ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ツインバード工業」最新記事一覧

関連キーワード

魔法のシワ伸ばし? スチーマー&アイロンの1台2役、ツインバード「STYLE MAGIC」
ツインバード工業は、“ハンディーアイロン&スチーマー”こと「STYLE MAGIC」を7月に発売する。イオン化連続スチームで素早くシワを伸ばせるという。(2015/1/26)

目に優しい:
PCを使う50〜60代男性のためのLEDデスクライト――ツインバード「エアルド」
ツインバード工業は、独自の反射板技術を採用したLEDデスクライト「Airled」(エアルド)を8月上旬に発売する。(2014/8/1)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
“宇宙冷蔵庫”誕生秘話――ツインバードの冷蔵庫はいかにして宇宙へと羽ばたいたのか?
ツインバード工業の冷凍冷却ユニットをベースに作られた宇宙実験用冷凍冷蔵庫「FROST」が国際宇宙ステーションで活躍している。その背景には、小説「下町ロケット」のような話が、現実に展開されていた?(2014/4/11)

お風呂シアター:
ツインバード、防水仕様のポータブルBDプレーヤー“ZABADY”「BR-J921W」
ツインバードは、“ZABADY”シリーズの新製品として、お風呂でも利用できる防水ポータブルBlu-ray Discプレーヤー「BR-J921W」を発表した。(2013/2/13)

ツインバード、7型ワイドのお風呂DVDプレーヤー「VD-J715B」を発売
ツインバード工業は、液晶パネル一体型の防水DVDプレーヤー“DVD ZABADY”の新製品「VD-J715B」を発売した。(2010/6/2)

ツインバード、4型ワイド液晶搭載のお風呂ワンセグ
ツインバード工業は、ワンセグチューナー搭載の防水ポータブルテレビ“ZABADY”「VL-J405PW」を3月下旬に発売する。字幕表示やEPGをサポート。(2008/3/17)

ツインバード、USBメモリのMP3も再生可能な防水CDプレーヤー
ツインバード工業は防水仕様のCDプレーヤー“CD ZABADY”「AV-J189S」を販売開始した。(2007/11/29)

CPRM対応:
ツインバード、防水DVDプレーヤーをブラッシュアップ
ツインバード工業は、防水型ポータブルDVDプレーヤー“DVD ZABADY”の新製品を発売した。IPX7相当の防水性能を備え、CPRM対応メディア再生をサポート。デジタル放送のコピーワンス番組を録画したDVDをお風呂で楽しめる。(2007/9/21)

ツインバード、アロマ機能付き布団乾燥機「FD-4147W」
ツインバード工業は、アロマ機能付き布団乾燥機“アロマドライ”「FD-4147W」を発売した。価格は1万500円。(2007/2/19)

KDDI、MNPに向け海外旅行などが当たるキャンペーンを実施
KDDIは、10月24日に開始する番号ポータビリティに合わせて「ファーストクラスで行く、アメリカ西海岸の旅4泊6日」などが当たるキャンペーンを実施する。期間は9月21日から10月23日まで。(2006/9/13)

バイヤーズガイド 読者プレゼントつき:
iPodの楽しみを広げるスピーカーユニットをチェック
各社から発売されているスピーカーユニットを活用すれば、自室やアウトドアシーンでも“iPodライフ”が満喫できる。そんなスピーカーユニットをピックアップしてみた。(2006/7/24)

レビュー:
カシオ&ツインバード、防水型DVDプレーヤーを比べてみた(後編)
前回は、カシオ計算機の「DV-900W」とツインバード工業の「VD-J711W」の機能と外観を中心に見てきたが、後編では実際に各メディアを再生してみよう。(2005/11/12)

レビュー:
カシオ&ツインバード、防水型DVDプレーヤーを比べてみた(前編)
今回は、防水型ポータブルDVDプレーヤーの双璧であるカシオ計算機の「DV-900W」とツインバード工業の「VD-J711W」を比較しながら試用してみた。(2005/11/11)

浴場がある暮らし――Nagaburo Style
お風呂はカラオケ練習場?――ツインバードの「うたい放題」
お盆休み。友達や親戚が集まれば、カラオケに行く機会が増えることだろう。“でも、普段は仕事が忙しくて練習できない”という人も多いはず。そんな人に勧めなのが、ツインバード工業の防水CDプレーヤー「AV-9159PW」だ。(2005/8/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。