ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宇野康秀」最新記事一覧

MVNOに聞く:
「料金合戦はもう終わりだと思っている」――U-NEXTが仕掛ける次の一手
LTE通信の定額サービスをいち早く始め、6月末時点で「U-mobile」の契約数が38万を突破するなど好調のU-NEXT。今回は取締役 通信事業担当役員の二宮康真氏に、これまでの歩みと今後の戦略を聞いた。(2015/8/6)

違法BGM利用店舗は46万件:
「合法的に店で音楽を流せる」 USENとレコチョクがiPad向けに店舗用BGM配信アプリ「OTORAKU」を提供
USENとレコチョクが、iPad向けに店舗用BGM配信アプリ「OTORAKU−音・楽−」を発表。月額3780円(税別)で個人事業主を含む法人向けに7月からサービスを提供していく。(2015/6/15)

日本市場への普及のカギは? Android TV搭載「Nexus Player」のインパクト
GoogleのAndroid TV搭載メディアプレイヤー「Nexus Player」を使えば、自宅のテレビでAndroid向けのアプリやコンテンツを手軽に楽しめる。便利な音声検索機能も搭載した。(2015/2/26)

石野純也のMobile Eye(1月19日〜30日):
「ドコモ光パック」はなぜ複雑に?――各社の“光コラボ+モバイルのセット割”を読み解く
1月下旬は、NTT東西の光回線を卸販売する「光コラボレーション」を活用した通信キャリアやMVNOの発表が相次いだ。特に注目を集めているのがドコモの「ドコモ光」と「ドコモ光パック」。今回は各社の光コラボ関連の発表を振り返りたい。(2015/1/31)

光回線と家族3人のスマホが月1万円で使い放題――「販売、付加価値、サポート」で勝負するU-NEXTの光コラボ戦略
NTT東西の光回線を利用する自社ブランドのFTTHサービス「U-NEXT光」を2月から実施するU-NEXT。価格競争に限界がある中で、宇野社長は「総合力」で勝負すると意気込みを語った。(2015/1/28)

MVNO・コンテンツ配信のU-NEXTがマザーズ上場へ
コンテンツ配信やMVNOサービスを展開するU-NEXTがマザーズ上場へ。(2014/11/12)

MVNOに聞く:
光回線とモバイルのセット販売も検討――格安や映像を武器に伸びる「U-mobile」の戦略
2段階制の独自の料金プランを提供し、渋谷区の外苑前にリアル店舗もオープンするなど、MVNOとして存在感を高めているU-NEXT。オフィシャルキャラクターに“天使すぎるアイドル”の橋本環奈さんを起用したことも話題を集めた。そんな同社の戦略を聞いた。(2014/10/17)

スマホ向け月額490円の音楽配信「スマホでUSEN」 最新J-POPから「羊の数」まで500チャンネル以上
ストリーミングラジオ形式のスマホ向け定額音楽配信サービス「スマホでUSEN」がスタートした。500チャンネル以上、数十万曲を月額490円で好きなだけ楽しめる。(2013/12/3)

月額714円のLTE「U-mobile*d」、U-NEXTが開始 業界最安
U-NEXTは、月額714円から利用できるLTE対応のモバイルデータ通信SIMカードの販売を開始した。(2013/9/2)

USENのテレビ向け有料映像配信事業など、宇野氏に譲渡
USENは、テレビ向け有料配信事業と個人向け光回線販売事業を、退任する宇野社長に譲渡する。(2010/11/16)

USEN・宇野社長が退任
USENの宇野社長が退任。取締役も退任し、今後は「グループ会長」に。(2010/10/29)

USEN、インテリジェンス全株式を売却
USENがインテリジェンスの全株式をKKR系ファンドに325億円で売却。(2010/6/18)

「著作権者を尊重するNO.1映像配信プラットフォームを目指す」――Yahoo!動画+GyaOの行方は
ヤフーは4月7日、USENの100%子会社であるGyaOの株式の51%を譲り受け、2009年秋から「Yahoo!動画」と「GyaO」の両サービスを統合させると発表した。井上雅博ヤフー社長と宇野康秀USEN社長が出席した会見の模様を詳しくお伝えする。(2009/4/8)

