ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「taspo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「taspo」に関する情報が集まったページです。

手作り折り紙を10円〜50円で販売 田舎の商店にある「折り紙自販機」はこんないい人が折っていた
なんか、憧れる。(2017/4/10)

SIM通:
IoTとMVNOはどうかかわる?これまでとこれから
「IoT」と言う言葉を目にすることが多くなり、最近では、MVNO系のIoTサービスが注目を集めている。では、そもそもIoTとはいったいどんなもので、なぜ今注目されているのでしょうか。(2017/2/21)

消費増税!:
4月1日0時を過ぎたら消費税は5%? 8%? コンビニ、タクシー、携帯通話……
ついに消費税率が8%に引き上げになります。4月1日の0時前後に買い物をした場合にはどのような扱いになるのでしょうか? 現時点で分かる情報をまとめてみました。(2014/3/27)

ボディもいいけどケースもね:
ここから選ぶ! 多種多彩なiPhone 5s対応ケース
持っているだけで「おおお!すげえええ!!」と半径5メートル圏が大騒ぎになったiPhone 5s。でも、そろそろケースで楽しむフェーズになったようだね。(2013/12/6)

サンコー、ICカードを収納できるクリアタイプのiPhone 5s/5用ケースを発売
サンコーから、非接触型ICカードを収納できるiPhone 5s/5向けクリアケースが発売。逆さまにしてもカードが落下しない設計で、誤動作防止シートも付属する。(2013/11/8)

Windows Insider用語解説:
NFC(Near Field Communication)
「おさいふケータイ」「Suica」のようなサービスを実現する近距離無線通信の国際規格「NFC」。スマートフォンにもよく搭載されている(「iPhone 6」に搭載との噂も)。今後主流となりそうなこの技術のポイントや最新動向を解説する。(2013/3/25)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(38):
AndroidアプリでNFCタグを読み書きするための基礎知識
Android のAPIを使ってSuica/Edy/運転免許証などのIDmを読む方法、NFCタグに情報を読み書きする方法について解説します(2012/11/27)

【連載】O2Oプロモーションの新たな潮流:
第2回 NFC(近距離無線通信)が可能にしたサービス――欧米の先進事例
国内ではNFC搭載スマートフォンの機種自体が少なく、導入事例も限られたものになりがちだが、米国や英国、フランスなどの欧米諸国ではすでに、住民の生活に密着したサービスが展開されている。(2012/10/9)

Mobile World Congress 2011:
Googleに「負けたくない」――モバイルクラウド戦略を語ったNTTドコモの山田社長
バルセロナで開催されたMobile World Congress 2011の基調講演に登壇したNTTドコモの山田隆持社長は、キャリアの“ダムパイプ化”を回避し、ネットワーク内クラウドによって成長を続ける決意を語った。(2011/2/21)

コンビニ、ヒット商品の理由:
チロルチョコVS. ブラックサンダー、“ポケ菓子”市場の勝者は?
1個当たりの価格が20〜50円と低単価のお菓子である“ポケ菓子”。この市場で激戦を繰り広げているのが、チロルチョコとブラックサンダーである。両商品の戦略にはどのような違いがあるのだろうか。(2011/2/8)

Android 2.3のNFC機能を活用したアプリが登場――「taglet」
Android 2.3のNFC機能を利用した情報交換アプリ「taglet」が登場。NFCタグに関連づけた情報を、Android 2.3搭載の端末同士をタッチさせることで交換できる。(2011/1/12)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本製品のお家芸、“複合価値”を科学する
携帯電話やテレビのリモコンなど、さまざまな機能が詰め込まれた製品が世の中にあふれている。その一方、単に機能を寄せ集めただけであるために、使い方が分かりにくくなっている製品も少なくない。複数の機能を組み合わせ、新たな価値を生み出すためにはどんなことが大切なのだろうか。(2010/12/2)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
もはや100円でも売れない……自販機不況に活路はあるか?
デフレの進行や、不況による従業員の削減などによって、自販機での売り上げが急減している。そしてその理由としてさらに、“お手軽から本物への変化”がある、と筆者は指摘する。(2009/11/19)

会見詳報:
am/pmはファミリーマートに転換――コンビニ業界は3強時代へ
コンビニ3位のファミリーマートは11月13日、同7位のエーエム・ピーエム・ジャパンの子会社化について親会社のレックス・ホールディングスと合意したと発表。統合により、業界1位のセブン-イレブンや同2位のローソンを追撃する。記者会見の模様を詳しくお伝えする。(2009/11/14)

