ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タワー型サーバ」最新記事一覧

質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

関連キーワード

レノボ、中小企業向けのXeon対応タワー型サーバ「ThinkServer TS」新モデルを発表
レノボ・ジャパンは、中小規模ビジネス向けとなるタワー型サーバ「Lenovo ThinkServer TS150」「Lenovo ThinkServer TS450」を発表した。(2016/2/23)

高性能で安全なITインフラを手に入れるチャンスはいま:
PR:マイナンバー対応に適したサーバーの要件とは――最新の「HP ProLiantサーバー Gen9」が対応を強力支援
2016年1月に施行される「マイナンバー制度」は、企業にとっては負担にはなるものの、システムの更新や改善のよい機会でもある。とはいえ、どこから手を付けてよいか悩んでいる企業も多いだろう。そこで、既存システムとは切り離したシステムを新たに構築し、そこでマイナンバーを管理するというアプローチを検討してはどうだろうか。(2015/12/10)

TSUKUMO、Xeon E3搭載のエントリー向けデスクトップサーバ
Project Whiteは、ASUS製ベアシステムを採用したエントリー向けデスクトップサーバ「ツクモビジネスサーバー」の販売を開始する。(2015/7/9)

発売20年、ハイブリッドクラウド基盤へ進化:
NEC、「Express5800」にクラウド利用権付き新商品 中堅中小企業のクラウド化を支援
NECが、発売20周年のIAサーバ「Express5800シリーズ」にクラウド基盤3年間利用権を付加したハイブリッドクラウド対応モデルを新規投入。中堅中小企業のクラウド化を後押しするパッケージに仕立て、Express5800ブランドで販売する。(2014/12/2)

デル、ワークロードに応じた構成が組める新サーバを発表
「ユーザー主導」というコンセプトで、様々なワークロードへ柔軟に構成が組める統合アーキテクチャを採用した「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/12)

パソコン工房、3万円台からのOSレス構成ミニタワーサーバ
ユニットコムは、ビジネス向けBC「bz」シリーズのラインアップにCeleron/Xeon搭載のミニタワー型デスクトップサーバ計6製品を追加した。(2014/10/24)

「第3のプラットフォーム」に向けた課題を解決:
PR:デルの最新サーバーPowerEdge 13Gシリーズ第1弾は「ただものではない」
デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。(2014/10/17)

日本HP、データセンターのニーズに対応する第9世代サーバを発表
ProLiantサーバの新世代ラインアップ「Generation 9」を発表した。(2014/10/2)

デル、新型Xeon搭載のPowerEdgeサーバ4機種を発売
第13世代目となるPowerEdgeサーバ4機種をリリースした。(2014/9/9)

デル、Xeon E5-2600採用のハイスペックサーバ「PowerEdge R730xd」など4モデル
デルは、同社製サーバ「PowerEdge」シリーズの新モデルを発表。プロセッサとして最新のXeon Processor E5-2600 v3シリーズを搭載している。(2014/9/9)

デル、6万円台からのSOHO向きミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」
デルは、SOHOに適したエントリークラスのミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」を発表した。(2013/12/20)

消費電力と設置スペースを大幅に削減
データセンター効率化を実現する超高密度サーバの実力とは?
クラウド化/ビッグデータ対応でサーバリソース増強が不可欠なデータセンターでは、消費電力と設置面積の問題が深刻化。解決策となる「超高密度スケールアウトサーバ」の導入効果を従来環境との比較検証で紹介する。(2013/12/16)

Hyper-Vを搭載したSystem xの仮想化推奨モデルを発表 日本IBM
日本IBMは、Windows Server 2012の仮想化機能「Hyper-V」のサービスを事前設定したx86サーバ「IBM System x」シリーズを提供開始する。(2013/10/3)

レノボ、Xeon E3搭載に対応したエンタープライズサーバ「ThinkServer TS440」など2モデル
レノボ・ジャパンは、ミドルタワー型/ミニタワー型筐体を採用した企業向けサーバ「ThinkServer TS」シリーズ2製品を発表した。(2013/9/25)

富士通、Xeon E5-2600v2搭載のPCサーバ「PRIMERGY」を発売
「FUJITSU Server PRIMERGY」の2WAYサーバ7モデルおよび1WAYサーバ1モデルの計8モデルを発表した。(2013/9/11)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

日本HP、中小規模システム向けのキューブ型コンパクトサーバ「HP ProLiant MicroServer Gen8」
日本ヒューレット・パッカードは、キューブ型省スペース筐体を採用したエントリーサーバ「HP ProLiant MicroServer Gen8」など5製品を発表した。(2013/7/18)

