ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テストツール」最新記事一覧

導入用途や目的を改めて考える:
OpenStackを導入する国内企業のIT現場は、今何を目指しているか
公表されている例はまだ少数だが、日本の一般企業におけるOpenStack採用は、意外なスピードで進んでいる。では、一般企業はOpenStackに何を求めるのか。これを追ってみた。(2016/7/5)

米シノプシスに聞く:
IoTデバイスのセキュリティを高める「UL CAP」とは
IoTシステムで使用される「ネットワークデバイス」の品質向上に向けた取り組みについて、米シノプシス ソフトウェアサプライチェーンマネジメント ソフトウェアインテグリティグループ グローバルマネジャー Joe Jarzombek氏に聞いた。(2016/6/17)

評価と量産のテストを同じ計測システムで:
RF ICのコスト削減を実現するのはテスト工程だ
半導体ICは、高機能化に反比例するように価格の低下が進んでいる。スマートフォンなどに搭載されるRF ICでも顕著な傾向であり、RF ICサプライヤーは、いかに低コスト化を図るかについて試行錯誤している。低コスト化を実現する方法の1つが、テストにかかるコストを抑えることだ。(2016/5/20)

テクマトリックス C++test/Parasoft DTP:
C/C++対応テストツールとソフト開発・テスト管理基盤の新版をリリース
テクマトリックスは、ParasoftのC/C++言語対応テストツール「C++test」とソフトウェア開発・テスト管理プラットフォーム「Parasoft DTP」の新バージョンを発表した。(2016/5/9)

オープンクラウドへの取り組みを加速:
IBM、OpenStack相互運用性テストツールの「RefStack」に新機能を追加
米IBMは、OpenStackで構築したIaaS環境の相互運用性テストツール「RefStack」へ、重要な新機能を追加したと発表した。(2016/4/28)

「C++test」「Parasoft DTP」に新バージョン、品質と速度の両立目指す
テクマトリックスが米ParasoftのC/C++言語対応テストツール「C++test」と、ソフトウェア開発・テスト管理プラットフォーム「Parasoft DTP」の新バージョンを発売する。C++testは単体テストケース作成機能なども新たに備えた。(2016/4/20)

PR:高品質と開発スピードの "二兎を得る" ソフトウェアテストへの新アプローチ
ソフトウェア開発における理想は「速度を落とさず高品質な開発」だが、その実現は困難だ。有効な施策は「早期バグの検出と効率的なテスト実施」「客観的な定量分析」であり、これらの実現を容易にするのがテクマトリックスの「C++test」と「Parasoft DTP」だ。(2016/4/20)

Web改善PDCAの効率化と高速化を支援:
ギャプライズ、数値解析とヒートマップ、A/Bテストの3ツール統合サービスを提供開始
ギャプライズは、数値解析ツールにヒートマップとA/Bテストツールを統合した分析・改善環境の最適化サービスを提供開始した。(2016/4/6)

Ironicも統合:
ミランティス、Libertyベースの「Mirantis OpenStack 8.0」を発表
米ミランティスおよびミランティスジャパンは2016年3月1日、同社のOpenStackディストリビューションの新版、「Mirantis OpenStack 8.0」を発表した。OpenStack Libertyをベースとした最新版で、安定性の強化に加え、Ironicサポートなどを提供している。(2016/3/2)

サービスアップタイムは99.99%に近づく:
米NetflixがAWSへの移行を完了。7年かかった理由を説明
米Netflixは2016年2月11日(米国時間)付けのブログポストで、同社の動画ストリーミングサービス関連システムのAmazon Web Services(AWS)への移行を、1月初めに完了したことを明らかにした。(2016/2/12)

Cadense Design Modus Test Solution :
テスト時間を3分の1に短縮できるSoC設計テストツール
ケイデンスはSoC設計テストツール「Modus Test Solution」を発表。SoC設計のテスト時間を大幅に短縮できるという。(2016/2/3)

SoCのテスト時間を3分の1にするテストソリューション、ケイデンス「Modus」
ケイデンスがSoC設計のテスト時間を最短で3分の1に短縮可能なDFTツール「Modus Test Solution」を発表した。(2016/2/3)