モバイル技術の基礎講座:
Bluetoothとの連携も――さらなる進化を見せるFeliCa技術
今回は、アジア圏を中心に普及が進むFelicaについて解説します。(2009/9/16)

進化するモバイル技術の基礎講座:
Bluetoothとの連携も――さらなる進化を見せるFeliCa技術
プロモバ編集部に配属された若手社員「夏子ちゃん」が技術オタク「ムサシくん」とともに、高機能携帯を構成する技術や将来モバイルへの搭載をもくろんだ技術の数々を紹介していく新連載。第1回は「FeliCa」の最新動向をチェック。(2009/9/16)

なぜコンビニはおにぎりを100円にするのか? “損して得取れ”の戦略
コンビニ各社が“おにぎり100円セール”を実施している。コンビニ業界ではタスポ効果が薄れ売上拡大に躍起になっているが、なぜおにぎりの値下げに踏み切ったのだろうか?(2009/8/11)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
金融不況で消費者の価値観が変化?――新しい時代の商品の売り方とは
金融不況をきっかけに大きく変化した消費者の意識。今何が必要とされ、何が必要とされていないのか。東急ハンズやAZスーパーなど、販売の現場の動きから分析する。(2009/7/16)

組み込み企業最前線 − レッドベンド・ソフトウェア −:
ドコモが認めた技術を“ケータイ以外”へ
FOTAと呼ばれる無線ファームウェア配信技術で、一躍携帯電話市場に名をはせたレッドベンド・ソフトウェア。NTTドコモも認めたそのモバイル機器向けソフトウェア管理ソリューションが、M2Mの世界でも注目を集めている。携帯電話で培われた技術で“ケータイ以外”の組み込み市場を狙う同社の強みとは?(2009/5/25)

情報分析力を武器に:
ローソンの業務改革を支える次世代システム「ローソン3.0」とは
コンビニエンスストア業界で第2位のローソンは、従来の店舗システムを大幅に見直し、次世代ITシステムへの刷新と新業務改革に取り組んでいる。それを急進しているのが、2年前に同社のCIOに就任した横溝陽一氏だ。(2009/5/25)

喫煙者の4割が「JR首都圏駅構内の禁煙」に賛成、その理由は?
喫煙者はどのような方法であれば、タバコを止めることができるのだろうか? アイブリッジの調査によると「タバコの増税」が最も多く、1000円を超える増税になれば、ほとんどの人が「タバコを止める」と回答した。(2009/5/12)

145億円で「一緒に元気になろーソン」――ローソンのam/pm買収会見を(ほぼ)完全収録
ローソンは2月25日、エーエム・ピーエム・ジャパン(am/pm)を買収すると発表した。資金難に苦しむam/pmと、東京に足場を築きたいローソンの思惑が一致した形だ。ローソンの新浪剛史社長やam/pmの相澤利彦社長らが参加した会見の様子をお伝えする。(2009/2/26)

伴大作の「木漏れ日」:
こんな時代に業績が良い会社
最近ベンダーの人から「こんな経済情勢で業績の良い会社があるのかね」といった質問を受ける。確かに、ここまで不況が深刻になると、そういった情報が知りたくなるのも無理はない。(2009/1/26)

最近、SuicaやPASMOで改札を通ると、エラーになりませんか?
「いつも通りPASMOを改札にかざしているのに、最近エラーが出て通れないことがあるんだよな……」こんな悩みがある人はパスケースを確認してみてほしい。そこにICカード免許証が入っていないだろうか?(2009/1/13)

タスポ導入後、タバコの買い方に変化――「自販機で買う」は41.0ポイント減少
タスポが導入されてから2カ月以上が経過したが、タバコの買い方に変化は出たのだろうか。インターワイヤードの調べによると、コンビニで購入する人は増えたが、自販機で買う人は大幅に減少していることが分かった。(2008/9/17)

タスポ「申し込む予定はない」が4割超――持たない理由は?
タスポが導入されて「コンビニでタバコを買う」人をよく見かけるようになったが、実態はどうなっているのだろうか? タスポ導入前は「コンビニ」と「自販機」でタバコを購入する人が多かったが、導入後はコンビニの“1人勝ち”となっているようだ。C-NEWS編集部調べ。(2008/8/29)

