ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チーム開発」最新記事一覧

ITエンジニアの未来ラボ(12):
さまざまな技術が混じり合う現在、必要とされているコミュニティー本来の役割とは
マイクロソフトの技術とOSS技術の融合が急速に進んでいる昨今、その影響がコミュニティー活動にも波及しているという。最近のコミュニティー動向についてHokuriku.NETとPOStudyの運営者に聞いた。(2016/7/21)

2年の実践的実習で学位も取れる
人材難時代の最後の手段、“使えるIT技術者”は自社で育成
小売業者のSainsbury’sは、各種開発言語、ビジネススキル、チーム開発などの実習を提供する計画を発表。IT技術者不足が常に取り沙汰される昨今、こうした動きは広がるのだろうか。(2016/7/12)

現場でJIRAやBitbucketはどう活用されているのか?:
PR:gloopsやgumiのソーシャルゲーム開発を支えるアトラシアンのツール群
アトラシアンがコミュニティーカンファレンス「Atlassian For Teams − Team-1 ゲーム開発現場でのチーム開発」を開催。現場でアトラシアンのツールを活用しているゲーム開発企業gloopsやgumiの担当者が登壇し、ツールの利用事例や、利用している中で見えてきた課題、ツールへの要望などをセッション形式で発表した。(2016/6/30)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(7):
SIerが社内リーンスタートアップで得られるものとは何なのか
積極的に新規サービス開発に取り組んでいるSIerに、力を注いでいる理由や、訪日タイ人旅行者向け専用ネットワークサービスや専用iPhoneアプリを開発するプロジェクトの実状、採用技術、ツール、今後の展開などを聞いた。(2016/2/22)

開発/検証環境にクラウドを活用する3つのポイントとは?:
PR:Oracle Cloud Platformを使うべき理由──他と何がどう違うのか
システム構築プロジェクトで使う開発/検証環境を、パブリッククラウドで調達する企業が増えている。オンプレミス製品と同じアーキテクチャで提供されるOracle Cloud Platformは、開発/検証環境として利用した場合も、オラクルユーザーに極めて多くのメリットをもたらす。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2015/12/24)

“ミッションクリティカルクラウド”は本当か?:
PR:Oracle Database Cloud Serviceはどこまで「使える」か
“ミッションクリティカルクラウド”を標ぼうする「Oracle Cloud Platform」。その実力を測るための検証作業に、ミッションクリティカルシステムの構築/運用で豊富な実績を誇るPSソリューションズが名乗りを上げた。同社が「Oracle Database Cloud Service」などについて実施した検証の内容と、その評価を紹介しよう。[パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2015/12/3)

特集:Connect 2015:
Visual Studio Dev Essentialsとは何か
マイクロソフトが新たに発表したサブスクリプションプログラム「Visual Studio Dev Essential」について考察していこう。(2015/11/26)

特集:Connect 2015:
マイクロソフトと.NET開発者の明日はどっちだ?
2015年11月に開催されたマイクロソフトの開発者向けイベントConnect();のキーノートから、これからマイクロソフトと.NET開発者が進む道を探る。(2015/11/20)

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:
第2回 Visual Studio 2015の基礎を知る
開発環境Visual Studioを使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2015/8/18)

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:
第1回 Visual Studio 2015って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための連載スタート。(2015/8/7)

MVP Award表彰式リポート:
5つのスタートアップが考える、スマホ時代の新メディアとなるアプリ/Webサービスとは
2015年6月17日、スタートアップ向けコンテスト「MVP Award」の表彰式イベントが行われた。本稿では、その模様をリポートしよう。(2015/8/3)

プロならゲーム開発で品質保持/CIは当たり前:
PR:C#/C++の本格的なゲーム開発において品質を高めるために知っておきたい静的解析とは
ゲーム開発現場に長らく存在する課題を解決し、スピードと品質担保を両立させる手段として多くのゲーム開発者が導入を始めているのが、コード解析ツールだ。日本シノプシス 営業本部 ソフトウェアインテグリティグループ シニアプロダクトマーケティングマネージャー 津村直史氏にコード解析ツールについてお話をうかがった。(2015/7/14)

