ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「THX」最新記事一覧

「ポケモン」ハリウッドで実写映画化のウワサ 期待とともに不安視する声も
ワーナー・ブラザーズ、レジェンダリー・ピクチャーズ、ソニーが映画化権の獲得を争っているらしい?(2016/4/18)

ビエラ史上最高画質:
鮮烈な“輝き”を再現――Ultra HD Blu-ray時代の4Kビエラ「DX950」登場
パナソニックは、4K液晶テレビの新製品として、UHDアライアンスの「Ultra HD Premium」認証を取得したフラグシップモデル「DX950」シリーズを発表した。Ultra HD Blu-rayの実力を楽しめるテレビだ。(2016/4/7)

CES 2016:
欧州向けUltra HD BDプレイヤー「DMP-UB900」はどんな製品? 開発担当者に聞いてみた
パナソニックが今年のCES会場に初のUltra HD Blu-rayディスクの再生に対応するプレイヤー「DMP-UB900」を出展した。しかし、日本で同様のUltra HD BDプレイヤーが発売される可能性はあるのだろうか。開発担当者に話を聞いた。(2016/1/8)

CES 2016:
「Ultra HD Premium」準拠、パナソニックが4K/HDR対応液晶テレビ「DX900」を発表
パナソニックは「2016 International CES」でUHDアライアンスが公開したHDR対応4Kテレビ向けの新しいロゴプログラム「Ultra HD Premium」に準拠する液晶テレビの新製品「DX900シリーズ」を発表した。新しい映像プロセッサー「Studio Master HCX+」を搭載する。(2016/1/6)

4Kテレビの先へ――シャープが8K時代を見据えた液晶テレビ「AQUOS 4K NEXT」を発表
シャープは、8K時代を見据えた液晶テレビの新ライン「AQUOS 4K NEXT」を発表した。“4原色”技術とアップコンバート回路により、4Kパネルを用いながら8K解像度の表示能力を持つという「AQUOS史上最高峰のテレビ」だ。(2015/5/21)

海自&米海軍の人文字がステキ! 「THX GWA」「さようなら」
原子力空母ジョージ・ワシントンが任務を終えて離日。(2015/5/18)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
グラスの輝きと奥行き感に息をのむ――パナソニックの最新4Kテレビ「TH-65AX900」
今回取り上げるのは、直下型LEDバックライトを搭載したパナソニック「AX900」シリーズの65V型「TH-65AX900」だ。次世代4K放送規格で定められたBT.2020の色域もサポートした新フラグシップの実力は?(2014/10/28)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
シャープの新型4Kテレビ「LC-60UD20」で再確認した高精細映像の魅力
今月は6月下旬から店頭に並び始めたシャープの4Kテレビ「UD20」シリーズをとりあげたい。LEDバックライトを画面上下に配置したエッジ式ではあるが、素性の良い映画BDでは切れ味鋭い高解像度映像が楽しめる。(2014/7/17)

録画もできます:
自宅でも4K試験放送が楽しめる! シャープが対応レコーダーと新型4Kテレビを発表
シャープは新型4Kテレビ「UD20」シリーズ3機種と4K試験放送対応のCS124/128度チューナーを搭載したHDDレコーダー「TU-UD1000」を発表した。NexTV-Fが6月2日から実施する4K試験放送の視聴や録画を自宅でも行える。(2014/5/20)

「THXディスプレイ」規格、その役割と認定モデルの実力とは?
最近、テレビやプロジェクターのカタログで見かけることが増えた「THXディスプレイ規格」。認証済み製品は一体何が違うのか。米THXのエンジニアとシャープのテレビ開発者が解説してくれた。(2014/4/14)

リモート視聴にも対応:
デザインを選べる4Kビエラ、「AX800シリーズ」登場
パナソニックは液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、4Kパネルを搭載する「AX800」シリーズ3機種5モデルを発売する。後方に3度傾斜した「スラントデザイン」を採用したモデルも。(2014/4/11)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
4K相当の実力は? シャープ「クアトロン プロ」が描く“華麗なる”細密画
この秋に登場したシャープのAQUOSクアトロン プロ。フルHDパネルながら4Kに近い映像を表示できる、とても興味深いテレビだ。試聴BD「華麗なるギャツビー」では、まさにその真価を発揮してくれた。(2013/12/16)

