ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TCO」最新記事一覧

Total Cost of Ownership

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「TCOとクラウドの関係」
情シス部門の課題として、TCOの増大やITコストの削減があります。これらの課題を解決するためのクラウドの役割について解説します。(2016/7/11)

5回のクリックで仮想マシンを導入:
HPE、中規模システムや拠点の集約を想定したハイパーコンバージドアプライアンス「HPE HC 380」を発表
HPEがハイパーコンバージドシステムの新製品「HPE Hyper Converged 380」を発表。仮想マシンの導入や管理、サポートなどの一連の操作を数クリックでできる容易性を特長に、TCOの削減やハイブリッドインフラへの移行を見据えた整備を可能とする。(2016/4/20)

ホワイトペーパー:
Linux TCO比較──標準化、無償と商用の混合、無償のみ、TCOが最も低いのは?
商用Linuxサブスクリプションを使用してLinuxサーバの大半をサポートしている企業、商用サポート付きと無償のLinuxディストリビューションが混在している企業、そしてサーバ上で主に無償のLinuxディストリビューションを使用している企業を徹底比較。TCOが最も低いのはどの企業だったか?(2016/3/31)

基幹システムのクラウドに求められる柔軟性と安全性
「攻めのIT」の実現に向けたTCO削減、期待した効果を実感できるクラウド移行方法とは
TCO削減を目的にシステムをプライベートクラウドやパブリッククラウドに移行したが思ったほど効果が上がらない……、そんな課題を抱えるIT部門は少なくない。クラウドの課題を整理しつつ最適な解決方法を探る。(2015/12/9)

ホワイトペーパー:
昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア
昭和シェルビジネス&ITソリューションズは、SAPのバージョンアップのタイミングで仮想化基盤への移行を決定。サービス・レベルを維持しつつTCO削減と次世代を見据えた基盤構築を目指す同社の選択したアーキテクチャとは?(2015/10/23)

ホワイトペーパー:
今すぐできる仮想環境のTCO削減、vSphere環境で具体策を解説
企業のIT基盤を劇的に変化させてた仮想化だが、いまだ解決できない課題も多い。仮想環境のTCOをもっともっと削減するために、今IT部門が取り組むべき事項を解説する。(2015/10/16)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第23回 あるSoftware-Defined商談の失敗例
SDSやNFVは破壊的イノベーション。日本のITマネージャーが頭を悩ませるTCOの削減、いや新しい価値の創造に貢献できる技術です。しかし現実は……?(2015/8/14)

ホワイトペーパー:
売上高686億円を目指すクラウドサービス、そのコアとなるストレージの要件とは
世界中にクラウド事業を展開するOrange Business Servicesにとって、ストレージとデータの即応性は不可欠な要件だ。クラウド事業の年間売上高を5億ユーロ(約686億円)にするという果敢な目標のために既に35P(ペタ)バイトもの容量を利用し、WebインフラのTCOを50%削減したストレージとは?(2015/5/27)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
9つの導入事例で学ぶ「オールフラッシュストレージ」の実力とは?
「ダウンタイムを減らし迅速にサービスを提供したい」「TCOを削減しながら柔軟な開発環境を構築したい」などのニーズに応えるには、ストレージ性能の向上が重要だ。「オールフラッシュストレージ」の導入でサービスや業務の効率化を実現した9つの企業・公共機関の導入事例を紹介する。(2015/5/21)

スマートデバイス活用コストを再考する【後編】
“金食い虫”のiPhone、Androidスマホを一掃する3つのヒント
スマートフォンやタブレットといったモバイル活用のTCO(総所有コスト)を最適化し、投資対効果を最大限に引き出すにはどうすべきか。そのヒントを3つ紹介する。(2015/4/23)

スマートデバイス活用コストを再考する【前編】
「TCO」(総所有コスト)の本当の意味、正しく説明できますか?
企業がモバイル活用を進める際、IT部門は生産性やセキュリティの影響に目を向ける。だが経営陣はそれらと同等か、それ以上にコストも重視する。経営陣との対話に備え、コストに関する基礎知識をおさらいしよう。(2015/4/22)

独自クラウドに取り組む足立区、VDI活用でTCOを10億円削減へ
2009年からプライベートクラウドの構築に取り組んできた東京都足立区。2014年度までに共通基盤化やデスクトップ仮想化などがほぼ完了し、2015年度から本格稼働する予定だ。(2015/3/23)

