ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TikiTikiインターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TikiTikiインターネット」に関する情報が集まったページです。

SIM通:
口座振替にも対応しているMVNOとSIMカードのプランまとめ
MVNOの支払いは、クレジットカードのみ受付の業者が多く、キャリアから買い替えを躊躇する層も多いようです。そこで、口座振替に対応したMVNOを紹介します。(2016/2/4)

TikiTikiインターネット、データ容量をシェアできる音声SIM「Tikimo SIM」を販売
TikiTikiインターネットが音声通話対応SIMサービス「Tikimo SIM」の提供を開始した。最大3枚のSIMカードで容量をシェアできるプランも用意している。(2015/6/26)

格安SIM定点観測:
「DMM mobile」が「freetel mobile」の最安記録を塗り替えるか?――2014年12月音声通話編
「DMM mobile」は低価格プランを提供する「freetel mobile」に価格面でどう対抗したのか? 日本通信の使い放題プランにも注目だ。(2014/12/26)

エヌディエス、音声通話に対応した「Tikiモバイル 通話SIM」販売開始
エヌディエスの「TikiTikiインターネット」で、データ通信と音声通話を組み合わせたSIMカード専用プラン「Tikiモバイル 通話SIM」が販売開始。事務手数料の無料キャンペーンも行う。(2014/12/3)

「TikiTikiインターネット」にLTEモバイル接続サービス「Tikiモバイル LTE タイプ5/7」が登場
「TikiTikiインターネット」のLTEモバイル接続サービスに、高速データ通信を月に5Gバイトまで利用できる「タイプ5」、月7Gバイトまでの「タイプ7」が登場。(2014/11/5)

KDDI、「auスマートバリュー mine」の提携事業者を18社に拡大
KDDIは、「auスマートバリュー mine」の提供事業者にRTM WiMAXやTikiTikiなど4社を追加した。提供事業者は現時点で18社に拡大した。(2014/2/18)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

日本通信、エヌディエスのMVNO事業を支援――FOMA網利用のサービスで
TikiTikiインターネットを運営するエヌディエスが、FOMA網を利用したモバイルデータ通信事業に参入。日本通信がMVNEとして事業を支援する。(2009/7/7)

日本通信のConnectMail、TikiTikiインターネットのメールサービスに対応
日本通信は5月7日、インターネットサービスプロバイダ、エヌディエスが提供するTikiTikiインターネットに対応したConnectMailの提供を開始した。(2008/5/7)

アッカのFTTHにOCNが対応
(2006/3/29)

ACCAが個人向けFTTHに参入
(2005/11/24)

世界最速、上り最大12.2MbpsのADSL アッカ
商用ADSLとして世界最速となる上り最大12.2MbpsのADSL接続サービスを、アッカが9月1日にスタートする。(2005/8/25)

アッカ、ADSLエントリーサービスを3Mbpsに増速
(2005/4/8)

TikiTikiインターネット、位置情報を利用した居場所確認・一斉連絡サービスを提供
(2005/3/8)

アッカ、34万人分のユーザー情報流出を確認
3月に流出した201人分を含む。氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスが流出した。(2004/8/26)

TikiTikiインターネット、Webフィルタリングサービスを開始
(2004/3/15)

TikiTiki、エネルギアコム回線のADSLでIP電話を提供
(2004/1/29)

TikiTiki、ホールセール型のADSLで最大40Mbpsのサービスを開始
(2004/1/27)

アッカ、OCNとTikiTikiユーザー向け無線LAN3カ月無料キャンペーン
(2004/1/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。