ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UCC」最新記事一覧

UCC上島珈琲

Texas Instruments UCC21520:
強化絶縁性能を備えた2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー
日本テキサス・インスツルメンツは、強化絶縁性能を備えた2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー「UCC21520」を発表した。(2016/8/9)

日本TI UCC21520:
伝搬遅延時間19ナノ秒の絶縁型ゲートドライバー
日本テキサス・インスツルメンツは、2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー「UCC21520」を発表した。最大12.8kVのサージ耐性や100V/ナノ秒以上の同相過渡耐性を提供する。(2016/7/29)

総務・人事・経理ワールド2016:
16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス
働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポをお届けする。(2016/7/15)

外食で痩せる!:ボリュームたっぷり 上島珈琲店の「海老アボカドサンド」
(2016/6/27)

現行体制でも十分に戦える!:
TI、車載向けの豊富な製品群と参照設計を提供
TIは、幅広い製品ポートフォリオや半導体プロセス/パッケージの技術革新などにより、車載半導体事業の拡大を図る。(2016/6/20)

「ジョージア」ブランドがコーヒーバッグ市場に参入 高齢者など取り込み
日本コカ・コーラは、缶コーヒー「ジョージア」の新商品「ジョージアカフェ コーヒーバッグ」シリーズを発売する。(2016/3/1)

日本TI UCC27714:
従来より40%高速動作する600VゲートドライバIC
日本テキサス・インスツルメンツは、サーバや産業用製品の電源により高い電力密度を供給するゲートドライバ「UCC27714」を発表した。既存のICと比較して40%高速動作を可能にするという。(2015/10/19)

タイガー、2種類のドリップが楽しめる1杯抽出用コーヒーメーカー
タイガー魔法瓶が、2種類のドリップを選べる1杯抽出型のコーヒーメーカー「ACV-A100」を発表した。(2015/9/3)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
モバイルヘルスと個人情報保護の両立の最前線とは
「EU個人データ保護規則」制定化への動きは、欧州各国のモバイルヘルス(携帯機器活用医療)推進施策にも大きく影響する。グローバルな医薬品・医療機器企業の欧州拠点が集中するアイルランドではどのようなことが起きているのだろうか。(2015/7/28)

競合が3社合併しないと追い付けない:
TI、圧倒的な品ぞろえでIoT市場を攻略
Texas InstrumentsのシニアバイスプレジデントのSteve Anderson氏が来日し、成長が見込まれるIoT市場に重点を置く、同社アナログIC事業の戦略を語った。(2015/7/22)

本格的なコーヒー:
家で“サードウェーブを楽しめる、UCCが「DRIP POD」を発表
UCC上島珈琲は、家庭用の一杯抽出型コーヒードリップ「DRIP POD(ドリップポッド)」を発売する。農園や商品開発など地球規模でコーヒー事業を展開していることをアピールするそうだが、本格志向のコーヒー好きの心をつかむことができるのだろうか。(2015/3/20)

ネスレ、コーヒーを平均20%値上げ 4月1日より
コーヒー生豆価格上昇、円安の影響。(2015/2/25)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「ルンバ、トリダス、UCCミルクコーヒー」――ヒットの影にニーズの断捨離あり
事業戦略をいかに立てるか……。戦略とは「戦いを略(はぶ)く」ことであり、お客さまが買う理由を考え抜くことから始まる。(2015/2/2)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
アイルランドにみるビッグデータとセキュリティの世界動向
多数のインターネット企業が欧州の拠点を構えるのがアイルランドだ。北海道とほぼ同じ面積の小国ながら、ビッグデータの利活用とセキュリティやプライバシーなどにおける取り組みが注目されている。(2014/11/5)

ビジネスニュース 企業動向:
“スマートファクトリ”の実現の先導役に――TIの産業用半導体事業戦略
テキサス・インスツルメンツ(TI)は、産業システム向け半導体事業に対する取り組みを強化する。アナログICと組み込みプロセッシング製品を中心に、高いエネルギー効率や新機能を実現していくための半導体製品と、開発期間の短縮を可能とするリファレンスデザインの提供に力を入れる。(2014/10/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
コーヒー業界から最新ビジネス戦略が分かる――「戦略は“1杯のコーヒー”から学べ」
いま多くの企業が注目しているホットなビジネス。ひとときの安らぎを提供するコーヒーは差別化の手段となり得る。その戦略とは。(2014/9/11)

UCCがコーヒー×炭酸の“スパークリングカフェイン飲料”発売
その名も「フルスロットル」。めちゃくちゃシャキッとしそう。(2014/5/7)