特集:.NET開発者のためのオンラインリソースガイド:
.NET開発者がよく使うサイト、本当に使えるサイト【2015年度版】
Web上には.NET関連サイトが数え切れないほどたくさんある。その中でも.NET開発初心者がまずは押さえておきたいWebサイトを厳選してまとめた。(2015/4/9)

Atlassian創業者に聞く、今エンジニアに必要なスキルとは?:
PR:「営業力ではなく製品で戦う時代、ビジネスを変えるのはエンジニア」
「JIRA」「Confluence」「HipChat」など、開発チームのコミュニケーション、コラボレーションを支援するツール群を提供しているAtlassian。市場ニーズの変化に対応するために、ビジネスを支えるソフトウエア開発にも一層のアジリティが求められている中で、同社のツールは国内でも大きな支持を獲得している。では競合製品も多い中で、同社ツールが現場に支持される理由とは何なのか? 共同創業者でCo-CEOを務めるスコット・ファークァー氏へのインタビューから、その開発思想を探った。(2015/2/27)

DevLove市谷氏・上野氏がギルドワークスとMVP Awardに込めた想い:
実用可能な最小限の範囲でのプロダクトMVPとは何か? なぜスタートアップの評価対象となるのか?
4月15日まで応募受付中のスタートアップ向けコンテスト「MVP Award」について、企画した背景や思いなどを、企画したギルドワークスの代表者たちに聞いた。(2015/2/16)

翔泳社の「ITエンジニア本大賞」、技術書&ビジネス書部門ベスト10が発表
今後は各部門トップ3の中から大賞を決めるプレゼン大会を、2月19日開催の「Developers Summit2015」内で実施する。(2015/1/20)

海外Webサービスのトリセツ(21):
日本にも来てくれるヨ!〜GitHub(ギットハブ)の使い方:公式トレーニングプログラム
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今回は「GitHub(ギットハブ)」の公式トレーニングプログラムを紹介します。(2015/1/20)

Git、Subversionユーザーにもお勧めのdiff+merge環境:
PR:開発中の「ややこしさ」と「小さな、たくさんのムダ」を排除する開発支援ツール
Gitクライアントなどを使って効率よくチーム開発を行うケースが増えた。だが、ソースコードの修正で衝突や不整合が起こった場合、手作業でマージするのが一般的のようだ。直感的に操作できるマージツールを使ってみよう。(2015/1/19)

海外Webサービスのトリセツ(20):
絵文字だって使えちゃう〜GitHub(ギットハブ)の使い方:issueの裏ワザ編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今月は「GitHub(ギットハブ)」でissueの投稿に使える裏ワザを紹介します。(2015/1/6)

チャットボットでチーム開発効率化入門(4):
HubotとZabbixを連携すればワンオペ監視でも寂しくない
GitHub社が開発しているbotフレームワークHubotを使ってチャットアプリ上でチーム開発をいかに効率化していくかを解説していきます。今回は、Zabbixをインストールして監視設定を行い、Hubotと連携してサーバーからの障害検知をチャットに通知する方法などを紹介します。(2014/12/19)

Visual Studioで何ができる?:
PR:これから開発を始めるなら必見! より使いやすくなった「Visual Studio」
「Visual Studio」は高機能な総合開発環境(IDE)。特にCommunityエディションは有償であるProfessional相当の機能を備えながら、無償で利用できるのが特徴です。無償でできること、できないことを解説します。(2014/12/16)

チャットボットでチーム開発効率化入門(3):
HubotとJenkins、GitBucketを連携してCIをチャット上で効率化するには
GitHub社が開発しているbotフレームワークHubotを使ってチャットアプリ上でチーム開発をいかに効率化していくかを解説していきます。今回は、JenkinsとGitBucketをインストールしHubotと連携してチャットからJenkinsのジョブを実行する方法などを紹介します。(2014/12/12)

.NETのオープンソース化、新たな無償版エディションの登場でこんなに変わる:
PR:エンジニアが「一番やってみたいこと」から考える未来へのステップアップ――Visual Studioならここまでできる!
@ITが実施した読者アンケートでは「興味がある次世代技術」として、「クラウドを活用した開発」「マルチプラットフォーム開発」「ビッグデータ」「IoT」といったテーマが上位に挙がっていた。マイクロソフトでは、既存のスキルや環境を最大限に生かしながらこうしたテーマに取り組みたいと考えるエンジニアのニーズに応えるため、「Visual Studio」を中心とした開発プラットフォーム全体の急速な再構成に着手している。(2014/12/10)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(2):
現代のプロマネが知っておきたいアジャイル開発の基礎知識まとめ
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。今回は、そもそも開発手法とは、アジャイルとは何か、他の開発手法との違い、アジャイル開発に向いているプロジェクト、スクラム/リーンについて解説する。(2014/12/5)