“4K相当”をうたう「AQUOSクアトロン プロ」、5つの画面サイズで登場
シャープは、フルHDテレビの新製品として、“AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ5機種を発表した。発表会では“4K相当”をうたう新しいクアトロン プロパネルについて、長い時間を割いて解説した。(2013/10/22)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
2つの“勲章”を持つAVアンプ、パイオニア「SC-LX87」
パイオニアは、この秋も力のこもったAVアンプを送り出す。その中で多くのファンから期待される“ミドルハイエンド機”「SC-LX87」の実力をチェックした。(2013/9/4)

サイコム、GeForce GTX 765Mを装備したMSI製ゲーミングノート「GE60」を販売開始
サイコムは、MSI製となる15.6型ワイド液晶搭載ゲーミングノートPC「GE60 2OE-095JP」の取り扱いを発表した。(2013/8/14)

オンキヨー、ネットワークプレーヤー機能が充実したカスタムインストーラー向けAVアンプ「DTR-60.5」
オンキヨーは、カスタムインストーラー向けAVアンプ“Integra”の新製品として、9.2ch対応の「DTR-60.5」を発表した。(2013/8/5)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
もうフルHDには戻れない、シャープ「LC-60UD1」の“懐の深い”表現力
注目の4Kテレビを総ざらい。今回は、8月上旬に60V型が登場するシャープの4K AQUOS(アクオス)「UD1シリーズ」だ。試聴ソフトは、8月7日リリースの4KマスタリングBD「ジャンゴ 繋がれざる者」と「レ・ミゼラブル」。(2013/7/25)

地味だけどリアル?、“AQUOS”ブランドの4Kテレビが目指したもの
シャープの「UD1シリーズ」は、“AQUOS”(アクオス)ブランドを冠した初の4Kテレビだ。ただし、その画作り(画質チューニング)は、従来のAQUOSとは一線を画すようだ。(2013/7/24)

オンキヨー、BluetoothやWi-Fiを内蔵した9.1ch対応AVアンプ「TX-NR929」
オンキヨーは、BluetoothやWi-Fiを内蔵した9.1ch対応AVアンプ「TX-NR929」を7月下旬に発売する。(2013/6/27)

Radeon HD 7970M×2、Core i7-3940XM、SSD+HDD、17.3型フルHD液晶:
“怪物級”ゲーミングノートPC――「Note GALLERIA GM7970M」の圧倒的性能に迫る
ドスパラのゲーミングノートPC「Note GALLERIA GM7970M」は、グラフィックスパフォーマンスを徹底追求したモンスターマシンだ。その驚くべき性能を追っていこう。(2013/5/28)

4Kモスアイパネル搭載の“AQUOS”、「UD1シリーズ」登場
シャープが4Kテレビの第2弾を発表した。今回はAQUOSブランドとしてより幅広いユーザーに訴求する構えだ。(2013/5/21)

ドスパラ、Radeon HD 7970M×2基のCrossFire X構成を採用したハイエンドゲーミングノート
サードウェーブデジノスは、17型フルHD液晶を内蔵したハイエンド仕様のゲーミングノートPC「GALLERIA GM7970M」の販売を開始する。(2013/5/16)

ヨドバシ、マルチタッチ27型フルHD液晶を内蔵した一体型ゲーミングPCを販売開始
マウスコンピューターとヨドバシカメラは、10点マルチタッチ操作に対応した27型ワイド液晶を装備した一体型デスクトップPC「LM-ONE-T2710G67BR」の販売を開始する。(2013/4/26)

本田雅一の視点:
PR:“画づくり”の概念を覆したICC、「ICC PURIOS」でいつもの映像はどう変わる?
ついにシャープの「ICC PURIOS」が発売された。一昨年の「CEATEC JAPAN 2011」で来場者を驚かせた映像はそのままに、BD映画やデジタル放送に合わせ込んだ“普段使い”の映像モードも用意している。AV評論家・本田雅一氏が製品版を徹底的にチェックした。(2013/3/15)

無線LANやBluetoothを内蔵、オンキヨーがAVアンプ「TX-NR625」「TX-NR727」を発表
オンキヨーは、AVレシーバーの新製品2機種を4月上旬に発売する。無線LANを内蔵し、ネットワーク機能が充実。DSD音源もネットワーク経由やUSBで再生できる。(2013/3/14)