Tech TIPS:
WindowsにOpenSSLをインストールして証明書を取り扱う(基本編)
電子証明書やSSL/TLSのための標準的なツールキット「OpenSSL」。Windowsで利用する方法は?(2016/1/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(81):
統計の食わず嫌いを直そう(その9)、昼休みにタダで統計分析をする方法
「統計分析」と聞くと面倒な感じですが、何を証明するか明確ならExcelで簡単にこなせます。Excelさえあれば追加費用はかからず、しかもランチタイムに終わるほどカンタンなのです。(2016/1/13)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第6回:
ここが変だよ日本のモバイルUX、見落とされている一番重要なこととは?
UX改善はUI改善だけでは終わりません。とりわけ日本においてUX改善に不足している視点とはどのようなものか、考えてみましょう。(2015/12/25)

5年前の失敗を乗り越え再挑戦:
なぜNECは、10万件以上のテスト項目があるプロジェクトで、UIテスト自動化ツールを導入できたのか
NECの浦口宗也氏は、2015年10月に開催されたテスト自動化ツールの紹介セミナーに登壇。同社のUIテスト自動化ツール導入に関する取り組みを講演した。(2015/12/21)

SwaggerやMQTTにも対応:
APIの開発、公開、利用がはかどるAPIテスト自動化ツール、API仮想化ツール
テクマトリックスはAPIテスト自動化ツールおよびAPI仮想化ツールの新版を販売開始した。APIの品質確保や開発の効率化、APIのバージョンアップに伴うメンテナンス作業の軽減、デグレ防止などを支援するという。(2015/12/8)

AllSeen Allianceと合併すべきだったとの声も:
IoT標準化団体のOICとUPnPが合併へ
IoT(モノのインターネット)機器の標準化団体であるOICが、UPnP(Universal Plug and Play)フォーラムを吸収合併する。ただし、「OICはAllSeen Allianceと歩調をそろえて、Googleの『Thread』やAppleの『HomeKit』に立ち向かうべきだ」と主張する専門家もいる。(2015/11/26)

対策ツールも紹介
「デスクトップLinux安全神話」の穴を突く7つのセキュリティホール
Linuxのセキュリティ脆弱性は、Windowsでよく見られる一般的な問題とほぼ同じだ。だが、「Linuxだから大丈夫」と油断していないだろうか。社内ネットワークにLinuxシステムが1つでもあったら、本稿を読んで対策してほしい。(2015/11/17)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(2):
PR:2020年に向けたアプリ移行は2ステップで計画を――「Visual Studio 2015」が強力支援
開発者やシステム管理者にとって悩みの種がソフトウェアの「サポート期間」だ。2020年のWindows 7サポート終了に向けて、まずはIE対応アプリケーションの対策を行い、将来的な投資の一環として既存デスクトップアプリケーション資産の移行を順次進めていきたい。(2015/11/5)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために:
PR:今から備えるWindows Vista/7サポート終了――アプリ移行の鍵は「Visual Studio 2015」
Windows Vistaは2017年4月、Windows 7は2020年1月にサポートが終了する。まだ先の話と思うかもしれないが、旧世代アプリケーションの移行がスムーズに進むとは限らない。今からWindows 10世代の環境を見据えた移行ロードマップを立てておけば安心だろう。(2015/10/29)

リリースサイクルは3分の1に
開発サイクル短縮の鍵を握るテスト自動化ツールのさらなる導入効果とは?
クラウドソフトウェアを開発しているLeadDeskは、開発サイクル短縮のためテスト自動化ツールを導入。リリースサイクルは大幅に短縮したが、導入効果はそれだけではなかった。(2015/10/15)

iPhone 6sはチップ製造元によってバッテリー性能が違う? Appleの主張と検証まとめ
iPhone 6s/6s Plusはチップ製造元によってバッテリーの持ち時間が違う――そんなうわさをめぐる情報をまとめてみよう。(2015/10/14)

Rapid7、日本語GUI搭載の脆弱性管理ツールを公開
Metasploitを手掛けるRapid7は、脆弱性管理のNexpose最新版で国内ユーザーへの対応を強化した。(2015/10/8)

