ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「赤坂8丁目発 スポーツ246(臼北信行)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「赤坂8丁目発 スポーツ246(臼北信行)」に関する情報が集まったページです。

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日大アメフト部の監督に逆らえば、「路頭に迷う」は本当か
日大アメフト部の選手が、関学の選手に悪質タックルを仕掛けた問題がヒートアップしている。一歩間違えれば大ケガにつながってしまうかもしれない行為を、なぜ選手は行ったのか。その背景には、監督に独裁者としての顔があって……。(2018/5/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローの復帰は夢物語ではない、過去の実例
イチロー外野手がプレーヤーとしての活動を小休止することになった。「引退」という言葉はあえて使っていないが、事実上の「引退」といった声が多い。このまま本当に現役を去ってしまうのか。大リーグで活躍した選手を見ると、実は復帰したケースがあって……。(2018/5/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
4241日ぶりに勝利をつかんだ、松坂大輔と倫世夫人の絆
平成の怪物、松坂大輔投手が12年ぶりに白星をつかんだ。勝利を手にした日は母親の誕生日だったのにもかかわらず、ウイニングボールは「家族」に渡すという。なぜ妻や子どもに渡すのかというと……。(2018/5/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
元広島東洋カープの衣笠祥雄氏が死去した。71歳だった。2215試合連続出場記録の金字塔を打ち立てた名選手だったのに、なぜカープの監督になることができなかったのか。複雑な人間模様と舞台裏のドラマが激しく交錯していて……。(2018/4/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人の上原は、なぜ叩かれ始めているのか
巨人の上原浩治投手が岐路に立たされている。10年ぶりに古巣の巨人に復帰したところ、まずまずの結果を残したものの、その後はボロボロである。筆者の臼北氏は「上原に待っているのは天国か地獄である」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/4/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“相撲界のドン・キホーテ”を気取った貴乃花親方の誤算
貴乃花親方の没落ぶりが哀れである。元横綱日馬富士の暴行事件が発覚した当初は間違いなく世間のヒーローだったのに、いまは地位や名誉を失い、年収も大幅に減少する。なぜこのような事態に陥ったのかというと……。(2018/4/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
女子レスリングのパワハラ問題、一体誰が得をしたのか
一応の決着を見た。女子レスリングで五輪4連覇中の伊調馨が、日本レスリング協会の栄和人氏にパワハラ行為を受けていたと認定されたわけだが、この問題の背景に何があったのか。激しい覇権争いが見え隠れしていて……。(2018/4/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
全力で駆け抜けた川崎宗則から、学ぶべきこと
福岡ソフトバンクホークスが川崎宗則内野手の退団を発表した。なぜ川崎は多くのファンから愛されたのか、なぜ心の病を患うことになったのか。彼の素顔は……?(2018/3/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ中日ドラゴンズは松坂大輔を「救世主」として獲得したのか
松坂大輔投手が中日ドラゴンズに入団し、話題の中心となっている。キャンプやオープン戦の集客は好調だが、それだけではない。ドラゴンズで「怪物復活」を成し遂げれば、松坂は中日にとって「救世主」となる。(2018/3/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清宮の体調はイマイチなのに、日本ハムが一軍にこだわる事情
早くも清宮フィーバーが風前の灯だ。オープン戦7試合に出場して、19打数連続無安打。さらにコンディションを崩して、戦線離脱を強いられることに。それでも日本ハムは清宮を開幕スタメンで起用したいようだ。その理由は……。(2018/3/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローが戻ってきても、素直に「ハッピー」と言えない人の論理
イチローが6年ぶりにシアトル・マリナーズへ復帰する。本人は「ハッピー」という言葉を口にしたが、素直に喜べない人たちがいることも忘れてはいけない。なぜその人たちはアンハッピーなのか。その理由は……。(2018/3/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
平昌冬期五輪のスピードスケート女子500メートルで日本女子初となった金メダリスト、小平奈緒選手。彼女は類まれなスケーティング能力もさることながら、1人の人間としてもキラリと光り輝いていた。(2018/2/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜこんなことに? 平昌五輪、運営側の問題
