ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ターミナル・サービス」最新記事一覧

iOS、Android、Mac OS Xでも利用可
「Microsoft Office」も配信、AzureのWindowsアプリ配信を使うコツ
「Microsoft Azure RemoteApp」はクラウドからアプリケーションを配信するためのサービスだ。ただしIT管理者はライセンスとアプリケーション互換性の問題に留意し、アプリケーションの展開方法による違いを学ぶ必要がある。(2016/3/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(41):
パブリッククラウドでDaaSを可能にするWindows Server 2016の新機能
Windows Server 2016の「リモートデスクトップサービス」には、いくつか新機能が搭載されます。今回は、Windows Server 2016 Technical Preview(TP)3およびTP4から利用可能になった「セッションベースのデスクトップ展開」の新機能を説明します。(2016/1/28)

俺たちの情シス第4回 リポート:
ノマド社員対策、深刻なのはセキュリティよりアレですか?
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」、第4回が10月9日に開催されました。ワークスタイル変革の波が押し寄せる中、情シスのみなさんはどんな取り組みをしているのでしょうか。(2015/12/7)

ホワイトペーパー:
約8万ユーザーが使うデスクトップ仮想化環境、構築の変遷をたどる
デスクトップ仮想化の市場ニーズの高まりに先行する形で、日立製作所では既に足かけ10年の長きにわたりデスクトップ仮想化に取り組んできた。国内最大規模の約8万ユーザーという規模のデスクトップ仮想化環境はどのように構築・運用されているのだろうか。(2015/11/17)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第3回】
徹底比較:生い立ちから分かる、デスクトップ仮想化主要3製品の違いとは?
「VMware Horizon View」「Citrix XenDesktop」「Microsoft VDI」といったデスクトップ仮想化の主要製品の機能について紹介する。(2015/9/28)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「Mac」を知らない「Windows」管理者はもういらない
企業のIT管理者にはあまりなじみがない米Apple製品。企業導入が増える中、万一のトラブルにどう対処すべきなのか。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/6/26)

TechTargetジャパン用語事典
アプリ仮想化(アプリケーション仮想化)
アプリ仮想化/アプリケーション仮想化/App Virtualization/Application Virtualization(2015/7/10)

デスクトップ仮想マシン待機サービスも:
ヴイエムウェア、DaaSサービスを6月末までに国内提供開始へ
ヴイエムウェアは5月20日、同社のクラウドサービス「VMware vCloud Air」で、仮想デスクトップサービス(DaaS)「VMware Horizon Air」の国内提供を発表した。災害対策のための仮想デスクトップ待機サービスも提供される。(2015/5/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(31):
ログオン時間の短縮とリソースの節約には「RemoteApp」が効果的
前回は、Windows 8以降の初回ログオンに時間がかかることと、リモートデスクトップ接続経由であれば少しだけ時間を短縮できることを説明しました。さらに時間とリソースを節約できる方法があります。それは「RemoteApp」です。(2015/5/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(30):
Windows 8の初回ログオンは、なぜ、あんなに時間がかかるのか?――ローカルログオンとリモートログオンの微妙な関係
Windows 8/8.1にユーザーが始めてログオンすると、何やらアニメーションが表示され、長々と待たされます。これは、Windows 7までにはなかったこと。Windows 10の最新プレビュー版でも同じように待たされます。あれ、どうにかならないのでしょうか。(2015/4/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(29):
リモートデスクトッププロトコル(RDP)最新事情[その2]
前回は、マイクロソフトがAndroidやiOS、Mac向けに提供している「Microsoft Remote Desktop」アプリが、RDP 8.0(の一部)に対応しているらしいという話をしました。今回は、RDPのバージョンなんて“あってないようなもの”というお話です。(2015/4/13)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(9):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――RemoteFX vGPU
前回まで、Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」の新機能を説明してきました。間もなく新しいプレビューが公開される予定なので、Hyper-Vはひとまず終わりにして、今回からは「リモートデスクトップサービス」の新機能を見ていきます。(2015/3/4)

