ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「道路交通法」最新記事一覧

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
第39回 ビッグデータ活用の鍵を握る個人データ匿名化の日米比較
個人データの活用において必須とされるのが、本人を特定されないようにするための匿名化だ。今回は匿名化技術の代表例である健康医療分野を例に、日本と米国における匿名化の状況をみていこう。(2016/8/24)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「モノの賢さとIoT」
「人の運転は道路交通法で禁止」――。自動運転の車が進化すれば、そんな時代が来るかもしれません。今回はIoT(Internet of Things)によってインテリジェント化していくモノについて解説します。(2016/8/8)

Automated Vehicle Symposium 2016レポート:
自動運転技術の進化に浮かれてはいけない、“安全第一”に舵を切った米国政府
1年で風向きが一気に変わった――。米国で例年開催されている自動運転に関するシンポジウム「Automated Vehicle Symposium 2016」。直前に起きたTesla Motorsの自動運転機能付きモデルの事故の影響もあり、米国の政府関係者らは“Safety First”を強く打ち出す姿勢を取り始めた。3日間のシンポジウムを取材した筆者のレポートをお送りする。(2016/8/4)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
他人の運転に難癖をつけながら、自動運転車の運転の腕前を想像する
他人の運転ってどうしても気になってしまうんです。(2016/8/2)

MONOistオートモーティブセミナーレポート:
自動運転レベル3以上に向けて動き始めた、ADAS技術開発の最新事情
MONOistが2016年6月10日に開催したセミナー「自動運転技術開発の最前線2016〜ADASはどこまで進化するのか〜」で、先進運転支援システム(ADAS)にかかわる各社の取り組みや、自動運転車の実現に向けての課題などが語られた。ここでは、本田技術研究所による基調講演と日立オートモティブシステムズによる特別講演を中心にセミナーの内容をレポートする。(2016/7/13)

“凶器”と化したエアバッグ 「時速300キロ」の衝撃 3歳女児圧迫死の背景
軽乗用車が電柱に衝突し、助手席の女児(3)が死亡する事故があった。エアバッグの衝撃で胸を圧迫され死亡した可能性が高いことが判明。身を守るはずのエアバッグが逆に“凶器”となった。(2016/7/12)

エリーパワー 二輪車用リチウムイオン電池 インタビュー:
ホンダのモトクロス参戦車がリチウムイオン電池を始動用バッテリーにした理由
ハイブリッド車や電気自動車などをはじめ四輪車(以下、四輪)に広く搭載されるようになっているリチウムイオン電池。これからは二輪車(以下、二輪)向けにも普及していくかもしれない。ホンダが競技用車両に始動用バッテリーとしてリチウムイオン電池を採用。しかし、二輪の始動用バッテリーとして主流なのは、リチウムイオン電池よりも安価で安全性の高い鉛電池だ。リチウムイオン電池は課題を乗り越えて二輪を変えることができるのか。(2016/6/27)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(5):
次の20年へ、電動アシスト自転車が迎える「第二の夜明け」
1993年に世界初の電動アシスト自転車「PAS」を発売したヤマハ発動機。この電動アシスト自転車という革新製品はいかにして生まれ、約20年が経過したこれからどのような進化を遂げようとしているのか。小寺信良氏が探る。(2016/6/21)

必要な時間は1分! あっという間に電動アシスト付き自転車に変身できる「GeoOrbital Wheel」がKickstarterに登場
販売されている大人用自転車の95%が交換可能となっています。(2016/5/4)

自動運転技術:
日本で公道試験をやっていいのはレベル2の自動運転まで、警察庁のガイドライン
警察庁は2016年5月7日まで、自動運転システムの公道試験に関するガイドライン案に対する意見を募集する。公道試験を行おうとする自動車メーカーやサプライヤなどが、安全かつ円滑な交通を維持する上で留意すべき事項をガイドラインとしてまとめた。強制力はないが、手動で運転するドライバーと同様に法令で義務付けられる事項も含まれる。(2016/4/13)

自動運転技術 ホンダ上席研究員 横山利夫氏 講演レポート:
運転支援システムの有用性が自動運転の受け入れイメージを作り出す
「オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア2016」の基調講演に本田技術研究所 四輪R&Dセンター 上席研究員の横山利夫氏が登壇した。ホンダの自動運転の取り組みを紹介。また、2016年は「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に新たな機能を加え、運転に伴う負担をさらに軽減していく。(2016/3/23)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
インシデントレスポンスとは何か――自動車事故に置き換えて考える
セキュリティ上の重大事故や障害での対応とはどのようなものでしょうか。自動車事故における対応の流れを例に解説します。(2016/3/7)

どこでもおっぱいー! 好きなだけDカップをもめる夢の箱が開発される
風をつかみ、おっぱいをもむのだ。(2016/3/2)

Meet Recruit:
【前編】Pepper×飛鷹全法×蓮実一隆が語る、現代社会における伝統とテクノロジーの役割
多様性が求められるソーシャル時代を豊かに生きるため、今考えるべきことは何か? そのヒントは、信仰文化やロボット開発の現場に潜んでいた!?(2016/1/21)

