ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウルティマ オンライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウルティマ オンライン」に関する情報が集まったページです。

プロエンジニアインタビュー(7):
教えて! キラキラお兄さん「テクノロジーで花業界をぶっ壊せますか?」
小尾龍太郎さんは、オンラインで花を贈るサービスを運営する「Sakaseru」の創業者だ。ITエンジニアから花屋になり、「フラワー×IT」で起業した。しかしビジネスは思うように立ち上がらない。「これが最後」と思い詰めた小尾さんは――。(2017/8/7)

「基本無料」でビジネスをする方法――ソーシャルゲームのマネタイズ戦略
ソーシャルゲームやスマートフォンのアプリ市場の一部で共通しているのが、「基本無料だが別の方法で課金を行う」というビジネスモデル。特にソーシャルゲームには、長く遊んでもらう秘訣、価格設定など、さまざまなノウハウがある。『ブラウザ三国志』などを手がけた椎葉忠志氏らが語る「マネタイズの勘所」とは……?(2011/9/9)

リリースは今秋予定――「ウルティマ オンライン」新拡張パック「未踏の航路(仮称)」を発表
今回の拡張パックのテーマは「海」。3種類の新しい船には大砲も搭載可能となり、戦いの要素として新たに「砲撃」が加わる。海上にはボスモンスターが登場するほか、さまざまな素材を提供するマーケットも用意され、生産できるアイテムの幅も広がる。(2010/8/30)

どうしてもMMORPGに前向きになれない人へ――「FFXIV」田中弘道プロデューサーインタビュー
PC版の発売日が9月30日に決定し、まもなくクローズドβテストが実施される「ファイナルファンタジーXIV」を控え、MMORPGに二の足を踏んでしまうという立場でインタビューしてみました。(2010/7/1)

戦闘をより楽しむために、MOスタイルへ進化した「エンジェル戦記」テストプレイリポート
2009年夏のオープンβサービスおよび正式サービスの開始を予定している「エンジェル戦記」を遊んでみました。(2009/5/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひな壇には個性的な衣装で
今年はプレイヤーからアイデア募集。(2009/2/27)

オンラインゲーム最新イベント情報:
女の戦いが始まる
2月14日はチョコレートをめぐる熱い戦いが繰り広げられます。(2009/2/13)

オンラインゲーム最新イベント情報:
2009年、狩り初め
ハンターはお正月も休みません。(2008/12/25)

オンラインゲーム最新イベント情報:
三国世界にもサンタ
居心地の良さにしばし滞在。(2008/12/22)

オンラインゲーム最新イベント情報:
早くもクリスマス
ホリデーツリーの成長と変化を見守ってください。(2008/11/28)

東京ゲームショウ2008:
「プリンス・オブ・ペルシャ」のプロデューサー・Ben Mattes氏に聞いてみた
10月9日、東京ゲームショウ開催中にインタビューの機会を得た。ヒロイン「エリカ」役に成海璃子さんが起用されたことも発表。そんなエリカについても聞いてみた。(2008/10/14)

オンラインゲーム最新イベント情報:
秋の報酬
「エミル・クロニクル・オンライン」と「信長の野望 Online」で月見イベントが開催されます。(2008/9/3)

「宇宙世紀は来ない」 ユーザーが作る“ゲームの次世代”
「スペースコロニーの量産は、高度成長期の土建業のイメージ」――宇宙世紀の未来図はもはや過去の物。高度成長期を抜けた「知識経済の時代」は、ITの進化とユーザーの力が、見えない急成長を形作る。(2008/3/17)

「ウルティマ オンライン」新生活応援キャンペーンを応援してプレゼントゲット
エレクトロニック・アーツがサービスを提供する「ウルティマ オンライン」の新生活応援キャンペーンに伴い、5名様に1000ポイント分のオリジナルイラスト付WebMoneyカードをプレゼント。(2008/2/26)

今夜「ウルティマ オンライン」で日本代表を応援
エレクトロニック・アーツは、今夜開催されるワールドカップサッカー アジア3次予選 日本代表の試合を「ウルティマ オンライン」内で応援するイベントを開催する。(2008/2/6)

セルフィで気軽に楽しむ釣りゲーム「セルフィッシング」が登場
ジークレストが運営するゲームポータル「アットゲームズ」に、アバター「セルフィ」でプレイできる釣りゲーム「セルフィッシング」が実装された。このゲームを事前にプレイすることができたので、そのリポートをお届けしよう。(2008/2/5)

