ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鉄拳6」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鉄拳6」に関する情報が集まったページです。

「第2回 eスポーツ JAPAN CUP」ライブ配信
「第2回eスポーツ JAPAN CUP」2日目の模様をライブ配信する。エキシビションマッチとして、日本人女性初のプロゲーマーチョコブランカさんが鉄拳6に挑戦! 第1回の大会にも登場した蝶野正洋さんが総合プロデューサーに就任している。総合司会は辻よしなりさん。配信は6月24日13時0分〜。(2012/6/21)

今年も「鉄拳6」の日本代表派遣が決定――「WCG2011」日本予選を8月に開催
一次予選は、関東・関西の2会場で開催予定。現在先着順で参加者を受け付けているので、腕に覚えのある方は早めの応募を!(2011/7/11)

「WCG2010」、「鉄拳6」部門決勝を本日深夜1時よりニコニコ生放送で中継
日本発ゲーム「鉄拳6」の日本代表をみんなで応援しよう!(2010/10/1)

世界最大のゲーム競技大会WCG2010 「鉄拳6」最終決戦、日本代表の戦いぶりは!?
世界最大のゲーム競技大会「World Cyber Games 2010」の種目の1つ「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION」最終決戦を、米ロサンゼルスからライブ配信。日本代表は世界を相手にどこまで通用するのか――勇姿を生で見届けよう!(2010/9/30)

「WorldCyberGames 2010」、「鉄拳6」日本代表選手決定
(2010/8/17)

世界規模のゲーム大会「WorldCyberGames2010」日本公式サイトオープン
今年、日本から代表選手が派遣されるのは「StarCraft: Brood War」「鉄拳6」の2種目。「StarCraft: Brood War」については選手応募受付もスタートしている。(2010/8/6)

最近これ遊んでます――動画で見る「鉄拳6」
オンライン対戦もかなり快適。だけどやっぱり家鉄(家でわいわい鉄拳をやること:造語)も。世界大会の開催まであと1カ月。「鉄拳6」を動画で見てみましょう。(2010/2/3)

バンダイナムコゲームス、希望退職200人募集 ゲーム・映像音楽の統合で「リスタート」
「鉄拳6」以外の主要タイトルが計画未達だったというバンダイナムコゲームスがリストラに踏み切る。ゲーム事業と映像音楽事業を統合する「リスタートプラン」に着手へ。(2010/2/2)

戦いの舞台は世界――「鉄拳6世界大会 -鉄拳6 GLOBAL CHAMPIONSHIP FINAL-」開催
3月7日、3D対戦格闘ゲーム「鉄拳6」の世界大会が東京で開催される。世界中のツワモノたちを、同日開催される「JAPAN ROUND(日本予選)」で勝ち抜いた日本代表が迎え撃つ!(2010/1/28)

シナリオキャンペーンモードでオンライン2人同時プレイが可能に――PS3/Xbox 360「鉄拳6」
バンダイナムコゲームスは、「鉄拳6」のアップデートを1月18日に実施。「ONLINE CO-OP」の追加や、オンライン対戦に関する仕様の変更が行われる。(2010/1/13)

PS3/Xbox 360「鉄拳6」で、より遊びやすくするオンラインアップデート
(2009/11/25)

早くもPSPの制圧にかかる3D対戦格闘ゲーム――PSP版「鉄拳6」発売決定
バンダイナムコゲームスが贈る鉄拳シリーズ最新作が、オリジナルモードを引っさげて早くもPSPに登場する。発売予定日は2010年1月14日。(2009/11/13)

「鉄拳6」レビュー:
進化を続けてきた3D対戦格闘ゲーム、「鉄拳6」がマルチプラットフォームで登場
プレイステーションとともに歩み続けてきた、といっても過言ではない人気シリーズの最新作が今回はプレイステーション 3とXbox 360で同時発売となった。全世界を巻き込んだ親子ゲンカの決着やいかに!?(2009/11/12)

「鉄拳6」全世界で250万本出荷
(2009/10/30)

TGS2009:
お台場のガンダムがTGSにやってきた!? バンナム、D3ブース合わせて20種類以上のタイトルが体験可能!――バンダイナムコゲームス/ディースリーパブリッシャーブース
バンダイナムコゲームスの「鉄拳6」や「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作、ディースリーパブリッシャーから発売される劇場公開を控えた「ATOM(アトム)」など、両ブースの体験可能なゲームを一挙に紹介していく。(2009/9/25)

東京ゲームショウ2008:
MS ジョン・シャパート氏基調講演――「Halo Wars」や「鉄拳6」など豊富なラインアップを発表
東京ゲームショウにて、マイクロソフトのジョン・シャパード氏による基調講演が行われ、「鉄拳6(仮称)」や「Halo 3:Recon」が発売されることが発表。11月19日に行われるXbox LIVEの大型アップデート、「New Xbox Experience(新Xbox体験)」についても紹介した。(2008/10/10)

3D対戦格闘「鉄拳6」(仮称)がPS3とXbox 360で発売
バンダイナムコゲームスは、 「鉄拳」シリーズでは初となる、同一タイトルのマルチプラットフォーム展開を、「鉄拳6」(仮称)において行うと発表した。(2008/10/9)

「鉄拳6」は初のマルチプラットフォーム PS3とXbox 360で
バンダイナムコゲームスは、「鉄拳6」(仮称)を2009年秋に全世界で発売する。鉄拳としては初のマルチプラットフォーム展開だ。(2008/10/9)

「鉄拳6(仮)」がXbox 360で発売――MSの基調講演で「Halo 3:Recon」の国内発売も発表
東京ゲームショウにおいて、マイクロソフトのジョン・シャパート氏による基調講演が行われ、「NINETY-NINE NIGHTS II(仮)」や「鉄拳6(仮)」が発売されることが明かされた。「Halo」シリーズ最新作「Halo 3:Recon」と「HALO WARS」についても触れられた。(2008/10/9)

鉄拳シリーズ開発者インタビュー:
移植ではない(?)渾身のPSP新作と、心意気の詰まったムービー
E3 2006のバンダイナムコゲームスブースにて、「鉄拳」シリーズのゲームデザイナー原田勝弘氏とビジュアルデザイナーの林直弘氏に話を聞くことができた。発売を控えるPSP「鉄拳 DARK RESURRECTION」とプレイステーション 3での発売が発表された「鉄拳6」について熱く語っていただいた。(2006/5/23)

E3 2006「バンダイナムコゲームスブース」:
ついに起動、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」――PSP「Ace Combat X」もプレイアブルで出展
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」、PSP「Ace Combat X」、「Tekken: Dark Resurrection」など、17タイトルのプレイアブル版を用意。ブース内にあるスクリーンでは、「鉄拳6」などのムービーも上映されていた。(2006/5/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。