ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テストツール」最新記事一覧

超速解説:
IoTデバイスを狙うマルウェア「Mirai」とは何か――その正体と対策
史上最大規模のDDoS攻撃を引き起こしたとされるマルウェア「Mirai(ミライ)」。なぜ多くのIoTデバイスがMiraiに感染してしまったのか? 本格的なIoT時代の到来を前に、あらためてMiraiによる攻撃の手口と対策について解説する。(2017/4/13)

日本NI Automated Test Outlook 2017:
テストは「コスト」から「資産」に
製品投入サイクルの一角であるテストだが、企画や開発、量産に比べるとコストセンターと見なされることが多い。しかし、コストだと思われていた部分を見直すことで、製造業におけるモノづくりに大きなプラスをもたらす可能性がある。(2017/4/5)

イーソルトリニティ TESSY:
テスト自動化ツール「TESSY」に新機能、RTRT対応に
イーソルトリニティは、組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」への新機能追加を発表した。最新バージョンは、「IBM Rational Test Realtime」で作成したテストケースが利用できる。(2017/4/3)

メモリ内容が書き換わるハードウェア脆弱性を悪用
Androidスマホのroot権限を不正取得する「Drammer」攻撃の脅威
クライアントPCで見つかっていたハードウェア脆弱(ぜいじゃく)性「Rowhammer」を悪用する攻撃が、ARMベースの携帯端末に対しても有効であることが分かった。どのような危険性があるのだろうか。(2017/3/30)

組み込み開発ニュース:
組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツールに新機能を追加
イーソルトリニティは、組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」への新機能追加を発表した。最新バージョンは、「IBM Rational Test Realtime」で作成したテストケースが利用できる。(2017/3/24)

Computer Weekly製品ガイド
NFVが通信事業者のWANインフラ経費削減を支援
通信事業者はネットワーク機能仮想化を通じてサービスの最適化を行っている。(2017/3/1)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(5):
ソフトウェアテストの手法と施策(後編)「テストの施策」を反省する
何らかの判断でソフトウェアテストの手法が選択できても、「どう実施するか」の施策もまた、重要な要素である。プログラマー個人からチーム、会社レベルまで、どのような施策をもってテストを実施すべきか検討していく。(2017/2/28)

ハイブリッドクラウド環境にも対応:
HPE、SaaS型アプリテストツール群「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplace上で提供
HPEがクラウド型アプリケーションパフォーマンステストツール「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplaceで提供。AWS上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのパフォーマンステストと負荷テストが行える。(2017/1/20)

「12c」に向けた最大の関門も、この組み合わせで楽々突破!:
PR:もうデータベースアップグレードは怖くない! 「Oracle RAT+Oracle Cloud」で簡単、省コストにテストする
「12c R2」がリリースされ、自社のOracle Database環境のアップグレードを検討し始めた企業は多いだろう。その際、大きな課題となるのが「データベースのテスト」だ。これをOracle RATとOracle Cloudによって効率的かつ省コストに行う方法を、アシストの長内麻記氏が解説する。[パフォーマンス改善][パブリック・クラウド][パフォーマンス改善][Oracle Enterprise Manager][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/1/12)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(後編):
「三権分立」で1年に200リリースを達成した楽天トラベル、150人規模のチームで実現できた秘訣とは
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第3弾では、楽天トラベルにおけるDevOpsとテスト自動化の取り組みを中心に、最適な開発ライフサイクル実現のヒントを紹介する。(2016/12/27)

SDNで始めるネットワークの運用改善(2):
SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法
ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します。(2017/1/18)

ET2016獣道レポート:
3大クラウドサービスの裏通りで、ひっそりと輝く組み込み業界の星々
エレクトロニクス/組み込み分野に詳しい大原雄介氏が、IoTブームに沸く「ET2016/IoT Technology 2016」をレポート。「IoTというより、もうちょっと組み込みっぽい感じで!」というMONOist編集部のざっくりした依頼に応えるべく展示会を訪れた大原氏の前には“獣道”が広がっていた……。(2016/12/7)

メイドインジャパンの現場力(6):
サービスのグローバルマザー工場へ、生産撤退後に生きた日本の現場力
2002年にパーソナルコンピュータの開発生産事業から撤退し、NEC製のPCやマザーボードの保守サービスサポート事業に転換したNECパーソナルコンピュータ群馬事業所。同事業所はNECおよびLenovo製品のサポートサービスの戦略拠点として存在感を高め、グローバルマザー工場としての役割を担おうとしている。(2016/12/5)

