ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TikiTikiインターネット」最新記事一覧

SIM通:
口座振替にも対応しているMVNOとSIMカードのプランまとめ
MVNOの支払いは、クレジットカードのみ受付の業者が多く、キャリアから買い替えを躊躇する層も多いようです。そこで、口座振替に対応したMVNOを紹介します。(2016/2/4)

TikiTikiインターネット、データ容量をシェアできる音声SIM「Tikimo SIM」を販売
TikiTikiインターネットが音声通話対応SIMサービス「Tikimo SIM」の提供を開始した。最大3枚のSIMカードで容量をシェアできるプランも用意している。(2015/6/26)

格安SIM定点観測:
「DMM mobile」が「freetel mobile」の最安記録を塗り替えるか?――2014年12月音声通話編
「DMM mobile」は低価格プランを提供する「freetel mobile」に価格面でどう対抗したのか? 日本通信の使い放題プランにも注目だ。(2014/12/26)

エヌディエス、音声通話に対応した「Tikiモバイル 通話SIM」販売開始
エヌディエスの「TikiTikiインターネット」で、データ通信と音声通話を組み合わせたSIMカード専用プラン「Tikiモバイル 通話SIM」が販売開始。事務手数料の無料キャンペーンも行う。(2014/12/3)

「TikiTikiインターネット」にLTEモバイル接続サービス「Tikiモバイル LTE タイプ5/7」が登場
「TikiTikiインターネット」のLTEモバイル接続サービスに、高速データ通信を月に5Gバイトまで利用できる「タイプ5」、月7Gバイトまでの「タイプ7」が登場。(2014/11/5)

KDDI、「auスマートバリュー mine」の提携事業者を18社に拡大
KDDIは、「auスマートバリュー mine」の提供事業者にRTM WiMAXやTikiTikiなど4社を追加した。提供事業者は現時点で18社に拡大した。(2014/2/18)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

日本通信、エヌディエスのMVNO事業を支援――FOMA網利用のサービスで
TikiTikiインターネットを運営するエヌディエスが、FOMA網を利用したモバイルデータ通信事業に参入。日本通信がMVNEとして事業を支援する。(2009/7/7)

日本通信のConnectMail、TikiTikiインターネットのメールサービスに対応
日本通信は5月7日、インターネットサービスプロバイダ、エヌディエスが提供するTikiTikiインターネットに対応したConnectMailの提供を開始した。(2008/5/7)

アッカのFTTHにOCNが対応
(2006/3/29)

ACCAが個人向けFTTHに参入
(2005/11/24)

世界最速、上り最大12.2MbpsのADSL アッカ
商用ADSLとして世界最速となる上り最大12.2MbpsのADSL接続サービスを、アッカが9月1日にスタートする。(2005/8/25)

アッカ、ADSLエントリーサービスを3Mbpsに増速
(2005/4/8)

TikiTikiインターネット、位置情報を利用した居場所確認・一斉連絡サービスを提供
(2005/3/8)

アッカ、34万人分のユーザー情報流出を確認
3月に流出した201人分を含む。氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスが流出した。(2004/8/26)

TikiTikiインターネット、Webフィルタリングサービスを開始
(2004/3/15)

TikiTiki、エネルギアコム回線のADSLでIP電話を提供
(2004/1/29)

TikiTiki、ホールセール型のADSLで最大40Mbpsのサービスを開始
(2004/1/27)

アッカ、OCNとTikiTikiユーザー向け無線LAN3カ月無料キャンペーン
(2004/1/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。