ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「Ultra HD」最新記事一覧

これを買えば間違いなし! 20万円以下のおすすめハイレゾギア4選
今回は384kHz/32bit PCMと11.2MHz DSD音源が再生できる最新ハイレゾギアの中から、実際に筆者がテストして感心した製品を紹介しよう。NuForceやOPPOなど4モデルだ。(2017/9/22)

NetflixやAmazonは、日本映画界の“黒船”か?
NetflixやAmazonが映画の製作や配給に乗り出している。日本映画界の“黒船”なるか?(2017/9/19)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月4日〜9月10日):
デジタル一眼ランキングにニコンの新フルサイズ機「D850」登場
デジタル一眼ランキングに、ニコンの新フルサイズ機「D850」が早くも登場した。トップは「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が12連勝。(2017/9/20)

JAPANNEXT、4K対応の27型ワイド液晶「JN-IPS2700UHD」を発表 9月21日まで3万4444円で販売
JAPANNEXTは、4K解像度表示に対応したIPSパネル採用27型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS2700UHD」を発表した。(2017/9/11)

前世代よりも40%高速は本当か
Intel第8世代“ノートPC向け”プロセッサ、4モデル性能を比較
2017年9月からノートPCに組み込まれる予定のIntel第8世代Coreプロセッサ。ノートPC向けのUシリーズでも4コア/8スレッドを搭載するなど処理速度を高速化し、4K動画再生性能やバッテリー接続時間も向上している。(2017/9/10)

新規格「HDR10+」がコンシューマーにもたらすもの――パナソニック、小塚氏に聞く
20世紀フォックスとパナソニック、サムスンの3社が、HDRのエコシステムをさらに発展させる新しい技術規格「HDR10+」を発表した。HDR10+とはどのような技術なのか。また新しい規格が目指すものは何なのだろうか。パナソニックの小塚雅之氏に話を聞いた。(2017/9/8)

IFA 2017:
この軽さを待っていた! エイサーの“妥協しない”0.97kgノートPC「Swift 5」 新製品群を写真でチェック
台湾AcerはIFA 2017に先駆け、同会場でノートPCなど新製品を発表した。中でも「Swift 5」は1kgを切る軽量ながら、金属ボディーに第8世代Core i5/i7を搭載した。(2017/9/1)

シャープ、初の8K対応テレビ「AQUOS 8K」発表――70V型で100万円
シャープが世界初の8K対応テレビ“AQUOS 8K”の70V型「LC-70X500」を発表した。2018年12月にNHKが開始する「8K実用放送」に先駆け、日本では2017年12月1日に発売する。(2017/8/31)

ソニーの有機ELテレビ「KJ-65A1」と比べて分かった“液晶の限界”
4社から登場した有機ELテレビ。今回はソニー「KJ-65A1」を取り上げる。液晶フラグシップ「Z9D」も一緒にチェックしたが、改めて液晶タイプの画質面の限界を思い知ることになった。(2017/8/25)

遅れてきたイマーシブサウンド、「Auro-3D」
デノンのAVアンプ新製品が対応した「Auro-3D」(オーロスリーディー)とは? その開発者であり、「イマーシブサウンド」という用語の提案者でもあるWilfried Van Baelen氏が解説してくれた。(2017/8/25)

デノン、国内初の「Auro-3D」対応AVアンプ2機種を発売
デノンが国内初となる「Auro-3D」(オーロスリーディー)対応のAVアンプ2機種を9月中旬に発売する。(2017/8/25)

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

モバイルにクアッドコアのパワーをもたらす:
第8世代Coreプロセッサーを発表 最大40%の性能アップ
Intelから第8世代Coreプロセッサーが発表された。その概要を速報しよう。(2017/8/21)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K HDRプロジェクターの最前線! 「4K olmpAc」報告
先端画質研究会「4K olympAc」の第7回目が開催され、エプソン、ソニー、JVCの4K HDRプロジェクターの一斉比較した。「4K HDRが活用されるべきはホームシアター」という麻倉氏はどう見たのか?(2017/8/5)