さくらインターネット、LotROのキックオフミーティングを開催
5月11日から、いよいよオープンβテストが開始されるMMORPG「ロード・オブ・ザ・リングス オンライン〜アングマールの影〜」が、一足早くキックオフプレスミーティングを開催。実際にゲームに参加してくれるイメージガール4名も登場し、このミーティングに華を添えてくれた。(2007/5/10)

「ロード・オブ・ザ・リング オンライン(仮)」インタビュー:
小説を読み進むようにゲームの世界も広がっていく
東京ゲームショウ2006のさくらインターネットブースで開催された発表会で紹介された「ロード・オブ・ザ・リング オンライン(仮)」。職業、クラスなどの大まかな内容は分かったが、いまひとつ不明な点も。そのあたりについて、Turbineの社長兼CEO ジェフ・アンダーソン氏とアートディレクターのヤミン・リー氏に話を聞いた。(2006/9/29)

Game Developers Conference 2006:
「ワンダと巨像」が5冠制覇――「Game Developers Choice Awards」
現地時間の22日夜、GDC恒例の「Game Developers Choice Awards」の発表と授賞式が、San Jose Civic Auditoriumにて開催。「ワンダと巨像」が5部門制覇し、今年のBEST GAMEに選ばれた。TECHNOLOGY部門では「nintendogs」も受賞。(2006/3/23)

モビーダ・ゲームズ 栗原 哲氏インタビュー:
変遷していくゲームマスターの立つべき場所は……どこ?
昨年12月、ビー・ビー・サーブから分社化して誕生したモビーダ・ゲームズ。そこでゲームマスターとして運営リーダーを務める栗原哲氏に、“忙しさ”のワケを聞いてみた。(2006/2/2)

ウルティマ オンラインのタウンホールミーティング開催
次期拡張パック「宝珠の守人」がいよいよ発売間近となった「ウルティマ オンライン」。8月25日、東京・六本木の泉ガーデンタワー内カンファレンスセンターにおいて、UOの「タウンホールミーティング」が行われた。(2005/8/26)

連載:変な会社で働く変な人(2)
「ココログ」開発者、はてなへ
プログラミング歴は幼稚園から。ニフティという大企業を飛び出したマイコン少年は、「はてな」で自由に泳ぎ出す。(2005/8/18)

エレクトロニック・アーツのプレスイベント訪問記
この時期になるとなぜかアメリカはカリフォルニアへと旅をする筆者。今回は世界最大のソフトメーカー・エレクトロニックアーツの本社で行われたプレスイベントに突撃してみた。(2005/8/8)

EA「ウルティマ オンライン 宝珠の守人」9月1日発売にあたってのプレスカンファレンス開催
エレクトロニック・アーツ(以下、EA)は本日、すでに北米での発売が発表されていた「ウルティマ オンライン」の最新拡張版「ウルティマ オンライン 宝珠の守人」(原題 Ultima Online:Mondain's Legacy)を9月1日に発売する。(2005/6/7)

「ウルティマオンライン 武刀の天地」へのご招待
「ウルティマ オンライン」は、なんと1997年からサービスを開始、8年間運営し続けているMMORPGだ。今回紹介する「ウルティマ オンライン 武刀の天地」は、東洋をテーマとした新パッケージで、各種新アイテムは細部まで丁寧な作りとなっている。(2005/2/16)

ドワンゴ、クリスマス・年末年始向け企画
いろメロミックス、いろメロゲームズ、占いサイト「マリー★オリギンのMarry'sAngels」、「ウルティマオンラインモバイル版」、囲碁対局サイト「梅沢由香里の碁」などで特別企画。(2004/12/3)

ウルティマオンラインが7周年 藤崎奈々子が忍者で応援
7周年を迎えるUOに和風な新拡張パックが登場する。藤崎奈々子が忍者姿で応援に駆けつけてくれたぞ!(2004/10/14)

ウルティマ オンライン、最新アップグレードバージョン「武刀の天地」を11月に発売
MMORPG「ウルティマ オンライン」の最新アップグレードバージョン「武刀の天地」が登場する。(2004/9/7)

ウルティマ オンライン、次期拡張版の新都市名を日本コミュニティから募集
MMORPG「ウルティマ オンライン」で、次期拡張版で追加される都市の名前を日本コミュニティから募集している。新職業の侍と忍者が冒険を始める都市で、中世日本ぽく、日本人以外にも発音しやすく受け入れられる名称を、とのこと。(2004/7/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。