SDN、VDIなど幅広い分野で利用されるVMware
仮想化技術で実用的なサービスを生み出した4つのユーザー事例
多くの企業が仮想化を活用して新たなサービスを展開している。TCO削減だけではない、ビジネスを活性化させるための仮想化とは。ネットワーク仮想化(SDN)やデスクトップ仮想化(VDI)など、4つのユーザー事例を紹介する。(2015/3/5)

富士通が全社内システムの基盤をクラウド化、5年でTCOを350億円削減
国内外にある640システムを5年がかりでOpenStackベースのクラウド基盤に移行する。(2015/2/18)

ホワイトペーパー:
データベース統合・仮想化でTCO削減は可能か
企業のIT投資額が現状維持の中、運用費をいかに削減するかが重要だ。サーバ仮想化は普及しつつあるが、データベースの統合、仮想化でTCO削減は可能なのか。詳細資料から検証する。(2015/2/3)

FAニュース:
製造業の生産性向上とTCO削減を可能にしたマイクロシーケンサ40機種
三菱電機は、基本性能の向上と内蔵機能の充実、上位モデルとの互換性強化により、製造業の生産性向上とTCOの削減を可能にしたマイクロシーケンサ40機種を発表した。(2015/1/14)

5年のTCOを50%以下に削減した企業例も紹介
VDI構築・運用時における盲点――TCO増大につながるリスクとは?
急速に導入が進むVDI。しかし、VDI特有のセキュリティ対策や余剰リソース、運用・管理費の負担などでトータルコストの増大につながるリスクがあるのをご存じだろうか。(2014/11/26)

ユーザー企業導入事例:
明治安田生命が“生保業界最大級”のプライベートクラウド基盤 5年間でTCO 60%削減へ
明治安田生命が“生保業界最大級”のプライベートクラウド基盤を構築。「VMware vCloud Suite」とVMwareコンサルサービスを採用して実現した。(2014/10/29)

ホワイトペーパー:
Hadoop環境の性能/TCOを徹底比較! 最も導入効果があるサーバとは?
ビッグデータ分析基盤として人気の「Apache Hadoop」。そのコストパフォーマンスを最大化できる基盤として注目されている次世代型カートリッジサーバの導入効果を、CTCが従来サーバと同一環境で徹底比較した。(2014/8/19)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?
代表的なパブリッククラウドサービスと、ローカル運用のコンパクトデータセンターソリューションとで、トランザクションデータベースワークロードの比較テストを実施。5年間の総所有コスト(TCO)を比較したところ、驚きの差が出ることが分かった。(2014/8/6)

初めてのサーバ購入【後編】
サーバベンダーから大幅値引きを引き出すコツは
サーバのTCOは各コンポーネントに加えて、アプリケーションやオプションによって決まる。ベンダーから有利な条件でサーバを購入するコツを解説する。(2014/8/5)

FAニュース:
三菱電機、TCO削減とセキュリティ機能を強化した汎用シーケンサ新製品を発売
新製品「MELSEC iQ-Rシリーズ」は、現行シリーズから処理能力と速度を約40倍に改善。また、ソフトウェアを構造化する「構造化プログラム」の操作性向上によって開発工数を削減するなどしている。(2014/7/22)

ホワイトペーパー:
DevOps実現に不可欠なアプリケーションパフォーマンス管理(APM)の要件
ガートナーによるとアプリケーションの10年間のTCOの内、92%はアプリケーションの機能拡張、改修、運用のコストだという。開発と運用の壁を打破する「DevOps」を実現するために必要な、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)の要件を示す。(2014/7/8)

ホワイトペーパー:
バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?
アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属が100システムを超える重要システムのBCP対応のために選択したバックアップソリューションとは? システムを二重化するディザスタリカバリシステムの構築で大幅にTCO削減を実現した同社の事例を見ていこう。(2014/7/2)

ホワイトペーパー:
高千穂交易のSAP再構築事例に学ぶ、基幹システムの効果的なバックアップ方法
技術商社の高千穂交易は、事業継続計画(BCP)強化を目的基幹システムおよびバックアップシステムの再構築を実施。バックアップ環境のTCO削減をはじめとするさまざまな効果を生んだ同社の取り組みを見ていこう。(2014/6/25)