クラウド、IoT時代のセキュリティテストとは:
地の利を得る攻撃者たちに、ソフトウエア開発者はテストで立ち向かえ
クラウドやIoTの普及とともに、ソフトウエアは一層複雑さを増し、攻撃者たちはますますアドバンテージを得つつある。ソフトウエア開発者はこの状況にどのように立ち向かえばよいのだろうか。近年、セキュリティソリューションの拡充に力を入れるシノプシスのマーケティング担当バイスプレジデントで、2015年4月にシノプシスに買収されたCodenomiconの元CEO デビッド・シャルティエ氏に、セキュリティテストにおいて開発者が留意すべき事項と具体的な対策について聞いた。(2015/9/14)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(3):
PR:「Visual Studio 2015」で旧世代のWebアプリケーションを新環境へ移行しよう
Windows 10では新世代の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeの利用が推奨されているが、レガシーサポートとしてInternet Explorer 11も備えており、既存のWebアプリケーションを継続利用できるよう配慮されている。「Visual Studio 2015」は、既存アプリケーションを新環境に対応させる動作テストの効率化に有用だ。(2015/8/31)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(2):
PR:Windows 10の開発環境「Visual Studio 2015」はどのエディションを選べばいい?
Windows 10とともに登場した新しい開発ツール「Visual Studio 2015」は、製品構成が大きく変わっている。各エディションの概要をはじめ、開発規模や目的に合わせた選択ポイントを整理しよう。(2015/8/21)

クラウドにあるスマホ/タブレットをリモート操作
「Nexus 9」も「Xperia Z3」も月3万円でいじり放題、Amazon新サービスのお得度は?
「Android」「Fire OS」などを搭載した物理端末をクラウドで動かして、モバイルアプリをテストできるサービスが「AWS Device Farm」だ。競合サービスの動向と併せて紹介する。(2015/8/7)

最適なクリエイティブを安価に:
アサツー ディ・ケイ、Webサイト制作発注とA/Bテストを一元化して提供するサービスを開始
アサツー ディ・ケイは2015年7月17日、複数のウェブサイトから最もレスポンスの高いサイトを効率的に導き出し、最適なウェブクリエイティブとABテストを同時に実現するサービス「ABsolute one」を8月より順次開始することを発表した。(2015/7/21)

全国約1000社が使う人材派遣管理システムで採用:
PR:コストを抑えながらDB基盤のパフォーマンスと拡張性を大幅に向上。KDDIエボルバがOracle Database Applianceで実践
各種の人材関連サービスを展開するKDDIエボルバは、派遣スタッフを活用する派遣先企業に無料で提供している人材派遣管理システム「HRstation」のデータベース基盤として、オラクルの「Oracle Database Appliance」を採用。コストを抑えながら大幅なパフォーマンス向上を実現するとともに、今後の事業拡大にも柔軟に対応可能なシステム拡張性を手に入れた。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][Engineered System](2015/7/15)

ソースコードを触らないシステム開発、ユーザーの内製化も支援
開発ツールを手掛けるOutSystemsと国内販売元のBlueMemeが、ソフトウェア開発人材の不足に対応するという事業強化を表明した。(2015/7/14)

通信技術:
IoT実用化における7つの課題
IoT(モノのインターネット)の実用化については、さまざまな課題が既に挙げられている。今回は、主にネットワークプロバイダ側から見た問題点を7つ、紹介しよう。(2015/6/22)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(9):
iOS/AndroidのUIテストを自動化するAppiumのテストスクリプトの書き方とインスペクターの使い方
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、オープンソースのモバイルテスト自動化ツール「Appium」のテストスクリプトの書き方や、インスペクターの使い方、Appiumサーバーのコマンドラインからテストを実行する方法などについて。(2015/6/2)

Webスクレイピングで始める業務システムのモバイル化(1):
開発者なら把握しておきたいモバイル化におけるさまざまな課題とアプローチまとめ
既存Webシステムをモバイル化するに当たっての課題を明確にし、それらを解決するためには何が必要なのかを考えていく本連載。初回は、モバイル化におけるさまざまな課題とアプローチを整理し、アプローチの一つとして「Webスクレイピング」技術を用いた手法を紹介する。(2015/5/19)

ホワイトペーパー:
テスト自動化を成功させる秘訣とは?
開発プロジェクトを成功させるためには、複雑化し工数も増えたテストをいかに自動化するかが重要なポイントとなる。本資料ではテスト自動化成功の秘訣を具体的に解説する。(2015/4/30)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(8):
SeleniumのUIテスト自動化をiOS/AndroidにもたらすAppiumの基礎知識とインストール方法、基本的な使い方
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、オープンソースのモバイルテスト自動化ツール「Appium」の特徴やインストール方法、基本的な使い方を説明します。(2015/4/27)