成果につながる考え方:
エキスパートが語る「高速PDCA」の回し方――シナリオ設計から組織と仕組み作りまで
PDCAの重要性は頭では理解していても実践が難しいと悩むWeb担当者へ、シナリオ設計から組織と仕組み作りまで実践的なノウハウを紹介する。(2016/11/24)

Tech TIPS:
Googleの「モバイルフレンドリーテスト」でWebページのスマホ対応度を調べる
管理下のWebページをスマートフォンで開いたとき、どのような問題が生じるのか、手っ取り早く調べるにはGoogleの「モバイルフレンドリーテスト」が便利だ。(2016/11/17)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第2回:
手軽なツールの導入でマーケティングを余計に難しくしていないだろうか
企業のWebサイトにおいて、コンテンツを的確に届けるというニーズが高まっています。今回はそれを実現する上で、どういうツールを選定すればよいのかを考えます。(2016/11/23)

A/Bテスト実装代行や専任サポートも:
「Google オプティマイズ」活用支援サービス、イー・エージェンシーが提供開始
イー・エージェンシーは、A/Bテストツールである「Google オプティマイズ」の活用を支援するサービス「Google オプティマイズ サービスDESK」の事前申込受付を開始した。(2016/10/17)

OpenStack for Enterprise座談会【前編】
徹底討論:OpenStackの社内利用が現実的に? 成熟度を議論した
国内大手企業で導入事例が聞こえ始めている「OpenStack」だが、企業利用にはまだ課題が残る。現状の成熟度はどのくらいなのか。OpenStack導入のプロ5人が語った。(2016/10/17)

リード研所長が聞く:
急成長スタートアップ企業のマーケティング戦略とは?――野田洋輔氏(Kaizen Platform)
世界が注目するスタートアップ企業はマーケティングにおいて何を重視しているのか。Kaizen Platform マーケティングリードの野田洋輔氏に話を聞いた。(2016/10/13)

AWS Device Farmとも連携可能:
HPE、モバイルアプリの統合テスト/分析ツール「HPE Mobile Center 2.0」をリリース
日本ヒューレット・パッカードは、モバイルアプリケーション開発向けの統合テストツール「HPE Mobile Center 2.0」の提供を開始した。(2016/9/1)

導入用途や目的を改めて考える:
OpenStackを導入する国内企業のIT現場は、今何を目指しているか
公表されている例はまだ少数だが、日本の一般企業におけるOpenStack採用は、意外なスピードで進んでいる。では、一般企業はOpenStackに何を求めるのか。これを追ってみた。(2016/7/5)

米シノプシスに聞く:
IoTデバイスのセキュリティを高める「UL CAP」とは
IoTシステムで使用される「ネットワークデバイス」の品質向上に向けた取り組みについて、米シノプシス ソフトウェアサプライチェーンマネジメント ソフトウェアインテグリティグループ グローバルマネジャー Joe Jarzombek氏に聞いた。(2016/6/17)

評価と量産のテストを同じ計測システムで:
RF ICのコスト削減を実現するのはテスト工程だ
半導体ICは、高機能化に反比例するように価格の低下が進んでいる。スマートフォンなどに搭載されるRF ICでも顕著な傾向であり、RF ICサプライヤーは、いかに低コスト化を図るかについて試行錯誤している。低コスト化を実現する方法の1つが、テストにかかるコストを抑えることだ。(2016/5/20)

テクマトリックス C++test/Parasoft DTP:
C/C++対応テストツールとソフト開発・テスト管理基盤の新版をリリース
テクマトリックスは、ParasoftのC/C++言語対応テストツール「C++test」とソフトウェア開発・テスト管理プラットフォーム「Parasoft DTP」の新バージョンを発表した。(2016/5/9)

オープンクラウドへの取り組みを加速:
IBM、OpenStack相互運用性テストツールの「RefStack」に新機能を追加
米IBMは、OpenStackで構築したIaaS環境の相互運用性テストツール「RefStack」へ、重要な新機能を追加したと発表した。(2016/4/28)

「C++test」「Parasoft DTP」に新バージョン、品質と速度の両立目指す
テクマトリックスが米ParasoftのC/C++言語対応テストツール「C++test」と、ソフトウェア開発・テスト管理プラットフォーム「Parasoft DTP」の新バージョンを発売する。C++testは単体テストケース作成機能なども新たに備えた。(2016/4/20)

