ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Trend Insight」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Trend Insight」に関する情報が集まったページです。

今後10年にわたり:
「AIは最も破壊的な技術領域に」 Gartnerが分析
Gartner(ガートナー)は、「先進テクノロジーのハイプサイクル:2017年」を発表した。この中で、今後10年にわたってデジタルビジネスを推進する3つのメガトレンドを明らかにした。(2017/8/25)

Trend Insight:
Red Hatの命運を握る「CLOUD ENGINE」とは?
クラウドのインフラ部分で静かに勢力を拡大するRed Hat。同社の成長戦略の鍵となるのは、クラウドサービスAPIを共通化し、どんなクラウドでも透過的に管理する「CLOUD ENGINE」だ。Red HatはうまくCLOUD ENGINEをリリースできるだろうか。(2010/5/14)

Trend Insight:
「VMforce」でJavaデベロッパーをクラウドに導くSalesforceとVMware
Java PaaS「VMforce」を発表したSalesforceとVMware。クラウド化したJavaアプリケーションは、既存資産を生かしながら、Force.comデータベースと強力に連携することで新たな可能性を持つに至った。両社はJavaデベロッパーをクラウドに導けるのだろうか。(2010/4/28)

Trend Insight:
大阪府箕面市、Edubuntu採用にみる決意
大阪府箕面市は、ベンダーロックインを回避しながら中古PCを活用する施策として、「Edubuntu」を用いたシンクライアント環境の導入に着手したことを明らかにした。(2009/10/16)

Trend Insight:
GPUコンピューティング戦争に勝機を見いだすNVIDIA
Intel、AMDなどとGPUコンピューティングの覇権を賭けて戦うNVIDIA。自社でCPUの設計も手がけるのではないかとうわさされるNVIDIAだが、新たにチーフサイエンティストに就任したビル・ダリー氏に話を聞いた。(2009/5/29)

Trend Insight:
アプリ開発者を呼び込むAndroid搭載端末
Googleによる携帯電話向けプラットフォームである「Android」を採用した端末が開発者に人気だが、アプリケーション開発者を夢中にさせるほどのものなのだろうか。ネイサン・ウィリスの考察をお届けしよう。(2009/1/8)

Trend Insight:
StarOffice 9のリリースに垣間見るSunの一人相撲戦略
OpenOffice.orgの存在もあり、SunがStarOfficeの扱いに苦慮しているのは明らかである。それでも企業ユーザーには魅力的に映るかもしれないが、かつて期待されたStarOfficeの魅力を損なう方向に進んでいるように思えてならない。(2008/12/2)

Trend Insight:
PHP on IISの“ホントのところ”
PHP on IIS。意外に思われるこの組み合わせに対するニーズが増えてきているという。この組み合わせが提供する価値とは何か。マイクロソフトの加治佐CTOとゼンド・ジャパン代表取締役社長の福安氏に“ホントのところ”を聞いてみた。(2008/10/24)

Trend Insight:
自治体向けOpenOffice.orgの“トリセツ”を作成する会津若松市
福島県内の自治体では初となるOOoの本格導入として注目されている会津若松市が、さらなる導入検討の材料として、導入後の発生事例とその解決法などを公開した。外字やマクロ資産についても奮闘している様子がうかがえる。(2008/10/10)

Trend Insight:
IBMが悪標準に対抗
OOXMLの標準化手続きに不快感を示すIBM。しかしそれは文書形式自体を問題にしているのではなく、技術標準化コミュニティーに対してのものである。技術標準化コミュニティーへの参加を統制する新たな社内ポリシーを策定するほどの決意だが、どこまでの賛同が得られるか注目される。(2008/9/27)

Trend Insight:
SGIがOpenGLのライセンスを変更 「フリーソフトウェアコミュニティーへの大きな贈り物」
SGIがOpenGLのライセンスを変更したことは、SunがJavaをフリーソフトウェアとしてリリースしたのと同じくらい大きな出来事である。そもそも何が問題で、それをどのように解決したかという事例として見ても、今回の出来事は参考になる点が多い。(2008/9/25)