Amazon、Citrix、MS、VMware
どれを選ぶ? クラウドデスクトップ(DaaS)主要4サービス
Amazon、Citrix、Microsoft、VMwareが投資を続け、DaaSもようやく普及の兆しが見えてきた。DaaS市場全体を俯瞰しつつ、主要4サービスの最新動向を紹介する。(2015/1/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(4):
正式サービス開始のAzure RemoteApp、フル日本語環境のための“勘所”
「Microsoft Azure RemoteApp」が、2014年12月12日に正式版となりました。Azure RemoteAppは、クラウドからWindowsアプリケーションをさまざまなプラットフォームに対して提供するサービスです。本記事は、Azure RemoteAppのサービス内容やテクノロジ、日本語環境への対応に関する試用レポートです。(2015/1/7)

どうすればよい?「Windows Server 2003の移行」──東海物産の好例から
サポート終了日が近づく旧サーバOS「Windows Server 2003」をこれから移行するには、どうすればいいか。多くの中堅中小企業に共通する課題を抱えつつ移行に成功した、三重県の農業資材販売企業「東海物産」の事例を紹介する。(2014/12/8)

5分で絶対に分かるデスクトップ仮想化/VDI入門
デスクトップ仮想化の概要と、デスクトップ仮想化が登場する以前のシンクライアントとの違い、構成要素、3つの特徴、ユーザー/システム管理者/経営者の視点で見るメリット/デメリット、今後について解説する。(2014/8/19)

タイムリミット迫る!残された期間で何をすべきか:
PR:Windows Server 2003のサポート終了まで残り1年を切った今、スムーズな移行を行うには
Windows Server 2003のサポートが「2015年7月15日」に終了することを受け、企業では多くのワークロードで使われているこのサーバーOSの移行が急務となっている。サポートが終了したサーバーOSを使い続けるリスクと、残り少ない期間でスムーズに移行するために何をすべきかを考えるとともに、自社のサーバー環境を見直すキッカケとすることが重要だ。(2014/8/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(1):
RDPとRemoteFXのお話[その1]
Windowsに古くからあるテクノロジ、追加・変更されてきたテクノロジはたくさんあります。しかし、実際に使って理解しないと、誤った知識が固定化されてしまったり、ブログなどを通じて不正確な情報が広まってしまったりして、ややこしくなることがあります。(2014/3/3)

「いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも」がより身近に:
PR:多様化するワークスタイルは“クラウド版のRDS”が強力に支援
Server-based Computing(SBC)の時代に登場したターミナルサービスの最終進化形が、Windows Server 2008 R2以降に搭載されている「リモートデスクトップサービス」(RDS)。このRDSをWindows AzureのIaaSに載せたのが「RDS on Azure」だ。クラウドサービスなので運用管理は容易で、ネットワークの能力と機能も強力。iOSやAndroid端末でも業務アプリケーションを利用できる。(2014/2/24)

データベース選定の“常識”を疑う
Oracle DBやSQL Serverを使い続けるのは本当に正しい選択なのか?
データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。(2014/1/31)

Computer Weekly製品導入ガイド
「いつでも、どこでも、どんな端末でも」──変化を迫られるITサービス
エンタープライズコンピューティングは変動期にある。重点は自動化やユーザー端末への対応へとシフトしている。(2014/1/29)

国内金融機関最大規模のVDI環境を構築:
PR:損保ジャパンが「実績と信頼」を評価した日立のノウハウとは?
国内有数の損害保険会社である株式会社損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)は、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模なVDI環境を構築した。導入に際しパートナーとして選定したのは日立製作所(以下、日立)。自社導入・運用事例を始めとする豊富な導入実績を評価してのことだという。(2014/1/28)

デスクトップ仮想化導入事例
富士市役所が運用性を極めた3世代目システムを稼働、そのシステム構成を大解剖
静岡県富士市役所は、2014年1月に3世代目のデスクトップ仮想化システムを稼働させた。サーバ仮想化でコストを下げ、シンクライアント専用OSで運用性を極めた。(2014/1/23)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
最終回 遠隔地のAndroid/iOS端末から社内PCにリモートデスクトップ接続する
普段から持ち歩くiOS/Androidスマートフォン/タブレットにとって、外出中にこそリモートデスクトップ接続をする機会は多いはずだ。そこで社外すなわちインターネット経由で社内PCにリモートデスクトップ接続をする方法について解説する。(2014/1/8)