R25スマホ情報局:
自転車「ながらスマホ」被害者の声
自分だけでなく、他人までけがをする可能性がある自転車の“ながらスマホ”。6月の「改正道路交通法」で取り締まりの強化が見込まれていますが、ツイッター上では今も被害報告が相次いでいます。(2015/12/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
都営交通から全国へ広めたい“ヘルプマーク”に足りないこと
東京都交通局が配布する“ヘルプマーク”の重要性が高まりそうだ。優先席の携帯電話使用が解禁されたからだ。内臓疾患など、外観では分からない不自由な人を示す“ヘルプマーク”は良いアイデアだ。全国の公共交通機関が採用すべきである。(2015/10/30)

東京モーターショー2015:
実用化は目前? 「超小型モビリティ」「パーソナルモビリティ」を試乗
超小型モビリティ「i-ROAD」、パーソナルモビリティ「Winglet」(トヨタ自動車)などに試乗できるブースが「東京モーターショー2015」に登場。(2015/10/29)

自動運転技術:
国家戦略特区で自動運転の実験、小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやる」
ロボットタクシーの自動運転実験車を用いる「完全自動走行に向けた国家戦略特区プロジェクト」は、湘南エリアを皮切りに国内3カ所で2015年度内に実証実験を開始する。内閣府大臣政務官の小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやっていく」と語っており、スピード感を重視したプロジェクトになっている。(2015/10/2)

日本型セキュリティの現実と理想:
第5回 利便性vs安全性 交通安全に学ぶセキュリティの行方
技術革新は数々の恩恵とともに“負の側面”ももたらす。日本の情報セキュリティが進むべき方向を「交通安全」からみていこう。(2015/8/27)

ワイパーが壊れた時の“たったひとつの冴えたやりかた”
非常事態用の豆知識。(2015/8/17)

週刊「調査のチカラ」:
日本一「熱い男」松岡修造さん、CM起用10社で男性トップタイに
「企業の顔」として広告にタレントを起用することが多い日本。CM契約の本数の多さはタレントにとっても人気のバロメーターの1つといえます。2015年上半期は、あの熱い男が!(2015/7/10)

自転車乗り向け「イヤースピーカー」登場 道交法的に大丈夫かメーカーに聞いた
仕様上問題ないそうです。(2015/6/12)

「自転車用エアバッグ」って? 自動車用エアバッグメーカー・日本プラストが参入
自動車用エアバッグで実績がある日本プラストが、スウェーデン企業と組んで自転車用エアバッグに参入する。(2015/6/8)

道路交通法改正で注目が集まる自転車 その周りの最新事情をまとめてみた
自転車の最新事情を調べてみました。(2015/6/8)

「自転車走行中でも片耳イヤホンならセーフ」は本当? 警視庁に聞いてみた
東京都は「片耳でも注意を受ける可能性はある」とのこと。(2015/6/4)

電気自動車:
小型EVが手紙を運ぶ、全国初の「郵便配達」を実証開始
愛知県名古屋市で小型電気自動車(EV)を郵便集配作業に活用する全国初の実証実験がスタートする。トヨタ車体の「コムス」を4台導入して、実際の郵便配達における小型EVの運用や実用性を検証していく。(2015/6/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「ロボットタクシー」乗りたいですか?
無人の完全自動運転タクシー実現を目指す「株式会社ロボットタクシー」(仮名)が設立されました。“運ちゃんのいないタクシー”にあなたなら乗りたいですか?(2015/6/1)

「Googleに負けているとは思わない」――DeNAが“自動運転タクシー”参入、その背景と勝算
DeNAがZMPと合弁会社を設立し、自動運転タクシー事業を展開へ。自動運転カーはGoogleなども開発を進めているが、「Googleに負けているとは思わない」とDeNA。その根拠は。(2015/5/28)

悪質な自転車運転手には安全講習の受講が義務づけになります! 改正道路交通法が6月1日より施行
自転車ルールがより厳しくなりますよ。(2015/5/31)

週末アップルPickUp!:
運転中に「Apple Watch」を見てもいい?
ハードルが低いぶん、誘惑は大きいわけで。(2015/5/8)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――夏(7〜9月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年定例的に行うものがあります。今回は、7〜9月にかけての夏季の仕事のなかから、車両使用に関する問題と、防災・安全についてまとめました。(2015/3/18)

ロボット革命実現会議:
“ロボット革命”を実現する手段とは、政府「ロボット新戦略」を読み解く(後編)
ロボットによる新たな産業革命を目指して開催された「ロボット革命実現会議」では、向こう5年で実行すべき具体的な計画についても議論された。本稿では“ロボット革命”実現に向けた、報告書の提案について読み解く。(2015/2/10)

自転車はガジェットだ!:
「ロードバイクと一緒に買っておくべきものリスト」を簡単に解説してみる
ロードバイクなどのスポーツバイクを購入すると、実は車体以外にも多くのものが必要だと実感するが、一方で早急に買う必要のないものもある。一通りを紹介しよう。(2014/12/26)

