ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一流の働き方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「一流の働き方」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

一流の働き方・最終回:
ときには「孤独な戦士」になれるか
一流の仕事人は、会社や組織においても「孤独な戦士」であることを恐れない。(2014/2/24)

一流の働き方:
みんなが「ノー」ならあえてやる
大ヒット商品の成功の担い手たちは、何でも面白がる精神や新しいものに挑戦し続ける特性を持っている。特に上に立つ人間には必須のものだ。これがないと、部下はついてこない。(2014/2/17)

一流の働き方:
上に立つ者の条件とは
世の中には、どんなに成功を収めても一流になれない人間がいる。そういうタイプの人間の特徴とは……?(2014/2/10)

一流の働き方:
なぜ、日本人の仕事が世界で認められているのか
長かった不況で「モノづくりニッポン衰退」の声もあったが、世界のトップに君臨する「一流の職人気質」は消滅してはいない。海外へ行くと、そのことを痛感するだろう。(2014/2/4)

一流の働き方:
上を目指し続けるのなら、ゴールは決めないほうがいい
一流といわれる人は、常に現状に満足することがない。基本を繰り返し、自分が満足するまで追求し続けるクオリティの高い仕事を成功させている。(2014/1/27)

一流の働き方:
「タラレバ」「ないものねだり」は非一流の証
ホンダの創業者・本田宗一郎さんをはじめ、時代を変える新しい技術を開拓する一流人に「ないものねだりのタラレバ」という発想はない。(2014/1/20)

一流の働き方:
周りに流されるぐらいなら「孤立」を選ぶ
一流の人間はやる気をなくしてしまう状況でもへこたれることがない。むしろ、それをチャンスと受け止め、新たな自分への変化のときと考えるのだ。(2013/12/12)

一流の働き方:
一流は「対立」を恐れない、逃げない
どんなに優れた頭脳の持ち主でも、「精神的に疲れを知らない粘り強さ」がなければ意味がない。優れた80の頭脳があっても、精神の強さがゼロなら、その人の総合能力は80点以上にはならないのだ。(2013/12/5)

一流の働き方:
一流と凡人の違い――「あの人のようになりたい」と思われるか
なぜあの人の仕事は、いつもうまくいくのか? 一流は困難なときこそ楽天的である。「忙しい」は、二流の口グセ。「努力」は、他人に見せたときに価値を失う。仕事ができる人は、孤独を恐れない――頭角を現す人にはこのような条件を持っている。(2013/11/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。