既存環境とクラウド環境のストレージを融合へ、EMCが新製品群発表
パブリッククラウドに比べTCO削減効果が高いというストレージアプライアンスや、ストレージ基盤管理、I/O高速化のソフトウェア群を順次リリースする。(2014/6/18)

クライアント仮想化はワークスタイル拡大に貢献、ユーザー企業の評価
IDC Japanの調査によると、クライアント仮想化を導入している国内企業はTCO、BCP、節電などへの効果を高く評価していることが分かった。(2014/5/29)

導入事例:
東京金融取引所、基幹業務システムを刷新 TCOを約半分に
東京金融取引所が金利先物等取引・清算システムを刷新し、総所有コスト(TCO)を半減させた。(2014/2/24)

近未来のIT基盤「Software Defined Environment」の構築も
vSphere環境のTCOを下げる、今すぐ実践可能な4つのヒント
サーバ仮想環境の構築によるメリットを実感する一方で、TCOに関しては当初の期待とは異なると頭を抱える管理者もいる。仮想環境のTCO削減に役立つ4つのポイントを紹介しよう。(2013/11/29)

SCF2013:
TOCの削減とセキュリティ機能強化、三菱が新型シーケンサ展示
三菱電機は、新開発のシーケンサ(プログラマブルコントローラ)「MELSEC iQ-Rシリーズ」をSCF2013で展示した。高速システムバスの採用により現行製品に比べてシステム性能を約5倍に高めることで、TCO(Total Cost of Ownership)の削減を可能とする。セキュリティキー認証機能を搭載するなど、セキュリティ機能も強化した。(2013/11/8)

FAニュース:
三菱電機、TCOを削減する新シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」を開発
システム性能と操作性の向上によりTCOを削減でき、セキュリティを強化した。現行シリーズのプログラムの流用も可能。(2013/11/8)

ホワイトペーパー:
実効容量の比較で分かる! スケールアウトNASのTCO削減効果
近年、関心が集まっているスケールアウトNAS。一般的なNASと比べて運用管理の大幅な軽減が可能となる。 その導入はTCO削減にも非常に効果的だ。実効容量200Tバイト時のTCOを比較してみた。(2013/10/1)

導入事例:
日本パレットレンタル、物流ソリューションシステムにSQL Serverを採用
新物流ソリューションシステムの構築に「Microsoft SQL Server SSD Appliance」を採用して、TCO削減を見込む。(2013/7/8)

低TCOで大注目の新世代サーバ:
PR:Cisco UCS、価格も身近なら買わない理由はない
シスコのサーバ、「Unified Computing System」は、サーバの常識を覆す革新的な仕組みがTCO低減に直結することから、大きな注目を集めてきた。しかし同社は、より多くの組織にUCSの良さを実感してもらうため、「SmartPlay」というキャンペーンを展開。思い切った価格で入手できるチャンスがきた(2013/5/13)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

OSよりも深いところからリモート管理:
PR:運用管理とセキュリティ管理の両方に効く「McAfee ePO Deep Command」
マカフィーの統合管理ソリューションとインテルのハードウェアを組み合わせ、電源のオン/オフも含めたさまざまな操作をリモートからも行える「McAfee ePO Deep Command」は、セキュリティレベルの向上に加えエンドポイントの自動管理を実現し、企業全体での省電力化とTCO削減にもつながるという。(2013/1/21)

特定製品への先入観を取り払う
「Hyper-VかVMwareか」の選択に役立つ移行評価ツール
ハイパーバイザーの選択は、客観的データに基づいて行われることが望ましい。選択肢のハイパーバイザーに移行した際のROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を、算出するツールを紹介する。(2012/8/6)

導入事例:
バンダイナムコ、プライベートクラウド構築でTCOを3割削減へ
バンダイナムコホールディングスがグループ共通のIT基盤を構築し、国内の主要会社から利用を開始した。将来は海外の主要会社の利用も計画する。(2012/7/3)

PR:IBM PureSystemsへの対応を加速するISV
4月にIBMが世界で同時に発表した「IBM PureSystems」は、エキスパートの知見を活用することで、ITライフサイクル全体のさまざまな作業負荷を軽減、TCOの削減を可能にする。システムに最適化されたソリューションとして、IBM製品に加え、グローバルで100社以上のISV製品が利用可能だ。日本でいち早く対応した4社のISVからの声をそのソリューションとともに紹介する。(2012/6/29)