Trend Insight:
会津若松市のOpenOffice.org導入、職員の本音
会津若松市がOpenOffice.orgの全庁導入を発表して数カ月が過ぎた。福島県内の自治体では初となるOOoの本格導入だが、コスト削減や職員の対応などに不安も残る。(2008/8/26)

Trend Insight:
Linspireに下されたリストラ宣言
時代の流れが1つのディストリビューションの終わりを告げようとしている。日本ではライブドアが販売していたこともあるLinspireの軌跡を追った。(2008/8/12)

Trend Insight:
無能なITマネジャーと呼ばれないためのキーワードは「PUE」
グリーンITが叫ばれる中、サーバの消費電力に目がいってしまうITマネジャーは筋が悪いといわざるを得ない。エネルギーコストをどう削減するかを考えるに当たって、圧倒的な電力効率を持つモバイルデータセンターがHPからリリースされた。その秘密に迫ってみたい。(2008/8/4)

Trend Insight:
OSCONで審問を受けたOpenID
OpenIDは万能薬といえるのか、それともただの気休めなのか。あるいはその中間的なものだろうか。OSCON 2008のセッションの1つでは、OpenIDに対して肯定的、あるいは批判的な観点からさまざまな意見が乱れ飛んだ。(2008/7/31)

Trend Insight:
FOSSにとってWebアプリケーションは次の戦いの場か?
Webアプリケーションは少なくとも2つの理由でFOSSに重大な挑戦状をつきつけている。10年もすれば、ソフトウェアの90%はサービスとして実行され、オープンソースは消滅してしまうのだろうか? 今起きつつある変化をまとめてみよう。(2008/7/25)

Trend Insight:
GPLv3リリースから1年
GPLv3のリリースから1年。成功度を確定的に判断するのはまだ不可能だが、あまりに普及しているGPLv2と比較するのでなければ、おおよそ成功したといってもよいだろう。(2008/7/3)

Trend Insight:
NokiaがSymbianを買収、Symbian OSをオープン化
NokiaによるSymbian買収は、Google、LiMo Foundation、Apple、RIMなどを巻き込んで携帯電話ビジネスに変化を生じさせることになるだろう。さらに、Nokiaの地位が強化されることも間違いないようだ。(2008/6/30)

Trend Insight:
ギネスの陰に隠れた別のレース――Firefox vs Opera
正式リリースまであとわずかのFirefox 3。盛大な船出としたいところだが、駆け引き上手なOperaも黙ってはいない。さらに、Firefoxの開発でみえてきた“エンドユーザー”の存在……。(2008/6/11)

Trend Insight:
図書館でのFOSS貸し出しを目指す新団体が発足
LinuxやOSSが図書館で貸し出しされるようになれば、これまでとは違う新しい世界が開けてくるかもしれない。Public Software Foundationという新団体はこの実現に向けた取り組みを進めている。(2008/5/23)

Trend Insight:
Black DuckによるKoders.comの買収劇がもたらす今後の展望
Black Duck Softwareが、Koders.comの名称でFOSS系コードの検索エンジンを運営するKodersを買収した。FOSSの調達分野における戦力図に変化があるかもしれない。(2008/5/1)

Trend Insight:
Software Freedom Law Centerから営利目的のクライアント向けの法律事務所がスピンオフ
Software Freedom Law Centerが、Moglen Ravicher LLCという新たな法律事務所を設立した。「営利目的のクライアントという稀なケースのため」とエベン・モグレン氏は話しているが、その設立の背景には何があるのか。(2008/4/1)

Trend Insight:
オープンソース化から1年を経たSecond Life
日本では過疎化したとさえいわれる「Second Life」。しかし、Second LifeビューアがGPLの下で公開されて1年が過ぎた今、Linden社はオープンソース開発者の積極的な参加はプラスになる、との立場を強調する。(2008/3/26)

