ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「道路交通法」最新記事一覧

畑から人が消える? 「無人トラクター」来年発売 農業にも自動運転の波
農業にも自動運転の波が押し寄せている。(2017/2/14)

赤信号で停車中ならいいのか!? Pokemon GO死亡事故、猶予判決を求めた男の弁明に司法判断は……
運転中にPokemon GOをしていて死亡事故を起こした男の裁判。男は「赤信号で停車中にやっていた」として執行猶予付きの判決を求めた。司法はどう判断したか。(2017/1/31)

水曜インタビュー劇場(駒公演):
売れない時代に、UPQのバイクが好調な理由
家電ベンチャー「UPQ」が発売したバイクが、よく売れている。折り畳むことができる電動の原付バイクは、なぜ消費者に支持されたのか。同社の中澤CEOに、その理由を聞いたところ……。(2017/1/11)

相次ぐ高齢者の交通事故:
団塊世代、来年で70代に 交通事故対策は?
高齢者による交通事故が相次いでおり、社会問題となっている。関係省庁が対策に頭を悩ませる一方で、自治体や民間にも動きが出始めているが、果たして活路は見いだせるのか。(2016/12/22)

自信過剰? 80代の6割「自分は運転大丈夫」……老いるほど強気になるワケ
高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となる中で、「自分は大丈夫だ」と自信を持つ高齢者が、年を重ねるごとに増えるとする衝撃のデータがある。(2016/12/12)

高齢者講習は4カ月待ち:
「自分の運転は大丈夫」老いるほど強気
高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となっている。60代、70代で5割、80代は6割超と年を重ねるごとに「自分は大丈夫」と自信を持っているという衝撃のデータもある。(2016/12/9)

「なぜPokemon GOしながら運転」 事故で息子亡くした父の叫びで仕様変更 プレイヤーからは脅迫メールも……
Pokemon GO捜査中の運転手が9歳の男児をはねて死なせた事故。「安全な場所だけで遊べるようにしてほしい」。理不尽な死で次男を失った父の願いだ。(2016/12/2)

「佐川男子」が恐れる「ゲシャキン」とは “駐車違反身代わり出頭”のウラにある業界事情
「“下車勤”(ゲシャキン)はまずい……」。佐川の運転手が勤務中の駐車違反を隠すため、知人の男性を出頭させた事件。背景には、いったい何があったのだろうか。(2016/11/29)

仙台市で「ポケモンGO」をプレイしながら走行していた市営バスが衝突事故 宮城交通に運行業務を委託
回送中で、負傷者は発生しませんでした。(2016/11/25)

“暴走高齢者”どう防ぐ 認知症、運動能力低下……交通死亡事故の3割に65歳以上
80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故が増えており、社会全体での対策が急務となっている。(2016/11/22)

「運転中のスマホ禁止徹底を」 国交省、バス業界団体などに通知 「運転中にPokemon GO」問題受け
バス運転手が運転中に「Pokemon GO」で遊んでいた問題を受け、国交省は、バスやタクシーなどの業界団体に対して、業務中のスマホ操作の禁止を徹底するよう通知した。(2016/11/7)

「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
アルファベットの「T字路」の間違いじゃなく、丁字路も正しい日本語。(2016/11/4)

PCサイズの超小型“電気自動車”が話題 予約開始3日で一気に1000台到達
カバンに入れて持ち運べる電気自動車があれば――そんな願いをかなえる小型パーソナル・モビリティー「WALKCAR」が話題だ。(2016/11/4)

電動自転車の一部製品、「アシスト力」基準値オーバー 警察庁「使用控えて」
電動アシスト自転車7製品で、人がこぐ力をサポートするアシスト力が基準値を超えていたと警察庁などが発表。製品名を公表し、注意を呼び掛けている。(2016/10/28)

道交法に適合しない「電動アシスト自転車」、消費者庁が注意喚起 「バランスを崩すなど危険」
該当する「電動アシスト自転車」を公開しています。(2016/10/28)

トラックの後ろに「焼きそば」の旗 道交法規定の「赤色の布」は赤ければ何でもいいのか
長い貨物を載せる場合に付けなくてはいけない「赤色の布」。屋台の旗でもいいのか警視庁や全日本トラック協会に聞いてみた。(2016/10/24)

「車ない理想の街」曲がり角 高齢化・人口減で……通行規制緩和
車に依存しない生活を実現しようと40年近く続く「ノーカーゾーン」が岐路に立たされている。高齢化に伴い、車を利用せざるをえない住民が増えたためだ。(2016/10/7)

信号のない横断歩道、歩行者が渡ろうとしても「止まらない」車9割 JAF調査
信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていても、9割以上の車が止まらない――JAFがこんな調査結果を発表した。(2016/9/27)