チャットボットでチーム開発効率化入門(2):
Redmine連携でチケットをチャットに通知&開発を楽しくするHubotスクリプト6選
GitHub社が開発しているbotフレームワークHubotを使ってチャットアプリ上でチーム開発をいかに効率化していくかを解説していきます。今回は、HubotとRedmineを連携してチケットをチャットに通知する方法と環境構築、開発を楽しくするHubotスクリプトを6つ紹介。(2014/12/3)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(5):
実録! チーム開発が捗り過ぎるSlack+GitHub+Trelloの使い方
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介。今回は、開発プロジェクト向けチャットツール「Slack」の特徴を解説しプロジェクト管理ツール「Trello」や「GitHub」と組み合わせた活用事例を紹介する。(2014/10/29)

特集:.NET開発者のためのオンラインリソースガイド:
.NET開発者がよく使うサイト、本当に使えるサイト【2014年度版】
Web上には.NET関連サイトが数え切れないほどたくさんある。その中でも.NET開発初心者がまずは押さえておきたいWebサイトを厳選してまとめた。(2014/9/26)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第3回 .NETのコードを理解するための基礎知識
.NETによるWindowsアプリケーションのコードを理解するために必要な知識とは? まずはプログラミングの基礎を身に付けよう。(2014/9/8)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第2回 Visual Studio 2013の基礎を知る
開発環境Visual Studioを使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2014/9/1)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第1回 初めてのVisual Studio 2013
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための連載スタート。(2014/8/27)

Struts後時代のJava EE/Javaモダン開発はどうあるべきか〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(前編)
Java EEにおいてJava 8はどこまで利用できるのか、Java開発でGit、CI、継続的デリバリは、どこまで有効なのか、Struts後時代のJava EE開発における有効なフレームワークなどをお伝えする。(2014/8/26)

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(終):
Jenkins+HipChat+Hubotをチーム開発に導入してお手軽CI
現代の開発現場において欠かせないCI/継続的デリバリを、iOSアプリ開発に適用するためのツールやノウハウを解説する連載。最終回は、Jenkinsと連携させやすいチャットツールHipChatやBotフレームワークHubotを組み合わせてCIをより効率的に回す方法について解説します。(2014/8/25)

チャットボットでチーム開発効率化入門(1):
GitHub製フレームワークHubotの概要とインストール、チャットアプリと連携する基本的な使い方
GitHub社が開発しているbotフレームワークHubotを使ってチャットアプリ上でチーム開発をいかに効率化していくかを解説していきます。初回は「ChatOps」の有用性とHubotの概要、セットアップ方法、OSSのチャットアプリとの連携方法について。(2014/8/20)

海外Webサービスのトリセツ(5):
GitHub(ギットハブ)の使い方:グループの作成編
ソフトウェア開発プロジェクトの共有Webサービス「GitHub(ギットハブ)」を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今回はグループの作成と設定を解説します。(2014/7/24)

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(5):
アプリのクラッシュリポートを統計解析できるBugSenseの使い方
現代の開発現場において欠かせないCI/継続的デリバリを、iOSアプリ開発に適用するためのツールやノウハウを解説する連載。今回は、iOS/Android/HTML5アプリで使えるBugSenseの概要と使い方、分析で使える9種の主な統計データなどについて。(2014/7/10)

いまさら聞けないDocker入門(1):
アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識
オープンソースのコンテナー管理ソフトウェアDockerについて主な機能と特徴、使用技術、動作環境などを紹介。ハイパーバイザー型とコンテナー型の仮想化の違いも解説します。(2014/5/16)

チーム開発環境のクラウド化とモバイルアプリ開発のバックエンド支援
クラウドで様変わりする開発ライフサイクルのこれから
クラウドの出現によって、開発環境も変わりつつある。「サービス化」が開発現場にもたらすメリットを解剖する。(2014/5/12)