INSIGHT NOW!:
通路での「右側通行」指示が混乱を招く
駅などの構内通路にある通行方向表示。せっかくあるのに、時として迷惑になることもしばしば。特に首都圏と大阪では、右側歩行を指示することはかえって混乱の元なのだ。(2014/12/8)

“自転車保険”で家族を守れる?:
警察も注目、子どもや高齢者の自転車交通事故に注意
警察庁の「秋の全国交通安全運動」が始まり、取り締まりを行っている警官を見かけた人も多いのでは。最近では、自転車における交通事故防止の風潮が高まっているが、もしもに備えて自転車保険に加入するという対策も考えた方がいいかもしれない。(2014/9/24)

注目したい法改正の動向:
時代に合った働き方ができる人材育成を――職業能力開発促進法、見直しの狙い
人手不足が深刻化するなか、厚生労働省が“時代に合った働き方”ができる人材の育成に乗り出す。厚労省が今後の職業能力開発について、どんな方針で検討を進めているかをまとめた。(2014/9/8)

R25スマホ情報局:
取付簡単な車載用スピーカーフォン
運転中に通話する場合、ヘッドセットなどを使う必要があります。もしスマホユーザーなら、「Jabra TOUR」のようなワイヤレススピーカーフォンが便利です。(2014/9/1)

急上昇ワード:
「包帯パンツ」がいま人気らしい 女性用の「包帯ショーツ」もあるよ!
(2014/8/4)

ビル街でもスイスイ、自転車に代わるエコ移動手段5選
持ち運べる移動手段でちょっとそこまで出かけませんか?(2014/7/31)

人ごとではない、自転車事故の高額賠償事例に備え:
月300円から加入できる「家族全員対象の自転車保険」、エアーリンクが発売
自転車はとても便利で手軽な移動手段だが、被害はもとより、自身や家族が加害者になるリスクもある。そんな家族を対象に月300円から加入できる自転車保険が登場した。(2014/5/28)

再検証「ロボット大国・日本」(13):
「米国ベンチャーに負けない!!」――NEDO、生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果を報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、5年にわたり実施してきた「生活支援ロボット実用化プロジェクト」に関する成果報告会を実施。同プロジェクトに参画した2社のロボットが、世界で初めて国際安全規格「ISO 13482」の認証を取得した。(2014/2/26)

電気自動車:
水上走行もできる4人乗り超小型EVをベンチャーが開発、水害の多いタイで販売
電気自動車(EV)ベンチャーのFOMMは、前輪2輪にインホイールモーターを搭載する4人乗りの超小型EV「FOMMコンセプトOne」を開発した。2014年3月にタイで開催される「第35回バンコク国際モーターショー」に出展し、2015年10月からタイ市場での販売を目指す。水害の多いタイ市場向けにジェット水流発生装置で水面を移動できる機能も搭載している。(2014/2/20)

店員が食洗機に入った画像をTwitter投稿のそば屋、倒産 不謹慎画像、書類送検も相次ぐ
アルバイト店員が食洗機に入った画像をTwitterに投稿したとして営業停止に追い込まれていたそば屋が倒産。夏のTwitter炎上事件が警察沙汰になるケースも相次いでいる。(2013/10/21)

バスの後部に人がつかまったTwitterの写真で少年が書類送検
横浜市交通局は道路交通法違反であり、法的措置も含め、厳正に対処するとしていた。(2013/10/8)

走行中のバス後部に人がつかまって乗る危険行為、ネットに写真も 横浜市、警察と対応協議
走行するバスの後部に人がつかまる危険行為があったとして、横浜市交通局が注意を呼び掛けた。同様の行為の写真がTwitterに投稿され、騒動になっていた。(2013/9/3)

走行中のバスの後ろに人がつかまる写真がネットに 横浜市交通局「厳正に対処」
道路交通法違反であり、重大事故につながりかねないため行わないようにと横浜市交通局は呼びかけている。(2013/9/3)

真夏を撮り尽くせ アクションカム5モデル一気比較(4) 夜間画質比較&とある選び方のいち思考法
アクションカムを5モデル比較する本企画も今回でラスト。今回は車載での夜間画質を比較し、総評として製品の選び方を考えてみたい。(2013/8/15)

低収入から抜け出せない人の口癖
低収入の人、高収入の人。それぞれの違いとは一体何なのでしょうか。(2013/2/26)

電気自動車:
1人乗りの電気自動車を200台、セブンイレブンが新宅配サービスに採用
ユニークな1人乗りタイプの電気自動車をトヨタ車体が発売した。6時間の充電で50キロメートルまで走行でき、1キロメートルあたりの燃費は2.4円という安さだ。セブンイレブンが8月から開始する宅配サービス用に200台の導入を決めた。(2012/7/3)

1人乗りEV「コムス」はコスト低減で60万円以下に、セブンイレブンが宅配に採用
トヨタ車体が1人乗りEV「コムス」を発売した。鉛電池やスチールフレームの採用により、補助金込みの実質価格を60万円以下に抑えた。セブン-イレブン・ジャパンが、宅配サービスにコムスを採用する。(2012/7/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。