平昌五輪で活躍する選手たちの姿を見て、一喜一憂している人も多いのでは。テレビや新聞などは日本人選手の活躍を報じているが、筆者の臼北氏は大会運営で気になることがあるという。それは……。(2018/2/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
プロレスって本気の戦いですか? 失礼な話である
2月4日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、社会学者の古市憲寿氏が「プロレスって本気の戦いなんですか?」と発言した。プロレスの多くの試合は事前に用意されたシナリオ通りに進行しているので、リングに上がるレスラーも「本気」ではないのか。いや……。(2018/2/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
卓球王者の張本が、いまひとつ支持を得られない要因
全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で、14歳の張本智和が王者・水谷隼を破って優勝した。最年少優勝の偉業を達成したのに、いまのところ“張本フィーバー”は起きていない。なぜ新王者がいまひとつ支持されないかというと……。(2018/1/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大人たちによって作り上げられた“ポスト真央”、本田真凛の悲劇
オトナたちによって作り上げられた「悲劇のスター候補」だったのかもしれない。女子フィギュアスケートの本田真凛のことだ。期待されていた韓国・平昌五輪の代表入りを逃してしまったことで、今後の彼女はどうなる?(2018/1/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カヌー騒動の波紋が、学生にも広がり始めている
日本のカヌー界が大きく揺れている。日本選手権に出場した小松正治選手の飲み物に、ライバル関係にあった鈴木康大選手が禁止薬物を混入。大きな波紋を広げているなかで、その影響は中高生にも出始めているという。どういうことかというと……。(2018/1/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
サッカー日本代表はハリル監督で大丈夫なのか
サッカー日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対するバッシングが止まらない。ネットを見渡せば、彼にまつわる批判記事のオンパレード。ロシアW杯開幕まで半年ほどしかないのに、このままで本当に大丈夫なのか。(2017/12/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか
元横綱・日馬富士の傷害事件に関連して、横綱・白鵬に対するバッシングが止まらない。「大横綱」として持ち上げられていたときにも、白鵬の言動や品格について横審から異論が出たことはあったはず。それなのになぜ野放しにしてきたのか。(2017/12/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またしても毒舌炎上 張本勲氏とイチローの「本当の関係」
張本勲氏の毒舌が止まらない。大谷翔平投手の渡米について「もう吐いて捨てるほどおるよ」とコメントしたり、イチロー選手に対し「戻ってほしくないわね」と暴言を吐いたり。当然、視聴者やネットユーザーから怒りを買ってしまったわけだが、彼の発言の真意はどこにあるのか。(2017/12/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大リーグ移籍をめぐって、大谷翔平と吉本興業の関係
メジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平投手の新天地が注目されている。連日、複数のメジャー球団と交渉を続けているわけだが、大谷側に“影のサポーター”が存在していることをご存じだろうか。吉本興業である。(2017/12/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか
大相撲の横綱日馬富士が引退届を提出した。貴ノ岩に対する暴行問題の責任を取る形で引退を表明したわけだが、貴ノ岩の師匠である貴乃花の行動は吉と出るのかそれとも……。(2017/11/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムはどうする? 中田と清宮が同じポジション問題
北海道日本ハムが早実のスーパー高校生、清宮幸太郎内野手と正式に契約を結んだ。ただ懸念材料もある。それは、チームの中心である中田翔内野手の処遇だ。ポジションは同じ一塁なので、どのように……。(2017/11/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大相撲はどうなる? 日馬富士の暴行事件は「謎」が多い
やはり大相撲は「伏魔殿」なのか。横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせていたことが発覚したが、いまのところ謎が多くて……。(2017/11/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂大輔に忍び寄る「無職」という肩書き
松坂大輔投手が福岡ソフトバンクホークスを退団した。本人は現役を続ける意向のようだが、いまのところ彼にラブコールを送る球団はない。このままではかつての怪物が「無職」になってしまうかもしれない。(2017/11/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズのチケットは完売したのに、なぜ空席が目立つのか