図解でわかるVDI:
PR:普及が進むデスクトップ仮想化――「仕組み」と「メリット」を知る
クライアントPCからデスクトップ環境を切り離し、サーバ上で稼働させる「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化基盤)」が注目されている。決して最新技術ではないものの、ネットワークの大容量化や画面転送プロトコルの高速化などの技術革新により、ここに来て普及の兆しをみせている。(2014/1/6)

日立がデスクトップ仮想化ソリューションを強化 グループ8万人の活用ノウハウを提供
日立がデスクトップ仮想化を中心とするクライアントソリューション事業を強化。サービスメニューを体系化し、顧客企業が検討・導入しやすくするという。(2013/12/11)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第2回 iOS向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
Microsoftからリリースされた「純正」のiOS向けリモート・デスクトップ接続アプリは、実用的に使えるのか? イントラネットでの基本的な使い方、使い勝手、注意点について説明する。(2013/11/21)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
iOS/Androidスマートフォン/タブレット向けに、Microsoftから「純正」のリモート・デスクトップ接続アプリがリリースされた。まずはAndroid版アプリの使いこなし方や使い勝手、注意点について詳しく説明する。(2013/12/16)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第14回 Windows Server 2012 R2プレビュー版の新機能と削除された機能
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第2回。今回は、追加/削除された役割と機能についてまとめる。PowerShell 4.0の重要な新機能であるDSCについても解説する。(2013/7/18)

XP移行、残された時間でできることは
XP移行を検討していない企業が株主から訴えられる!?
Windows XPのサポート終了まで後1年を切ったが、多くの企業はいまだに重要なビジネスアプリケーションをXPで運用している。米国では、XP移行を検討していない企業が株主から訴えられるケースも出ている。(2013/6/20)

産業制御システムの「シリアルサーバ」にセキュリティ上の不備、ネット経由で悪用の恐れ
シリアルサーバの多くはセキュリティ対策が不十分な状態でインターネットに接続されており、攻撃者に重要なシステムを制御されたり、情報を盗まれたりする恐れがあるという。(2013/4/25)

ホワイトペーパー:
Windows XPからWindows 7へ──大規模企業向け移行ガイド
間近に迫るWindows XPのサポート提供期間終了日。このホワイトペーパーはマイクロソフトが制作した大規模企業向けのWindows XPからWindows 7への移行ガイドである。(2013/2/20)

ライセンス認証、互換性、Officeアップグレードは大丈夫?:
PR:情シス女子の悲劇 Windows XP/Office2003サポート切れ3カ月前の場合
Windows XPのサポート終了までのカウントダウンが進む。企業のクライアントPC環境の移行も佳境に入ってきたが、「まだまだ」という感覚の企業は多い。サポート終了が目前に迫れば、どんな悲劇が待っているのだろうか……。(2012/11/8)

導入事例:
肥後銀行、3000人利用の仮想デスクトップシステムを導入
日立製作所が肥後銀行の大規模シンクライアントシステムを刷新した。(2012/10/10)

デスクトップ仮想化製品紹介:Ericom
費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品
デスクトップ仮想化製品の導入には“初期費用”という壁があった。ところが、従来製品の約2分の1から4分の1で導入できる製品があるという。Ericom Softwareの「PowerTerm WebConnect」を紹介する。(2012/8/15)

Microsoft、マルウェア「Flamer」が悪用の電子証明書を失効化
高度な仕組みを持ったマルウェアの「Flamer」が悪用していたターミナルサービスに関する3種類の電子証明書について、これを失効させる更新プログラムをリリースした。(2012/6/4)

検証! XPのサポート問題:
PR:800台のPCを半年でWindows 7に移行しなければならない商社の場合
クライアントPCのOS移行は頭の痛い問題だ。だが、コストや手間を理由に先延ばししていると、取り返しのつかない事態を招くことも……? Windows XPのサポート期限を目前にした、ある企業での事例をシミュレーションしてみよう。(2012/5/18)