IHSアナリスト「未来展望」(4):
5G、IoTで変わる半導体・デバイス
IoT(モノのインターネット)社会の本格拡大に不可欠な第5世代移動通信(5G)技術。現在、規格策定が進められている状況だが、5Gとは一体どのようなものなのか、そして5Gの登場は半導体やデバイスにどういった影響を与えるのだろうか。(2017/7/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気の激安モデル終息にみる「売れすぎると製品寿命が縮む」法則
自社で製品を製造・販売しているメーカーでは、自社ブランドの製品、いわゆるリテール製品を扱う事業部とは別に、OEMビジネスを専門に行っている事業部が存在することが多い。この種のOEMビジネスでは、売れすぎたことが製品の寿命を縮めることがある。(2017/7/30)

デル、8K表示対応の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「UP3218K」の国内販売を開始
デルは、7680×4320ピクセルの高解像度表示に対応した31.5型ワイド液晶ディスプレイ「UP3218K」の販売を開始した。(2017/7/28)

これぞ最強のUHD BDプレーヤー! OPPO「UDP-205」を試した
(2017/7/25)

PR:「HDR時代」到来 テレビからiPhoneまで、HDRの現状を分かりやすく解説
4Kの“次”の技術として映像分野で注目を浴びているHDR(High Dynamic Range)。「圧倒的なリアル感」とは聞くものの……そもそも何がすごいの? 静止画HDRとの違いは? HDRを楽しむには何が必要?(2017/8/22)

4Kディスプレイに豪華スペック
徹底レビュー:「Dell XPS 15」(2017)、フレームレスPCの仕事用だけではない実力
Dellの「XPS 15」(2017)は、豪華な4Kディスプレイと強力なスペックを備え、持ち運びできる設計にもなっている。バランスの取れたノートPCを求める消費者にとって際立つ存在感を放っている。(2017/7/22)

ドンキ、4K対応50V型液晶テレビの予約受付を再開! 生産終了へ
(2017/7/14)

「売れすぎ」ドンキの4Kテレビ、予約再開 会員限定で
4K・50インチで5万円台のドンキの液晶テレビの予約が再開。ただし「majica」会員限定だ。(2017/7/14)

NECPCの「LAVIE」夏モデルが登場 UHD BD対応のノートとオールインワンに注目!
NECパーソナルコンピュータが、「LAVIE Note Standard」と「LAVIE Desk All-in-one」の2017年夏モデルを発表した。合わせて、Web直販限定の「LAVIE Direct DT」もフルモデルチェンジする。(2017/7/11)

画面から音が聞こえる! 世界初「DTS Virtual:X」に対応したヤマハのサウンドバー
(2017/6/29)

ラトック、4K/60Hzにも対応したHDMI切り替え器
ラトックシステムは、4K解像度ディスプレイにも対応したPC切り替え器「REX-250UHD-4K」を発表した。(2017/6/28)

ITmedia デジタルライフスタイル通信:
誤解を招く“ジェネリック”という表現
(2017/6/23)

ドンキの4Kテレビ、売れすぎ予約休止 「ジェネリックREGZA」と話題に
ドン・キホーテは、東芝製メインボードを搭載した4Kテレビについて、初回生産分の3000台が発売1週間で完売したと発表した。現在は予約を一時休止している。(2017/6/22)

今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」
(2017/6/22)

PR:HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.1】
デジタル化は、ビジネスやサービス、暮らしの中の体験にまで大きな変革をもたらした。イノベーションが従来の常識を次々と変えていく中、これを支える情報テクノロジーもまた大きな進化を遂げている。今、ITの世界でどんな変化が起こりつつあるのか、そして、これからどう変わるのか。日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)でデータセンター・ハイブリッドクラウド製品ビジネスの指揮を執る本田昌和氏に聞いた。(2017/6/22)