2008年度版「FeliCaの基礎知識」――(2)非接触ICカード編
PASMO、TOICA、nimocaといったIC乗車券の登場や、Edyやnanacoなどの電子マネーをコンビニが積極的に導入したことにより、FeliCaカードを“かざす”場所は急速に増えた。またtaspoや運転免許証など、FeliCa以外のICチップを搭載したカードの普及も進んでいる。ここではFeliCaの話題を中心に、非接触ICカードに関する最新のトピックスを整理する。(2008/7/24)

オルタナブログ通信:
カリスマ経営者と後継者問題――ビル・ゲイツ引退のいま考える、リーダーに必要な資質とは?
ついに日本におけるiPhone 3Gサービス内容が発表された。一方ネットでは、盗用、欺瞞、不正アクセス、不正ダウンロード、さらにはコーヒーメーカーにまで脆弱性が見つかるなど、悪がはびこっている――ITにまつわる時事ネタを、独自視点で発信しているのがオルタナブロガーである。(2008/7/4)

喫煙で記憶力減退の恐れ――仏研究機関調査
研究者らは、喫煙は認知症のリスクファクターであると結論づけている。(2008/6/11)

オルタナブログ通信:
サービスを拡大させる人間と、悪用する人間――Googleの功績と失敗
Googleのサービスがスパムに利用された? Twitterの避難先、タスポは普及するのか、WindowsとMacintosh――ITにまつわる時事ネタなどを、独自の視点で日々発信しているのがオルタナブロガーだ。(2008/6/6)

喫煙者の7割がニコチン依存症――医者へ相談した経験者は5%以下
職場での禁煙化は、どこまで進んでいるのだろうか? 完全分煙化が進んでいるのは首都圏や大都市が多く、まだまだ分煙が主流のようだ。ファイザー調べ。(2008/5/16)

taspo導入の結果は、喫煙者の自販機離れ?
7月から「taspo」対応の自販機導入が義務付けられているが、タバコの買い方に変化はあるのだろうか? taspo導入後に「自販機での購入が増えそう」という人は少なく、コンビニなどで買う人が増えそうだ。インターワイヤード調べ。(2008/5/15)

かざして“ぴっ”を、より気軽にPCで──アイ・オーとトッパンF、NFCリーダー開発・販売で協業
アイ・オーデータ機器は、FeliCaやMIFAREに対応するNFCリーダー製品を5月下旬に発売する。市場が広がる非接触ICカード市場に向け、チャージや決済履歴チェックといった個人用途に加え、トッパンフォームズやソリトンシステムズと連携し、セキュリティソリューションを軸にした法人向け市場にも協業で取り組む。(2008/5/9)

2007年のヒット商品――電通が分析する5つの“売れるポイント”
電通の消費者研究センターは「消費者が選んだ2007年話題・注目商品」を発表、ニンテンドーのゲームが1位と2位を独占した。2007年の消費キーワードは「ネタ共振消費〜ネタでつながり、ネタではじける」だと命名している。(2007/11/29)

ITmedia×トランスコスモス特別企画:
PR:スキル・キャリアアップの機会はたくさんある。それを逃すな!
売り手市場が続く、IT業界の転職動向。そんな状況だからこそ、企業が求めるスキルやキャリアを磨くことは、自身の市場価値をより高めるうえで重要となる。特に大切なのが仕事をする環境ではないだろうか。研修体制、手がけるプロジェクトの規模、またより上流工程に携わることができるかなど、そのポイントは様々だ。そこで、今回はIT関連で幅広いサービスを展開するトランスコスモスの4つの部門に、具体的な業務内容や求めている人材像などについて聞いた。(2007/10/10)

ドコモ、「taspo」にFOMA通信モジュールやネットワークインフラを提供
ドコモは、たばこ自動販売機に搭載予定の、成人を識別するICカード「taspo」のシステムにFOMA通信モジュールとFOMAネットワーク、認証設備や情報端末を提供する。(2006/10/26)

たばこ自販機用ICカード「taspo」は2008年から、独自電子マネー機能も
2008年から、たばこ自動販売機でたばこを購入するためにICカードが必要になる。未成年のたばこ購入を防ぐのが狙いで、独自電子マネー機能も備える。(2006/10/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。