MSI、Radeon HD 7970M搭載ゲーミングノート「GX60」など2モデルを発売
マイルストーンは、MSI製となる15.6型/17.3型フルHD液晶搭載ゲーミングノートPC「GX60 1AC-063JP」「GE70 0ND-278JP」の取り扱いを開始する。(2013/1/25)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
琥珀色のパリを見事に描き出したJVC「DLA-X75R」の「フィルムモード」
JVCの4Kプロジェクター「DLA-X75R」は、フィルムの特性をシミュレートした多彩な「フィルムモード」を持つ。高精細化だけではない実力をウディ・アレン監督の映画BD「ミッドナイト・イン・パリ」でチェック。(2013/1/23)

G-Tune、Core i5-3230Mを搭載した15.6型ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i770BA2」
マウスコンピューターは、G-TuneブランドのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」のラインアップにCore i5-3230M/GeForce GTX 670MX搭載モデル「NEXTGEAR-NOTE i770BA2」を追加した。(2013/1/21)

G-Tune、ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE」にサムスン製SSD×2基のRAID-0導入モデルを追加
マウスコンピューターは、サムスン製SSD「840 PRO」シリーズをRAID-0構成で搭載したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i970PA4-SP-W7」を発表した。(2012/12/21)

その名は「ICC PURIOS」、シャープがICC搭載の4Kテレビを正式発表
シャープは、アイキューブド研究所のICC技術を搭載する60V型4Kテレビ「ICC PURIOS」(アイシーシーピュリオス)「LC-60HQ10」を発表した。価格は262万5000円のプレミアム液晶テレビだ。(2012/12/13)

G-Tune、モバイル向け最新GPU「GeForce GTX 670 MX」を装備した15.6型ゲーミングノート
マウスコンピューターは、15.6型フルHD液晶を装備したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i770」シリーズを発表した。(2012/12/7)

63万円から:
今年は全部4K、JVCがD-ILAプロジェクター3機種を発表
JVCケンウッドは、4Kおよび3D表示に対応したホームシアター向けプロジェクター3機種を11月下旬に発売する。(2012/10/11)

オンキヨー、ネット機能が充実したintegraブランドのAVアンプ新製品「DTR-70.4」
オンキヨーは、カスタムインストレーション向けのAVレシーバー新製品として、9.2ch対応の「DTR-70.4」8月上旬に発売する。(2012/8/10)

オンキヨー、DSDファイルのネットワーク再生にも対応したフラッグシップAVアンプ「TX-NR5010」
オンキヨーから、フラッグシップAVレシーバー「TX-NR5010」および「TX-NR1010」が登場する。新たにDSD(Direct Stream Digital)やApple Lossless音源のネットワーク再生に対応。(2012/6/28)

クリエイティブ、PCゲーム用のワイヤレスヘッドセット
クリエイティブメディアはPC用のワイヤレスヘッドセット「Sound Blaster Tactic3D Wrath Wireless」を発売する。(2012/5/23)

ちっちゃいは正義:
11.6型ボディに圧倒的な性能を――ゲーミングモバイルPC「NEXTGEAR-NOTE i300」の実力
ゲーミングPCブランド「G-Tune」シリーズに、11.6型ワイドモデルの「NEXTGEAR-NOTE i300」が加わった。今回試した「i300GA2」は、ちっちゃいけどスゴイぞ!(2012/5/18)

デジタルオーディオの基礎から応用(1):
デジタルオーディオで押さえるべき基本 〜その特徴を再確認しよう〜
Appleの「iPod」シリーズなどの携帯型オーディオプレーヤーやCDプレーヤー、DVD/ Blu-rayプレーヤーなど、われわれの身の回りにはデジタルオーディオが溢れているが、正確かつ本質的にデジタルオーディオについて解説されているケースは少ない。本連載では、デジタルオーディオ特有の理論や基幹技術、応用技術、さらには実装技術などを詳しく解説する予定である。(2012/4/23)

マウスコンピューター、GeForce GTX 675M搭載ゲーミングノートなど2機種
ゲーミングPCブランド「G-tune」シリーズに、GeForce GTX675M/GeForce GTX670Mを搭載する17.3型/15.6型ノートPCが登場。Intel HM77 Expressベースの最新プラットフォームを採用する。(2012/4/8)

MHLやInstaPrevueにも対応:
オンキヨー、AVアンプの新エントリーライン「TX-NR616/TX-NR515」を発表
オンキヨーは、AVアンプの新製品として、「TX-NR616/TX-NR515」の2機種を3月中旬から順次発売する。充実したネットワーク機能のほか、HDMIの2系統出力などが特長の低価格ラインだ。(2012/3/6)