Trend Insight:
オンライン図書館の蔵書が100万冊を突破
Universal Library Projectの最終目標は、Google Book Searchとは何が違うのか。著作権の対象は情報を提供する作品は対象外にすべきかのだろうか。(2008/1/7)

Trend Insight:
FOSSセキュリティ弱点トップリスト
FOSSセキュリティ弱点トップリストに名を連ねたFOSS。しかし、問題は、ソフトウェア資産にあまりに無頓着な企業の姿勢である。(2007/12/18)

Trend Insight:
拡大を続ける中国のLinuxデスクトップ市場
政府レベルでの問題解決が前提とはなるが、Linuxデスクトップ産業は今後も中国市場で急速な成長を続けるものと予想できる。(2007/12/14)

Trend Insight:
Red Hatが明かした今後のロードマップ
Red Hatは、万事計画どおりに行けばほぼ8年後に世界のサーバ市場のシェアの半分を手にすると語る。その計画の詳細はどんなものだろう。(2007/11/13)

Trend Insight:
現状の出願済みLinux特許に対する一考察
Red HatとNovellが特許権侵害で提訴されたことでLinux業界は色めき立っている。ところで、この種の特許侵害訴訟はLinux全体にとってどの程度の危険性を秘めているのだろうか?(2007/11/8)

Trend Insight:
NovellにOpenOfficeをフォークさせる意図なし
OpenOffice.orgがフォークするかもしれないといううわさが駆けめぐる中、真実を探ると、そこには関係組織が長らく抱いてきた不満が表出したことで、長い間にわたって確立された体制をメディア側に知らしめただけであることが分かった。(2007/10/12)

Trend Insight:
Linden Labの進める“Second Life”オープンソース化への道
2007年1月、Second Lifeを運営するLinden LabからSecond LifeのビュワーがGPL 2.0ライセンスの適用下でリリースされた。業界リーダーの位置を占めている段階でのこの判断の裏には、CEOのある狙いがあった。(2007/9/14)

Trend Insight:
IBM、OpenOffice.orgの開発に飛び込む
IBMがOpenOffice.orgコミュニティーに参加し、コードとリソースで貢献する、と発表したのは、どういった思惑があるのだろうか。(2007/9/12)

Trend Insight:
今後を照らすLinuxカーネルの動向予報
Linux Foundationは、Linuxカーネルの動向を知る必要のある開発者や組織にその見通しを知らせるためのLinux Weather Forecastの提供を行うことを発表した。この予報の精度はいかに?(2007/8/21)

Trend Insight:
アウトソーシング先として中国に期待する企業が増加
IT開発におけるインドへのアウトソーシング費用が急速に増大する中、ITマネジャーは世界の別の地域に委託先を求め始めている。そして彼らは、「どのような中国戦略をわれわれは取るのか」と自問している。(2007/7/25)

Trend Insight:
MozillaとLinuxディストリビューション間の協力体制の成立
Mozilla Foundationは、今後の開発およびリリース体制をLinuxディストリビューション側の要請に合わせる方向で改善してゆくことに同意した。この同意によって何が変わるのかを考える。(2006/12/13)

Trend Insight:
フリーJavaコミュニティーで慎重な楽観論を持って受け止められたJavaのニュース
SunがJavaをGPLでオープンソース化することを発表したが、フリーJavaコミュニティーは肯定的ながら慎重な反応を示している。少なくとも一部のプロジェクトはJavaの独自の実装の開発を継続する可能性が高いとみられる。(2006/11/17)

Trend Insight:
NovellがReiserFSからext3に乗り換え
Novellは、次期バージョンのSUSEで、デフォルトのファイルシステムをReiserFS 3からext3に変更する。この動きに至るまでの経過をたどってみよう。(2006/10/23)

Trend Insight:
FirefoxをめぐるDebianとMozillaの対立の背景
12月にもリリースが予定されているDebianの最新バージョン。しかし、同梱する予定のFirefoxについて、Mozilla側と論争が起こっている。(2006/10/16)