映像配信ビジネス:
ヤフー、GyaOの株式を51%取得――Yahoo!動画と統合
ヤフーはUSENの100%子会社GyaOの株式51%を、USENから譲渡されたと発表した。2009年秋から、Yahoo!動画とGyaOの両サービスを統合させ、ネット上の映像配信ビジネスの規模拡大に取り組むという。(2009/4/7)

Yahoo!動画とGyaO統合、「権利者を尊重する」No.1動画配信プラットフォームに
ヤフーがGyaOを傘下に収め、「GyaO」と「Yahoo!動画」を統合する。YouTubeなど投稿サイトと異なり「権利者を尊重する」という巨大な動画配信プラットフォームを構築し、動画ビジネスの確立を目指す。(2009/4/7)

ライブドア、フジテレビに賠償金310億円支払いで和解
旧ライブドアの堀江元社長らによる証券取引法違反事件で同社株価が下がり損害を受けたとしてフジテレビが起こした訴訟は、ライブドアが約310億円を支払うことで和解が成立した。(2009/1/23)

「GyaOがやっと、Macで見られます」――MS「Silverlight」対応で
GyaOに寄せられる問い合わせで最も多いのが「Macで見られるようにしてほしい」というもの。Silverlight採用で、Macでも視聴できるようにする。ただ解決すべき課題は多い。(2007/11/19)

USEN宇野社長、ライブドア株売却へ
(2007/8/3)

フジテレビ、345億円賠償求めライブドア提訴
増資の引き受けで取得したライブドア株価が下がり、多額の損失をこうむったとして、フジテレビはライブドアに345億円の損害賠償などを求める訴訟を起こした。(2007/3/26)

ライブドア、100株を1株に併合へ 社名も変更
ライブドアが12月に招集する定時株主総会に、社名変更や株式の併合を提案する。(2006/11/27)

USEN、宇野社長が301億円の増資引き受け
(2006/7/24)

GyaO会員が1000万突破 1年2カ月で
「GyaO」の登録ユーザー数がついに1000万人を突破した。昨年4月25日のサービスインから約1年2カ月で大台に乗せた。(2006/6/16)

「それが誠意か」──ライブドア臨時株主総会、怒号の中議案可決
証取法違反事件後初のライブドア臨時株主総会が幕張メッセで開かれ、平松社長とUSENの宇野康秀社長ら取締役に選任する案など可決して終了。旧経営陣に対し損害賠償を求める考えも明らかにした。(2006/6/14)

[シリーズ特集]ネットテレビは儲かるか 第5回:
黒字化に向かってばく進へ
 ネットテレビ(※1)の存在は、ネット広告、はたまた広告市場全体の様相を変えつつある。ネット広告は2005年、媒体別の年間広告費でマス4媒体(※2)の一つであるラジオを抜いた。今年は雑誌も抜くといわれている。つまり、国内広告はすでに、事実上「マス5媒体」なのである。そんなネット広告の成長スピードを加速させる存在として現れたのが、インターネットCM(※3)だといわれている。(2006/5/17)

USEN・宇野社長が楽天の社外取締役を辞任
(2006/3/20)

「他のオファーとは価格差歴然」――フジテレビ、USENにライブドア株売却
フジテレビは、保有しているライブドア株式を、最高額を提示したというUSENの宇野社長に売却する。宇野社長は法人のUSENとして購入しなかった理由を「リスクマネジメントのため」と説明した。(2006/3/16)

フジテレビ、ライブドア株をUSEN宇野社長に売却
(2006/3/16)

「GyaOとポータルで相乗効果を」――USENとライブドアが提携
USENとライブドアは、業務提携を正式に発表した。「GyaO」のメディア力とライブドアポータルの集客力を組み合わせ、シナジー効果を狙う。(2006/3/16)

インテリジェンスと学生援護会が合併、USEN傘下に
(2006/3/15)

「選挙に行こう」――起業家157人がブログプロジェクト
IT関連の起業家が集まり、ブログやSNSで衆院選投票を呼びかけるプロジェクトを立ち上げた。(2005/8/26)

USENもホークス買収に関心
(2004/10/22)

USEN、エイベックス筆頭株主に デジタルコンテンツ事業で提携
USENがエイベックスに約22%を出資して筆頭株主に。USENのFTTHとエイベックスのコンテンツを活用した新事業を共同で展開する。(2004/9/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。