東芝ボード搭載他社テレビが「ジェネリックREGZA」と話題に 東芝「当社が品質を保証するものではない」
東芝製ボードを搭載した他社製テレビが、ネットの一部で「ジェネリックREGZA」などと呼ばれて話題になっている。東芝こういった製品について「当社として性能や品質を保証するものではない」とのコメントを発表した。(2017/6/21)

AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは
(2017/6/19)

ドン・キホーテが4K 50型液晶テレビ5万円台で発売 東芝メインボードを使用し「ジェネリックREGZA」の二つ名を得る
低遅延な“ゲームモード”も搭載。(2017/6/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
プレクから新型のM.2&PCIe型NVMe SSDが登場!
Plextorから新世代のNVMe SSD「M8Se」シリーズが売り出された。また、16GBのOptane同梱のマザーボードや、低価格なUHD BDドライブも登場している。(2017/6/12)

オーディオファンのためのUHD Blu-rayプレーヤー、OPPO「UDP-205」が7月に登場
(2017/6/12)

「Xbox One X」米国で11月7日発売、価格は499ドル 4K対応のXbox One最上位機にしてサイズは史上最小
2016年に「Project Scorpio」として発表されていたハードが正式に。日本ではアメリカより遅れての発売となるもよう。(2017/6/12)

「Project Scorpio」改め「Xbox One X」、11月7日に米国発売 PS4 Pro対抗4Kゲーム機
PS4 Proより40%強力なグラフィックスパワーと主張している。(2017/6/12)

世界最大、77V型の有機ELテレビがLGエレから登場――価格は250万円前後
(2017/6/9)

デル、Ryzenを標準装備した27型液晶一体型PCなど3モデル
デルは、個人向けPC「Inspiron」シリーズのラインアップにAMDプロセッサ採用の液晶一体型モデルなど計3製品を追加した。(2017/6/9)

「市場最安値に挑戦」 ドンキ、5万円台の50インチ4Kテレビ発売
ドン・キホーテは、プライベートブランドで50インチの4K対応液晶テレビを発売する。価格は5万4800円(税別)。(2017/6/8)

市場最安値に挑戦! ドン・キホーテPB初の50V型4K液晶テレビが登場
(2017/6/8)

4万円で買えるUHD BDプレーヤー、パナソニック「UB30」登場
(2017/6/1)

「ASUS ZenBook Flip S」、“世界最薄”10.9ミリの2in1ノート
ASUSが回転式2in1ノートとしては世界最薄を謳う「ZenBook Flip S」を9月に発売する。Windows 10搭載で価格は1099ドル(約12万円)から。(2017/5/30)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
プラズマの系譜――パナソニックの4K有機ELテレビ「EZ1000」と「EZ950」の違いとは?
(2017/5/28)

4K HDRやSnapdragon 835の実力は? 「Xperia XZ Premium」の使い勝手を試す
「Xperia XZ Premium」がドコモから発売される。5.5型の4K HDRディスプレイを搭載するほか、下り最大788Mbpsの通信にも対応する。スペックから実際の使い勝手までをチェックする。(2017/5/26)

東芝レグザがHLG方式のHDR入力をサポート――上位機は「DAZN」対応も
(2017/5/25)

PR:アニメを録画して見るのはもう古い? アニメ好きライターがNetflixを推す4つの理由
加入してみたら、とりあえずレコーダーの中身に余裕ができました。(2017/5/25)

話題の“4K/HDR”を手軽に楽しむスマートな方法
(2017/5/24)

JAPANNEXT、4K表示対応の曲面65型ワイド液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」
JAPANNEXTは、曲面デザイン筐体を採用した4K表示対応65型ワイド液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表した。(2017/5/19)

アイ・オー、ADSパネルを採用する42.5型4K液晶ディスプレイ「LCD-M4K431XDB」
アイ・オー・データ機器は、4K表示に対応した42.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K431XDB」を発表した。(2017/5/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。