Trend Insight:
OpenOffice.orgの現状
昨日はFirefoxの現状について触れたが、今回は、OpenOffice.orgのそれについてキーパーソンのコメントを紹介しよう。近い将来、Firefoxと同様の拡張機能を備えることになるという。(2006/8/16)

Trend Insight:
Firefoxの最新状況
今年のクリスマスには、Firefox 2.0の姿を目にすることができそうだ。ところで、Firefoxは今どんな変化が加えられようとしており、どこへ向かおうとしているのかご存じだろうか?(2006/8/15)

Trend Insight:
オープンなグラフィックスカードが現実のものに
完全にオープンなビデオカードの恩恵をユーザーが受けられるのはもう少し先になるだろうが、その動きは確実に実を結びつつある。(2006/7/25)

Trend Insight:
OpenDocumentを選んだベルギー政府
ベルギー政府は各省庁に対し、文書のやり取りにOpenDocument Formatを用いることを義務づける議案を承認した。とはいえ、Microsoftのフォーマットを完全に却下したわけではない。(2006/7/7)

Trend Insight:
オープンソース系データベースプロジェクト間の橋渡しを担ったコンソーシアム
PostgreSQLとMySQLが先週立て続けにSQLインジェクションの脆弱性に対する修正をリリースしたのは、偶然ではない。この背景には、Open Source Database Consortiumのメンバー間でセキュリティ問題に関する最初のコラボレーションが形成されていたのだから。(2006/6/9)

Trend Insight:
VIAのオープンソース戦略に再び非難
台湾のマザーボードとチップセット製造会社、VIAのオープンソース戦略について批判が浴びせられている。同様の業種において、同社だけがほかと著しく異なる戦略を採っているのだろうか。(2006/5/18)

Trend Insight:
FOSSプロジェクトを法の庇護下に置くSoftware Freedom Law Center
Software Freedom Law Centerは、フリー/オープンソースソフトウェアプロジェクトが金融および法的サービスの無償利用と、非営利組織としての体制維持を容易に行えるよう支援するプロジェクトを発足させようとしている。(2006/4/7)

Trend Insight:
フリーデスクトップ環境の普及促進でKDEとGNOMEが協力
開設後間もないメーリングリストで、ある変革が静かに進行中だ。数年間にわたる誤った敵対関係を覆すこの出来事は、多くのフリーソフトウェアユーザーにとっても大きな意味を持つ。(2006/3/7)

Trend Insight:
Oracleのオープンソース買収熱
Oracleは最近買収に熱心で、噂が本当ならこれは今後もまだ続くという。同社がオープンソース企業を狙っていることは、MySQLやそのほかのオープンソースコミュニティーに大きく影響しそうだ。(2006/2/22)

Trend Insight:
MotorolaのLinux携帯に失望するサードパーティー開発者
Motorolaがスマートフォン携帯を組み込みLinuxに移行したことは、同社にとっては「当たり」でも、エンドユーザーには「外れ」だったのだろうか。(2006/2/13)

Trend Insight:
企業はオープンソフトウェアを採用してコストを削減している
コンサルタント会社Optarosのリポートによれば、ますます多くの企業がLinuxとオープンソースを受け入れ、大きなコスト削減に成功しているという。オープンソースは、先駆者が使う段階から、主流になり始める段階に移りつつある。(2006/1/30)

Trend Insight:
カナダ総選挙の候補者がFOSS支持を表明
カナダの総選挙に目を向けてみると、FOSSを堂々と支持している主要政党の候補者が一人いる。この人物、新民主党のマチュー・アラード氏にFOSS支持の経緯や選挙運動におけるFOSSの役割などについてインタビューした。(2006/1/23)

Magi's View:
IT企業への投資――今年はいかに?
今後数週間、洪水のようにおびただしい数の予測が出されるだろうが、残念ながら、それらの結論はてんでんバラバラの方向を指しているだろう。私ができるのは、投資やビジネスの上で避けるべき浅瀬を読者の方々にお知らせすることくらいだ。(2006/1/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。