ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鉄拳6」最新記事一覧

「第2回 eスポーツ JAPAN CUP」ライブ配信
「第2回eスポーツ JAPAN CUP」2日目の模様をライブ配信する。エキシビションマッチとして、日本人女性初のプロゲーマーチョコブランカさんが鉄拳6に挑戦! 第1回の大会にも登場した蝶野正洋さんが総合プロデューサーに就任している。総合司会は辻よしなりさん。配信は6月24日13時0分〜。(2012/6/21)

今年も「鉄拳6」の日本代表派遣が決定――「WCG2011」日本予選を8月に開催
一次予選は、関東・関西の2会場で開催予定。現在先着順で参加者を受け付けているので、腕に覚えのある方は早めの応募を!(2011/7/11)

「WCG2010」、「鉄拳6」部門決勝を本日深夜1時よりニコニコ生放送で中継
日本発ゲーム「鉄拳6」の日本代表をみんなで応援しよう!(2010/10/1)

世界最大のゲーム競技大会WCG2010 「鉄拳6」最終決戦、日本代表の戦いぶりは!?
世界最大のゲーム競技大会「World Cyber Games 2010」の種目の1つ「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION」最終決戦を、米ロサンゼルスからライブ配信。日本代表は世界を相手にどこまで通用するのか――勇姿を生で見届けよう!(2010/9/30)

「WorldCyberGames 2010」、「鉄拳6」日本代表選手決定
(2010/8/17)

世界規模のゲーム大会「WorldCyberGames2010」日本公式サイトオープン
今年、日本から代表選手が派遣されるのは「StarCraft: Brood War」「鉄拳6」の2種目。「StarCraft: Brood War」については選手応募受付もスタートしている。(2010/8/6)

最近これ遊んでます――動画で見る「鉄拳6」
オンライン対戦もかなり快適。だけどやっぱり家鉄(家でわいわい鉄拳をやること:造語)も。世界大会の開催まであと1カ月。「鉄拳6」を動画で見てみましょう。(2010/2/3)

バンダイナムコゲームス、希望退職200人募集 ゲーム・映像音楽の統合で「リスタート」
「鉄拳6」以外の主要タイトルが計画未達だったというバンダイナムコゲームスがリストラに踏み切る。ゲーム事業と映像音楽事業を統合する「リスタートプラン」に着手へ。(2010/2/2)

戦いの舞台は世界――「鉄拳6世界大会 -鉄拳6 GLOBAL CHAMPIONSHIP FINAL-」開催
3月7日、3D対戦格闘ゲーム「鉄拳6」の世界大会が東京で開催される。世界中のツワモノたちを、同日開催される「JAPAN ROUND(日本予選)」で勝ち抜いた日本代表が迎え撃つ!(2010/1/28)

シナリオキャンペーンモードでオンライン2人同時プレイが可能に――PS3/Xbox 360「鉄拳6」
バンダイナムコゲームスは、「鉄拳6」のアップデートを1月18日に実施。「ONLINE CO-OP」の追加や、オンライン対戦に関する仕様の変更が行われる。(2010/1/13)

PS3/Xbox 360「鉄拳6」で、より遊びやすくするオンラインアップデート
(2009/11/25)

早くもPSPの制圧にかかる3D対戦格闘ゲーム――PSP版「鉄拳6」発売決定
バンダイナムコゲームスが贈る鉄拳シリーズ最新作が、オリジナルモードを引っさげて早くもPSPに登場する。発売予定日は2010年1月14日。(2009/11/13)

「鉄拳6」レビュー:
進化を続けてきた3D対戦格闘ゲーム、「鉄拳6」がマルチプラットフォームで登場
プレイステーションとともに歩み続けてきた、といっても過言ではない人気シリーズの最新作が今回はプレイステーション 3とXbox 360で同時発売となった。全世界を巻き込んだ親子ゲンカの決着やいかに!?(2009/11/12)

「鉄拳6」全世界で250万本出荷
(2009/10/30)

TGS2009:
お台場のガンダムがTGSにやってきた!? バンナム、D3ブース合わせて20種類以上のタイトルが体験可能!――バンダイナムコゲームス/ディースリーパブリッシャーブース
バンダイナムコゲームスの「鉄拳6」や「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作、ディースリーパブリッシャーから発売される劇場公開を控えた「ATOM(アトム)」など、両ブースの体験可能なゲームを一挙に紹介していく。(2009/9/25)

東京ゲームショウ2008:
MS ジョン・シャパート氏基調講演――「Halo Wars」や「鉄拳6」など豊富なラインアップを発表
東京ゲームショウにて、マイクロソフトのジョン・シャパード氏による基調講演が行われ、「鉄拳6(仮称)」や「Halo 3:Recon」が発売されることが発表。11月19日に行われるXbox LIVEの大型アップデート、「New Xbox Experience(新Xbox体験)」についても紹介した。(2008/10/10)

3D対戦格闘「鉄拳6」(仮称)がPS3とXbox 360で発売
バンダイナムコゲームスは、 「鉄拳」シリーズでは初となる、同一タイトルのマルチプラットフォーム展開を、「鉄拳6」(仮称)において行うと発表した。(2008/10/9)

「鉄拳6」は初のマルチプラットフォーム PS3とXbox 360で
バンダイナムコゲームスは、「鉄拳6」(仮称)を2009年秋に全世界で発売する。鉄拳としては初のマルチプラットフォーム展開だ。(2008/10/9)

「鉄拳6(仮)」がXbox 360で発売――MSの基調講演で「Halo 3:Recon」の国内発売も発表
東京ゲームショウにおいて、マイクロソフトのジョン・シャパート氏による基調講演が行われ、「NINETY-NINE NIGHTS II(仮)」や「鉄拳6(仮)」が発売されることが明かされた。「Halo」シリーズ最新作「Halo 3:Recon」と「HALO WARS」についても触れられた。(2008/10/9)

鉄拳シリーズ開発者インタビュー:
移植ではない(?)渾身のPSP新作と、心意気の詰まったムービー
E3 2006のバンダイナムコゲームスブースにて、「鉄拳」シリーズのゲームデザイナー原田勝弘氏とビジュアルデザイナーの林直弘氏に話を聞くことができた。発売を控えるPSP「鉄拳 DARK RESURRECTION」とプレイステーション 3での発売が発表された「鉄拳6」について熱く語っていただいた。(2006/5/23)

E3 2006「バンダイナムコゲームスブース」:
ついに起動、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」――PSP「Ace Combat X」もプレイアブルで出展
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」、PSP「Ace Combat X」、「Tekken: Dark Resurrection」など、17タイトルのプレイアブル版を用意。ブース内にあるスクリーンでは、「鉄拳6」などのムービーも上映されていた。(2006/5/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。