Tech TIPS:
PsExecを使ってリモートのWindows PC上のプログラムを実行する
Windowsにはリモート・コンピュータ上でプログラムを実行するための標準機能がいくつかあるが、意外と冗長だったり事前の設定が面倒だったりする。Windows Sysinternalsの「PsExec」コマンドを使えば、コマンドライン・プログラムを手軽にリモート実行できる。(2012/5/11)

Tech TIPS:
リモートアシスタンスの使い方(Windows 7編)
リモートアシスタンスを使えば、ヘルプ・デスク業務において、リモートPCの画面を閲覧するだけでなく、操作や設定変更、ユーザーとのチャットなどができる。(2012/3/16)

クラウドERP製品カタログ【第7回】東洋ビジネスエンジニアリング
中堅・中小製造業の海外進出を支援する「MCFrame online 原価管理」
製造業で広く使われる国産業務パッケージ「MCFrame」の原価管理機能を切り出してクラウドサービスとして提供するMCFrame online 原価管理。主なターゲット企業は海外進出を狙う中堅・中小企業だ。(2012/1/18)

ニッチな市場がターゲット?
サーバ仮想化の専門家4人が語る、クライアント版Hyper-Vの価値
Hyper-VはWindows 8にも搭載される。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー4人が、このHyper-Vのメリット/デメリット、使い方の可能性について考察する。(2011/11/8)

IT管理者がWindows Thin PCに抱く期待と不安
Windows Thin PCは真のリモートデスクトップを実現するのか?
ターミナルサービス、シンクライアント、VDI……。リモートデスクトップ技術に関するITベンダーの約束が果たされることはなかった。MicrosoftのWindows Thin PCもまた、IT管理者を失望させるのだろうか?(2011/10/12)

小規模導入で役立つ裏技を紹介
Windows仮想デスクトップライセンスを賢く導入する3つの方法
Windows 7上でXPモードを使いWindows 7のVMを無償で実行する方法、有償のデスクトップ仮想化ライセンスの選び方、最もシンプルなMicrosoftボリュームライセンスプログラムの3つを紹介する。(2011/7/21)

Chrome OS搭載のChromebookは退屈な端末
勘違いから学んだ、Googleの「Chrome OS」と「Chromium OS」の違い
Webブラウザの「Chrome」と「Chromium」、OSである「Chrome OS」と「Chromium OS」。これらは何が違うのか。筆者の勘違いを基に、これらをあらためて整理してみた。(2011/7/15)

Windows XPといつ決別する?
Windows 7へのアップグレードは是か非か?
Windows 8が姿を現しつつあるが、企業が検討すべきはWindows 7をどうするか、である。いまだにWindows XPを使用している企業も多いが、そろそろアップグレードの是非を決める時期だろう。(2011/6/6)

Microsoftは合法だとしながらもサポートしない方針
Microsoftのライセンス規約内でIE 6をWindows 7で利用する方法
Windows 7上でIE 6アプリケーションのテストを簡単に実行したい開発者などに向けた、Microsoftが公表する正規の手段とは別の方法が存在する。(2011/5/13)

Microsoft Officeをいかに安く利用するか【前編】
Microsoft Officeにリモートアクセスするための有利なライセンスは?
Microsoftのオープンライセンスプログラムを利用するよりも安価にMicrosoft Officeへのリモートアクセスを実現できる方法を、前後編に分けて紹介する。(2011/4/25)

Windows Server 2008 R2の真価:
第12回 3DグラフィックスをサポートするHyper-VのRemoteFX
Windows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vでは、仮想マシン環境で3Dグラフィックス機能のDirect3Dが使えるようになった。(2011/4/14)

TechNetブロガーの視点:
プライベートクラウド、4つの要素における“サービス”と“リソースの自動管理”
プライベートクラウド上のサービスは、自分たちが当たり前のように自社内で提供してきたITを「サービス」という言葉の意味と照らし合わせながら見直すことで「創り出す」ことができるのである。(2011/2/2)

VDIのライセンスモデルを改良
2011年、Microsoftは仮想デスクトップに本腰を入れるか(前編)
Microsoftは2010年、仮想デスクトップ技術を改良して攻勢に出た。同社はVDIがWindowsの存在を脅かすものと認識する一方で、VDIに商機も見出している。(2011/1/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。