ホワイトペーパー:
データセンターのTCOを最大75%削減可能なネットワークとは?【第三者機関レポート】
トラフィック量の増加などで、データセンターにおけるネットワークインフラの要件は複雑化している。最適な製品選定のヒントとして、主要ベンダーのネットワークアーキテクチャにおけるTCO比較分析した調査レポートを紹介しよう。(2012/6/15)

NEWS
トーヨデンサン、社内のファイルサーバ統合に「EMC VNXe」を採用
社内に乱立するファイルサーバの統合を目的として、EMCジャパンのユニファイドストレージを導入した。管理負荷の軽減やパフォーマンス改善などを含めてTCOの削減を実現。(2012/2/10)

導入事例:
トーヨデンサン、ファイルサーバの統合でTCOを削減
EMCの中小企業向けストレージ「EMC VNXe」で、社内に乱立していたファイルサーバを統合した。(2012/2/9)

ホワイトペーパー:
今こそ“IT資産のオフバランス化”の実現を!! 一般企業、データセンター、クラウド業者も「保有」から「使用」へ
競争力維持、およびTCO削減の為、世界のリーディングカンパニーがIT設備の更新サイクルを大幅に短縮している。購入せずに「使用」するという世界標準のIT資産のオフバランス化とは?(提供:マッコーリーアセットファイナンスジャパン)(2011/11/21)

運用実績7年の自治体モデルケース、コストも解明!
TCO削減で9億4000万の投資を回収した 和歌山県のシンクライアント導入事例
和歌山県は、2004年より約4000台の行政事務PCをシンクライアント化。2世代目となる現行システムには従来比5割増となる約9億4000万円のコストを掛けたが、それに見合う成果が得られそうだ。(2011/9/29)

ホワイトペーパー:
ラボ検証レポート Dell EqualLogic TCO 分析 Equallogic 仮想化iSCSI ストレージの経済性
拡張性に優れたEqualLogic iSCSIストレージ・ソリューションの経済的優位性を、従来のDAS、FC SAN、マルチプロトコル・ソリューション(FCやiSCSI、NAS接続を提供するシステム)と比較して分析する(提供:デル)。(2011/9/15)

ホワイトペーパー:
TCOを削減するデータセンターアウトソーシングとクラウド活用
「コア業務へのリソース集中」+「TCO削減」にデータセンターアウトソーシングは非常に有効な選択肢だ。データセンターアウトソーシングの必要性とデータセンターの選び方について紹介する(提供:ビットアイル)。(2011/9/1)

ブレードサーバで実現するネットワークの集約:
PR:10GbE を効率良く利用できるNICパーティショニング(NPAR)の魅力とは?
社内ネットワークの通信能力は今や10Gbpsに達するまで高速化を遂げており、このネットワーク帯域を最適に利用する方法として注目を集めているのが10ギガビットNICを分割して利用する「NIC パーティショニング(NPAR)」だ。サーバのTCOを削減するためにこれまでさまざまな機能を実装させてきたデルのブレードサーバ製品「PowerEdge Mシリーズ」に、また1つ新たな武器が備わった。(2011/7/13)

導入事例:
クックパッド NECのクラウド型ERPを導入しTCO半減を見込む
クックパッドはNECの「EXPLANNER for SaaS」を採用した。バックオフィスシステムを柔軟に拡張可能とし、導入のコストと負荷を下げる狙いだ。(2011/7/8)

ユーザー視点で生まれた“夢”のようなソリューション:
PR:TCO削減とカスタマイズで理想のクライアント環境を実現する
PCのTCO削減のポイントは、調達する製品の仕様や運用環境の標準化だ。しかし、「できればユーザーの希望に合わせてカスタマイズもしたい」というのがユーザー企業のIT管理者の本音だろう。NTTデータ ウェーブの「PcMagic」はそのような企業の希望に応えるソリューションだ。(2011/6/24)

高いサービス品質を維持しつつコストを削減:
PR:手作りしない統合システムだから実現できるオラクルのクラウド世界
たとえクラウドといっても、ユーザーは従来のオンプレミス型システムと同様に、高いサービス品質や信頼性を当然のように望む。オラクルのクラウドサービスは、ミッションクリティカルな企業システムをターゲットに、TCO削減とビジネス価値創造を同時に実現する優れものといえよう。5月25日に都内で開催されるイベント「Oracle Enterprise Cloud Summit」を前に、日本オラクルの首藤聡一郎氏が同社のクラウド戦略を語った。(2011/4/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。