1年以内に最もよく飲んだ缶コーヒー
あなたが1年以内に飲んだ缶コーヒーのうち、最もよく飲んだのは? 全国の男女に聞いた。マイボイスコム調べ。(2014/4/3)

日本TI UCC28180:
エネルギー効率を高めるPFCコントローラIC
日本テキサス・インスツルメンツ(以下、日本TI)は、連続導通モードで動作し、広いスイッチング周波数範囲でプログラム可能なPFC(力率改善)コントローラIC「UCC28180」を発表した。(2013/12/5)

docomo Wi-Fi、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などにエリア拡大
ドコモが、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアを、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などに拡大した。(2013/6/28)

docomo Wi-Fi、神戸市営地下鉄西神・山手線、長崎電気軌道などにエリア拡大
ドコモの公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアが、神戸市営地下鉄西神・山手線や長崎電気軌道などにエリアを拡大した。(2013/6/10)

docomo Wi-Fi、JR九州、近鉄京都線、南海電鉄などにエリア拡大
ドコモの公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアが拡大。JR九州、近鉄京都線、南海電鉄の主要駅など2510カ所が新たにエリアに加わった。(2013/5/22)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2013年1月版:
新年早々脆弱性と謎解きメールに右往左往
2013年の年明けは、脆弱性ではなく、自称「遠隔操作ウイルス事件の犯人」からの手紙で慌ただしく幕を開けました。(2013/2/12)

セブン-イレブン、1杯100円のレギュラーコーヒー「SEVEN CAFE」全国展開へ
セブン-イレブン・ジャパンが、セルフサービス方式のレギュラーコーヒー「セブンカフェ」を全店舗で本格導入する。1杯取りペーパードリップの専用マシンを開発した。(2013/1/28)

UCCに不正アクセス、会員情報に改ざん被害
会員の個人情報の外部流出は確認されていないという。(2013/1/7)

映画ウラ事情:
「ヱヴァ」「まどマギ」――タイアップから見えるアニメビジネスの底力
倒産や赤字、閉館など、暗い話題が続く映画業界。そんな状況下、アニメを題材としたビジネスからは明るい声が聞こえてくる。特に顕著なのが、企業タイアップと街おこしだ。(2012/11/14)

一台でコーヒー、紅茶、緑茶など9種を楽しむ! UCC上島珈琲、独自開発のシングルサーブシステムの「UCC Pelica」を発売
シングルサーブシステム「UCC エコポッドシステム」では、コーヒーのみならず、紅茶、緑茶なども楽しめる。(2012/9/10)

これだけは知っておきたいアナログ用語:
PR:力率改善回路(PFC)
(2012/6/18)

知財コンサルタントが教える業界事情(14):
CFRPリサイクル技術の進展、そして次への展開を推察する!
CFRP素材普及の最大のネックともいえるリサイクル技術ではどの企業が優位? 航空・宇宙、自動車の次に各社が狙う市場も調査。(2012/6/14)

ASRock、7000円台のAMD 970チップセット搭載ATXマザー「970 Pro3」
マスタードシードは、台湾ASRock製となるAMD 970チップセット採用ATXマザーボード「970 Pro3」の取り扱いを開始する。(2012/5/9)

上島珈琲店、アルコール度数2%の大人コーヒー「ジャマイカンラムクリーム」
UCCがジャマイカで展開するブルーマウンテンコーヒー直営農園が30周年を迎えた。これを記念して、初めてアルコール入りコーヒーをメニューに加えた。(2012/4/13)

TI UCC27210/UCC27211:
ハイサイド/ローサイド両対応のゲートドライバIC、最大出力電流は4A
日本TIの「UCC27210/UCC27211」は、1個のICで2個のMOSFETを駆動可能なゲートドライバICである。ハイサイドとローサイドスイッチどちらの構成にも対応するとともに、ハイサイドスイッチへの最大印加電圧で120V、最大出力電流で4Aを実現した。(2012/1/12)

限定どすえ:
八ツ橋味のミルクコーヒーおくれやす 上島珈琲店から登場
和菓子「八ツ橋」の味を再現したミルクコーヒーが上島珈琲店から登場。(2011/12/6)

