ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一流の働き方」最新記事一覧

関連キーワード

一流の働き方・最終回:
ときには「孤独な戦士」になれるか
一流の仕事人は、会社や組織においても「孤独な戦士」であることを恐れない。(2014/2/24)

一流の働き方:
みんなが「ノー」ならあえてやる
大ヒット商品の成功の担い手たちは、何でも面白がる精神や新しいものに挑戦し続ける特性を持っている。特に上に立つ人間には必須のものだ。これがないと、部下はついてこない。(2014/2/17)

一流の働き方:
上に立つ者の条件とは
世の中には、どんなに成功を収めても一流になれない人間がいる。そういうタイプの人間の特徴とは……?(2014/2/10)

一流の働き方:
なぜ、日本人の仕事が世界で認められているのか
長かった不況で「モノづくりニッポン衰退」の声もあったが、世界のトップに君臨する「一流の職人気質」は消滅してはいない。海外へ行くと、そのことを痛感するだろう。(2014/2/4)

一流の働き方:
上を目指し続けるのなら、ゴールは決めないほうがいい
一流といわれる人は、常に現状に満足することがない。基本を繰り返し、自分が満足するまで追求し続けるクオリティの高い仕事を成功させている。(2014/1/27)

一流の働き方:
「タラレバ」「ないものねだり」は非一流の証
ホンダの創業者・本田宗一郎さんをはじめ、時代を変える新しい技術を開拓する一流人に「ないものねだりのタラレバ」という発想はない。(2014/1/20)

一流の働き方:
周りに流されるぐらいなら「孤立」を選ぶ
一流の人間はやる気をなくしてしまう状況でもへこたれることがない。むしろ、それをチャンスと受け止め、新たな自分への変化のときと考えるのだ。(2013/12/12)

一流の働き方:
一流は「対立」を恐れない、逃げない
どんなに優れた頭脳の持ち主でも、「精神的に疲れを知らない粘り強さ」がなければ意味がない。優れた80の頭脳があっても、精神の強さがゼロなら、その人の総合能力は80点以上にはならないのだ。(2013/12/5)

一流の働き方:
一流と凡人の違い――「あの人のようになりたい」と思われるか
なぜあの人の仕事は、いつもうまくいくのか? 一流は困難なときこそ楽天的である。「忙しい」は、二流の口グセ。「努力」は、他人に見せたときに価値を失う。仕事ができる人は、孤独を恐れない――頭角を現す人にはこのような条件を持っている。(2013/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。