PR:高品質と開発スピードの "二兎を得る" ソフトウェアテストへの新アプローチ
ソフトウェア開発における理想は「速度を落とさず高品質な開発」だが、その実現は困難だ。有効な施策は「早期バグの検出と効率的なテスト実施」「客観的な定量分析」であり、これらの実現を容易にするのがテクマトリックスの「C++test」と「Parasoft DTP」だ。(2016/4/20)

Web改善PDCAの効率化と高速化を支援:
ギャプライズ、数値解析とヒートマップ、A/Bテストの3ツール統合サービスを提供開始
ギャプライズは、数値解析ツールにヒートマップとA/Bテストツールを統合した分析・改善環境の最適化サービスを提供開始した。(2016/4/6)

Ironicも統合:
ミランティス、Libertyベースの「Mirantis OpenStack 8.0」を発表
米ミランティスおよびミランティスジャパンは2016年3月1日、同社のOpenStackディストリビューションの新版、「Mirantis OpenStack 8.0」を発表した。OpenStack Libertyをベースとした最新版で、安定性の強化に加え、Ironicサポートなどを提供している。(2016/3/2)

サービスアップタイムは99.99%に近づく:
米NetflixがAWSへの移行を完了。7年かかった理由を説明
米Netflixは2016年2月11日(米国時間)付けのブログポストで、同社の動画ストリーミングサービス関連システムのAmazon Web Services(AWS)への移行を、1月初めに完了したことを明らかにした。(2016/2/12)

Cadense Design Modus Test Solution :
テスト時間を3分の1に短縮できるSoC設計テストツール
ケイデンスはSoC設計テストツール「Modus Test Solution」を発表。SoC設計のテスト時間を大幅に短縮できるという。(2016/2/3)

SoCのテスト時間を3分の1にするテストソリューション、ケイデンス「Modus」
ケイデンスがSoC設計のテスト時間を最短で3分の1に短縮可能なDFTツール「Modus Test Solution」を発表した。(2016/2/3)

Tech TIPS:
WindowsにOpenSSLをインストールして証明書を取り扱う(基本編)
電子証明書やSSL/TLSのための標準的なツールキット「OpenSSL」。Windowsで利用する方法は?(2016/1/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(81):
統計の食わず嫌いを直そう(その9)、昼休みにタダで統計分析をする方法
「統計分析」と聞くと面倒な感じですが、何を証明するか明確ならExcelで簡単にこなせます。Excelさえあれば追加費用はかからず、しかもランチタイムに終わるほどカンタンなのです。(2016/1/13)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第6回:
ここが変だよ日本のモバイルUX、見落とされている一番重要なこととは?
UX改善はUI改善だけでは終わりません。とりわけ日本においてUX改善に不足している視点とはどのようなものか、考えてみましょう。(2015/12/25)

5年前の失敗を乗り越え再挑戦:
なぜNECは、10万件以上のテスト項目があるプロジェクトで、UIテスト自動化ツールを導入できたのか
NECの浦口宗也氏は、2015年10月に開催されたテスト自動化ツールの紹介セミナーに登壇。同社のUIテスト自動化ツール導入に関する取り組みを講演した。(2015/12/21)

SwaggerやMQTTにも対応:
APIの開発、公開、利用がはかどるAPIテスト自動化ツール、API仮想化ツール
テクマトリックスはAPIテスト自動化ツールおよびAPI仮想化ツールの新版を販売開始した。APIの品質確保や開発の効率化、APIのバージョンアップに伴うメンテナンス作業の軽減、デグレ防止などを支援するという。(2015/12/8)

AllSeen Allianceと合併すべきだったとの声も:
IoT標準化団体のOICとUPnPが合併へ
IoT(モノのインターネット)機器の標準化団体であるOICが、UPnP(Universal Plug and Play)フォーラムを吸収合併する。ただし、「OICはAllSeen Allianceと歩調をそろえて、Googleの『Thread』やAppleの『HomeKit』に立ち向かうべきだ」と主張する専門家もいる。(2015/11/26)

