい。(2014/4/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。