日本HP、中小規模システム向けのサーバとネットワーク新製品を発表
専任のIT管理者が不在の企業でも手軽に導入や管理ができるというタワーサーバやレイヤ2スイッチなど5つの新製品を発表した。(2013/7/18)

デル、タワー型サーバサイズの垂直統合マシンを発表
タワー型サーバの大きさの筐体にサーバやストレージ、ネットワーク、管理機能を収納した「PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/6)

ディザスタリカバリ対策を急ぐ企業を支援:
PR:ストレスフリーなクラウド型ファイルサーバを実現したSCSK
SCSKが2013年春にサービスを開始した「USiZEクラウドファイルサーバ」は、ファイルサーバのディザスタリカバリを想定したクラウドバックアップサービスだ。コストメリットやパフォーマンスに強みがあり、これまでユーザー企業において導入の妨げとなっていたさまざまなボトルネックを解消する、まさにデータバックアップのための救世主といえよう。(2013/3/12)

日立、POWER7+のUNIXサーバにエントリーモデル投入
UNIXサーバ「EP8000シリーズ」にPOWER7+プロセッサのエントリーモデルを追加する。(2013/2/27)

ITアナリストに聞く:
家電選びと同じ、ユーザーは用途を明確にしたサーバ導入を
中小企業におけるサーバ選定のポイントなどについて、ノークリサーチの岩上シニアアナリストが解説した。(2012/12/27)

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:
PR:いまこそ、乱立し煩雑化した仮想化環境をまとめる“統合仮想インフラ”が必要に
多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。(2012/11/30)

仮想化とIAサーバのトップベンダーがタッグを組んで実現!
1Wayサーバで実現する“中小企業に効く仮想化”
「サーバ台数が少ないと導入効果も低いのでは」といった理由で仮想化の導入をためらう中小企業が多い。だが仮想化は中小企業にこそ効く。仮想化ソフトとIAサーバのトップペンダーがタッグを組んでそれを実証する。(2012/12/17)

NEC、NAS製品にタワー型の新モデルを投入へ
「iStorage NSシリーズ」に内蔵可能なHDD容量が最大20テラバイトのタワー型新モデルを加えた。(2012/10/17)

日本HP、ProLiant Gen8サーバやインフラ管理用クラウドポータルなどを発表
発表されたHP ProLiant Gen8シリーズやインフラ管理用クラウドポータル、ラックの新機能などは、システム運用管理のさらなる効率化や自動化を支援するという。(2012/10/11)

省エネ機器:
複数台でグループを作って全体最適で節電、新機能を盛り込んだサーバが登場
オフィス全体の消費電力量の中で、サーバが占める割合は決して小さいとはいえない。しかし、節電のためとはいえ強引に止めることもできないため、定常運転を続けている例が多い。NECは、重要なサーバの性能を維持しながら、節電を実現する機能を盛り込んだ製品を発表した。(2012/7/20)

フフフ、こうも簡単に入れ替えられるとはな:
こんなに手軽――QNAP「TurboNAS」を新モデルにリプレースする
オフィスでファイルサーバを導入しているところは多い。だが、HDD込みのシステムとして購入すると、償却前に容量が足りなくなったとき、コストや保守の面から対応が困難になりやすい。また、ユーザーやファイル数が増えてくればファイルサーバ自身のパフォーマンスが問題になることもある。今回は実際にTurboNASのリプレースを行う場合の手順について紹介しよう。(2012/7/2)

最新プロセッサ対応のPowerEdgeシリーズ9種を発表 デル
E5-2400および4600ファミリーのインテルプロセッサを搭載したサーバ新製品をデルが発表した。(2012/5/24)

NEC、省電力化したExpress5800シリーズを発表 全モデルの動作保証を40度に
今後リリースするサーバ製品についても室温40度での動作を保証する計画だ。(2012/5/16)

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」に最新CPU搭載の6モデルを投入
インテルのXeon E3およびE5 ファミリーを搭載した1WAYおよび2WAYサーバの新製品を富士通が発売する。(2012/5/15)

日本HP、x86サーバ「ProLiant Gen8」発売 セットアップ工数を45%削減
管理システムの最新版「iLO 4」を搭載したx86サーバ製品6モデルを発売した。(2012/3/29)

ストーム、Xeon E5×2基を搭載したタワー型サーバ
ストームシステムテクノロジーは、Xeon E5-2650を標準で2基搭載したタワー型サーバ「Storm Atlantis XDP-2011」を発売した。(2012/3/13)

NEC、中堅・中小企業向けIAサーバとNASの新製品を発売
最大30〜35%の省電力化が図られ、室温40度環境での稼働を可能にした。一部モデルは防塵対策も施されている。(2012/2/21)