対策ツールも紹介
「デスクトップLinux安全神話」の穴を突く7つのセキュリティホール
Linuxのセキュリティ脆弱性は、Windowsでよく見られる一般的な問題とほぼ同じだ。だが、「Linuxだから大丈夫」と油断していないだろうか。社内ネットワークにLinuxシステムが1つでもあったら、本稿を読んで対策してほしい。(2015/11/17)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(2):
PR:2020年に向けたアプリ移行は2ステップで計画を――「Visual Studio 2015」が強力支援
開発者やシステム管理者にとって悩みの種がソフトウェアの「サポート期間」だ。2020年のWindows 7サポート終了に向けて、まずはIE対応アプリケーションの対策を行い、将来的な投資の一環として既存デスクトップアプリケーション資産の移行を順次進めていきたい。(2015/11/5)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために:
PR:今から備えるWindows Vista/7サポート終了――アプリ移行の鍵は「Visual Studio 2015」
Windows Vistaは2017年4月、Windows 7は2020年1月にサポートが終了する。まだ先の話と思うかもしれないが、旧世代アプリケーションの移行がスムーズに進むとは限らない。今からWindows 10世代の環境を見据えた移行ロードマップを立てておけば安心だろう。(2015/10/29)

リリースサイクルは3分の1に
開発サイクル短縮の鍵を握るテスト自動化ツールのさらなる導入効果とは?
クラウドソフトウェアを開発しているLeadDeskは、開発サイクル短縮のためテスト自動化ツールを導入。リリースサイクルは大幅に短縮したが、導入効果はそれだけではなかった。(2015/10/15)

iPhone 6sはチップ製造元によってバッテリー性能が違う? Appleの主張と検証まとめ
iPhone 6s/6s Plusはチップ製造元によってバッテリーの持ち時間が違う――そんなうわさをめぐる情報をまとめてみよう。(2015/10/14)

Rapid7、日本語GUI搭載の脆弱性管理ツールを公開
Metasploitを手掛けるRapid7は、脆弱性管理のNexpose最新版で国内ユーザーへの対応を強化した。(2015/10/8)

クラウド、IoT時代のセキュリティテストとは:
地の利を得る攻撃者たちに、ソフトウエア開発者はテストで立ち向かえ
クラウドやIoTの普及とともに、ソフトウエアは一層複雑さを増し、攻撃者たちはますますアドバンテージを得つつある。ソフトウエア開発者はこの状況にどのように立ち向かえばよいのだろうか。近年、セキュリティソリューションの拡充に力を入れるシノプシスのマーケティング担当バイスプレジデントで、2015年4月にシノプシスに買収されたCodenomiconの元CEO デビッド・シャルティエ氏に、セキュリティテストにおいて開発者が留意すべき事項と具体的な対策について聞いた。(2015/9/14)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(3):
PR:「Visual Studio 2015」で旧世代のWebアプリケーションを新環境へ移行しよう
Windows 10では新世代の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeの利用が推奨されているが、レガシーサポートとしてInternet Explorer 11も備えており、既存のWebアプリケーションを継続利用できるよう配慮されている。「Visual Studio 2015」は、既存アプリケーションを新環境に対応させる動作テストの効率化に有用だ。(2015/8/31)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(2):
PR:Windows 10の開発環境「Visual Studio 2015」はどのエディションを選べばいい?
Windows 10とともに登場した新しい開発ツール「Visual Studio 2015」は、製品構成が大きく変わっている。各エディションの概要をはじめ、開発規模や目的に合わせた選択ポイントを整理しよう。(2015/8/21)

クラウドにあるスマホ/タブレットをリモート操作
「Nexus 9」も「Xperia Z3」も月3万円でいじり放題、Amazon新サービスのお得度は?
「Android」「Fire OS」などを搭載した物理端末をクラウドで動かして、モバイルアプリをテストできるサービスが「AWS Device Farm」だ。競合サービスの動向と併せて紹介する。(2015/8/7)

最適なクリエイティブを安価に:
アサツー ディ・ケイ、Webサイト制作発注とA/Bテストを一元化して提供するサービスを開始
アサツー ディ・ケイは2015年7月17日、複数のウェブサイトから最もレスポンスの高いサイトを効率的に導き出し、最適なウェブクリエイティブとABテストを同時に実現するサービス「ABsolute one」を8月より順次開始することを発表した。(2015/7/21)

全国約1000社が使う人材派遣管理システムで採用:
PR:コストを抑えながらDB基盤のパフォーマンスと拡張性を大幅に向上。KDDIエボルバがOracle Database Applianceで実践
各種の人材関連サービスを展開するKDDIエボルバは、派遣スタッフを活用する派遣先企業に無料で提供している人材派遣管理システム「HRstation」のデータベース基盤として、オラクルの「Oracle Database Appliance」を採用。コストを抑えながら大幅なパフォーマンス向上を実現するとともに、今後の事業拡大にも柔軟に対応可能なシステム拡張性を手に入れた。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][Engineered System](2015/7/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。