「脱・炎上マーケティング」できるソーシャル活用とは?――ループス斉藤氏に聞く
企業がソーシャルメディアを活用する上で、“炎上”のリスクは常に付きまとう。いかに炎上リスクを抑え、顧客との良好な関係を築いていくべきか。企業のソーシャルメディア活用支援を手掛ける、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏に聞いた。(2011/11/22)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」フィギュア付き缶コーヒー、UCCから
レイ、アスカ、マリのイラストとフィギュアが付いた缶コーヒーが12月に発売される。(2011/11/2)

Tポイントアプリ、ロケーションバリューの時限クーポン配信プラットフォームを採用
カルチュア・コンビニエンス・クラブが、スマホ向けTポイントアプリの開発にロケーションバリューの時限クーポン配信プラットフォームを採用した。(2011/10/11)

綾波レイが芦ノ湖でにっこり UCCから「エヴァンゲリオン箱根缶」
エヴァンゲリオンのキャラクターと、「第3新東京市」のモデルになっている箱根町の名所をプリントした「UCCミルクコーヒー エヴァンゲリヲン箱根缶」が登場。(2011/8/19)

サービスサービスゥ:
ローソンで再びエヴァキャンペーン 8月16日から
相変わらず始まっているローソンで、またまたエヴァンゲリオンキャンペーン。3人目……ではなく3回目だ。(2011/8/10)

節電推進Ver.でヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA:
箱根に第3新東京市立第壱中学校が開校したので登校してみた
震災の影響で中止となったイベントが“節電推進バージョン”で再始動。トヨタ プリウスPHVがNERV公用車へと認定され、箱根に第3新東京市立第壱中学校が再現された。こりゃ転校してでも行かなくては!(2011/7/8)

有楽町に鉄道カフェ、コーヒー運搬SLの機関士愛飲のコーヒーとは?
鉄道をコンセプトとしたカフェ&バー「Cafe&Bar STEAM LOCOMOTIVE(カフェ&バー“スチームロコモティブ”)」が、7月15日オープン。鉄道模型専門店が運営するだけあって、店内には全長20メートルを超える巨大ジオラマが設置される。(2011/7/7)

コンビニ、ヒット商品の理由:
“朝専用”で缶コーヒー戦争に革命――アサヒ飲料「WONDA モーニングショット」
従来は顧客や味の違いによって、商品が訴求されてきたコーヒー市場。そこに“朝専用”という新たな軸を持ち込み、大成功を収めたのがアサヒ飲料の「WONDA モーニングショット」である。(2011/6/21)

スイッチング方式が抱える課題を整理する:
AC-DC電源の設計ポイント
スイッチング方式のAC-DC電源は、旧来型のリニア方式では得られない高い効率を実現するものとして急速に普及した。しかし、スイッチング方式は、従来は存在しなかった新たな課題ももたらした。結果として、AC-DC電源の設計は、従来よりもはるかに複雑なものとなった。では、その課題とはどのようなもので、それを解決するためには、どのような工夫を盛り込む必要があるのだろうか。(2011/6/1)

1年以内に、最もよく飲んだ缶コーヒーは?
(2011/4/15)

AndroidにEdyとiDがやってきた――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイを利用することで得られるちょっとした“おトク”。そんなおトク情報をまとめて紹介するのが「おサイフケータイでトクをする」だ。今回は、ついにその真価を発揮するときが来た、おサイフケータイ対応Android端末に注目したい。(2011/2/9)

出先で最寄りのカフェを探せる「カフェなび」
出先で「ちょっと座って仕事したい」と思ったときに役立つのが「カフェなび」。現在地付近のカフェチェーンやファストフードの店舗をワンタップで検索できる。(2011/2/4)

中の人は、まじめそうでした:
ASRockマザーボード“変態”列伝
ASRockと販売代理店のマスタードシードが、同社製品を日本のユーザーに訴求するイベントを開催。だが、集まったユーザーが期待したのは、やっぱりアレだった!(2010/9/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
ギガバイトの“板モノ”を買うなら今が狙い目か
風が吹けば桶屋がもうかる。それなら、PCパーツの代理店が変わるとアキバでは何が起きる?(2010/7/5)

日々是遊戯:
UCCの「ザ・カンケリ ザ・クリア」キャンペーンに参加してみた
UCC上島珈琲が開催する「ザ・カンケリ ザ・クリア」キャンペーン。ちょっと代替現実ゲーム(ARG)っぽい雰囲気を感じ、参加してみることにしました。(2010/6/23)

UCC、Twitterキャンペーンを復活 「ユーザーの声を聞きたい」
2月に行ったTwitterキャンペーンが“炎上”したことをきっかけに、Twitterについて研究してきたUCCが、改めてTwitterキャンペーンをスタートする。(2010/6/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。