ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失業」最新記事一覧

水曜インタビュー劇場(ロボット公演):
“手先が伸びて縮むだけ”のロボットが、「在庫ゼロ」になるほど売れている理由
「ロボット」と聞けば、複雑な動きをするモノ――。といったイメージをしている人も多いと思うが、手先が伸縮するだけのロボットが売れている。トヨタ自動車やオムロンといった大企業が導入していて、現在の在庫は「ゼロ」。なぜ多くの企業が、単純な動きをするロボットを求めているのか。(2016/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界のトップリーダーは、どんな休暇を送っているのか
国のトップは忙しい日々を送っているが、夏休みはどのように過ごしているのだろうか。多くの指導者はリゾート地でゆっくりとした時間を過ごしているが、中にはそうでもない人もいる。例えば、ロシアのプーチン大統領は……。(2016/8/12)

実家暮らしの人は、家に月いくら入れているの? 最も多かったのは……
実家暮らしの人は、家に月いくら入れているの?――マイナビ調べ。(2016/8/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Jon T. Robertson編:
ヴイエムウェアのガイジン社長が考える、エンジニアが果たすべき「責任」とは
カナダ生まれカナダ育ち、金髪碧眼の外資系IT企業社長の社会人生活は「種子島」でスタートした。以来25年、日本のビジネスマンとしてIT業界を疾走してきた「ガイジン」が、日本のエンジニアにしてもらいたいこととは――。(2016/8/10)

成熟期に入ったからなのか:
半導体業界の研究開発費、M&Aで減少傾向に?
2016年に入っても半導体業界におけるM&Aの嵐は止むことなく続いている。これによって懸念されるのが研究開発費の行方だ。(2016/8/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道存続問題、黒字化・公営化・貢献化ではない「第4の道」とは?
赤字事業は廃止、赤字会社は解散。資本主義ではそれが正しい判断だ。しかし鉄道やバスなどの交通事業では簡単に割り切れない。沿線住民や観光客の足として地域に貢献するという「公共性」が問われる。ただし、存続のための選択肢はわずかしかない。(2016/6/17)

傑作? 迷作? AIが脚本を書いたSF短編映画が公開
「2001年宇宙の旅」「ゴーストバスターズ」「2012」などをAIに学習させて、SF映画の脚本を書かせる試み。(2016/6/11)

村上福之の「Botと人工知能と俺様」:
Chatbotは“第4の産業革命“、乗り遅れてはならない
Chatbotを取り巻く技術やサービスが大きな注目を集めている。facebook、Google、Microsoft、Googleといった大手IT企業が次々と関連製品をリリースし、この分野への投資も急増している。なぜ今、Chatbotなのか――。その理由をさまざまな視点から見ていこう。(2016/6/10)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
災害が多い国に学ぶ、倒れても立ちあがる「復活力」
日本とアイスランドには共通点が多い。島国であり、それぞれ暖流と寒流がぶつかる漁場に面しているため、漁業が非常に盛んだ。また噴火や地震も多いが、アイスランドは災害に対してどのように向き合っているのだろうか。(2016/4/22)

40代の危機:
バブル期に大量採用したツケ? 次世代シニアに「社内失業」の危機
「次世代シニア」と呼ばれる40代のサラリーマン向けのキャリア研修が増えている。会社人口で突出するこの世代は“社内失業”状態になってしまうリスクが高い。その特性と傾向を、人材育成の専門家に聞いた。(2016/4/12)

自動運転、社会への影響は…タクシー・バス雇用喪失も 経産省報告
経済産業省は29日の有識者会議で、人が運転しなくても目的地にたどり着ける完全自動運転技術が確立した際、社会や産業にどんな影響が出るかを報告した。(2016/3/30)

16年間で最大787万人減少:
「いつまでも自分は偉いと勘違いしてほしくない!」 老害シニアが生む摩擦
独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の試算では、国内の就業者数は平成26年から42年までの16年間に少子高齢化などの影響で最大787万人減少する。(2016/3/25)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(14):
鳥取の事例にみる、地方製造業“再生”の可能性
本連載の最終回となる今回は、筆者が鳥取県で行ってきた、雇用創造プロジェクトの支援活動を通じて見えてきたことを紹介したい。素直に考えれば、雇用を創出するには、事業創出/事業拡大が必須になる。だが少ない人口、少ない資金に悩む地方圏の企業には、立ちはだかる壁が幾つもあるのだ。(2016/3/22)

クラウドスキルの需要は増加傾向だが……
AWS認定資格は職探しのゴールデンチケットになるか
クラウドコンピューティングの職はますますAWSの専門知識を必要とするようになっている。詳細はさまざまだが、求職者が希望の職に就くためには、現場で実務経験を積む必要がありそうだ。(2016/3/17)

生活保護家庭の苦悩描くマンガ「陽のあたる家」が売れている理由
親から子供への「貧困の連鎖」をどう断ち切るのか――生活保護や貧困家庭で育つ子供たちを描いた漫画が大きな反響を呼んでいる。(2016/3/3)

Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語る「ロボットは味方か脅威か」
「ロボットが人間の脅威となる」この論調はロボットの発達がめざましいという共通認識の裏返しといえるが、実際にロボットを送り出す側はどう考えるのか。Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語るロボット論。(2016/2/22)

機械vs人間の競争、行きつく先は……?
囲碁ソフトが欧州のプロ棋士と対戦して5戦5勝したという。今ではコンピュータは人間と同じように微妙な判断も行えるようになっているのだ。将来、両者の競争はどのように進んでいくのだろうか……。(2016/2/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
フランスで「食品廃棄禁止法」が成立、日本でも導入すべき意外な理由
フランスで「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立した。世界で類を見ない画期的な法律であると世界各地のメディアで取り上げられ話題になっている。課題もたくさんあるが、フランスのこの取り組みは日本でも参考になるのではないだろうか。(2016/2/12)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
あなたは大丈夫? 10〜20年後、人工知能に奪われる仕事100
人工知能によってあなたの仕事が奪われるかもしれない――。このような不安を感じている人も多いのでは。ある調査によると「労働人口の49%が人工知能などによって奪われる」という結果がでたが、この数字をどのように受け止めればいいのか。(2016/2/3)

そして少年は自動車エンジニアになった(風雲編):
生産技術者がパワートレイン開発を担当しC言語とモデル化をマスターするまで
自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。第2回の風雲編は、生産技術者として安定したポジションを得ていたところから、望んで異動したパワートレイン開発での苦闘を描く。(2016/1/7)

2015 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 金星探査機「あかつき」や五輪エンブレム問題、“未来”の話題も?
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。金星探査機「あかつき」、五輪エンブレム、iPhone新機種などに加え、“未来”のニュースも話題を呼びました。(2016/1/5)

ハイパーコンバージドインフラが主流になるか
SSDだけではない、2020年までに劇的変化を遂げる“サーバ”未来予想図
サーバアーキテクチャは10年間の集大成として大きな変化が起こっている。サーバパフォーマンスが増強されれば、データセンターがストレージとネットワークにアプローチする方法も変わっていくだろう。(2015/12/28)

NEWS
イグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設
イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。(2015/11/2)

COTS環境やクラウドへの移行
「レガシーデータセンター」のたそがれ、移行を実現する4つの視点とは
独自のコードが使用され、複雑で混沌とした時代遅れのシステムが温存されているレガシーデータセンターはまだ至るところにある。脱却は難しいのか。(2015/10/28)

就活が大学生活の妨げになる本当の理由
今シーズン、日本経団連が就職活動の開始時期を遅らせたが、うまくいかなかった。また就活スケジュールの変更が議論されるだろうが、何十年も前の就職協定の時代から振り返ってみれば明らかなように、時期をどうにかすれば解決する問題ではないのだ。(2015/10/19)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
コンビニのアルバイトが、集まらない事情
ここ数年、どのコンビニでもアルバイトが集まりにくいと聞いているが、最近はさらに状況が厳しくなってきているようだ。今回は、コンビニにおけるアルバイトの人材不足の現状について。(2015/10/1)

需要と供給のバランスが鍵
今どき給与アップにつながるIT認定資格とは?
ベンダーが主導するIT認定資格の価値はこの7年間下落傾向にあったが、セキュリティ意識の高まりに伴い、再び注目を集めつつある。(2015/9/30)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

マネーの達人:
パート勤務の妻が社会保険に入ったら、夫婦の手取りはどうなる?
平成28年10月から、一定の条件を満たしたパート勤務の人は社会保険に加入することになります。今回は、社会保険料と手取りを計算してみました。(2015/7/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「S660」はホンダの問題を解決できない
ホンダがグローバル戦略の遂行に苦心している。特に欧州、アジアではシェアが低く厳しい状況だ。突出したブランド力を持つ同社がなぜ伸び悩んでいるのだろうか……。(2015/7/6)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「Mac」を知らない「Windows」管理者はもういらない
企業のIT管理者にはあまりなじみがない米Apple製品。企業導入が増える中、万一のトラブルにどう対処すべきなのか。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/6/26)

2020年までに9割以上のIT要員を削減する企業も
現実味が増すIT担当者の“クラウド失業”、企業はもうサーバを持たない
クラウドコンピューティングが普及するにつれて、企業が保有するデータセンターが減少している。それによりIT担当者の人員削減が続いている。(2015/6/25)

ハノーバーメッセ2015 リポート(中編):
インダストリー4.0は人間の仕事を奪うのか
ハノーバーメッセ2015のメインテーマとなった「インダストリー4.0」。本連載では、現地での取材を通じて、インダストリー4.0に関する各社の動きを3回にわたってお伝えしている。中編の今回は「ロボットと人間との協調」への取り組みの紹介と、人間の果たすべき役割の変化について考察する。(2015/5/7)