NEWS
最大6Tバイトまでのデータを遠隔バックアップ 大塚商会が新サービス
大塚商会が自社のファイルサーバ製品と自社データセンター間を連携する遠隔バックアップサービスを提供。最大6Tバイトまでのデータのバックアップをインターネット経由で安価に実現する。(2012/1/18)

日立、UPS内蔵のストレージサーバを発表――設置面積を32%削減
日立はUPSを内蔵したネットワークストレージサーバ「HA8000/NS10 内蔵UPSモデル」を発表した。(2011/12/21)

中小企業向けの小型エントリーサーバを発表 日本IBM
中小企業や小売店などに向けたエントリーサーバを日本IBMが発表した。(2011/10/12)

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」にHyper-V構成済みモデルを追加
富士通は、PCサーバ「PRIMERGY」に、Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-Vを組み込んだモデル2種を販売開始する。(2011/10/11)

ツートップ、各種業務用途にも向くWindows XP動作検証済みデスクトップPC計6製品
ユニットコムは、“Windows XP動作検証済み”をうたったデスクトップPC/サーバ計6機種の販売を開始した。(2011/8/2)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
冷温どちらもOK! 美味しい水がいつでも飲める「ウォーターサーバー」
節電によるオフィスの暑さ対策としてウォーターサーバーを設置する企業もあると聞く。今回は、そのような水の宅配サービスと一緒に提供されるウォーターサーバー装置を取り上げよう。(2011/7/5)

レノボ、6万円台からのエントリー向けサーバ「ThinkServer TS130」
レノボ・ジャパンは、エントリー向けとなるタワー型サーバ「ThinkServer TS130」を発表した。(2011/6/21)

NEWS
データセンターの消費電力を最大30%削減 NECのサーバ/ストレージ新製品
NECが省電力性を強化したIAサーバ製品群とストレージ新製品群を発表した。データセンターやオフィスの空調などのファシリティも含めた消費電力を最大30%削減できるという。(2011/6/7)

ワークステーションとエントリーサーバも投入:
時代は「省電力」と「管理機能」へ――日本HPがビジネスPCを一新
日本HPが法人向けPC、ワークステーション、エントリーサーバの新モデルを一挙発表。震災の影響により、IT機器に求められる機能や性能も変わりつつある。(2011/4/22)

x86サーバのエントリーモデル、ワークステーションの新機種を発表 日本HP
日本HPはエントリーモデルのサーバならびにワークステーションの新製品を発表した。(2011/4/21)

デルがエントリーサーバの最新機種を発表 Xeonプロセッサに対応
インテルの「Xeonプロセッサ E3-1200製品ファミリー」が搭載可能なエントリー型サーバ2機種をデルが販売開始した。(2011/4/21)

製造業の設計開発のためのHPC! 富士通 PCクラスタ:
PR:身近になったHPC「PCクラスタ」で、CAEが化ける!モノづくりの現場がいま、大きく変わる
「HPC」(High Performance Computing)が、もっと身近になってきた。大学や研究機関での学術研究だけでなく、製造業を中心とした一般企業の製品開発にもHPCが導入されつつある。それをかなえたのが、「PCクラスタ技術」だ。富士通のブレードサーバ(PCクラスタ)「PRIMERGY BX400」は、開発部門の投資コストが厳しいという中小企業にこそ、注目してもらいたい製品。ユーザー用途に応じたおすすめ構成やPCクラスタの専門知識に自信のないユーザーも安心な富士通のサポート体制なども活用し、モノづくりの現場を変革しよう!(2011/1/19)

日本HP、HDDを増量した3万円台の小型サーバ「HP ProLiant MicroServer」
小型x86サーバの「HP ProLiant MicroServer」に、HDD容量を160Gバイトから250Gバイトに増やしたモデルが追加された。価格は3万5700円。(2010/12/9)

NEWS
富士通、一般オフィスにも設置可能なブレードサーバを発表
富士通が中堅・中小規模システム向けブレードサーバの新製品を発表。ニーズが高まる中堅・中小規模企業の基幹サーバや大企業の部門レベルのサーバ集約に対応する製品だ。(2010/11/26)

Apple、ラックサーバ「Xserve」の販売を終了へ
Appleは2002年に発売したラックサーバ「Xserve」の販売を終了する。代替としては「Mac pro」あるいは「Mac mini」を推奨している。(2010/11/8)

10万円級サーバで何ができる?──ThinkServer TS200vを手軽に使う
サーバというと、導入やら運用やらでなにかと費用と手間がかかる印象がある。だが、専属管理者がいない小規模オフィスでもTS200vなら大丈夫、というがどうかな?(2010/10/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。