ウインカーを出さない「岡山の不思議」 交通マナー全国最悪の実態
右折、左折時や車線変更時に方向指示器(ウインカー)を出す。そんな当たり前の交通ルールが、なぜか岡山県では守られていない。ルールを守らないのは県民性なのか。(2016/9/21)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ビッグデータ活用の鍵を握る個人データ匿名化の日米比較
個人データの活用において必須とされるのが、本人を特定されないようにするための匿名化だ。今回は匿名化技術の代表例である健康医療分野を例に、日本と米国における匿名化の状況をみていこう。(2016/8/24)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「モノの賢さとIoT」
「人の運転は道路交通法で禁止」――。自動運転の車が進化すれば、そんな時代が来るかもしれません。今回はIoT(Internet of Things)によってインテリジェント化していくモノについて解説します。(2016/8/8)

Automated Vehicle Symposium 2016レポート:
自動運転技術の進化に浮かれてはいけない、“安全第一”に舵を切った米国政府
1年で風向きが一気に変わった――。米国で例年開催されている自動運転に関するシンポジウム「Automated Vehicle Symposium 2016」。直前に起きたTesla Motorsの自動運転機能付きモデルの事故の影響もあり、米国の政府関係者らは“Safety First”を強く打ち出す姿勢を取り始めた。3日間のシンポジウムを取材した筆者のレポートをお送りする。(2016/8/4)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
他人の運転に難癖をつけながら、自動運転車の運転の腕前を想像する
他人の運転ってどうしても気になってしまうんです。(2016/8/2)

MONOistオートモーティブセミナーレポート:
自動運転レベル3以上に向けて動き始めた、ADAS技術開発の最新事情
MONOistが2016年6月10日に開催したセミナー「自動運転技術開発の最前線2016〜ADASはどこまで進化するのか〜」で、先進運転支援システム(ADAS)にかかわる各社の取り組みや、自動運転車の実現に向けての課題などが語られた。ここでは、本田技術研究所による基調講演と日立オートモティブシステムズによる特別講演を中心にセミナーの内容をレポートする。(2016/7/13)

エリーパワー 二輪車用リチウムイオン電池 インタビュー:
ホンダのモトクロス参戦車がリチウムイオン電池を始動用バッテリーにした理由
ハイブリッド車や電気自動車などをはじめ四輪車(以下、四輪)に広く搭載されるようになっているリチウムイオン電池。これからは二輪車(以下、二輪)向けにも普及していくかもしれない。ホンダが競技用車両に始動用バッテリーとしてリチウムイオン電池を採用。しかし、二輪の始動用バッテリーとして主流なのは、リチウムイオン電池よりも安価で安全性の高い鉛電池だ。リチウムイオン電池は課題を乗り越えて二輪を変えることができるのか。(2016/6/27)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(5):
次の20年へ、電動アシスト自転車が迎える「第二の夜明け」
1993年に世界初の電動アシスト自転車「PAS」を発売したヤマハ発動機。この電動アシスト自転車という革新製品はいかにして生まれ、約20年が経過したこれからどのような進化を遂げようとしているのか。小寺信良氏が探る。(2016/6/21)

必要な時間は1分! あっという間に電動アシスト付き自転車に変身できる「GeoOrbital Wheel」がKickstarterに登場
販売されている大人用自転車の95%が交換可能となっています。(2016/5/4)

自動運転技術:
日本で公道試験をやっていいのはレベル2の自動運転まで、警察庁のガイドライン
警察庁は2016年5月7日まで、自動運転システムの公道試験に関するガイドライン案に対する意見を募集する。公道試験を行おうとする自動車メーカーやサプライヤなどが、安全かつ円滑な交通を維持する上で留意すべき事項をガイドラインとしてまとめた。強制力はないが、手動で運転するドライバーと同様に法令で義務付けられる事項も含まれる。(2016/4/13)

自動運転技術 ホンダ上席研究員 横山利夫氏 講演レポート:
運転支援システムの有用性が自動運転の受け入れイメージを作り出す
「オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア2016」の基調講演に本田技術研究所 四輪R&Dセンター 上席研究員の横山利夫氏が登壇した。ホンダの自動運転の取り組みを紹介。また、2016年は「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に新たな機能を加え、運転に伴う負担をさらに軽減していく。(2016/3/23)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
インシデントレスポンスとは何か――自動車事故に置き換えて考える
セキュリティ上の重大事故や障害での対応とはどのようなものでしょうか。自動車事故における対応の流れを例に解説します。(2016/3/7)

どこでもおっぱいー! 好きなだけDカップをもめる夢の箱が開発される
風をつかみ、おっぱいをもむのだ。(2016/3/2)

Meet Recruit:
【前編】Pepper×飛鷹全法×蓮実一隆が語る、現代社会における伝統とテクノロジーの役割
多様性が求められるソーシャル時代を豊かに生きるため、今考えるべきことは何か? そのヒントは、信仰文化やロボット開発の現場に潜んでいた!?(2016/1/21)

