ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TypePad」最新記事一覧

関連キーワード

Movable TypeやTypePadがEvernoteと連係、ワンクリックで保存可能に
シックス・アパートはブログサービス3種類とEvernoteの連係を強化する。ブログ記事をEvernoteにワンクリックで保存できる機能を10月下旬から順次提供していく。(2010/10/20)

TypePad、Twitterクライアントからブログを書けるように
シックス・アパートの「TypePad」で、Twitterクライアントからブログを書いたり写真をアップロードできたりするTwitter互換APIが開発者向けに公開された(2010/4/2)

Twitter連携「TypePad Micro」日本語版公開
TwitterやFriendFeedと連携し、ソーシャル機能を強化したブログサービス「TypePad Micro」日本語版が公開。(2010/2/1)

Six Apart、Webアプリ作成プラットフォーム「TypePad Platform」発表
Six Apartは、TypePadのホスティング環境を利用するWebアプリを作成できる「TypePad Platform」を立ち上げ、サンプルとしてマイクロブログアプリをオープンソースでリリースした。(2009/10/2)

WordPressのRSSCloudに対抗?:
TypePad、PubSubHubbub対応で「リアルタイムフィード」実現
先週WordPressがRSSCloudに対応したのに続き、TypePadがPubSubHubbubを採用し、リアルタイムフィードに対応した。(2009/9/15)

複数ブログのコメントを一元管理 シックス・アパート「TypePad Connect」
複数ブログのコメントを一元管理できるサービス「TypePad Connect」でコメント文化の活発化を狙うシックス・アパート。設立5周年を迎え、ブログの“産業”化に対応した新戦略を描く。(2008/12/2)

日本語で記事投稿:
ブログ「TypePad」のiPhone用アプリ、日本語に対応
シックス・アパートはiPhoneで日本語のブログを作成し、TypePadに投稿できるアプリケーションの提供を開始した。(2008/8/1)

iPhone SDKのダウンロード、4日間で10万回以上に
パックマン、ギャラガ、TypePadなどが既に開発中。(2008/3/13)

シックス・アパート、iPhone向けTypePadを開発へ
米Six Apartは、iPhoneのSDKを利用してiPhone向けTypePadなどを開発すると発表した。(2008/3/7)

シックス・アパート、ブログサービスにmixiなどのアカウント表示機能を追加
シックス・アパートはブログサービス「TypePad」に他サービスのアカウント表示機能を追加し、提供を開始すると発表した。(2008/2/22)

TypePad、Webサイト管理機能やデザインを強化
シックス・アパートのブログサービス「TypePad」が新機能を追加。Webサイト管理機能やデザインなどを強化し、ソーシャルブックマークやGoogle Sitemapsに対応した。(2007/12/20)

iPhoneとiPod touch向けTypePadが登場
Six ApartのブログサービスTypePadがiPhoneとiPod touchに対応した。(2007/9/12)

マインドマップをブログに投稿するソフト「ブログにホイ!Pro」
マインドマップツール「MindManager」からMovable TypeやTypePadなどのブログに投稿できるソフトウェア「ブログにホイ!Pro」が登場。無償版に比べ、ブログのカテゴリ選択機能などが強化された。(2007/3/13)

シックス・アパート、TypePadのパーツ開発用プログラムを開始
シックス・アパートは、同社のブログサービス「TypePad」で利用できるブログパーツを開発するための「ウィジェット開発者プログラム」を開始した。ほかにもサービスが加わっている。(2006/8/22)

「Windows Live Writer」を使ってみました
米Microsoftが11日に発表したブログ編集ツール、「Windows Live Writer」はWYSIWYG形式に対応し、TypePadなど他社のブログでも利用できる。編集部で試用したところ、日本語にも対応していることがわかった。(2006/8/14)

スパム対策を中心に機能強化、シックス・アパートがTypePad新版リリース
シックス・アパートが提供するブログサービス「TypePad」は22日、スパム対策などの新機能を追加した。(2006/6/23)

TypePadで“萌えログ”を――シックス・アパート、個人ブログに本腰
シックス・アパートが個人ブログの販促に本腰を入れる。まずは「萌え」をキーワードにアキバ系サイトに広告展開。「たった5分で“萌えログ”の世界に」とアピールする。(2006/6/6)

Six Apart、「TypePad Widgets」を発表
Six ApartのTypePad Widgetsは、ブログに簡単にウィジェットを追加できるようにする。(2006/4/1)

TypePadモバイル、バージョンアップで使い勝手向上へ
シックス・アパートは、TypePadの管理画面をケータイから利用できるTypePadモバイルのバージョンアップを実施した。(2005/12/14)

Six Apart、ブログのビデオ機能を強化
Six Apartは、ブログへのビデオアップロードを容易にするVideoEggのツールをTypePadに統合する。(2005/10/27)

米Six Apart、2006年にメディア統合ブログ「Project Comet」発表へ
Movable TypeやTypePadでブログをリードするSix Apart。同社はブログの可能性を広げる新たなプロジェクトを発表した。(2005/9/26)

ブログ用いたプロモーションを容易に、シックス・アパートが企業向けパッケージ
シックス・アパートは、ブログを用いたキャンペーンやプロモーションを迅速に立ち上げようと考える企業向けのパッケージサービス「TypePad Promotion」を発表した。(2005/9/20)

TypePad新版はポッドキャスト対応 携帯からの閲覧も
「TypePad 1.6 日本語版」が9月12日に公開される。ポッドキャスティング配信や、携帯電話からの閲覧機能を新装備。コメント・トラックバックスパムへの対応も強化した。(2005/9/5)

シックス・アパート、TypePadで世界共通のマスコット「トフ」を発表
シックス・アパートは3日、「TypePadワールドワイド・マスコット」として「トフ」を選定し、発表した。(2005/8/3)

日本発・TypePad世界共通キャラ「トフ」
ブログサービス「TypePad」の世界共通マスコットキャラクターが「トフ」に決まった。日本のブロガーがデザインした。(2005/8/3)

米Six Apart、MTをAdobeの「GoLive CS2」と連携
米Six Apartは現地時間4月5日、米Adobeとの共同開発によるWeb構築ソフトの新版「GoLive CS2」へ、Movable TypeとTypePadの機能連携を発表した。(2005/4/6)

WYSIWYGプレビュー搭載の「TypePad 1.5日本語版」リリース
シックス・アパートは6日、Blogツール「TypePad 1.5日本語版」を提供開始した。(2005/4/6)

味の素、レシピサイトに「TypePad」導入
コメントやトラックバックを受け付けるレシピサイトをオープン。(2004/9/29)

シックス・アパートが法人向けのBlogサービスを強化
シックス・アパートが、ビック東海にBlogサービス「TypePad」を供給すると発表した。ビック東海は8月上旬から個人事業者や個人商店、法人ビジネスユーザー向けに「OneOffice BeBLOG powered by TypePad」を提供する予定。(2004/7/29)

シックス・アパート、TypePad Japanを開始
Movable Typeで知られるシックス・アパートが独自のサービスTypePadを開始。同ツールの機能性と拡張機能をインストールする必要なく利用可能。(2004/6/30)

信州FMがTypePadベースの「こうさぎ」投稿に対応
Blogサービス「信州FM」が「こうさぎ」による投稿機能を実装。(2004/6/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。