「読ませる」──官邸ドローン事件・容疑者が描いた漫画「ハローワーカー」に注目集まる 失業や高齢化テーマ
首相官邸ドローン事件の容疑者が描いたとみられる漫画に注目が集まっている。少子高齢化や失業をテーマにした短編2本で、「うまい」「読ませる」などの感想が寄せられている。(2015/4/27)

「iCar」が現実に?:
アップルやグーグルは本当にクルマを作るのか
電気自動車を開発中と報じられたアップル。自動運転車の開発を加速させるグーグル。独自の配車サービスで存在感を示すウーバー。自動車業界参入の動きを活発化させているこれらのIT企業だが、果たして自動車そのものを製造販売するようになるのだろうか。(2015/4/21)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
長く働き続けるために、あなたが今できることは、何か?
あなたはいくつまで働きたいと考えていますか? 60歳になったらやめよう、体が動く限りはずっと働き続けたい、考え方は人それぞれだと思います。長く働き続けるために、あなたが「今」できることとは?(2015/3/30)

ここは“理想の村”なのか? スペイン南部に存在する“共産主義者のユートピア”
スペイン南部に位置する小さな村・マリナレダはなぜ共産主義者のユートピアなどと呼ばれるのでしょう?(2015/3/5)

「パパはウソつきだ。私のせいで」 自分のためにがんばる父親に娘がメッセージを送る香港のCMが泣ける
( ;∀;)イイハナシダナー。(2015/2/5)

藤田正美の時事日想:
円高になるかもしれない、欧州の騒動
ギリシャのチプラス党首が「現実的な財政再建策についてEUなどと協議するが、これまでの支援条件を反故にする」と発言したことで、欧州が揺れている。党首の発言によってECにどんな不安要素が加わり、日本にどのような影響が考えられるのか。(2015/1/29)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
人手不足が深刻化――忙しすぎる企業が、今現場で打てる手は何?
コンビニや牛丼チェーンの人手不足がニュースになる昨今。しかし「働く人がいない」という悩みは一般企業も同じです。一方で「働きたいけど条件が合わない」人も一定数います。両者をマッチングし、人手不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?(2015/1/19)

人生でこれだけは避けたいなあ、と思っていること
人生にはさまざまなリスクがあるが、これだけは避けたいと思われていることは何だろうか。20〜50代の男女に聞いた。ソニー生命保険調べ。(2015/1/16)

2014年 記事ランキング(クラウド編)
Top10で振り返る2014年、心配事は作ってしまったプライベートクラウドの行方
2014年のクラウドに関する記事ランキングを振り返る。1位にはIT部門の職業に関する記事がランクイン。全体傾向としては、DaaSやAWSに関する記事が多く読まれた年だった。(2015/1/13)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special:
PR:きのこる先生×ドS美人面接官 2015年は“モテ”エンジニアに絶対なる!
実力だけではダメ? 理想のキャリアをつかめるモテエンジニアになるための方法を、転職成功者5人の例を基に解説しよう。(2014/12/25)

2015年の注目点も:
マーケター100人が選んだ2014年の「これが一番!」は?
マーケティングの実務家による国際組織「MCEI(Marketing Communications Executives International)」の東京支部は12月22日、同組織が実施したアンケート「2014年の『これが一番!』、2015年の『ここに注目!』」の集計結果を公開した。このアンケートはMCEI東京/大阪支部の会員100名を対象にしたもの。(2014/12/24)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の代表的な仕事、「法定事務」を知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は、総務の代表的な仕事である「法定事務」について、制定の背景や立法の趣旨を解説します。(2014/12/17)

外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術:
コカ・コーラで学んだ「言われたことだけやるな」
言われた仕事をこなしているだけでは成長しない。新しい提案をし、周りに自分を売り込むことで、社内で必要な人間になれるのだ。(2014/11/11)

マネーの達人:
社会保険給付額や年金額まで――「通勤手当の有無」が大きな差を生む
あなたが勤める会社には、通勤手当の支給制度がありますか? この手当の有無によって、雇用保険や年金などの各種社会保険料の算出額に差が出てくるのです。(2014/11/10)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(8):
あなたの価値を一番知っているのは、あなたではない
餅は餅屋、宝石は宝石屋。客観的に価値を判断できるプロに任せる方がうまくいくことが多いのだ。(2014/10/27)

経済破綻はなぜ起こったか? デトロイト編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、デトロイトでの事例を紹介。(2014/10/23)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第7回 マーケティングに仕事で関わるなら身につけたい「信念と技術、知識と実践」
実務家 兼 大学生としてマーケティングを学ぶ立場からお届けしてきた当連載、学校を無事卒業ということで、今回がいったん区切りとなります。最終回は、BtoBマーケティングを取巻く環境が急変していることを踏まえ、もう一度、学びと実践という観点からマーケティングの現在と未来を考えてみたいと思います。(2014/10/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。