R25スマホ情報局:
自転車「ながらスマホ」被害者の声
自分だけでなく、他人までけがをする可能性がある自転車の“ながらスマホ”。6月の「改正道路交通法」で取り締まりの強化が見込まれていますが、ツイッター上では今も被害報告が相次いでいます。(2015/12/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
都営交通から全国へ広めたい“ヘルプマーク”に足りないこと
東京都交通局が配布する“ヘルプマーク”の重要性が高まりそうだ。優先席の携帯電話使用が解禁されたからだ。内臓疾患など、外観では分からない不自由な人を示す“ヘルプマーク”は良いアイデアだ。全国の公共交通機関が採用すべきである。(2015/10/30)

東京モーターショー2015:
実用化は目前? 「超小型モビリティ」「パーソナルモビリティ」を試乗
超小型モビリティ「i-ROAD」、パーソナルモビリティ「Winglet」(トヨタ自動車)などに試乗できるブースが「東京モーターショー2015」に登場。(2015/10/29)

自動運転技術:
国家戦略特区で自動運転の実験、小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやる」
ロボットタクシーの自動運転実験車を用いる「完全自動走行に向けた国家戦略特区プロジェクト」は、湘南エリアを皮切りに国内3カ所で2015年度内に実証実験を開始する。内閣府大臣政務官の小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやっていく」と語っており、スピード感を重視したプロジェクトになっている。(2015/10/2)

日本型セキュリティの現実と理想:
第5回 利便性vs安全性 交通安全に学ぶセキュリティの行方
技術革新は数々の恩恵とともに“負の側面”ももたらす。日本の情報セキュリティが進むべき方向を「交通安全」からみていこう。(2015/8/27)

ワイパーが壊れた時の“たったひとつの冴えたやりかた”
非常事態用の豆知識。(2015/8/17)

週刊「調査のチカラ」:
日本一「熱い男」松岡修造さん、CM起用10社で男性トップタイに
「企業の顔」として広告にタレントを起用することが多い日本。CM契約の本数の多さはタレントにとっても人気のバロメーターの1つといえます。2015年上半期は、あの熱い男が!(2015/7/10)

自転車乗り向け「イヤースピーカー」登場 道交法的に大丈夫かメーカーに聞いた
仕様上問題ないそうです。(2015/6/12)

「自転車用エアバッグ」って? 自動車用エアバッグメーカー・日本プラストが参入
自動車用エアバッグで実績がある日本プラストが、スウェーデン企業と組んで自転車用エアバッグに参入する。(2015/6/8)

道路交通法改正で注目が集まる自転車 その周りの最新事情をまとめてみた
自転車の最新事情を調べてみました。(2015/6/8)

「自転車走行中でも片耳イヤホンならセーフ」は本当? 警視庁に聞いてみた
東京都は「片耳でも注意を受ける可能性はある」とのこと。(2015/6/4)

電気自動車:
小型EVが手紙を運ぶ、全国初の「郵便配達」を実証開始
愛知県名古屋市で小型電気自動車(EV)を郵便集配作業に活用する全国初の実証実験がスタートする。トヨタ車体の「コムス」を4台導入して、実際の郵便配達における小型EVの運用や実用性を検証していく。(2015/6/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「ロボットタクシー」乗りたいですか?
無人の完全自動運転タクシー実現を目指す「株式会社ロボットタクシー」(仮名)が設立されました。“運ちゃんのいないタクシー”にあなたなら乗りたいですか?(2015/6/1)

「Googleに負けているとは思わない」――DeNAが“自動運転タクシー”参入、その背景と勝算
DeNAがZMPと合弁会社を設立し、自動運転タクシー事業を展開へ。自動運転カーはGoogleなども開発を進めているが、「Googleに負けているとは思わない」とDeNA。その根拠は。(2015/5/28)

悪質な自転車運転手には安全講習の受講が義務づけになります! 改正道路交通法が6月1日より施行
自転車ルールがより厳しくなりますよ。(2015/5/31)

週末アップルPickUp!:
運転中に「Apple Watch」を見てもいい?
ハードルが低いぶん、誘惑は大きいわけで。(2015/5/8)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――夏(7〜9月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年定例的に行うものがあります。今回は、7〜9月にかけての夏季の仕事のなかから、車両使用に関する問題と、防災・安全についてまとめました。(2015/3/18)

ロボット革命実現会議:
“ロボット革命”を実現する手段とは、政府「ロボット新戦略」を読み解く(後編)
ロボットによる新たな産業革命を目指して開催された「ロボット革命実現会議」では、向こう5年で実行すべき具体的な計画についても議論された。本稿では“ロボット革命”実現に向けた、報告書の提案について読み解く。(2015/2/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。