リクルート、A/Bテストツールを提供するOptimizelyとパートナーシップを締結
リクルートホールディングスは、A/Bテストツール「Optimizely」を提供する米Optimizelyの日本法人設立に伴い、パートナーシップを締結した。(2015/3/25)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(2):
組み合わせテストを科学的に効率化する――手法とツール、品質保証のための道具
あらゆる条件を網羅したテストを実行することは現実的ではありません。しかし、職人技と勘、あるいは闇雲にテストツールに頼っても、科学的に品質を保証できません。最小のコストで品質を保証するための手法と、その考え方、制約がどのようなものかをじっくり見ていきましょう。(2015/3/20)

「ソフトウエア品質向上の"変" 2015 江戸〜今、変革の時〜」リポート:
「第3のIT」へと変革する時代に考えておきたい「品質」との付き合い方
2015年2月4日に行われた@IT主催セミナーより、JJUG会長鈴木氏による基調講演の模様や、弥生とYahoo!ショッピングの品質向上事例、各品質向上ツールの概要をお届けする。(2015/3/10)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(9):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――RemoteFX vGPU
前回まで、Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」の新機能を説明してきました。間もなく新しいプレビューが公開される予定なので、Hyper-Vはひとまず終わりにして、今回からは「リモートデスクトップサービス」の新機能を見ていきます。(2015/3/4)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(1):
ソフトウエアテストの考え方――本質、基本を知る
手法やツールだけでなく、そもそもテストとは何か、トレードオフを適切に判断するために必要な知識は何かをじっくり考えてみましょう。(2015/2/18)

Office 365運用管理入門(4):
Office 365の監視とトラブル解決に使えるツール
今回は、「Office 365」の運用管理作業において避けて通れない、監視とトラブルシューティングを解説する。(2015/2/5)

Database Watch(2014年12月版):
Netflixが採用するCassandra/マルチテナントのコンテナ型DBとしてのSAP HANA
ハードコアな負荷テストツールを公開したことでも知られる「Netflix」が採用するデータベースとは? インメモリDB「SAP HANA」のマルチテナント対応についても紹介。(2015/1/6)

「本当は、終わってなどいないし始まってすらいない」:
PR:今あえて問い直す、DevOpsが必要な理由と、国内事例に見る実践の現実解
2012年から2013年にかけて大きな注目を集めたDevOps。だが国内での冷めた視線とは裏腹に、欧米ではWeb系以外の企業でも取り組みが活発化しているという。この違いは何なのか? バズワードとして片付けられつつある今あらためて、国内での実践者の声も交え、その意義と現実解を探る。(2014/12/15)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(4):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(後編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」についての後編をお届けします。(2014/11/21)

ビジネスニュース:
組み込み機器向けの新規格「I3C」を発表
MIPI(Mobile Industry Processor Interface)アライアンスは、モバイルアプリケーションプロセッサ向けに、I2Cの拡張版である「I3C」を発表した。スマートフォンなどにさまざまなセンサーが搭載されるようになり、I2CやSPIだけでは対応しきれなくなっているためだ。(2014/11/17)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(3):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(前編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」について、実践的な観点から説明していきます。(2014/11/14)

Google、TLS/SSLトラフィックのセキュリティテストツールを公開
オープンソースで公開された「nogotofail」ではTLS/SSL実装に関する既知の脆弱性や設定ミスをチェックできる。(2014/11/5)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(3):
Androidテストで便利なuiautomatorviewer、UiScrollableの使い方、テキスト入力API制限事項の回避方法
本連載では、スマートフォン(Android/iOS)アプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介しています。今回は、Android SDK標準の何でもテストツールuiautomatorの使い方の応用編として、uiautomatorviewer、UiScrollableの使い方、テキスト入力API制限事項の回避方法などを紹介。(2014/11/5)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(後編)
前編では、「1.『not provided』にヒートマップで挑む」として、オーガニック検索キーワードの収集方法を解説しました。後編では、収集したキーワードとヒートマップツールを活用して、ユーザーのインサイトを掘り出す方法を説明します。(2014/10/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。