ゲーム、ボイチャ、実況に:
クリエイティブ、「Sound Core3D」を搭載したPCI Express対応サウンドカード
クリエイティブメディアは、クアッドコアサウンドプロセッサ「Sound Core3D」を採用したPCI Express対応のサウンドカードを12月中旬より発売する。FPSゲーム向けの「スカウトモード」やボイスチャットに適した「CrystalVoice」などが特徴だ。(2011/11/30)

クリエイティブ、マルチプラットフォーム対応のゲーム用ワイヤレスヘッドセット
クリエイティブメディアは、PCやゲーム機など幅広い機器で使えるゲーム用ワイヤレスヘッドセットを発売する。直販限定のスペシャルセットシステムも用意。(2011/11/1)

オンラインプレイを迫力のサウンドで――クリエイティブ、「Sound Blaster Recon3D」「Sound Blaster Tactic360」を発売
ゲームプレイヤー向けに開発されたサウンドプロセッサー「Sound Blaster Recon3D」とXbox 360向けステレオヘッドセット「Sound Blaster Tactic360」が発売に。「Sound Blaster Recon3D」は期間数量限定でヘッドセットとセットでお得なモニター販売も行われる。(2011/10/20)

3Dも進化:
JVC、4K対応のD-ILAプロジェクター「DLA-X90R」など3機種を発表
JVCケンウッドは、D-ILAプロジェクターの新製品を発表した。フルHDデバイスを使いながら“画素ずらし”によって4K解像度表示を可能にした。(2011/10/12)

オンキヨー、AVセパレートアンプ「PR-SC5509/PA-MC5501」を発売
オンキヨーは、プリアンプ部とパワーアンプ部が分離したAVセパレートアンプ「PR-SC5509/PA-MC5501」を発表した。(2011/9/12)

太陽の“輝き”も表現するメガブライトネス技術、“AQUOS”に70V型「LC-70X5」登場
シャープは9月1日、“AQUOS”の新製品として、70V型の「LC-70X5」を発表した。従来は不可能だった“きらめき”を表現する新技術を搭載。3D表示や外付けHDD録画にも対応する。(2011/9/1)

賢いテレビを使ってみよう!:
PR:“AQUOS”のスマート技術でテレビの未来に触れる(L5編)
シャープ“AQUOS”(アクオス)のL5シリーズや、25日に発表して話題を呼んだフリースタイルAQUOS F5シリーズでは、意欲的に“デジタル後”のテレビの在り方が提示されており、テレビは映像コンテンツを楽しむもので、それをいかに心地よく体験できるかが重要だ、ということを改めて実感させられた。この、テレビの“本質”をシャープがどう捉えているのか、AQUOSのL5とF5、それぞれを題材に考察してみたい。今回はまず、L5の“スマート化”についてチェックしてみる。(2011/8/29)

イマドキのイタモノ:
もうすぐGen.3の時代がやってくる──「Z68A-GD80(G3)」フォトレビュー
COMPUTEX TAIPEI 2011でMSIが公開したPCI Express Generation 3.0対応マザー。各ベンダーから相次いで発表されているが、まずは、写真でチェックなのだ。(2011/8/11)

オーディシーと読みます:
AUDYSSEYのiPodオーディオ「South of Market」、シネックスが販売
米Audysseyとシネックスは、“AUDYSSEY”ブランドを冠したiPodオーディオ「South of Market」を国内販売する。IMAXシアターやAVアンプで知られるAUDYSSEYの技術を詰め込んだスリムな製品だ。(2011/6/21)

手裏剣操作できます:
スマホ連携で次のステージへ、“AQUOS”の新提案「Lシリーズ」
シャープは、AQUOSのフラグシップモデル「Lシリーズ」を7月中旬に発売する。同社製スマートフォン「AQUOS PHONE」と連携。フリックで画像や映像をテレビに飛ばすユニークな操作を可能にした。(2011/6/15)

イマドキのイタモノ:
AMD“次世代CPU”に対応するというMSI「990FXA-GD80」を緊急フォトレビュー
AMDが発表した「AMD 9シリーズ」チップセットを搭載するマザーボードがMSIから登場。その最上位モデルのレイアウトと機能を“出撃直前”にチェックした。(2011/5/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。