小山博史のJavaを楽しむ(18):
ビルドツールGradleのインストールと使い方、Jenkins/Git連携
オープンソースのビルドツール「Gradle」の主な特長やLinux/Windowsでの環境構築方法、さまざまな使い方に加え、CI/バージョン管理との連携方法を解説します。(2014/3/14)

日本マイクロソフト、「Microsoft Visual Studio 2013」の販売スケジュールを発表――VL版は11月1日より
日本マイクロソフトは、同社製の統合開発環境ツール最新版「Microsoft Visual Studio 2013」の詳細な販売スケジュールと価格を発表した。(2013/10/30)

安藤幸央のランダウン(66):
フリーソフトウェアGNU30周年と開発環境、開発ツールの歴史を振り返る
GNU誕生から30年が経った2013年。ソフトウェア開発の環境/ツールはどのように変化していったのだろうか。簡単に振り返りつつ未来を予想する。(2013/10/7)

Proのアップグレード版を期間限定提供:
マイクロソフト、Visual Studio 2013のローンチは11月13日
日本マイクロソフトは、「Visual Studio 2013」のローンチイベントを同年11月13日に開催することを明らかにした。併せて、価格はVisual Studio 2012から据え置くことも発表した。(2013/10/3)

Google I/O 2013まとめレポート(3):
あなたの知らない超絶便利なWeb開発を叶える仕様Web Componentsとは
Web(HTML)を“部品”化する仕様について、構成する4つの要素や、今すぐモダンブラウザで試せるJavaScriptライブラリ「Polymer」などを紹介します。(2013/7/10)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第3回 TFS自動ビルドを実践する
Visual StudioからTeam Foundation Serverに接続し、TFSに統合されているビルド・サーバ機能を活用して、実際にプロジェクトのビルドを行ってみる。(2013/7/2)

理屈より実践で学ぶアジャイルの方法論:
「LEGOブロックで街づくり」 実体験型スクラム入門をのぞいてみた
LEGOブロックを使った街づくりでアジャイル開発の実践を学ぶ半日のコースを見学してみた。効果のほどは?(2013/5/28)

組み込みイベントリポート【ESEC2013】:
「サービス中心のモノづくりへ」――ビッグデータから“ビッグバリュー”をつかむアプローチ
上半期最大規模の組み込み技術の祭典「組込みシステム開発技術展(ESEC)」が2013年5月8〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では展示会場リポート第1弾として、「インテリジェントシステム」への取り組みに注力するインテルと日本マイクロソフトのブースを紹介する。(2013/5/15)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第2回 自動ビルドを実現するビルド・サービスの必要性と環境構築方法
ソース・コードの管理環境の構築の次は、自動ビルド環境を構成しよう。Team Foundation Server Expressに統合されているビルド・サーバ機能を活用すれば、これも簡単に構築できる。(2013/5/8)

先行体験会リポート:
発売前の「教育版レゴ マインドストーム EV3」を一足お先に触ってきた!
教育版レゴ マインドストームの国内正規代理店を務めるアフレルは、メディア向けに「教育版レゴ マインドストーム EV3 記者体験会」を開催。9月上旬の発売に先駆け、より進化した教育版レゴ マインドストーム EV3による“ロボット開発”を体験してきた。本稿では多数の画像と動画を交えて、その魅力を紹介する。(2013/5/1)

グリーはいかにしてJenkinsを導入したのか(2):
JenkinsでCIすればiOSアプリのビルドは、もう面倒くさくない
App Storeへのアプリ公開を前提としたXcodeを使った開発を、継続的インテグレーションするための方法を紹介する。(2013/4/3)

ソフト開発の生産性を向上する「Rationalクラウド」を提供 日本IBM
チームでのソフトウェア開発の生産性を高める統合開発ソリューションを日本IBMはクラウドサービスとして提供する。(2013/3/13)

サービス事業者が重要なターゲット:
「クラウドDevOps」サービスを国内で正式発表、日本IBM
日本IBMは2月26日、アプリケーションの開発から検証、デプロイメント、運用までのプロセスを同社クラウドサービス上で完結できるサービス、「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」を国内で正式発表した。2012年12月に提供開始していたという。(2013/2/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。