日本シリーズが盛り上がっている。しかし、ちょっと気になることがある。それは球場で空席が目立つことだ。チケットは完売しているのにもかかわらず、なぜ空席があるのかというと……。(2017/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
DeNAラミレス監督の采配力と人心掌握術に感動
横浜DeNAベイスターズが広島東洋カープを下し、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。ベイスターズのアレックス・ラミレス監督の采配は恐ろしいほどにさえ渡り、短期決戦の戦い方は「こうあるべき」という手本を示したわけだが、その裏でどのようなことが行われてきたのか。ラミレス監督の采配力と人心掌握術に迫った。(2017/10/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“泥試合”を強行した日本のプロ野球は、やっぱりおかしい
10月15日、甲子園球場がある兵庫県西宮市は雨。グラウンドに水たまりがたくさんあるなかで、阪神対横浜のクライマックスシリーズは行われた。レギュラーシーズンであれば「中止」レベルであるにもかかわらず、なぜ試合は行われたのか。その裏には……。(2017/10/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
次どうするのか 絶対に負けられないボクサーの村田諒太
10月22日、ボクシングの村田諒太が王者のアッサン・エンダムに挑む。因縁のリマッチになるわけだが、村田はどのような思いで戦い、対戦後はどのようなプランを考えているのか。(2017/10/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
代表落ちの本田圭佑は、このまま“終わって”しまうのか
本田圭佑が苦しい立場に置かれている。これまで日本代表の常連だったのに、10月に行われる国際親善試合で代表落ち。かつての「大黒柱」は、このまま消えてしまうのだろうか。それとも……。(2017/10/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大低迷にあえぐ東京ヤクルトスワローズは来季の新体制も大ピンチ
球団ワースト記録のシーズン94敗を塗り替えるかどうかの瀬戸際に立つ東京ヤクルトスワローズ。来季に向けたチームの立て直しは、大きく難航しそうな気配が漂い始めている。(2017/9/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースの「超変革」がなかなか進まない、なぜ?
阪神タイガースがいまひとつパッとしない。下位とのゲーム差を考えれば2位の座は大丈夫だと思うが、広島や巨人に勝てない。昨季「超変革」のスローガンを掲げているのに、なぜチーム内で変革が進まないのか。(2017/9/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない
大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。ただ、幕内力士がこれだけ不在となると、どうしても盛り上がりに欠けてしまう。なぜ、力士が次々に欠場するのかというと……。(2017/9/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハリル監督は“本田切り”を断行できるのか
サッカー日本代表、本田圭佑が厳しい現実を突きつけられている。ロシアW杯アジア最終予選に出場したものの、パフォーマンスは目を覆いたくなるほどひどかった。スポンサーからの圧力や協会の声を無視して、ハリルホジッチ監督は“本田切り”を断行できるのだろうか。(2017/9/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでもイチローは帰国せず、「生涯メジャー」を貫く
イチロー外野手がまた偉業達成に近づいている。8月31日現在、今季の代打安打は23本で、メジャー記録の28本にまであと「5」に迫っている。ただ、肉体の衰えやチーム事情などにより、来季は……。(2017/8/31)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
弱過ぎる東京ヤクルトスワローズは「上」もボロボロ
7月に47年ぶりの14連敗を喫し、最下位に沈む東京ヤクルトスワローズ。主力選手の故障が相次ぐ状況で、球団が手を打てない理由は……。【訂正】(2017/8/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景
福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が来季も契約延長となる可能性が高まってきている。ろくに働いていない彼と契約することで、球団はどのようなメリットがあるのか。そこには親会社と球団の戦略があって……。(2017/8/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、総合格闘技「RIZIN」の視聴率は低迷した
フジテレビが放送した総合格闘技イベント「RIZIN」の視聴率が6.3%にとどまった。フジテレビは「健闘した」とアピールしたが、本当にこの数字に満足しているのだろうか。視聴率が低迷した原因は、やはり……。(2017/8/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
上西議員のツイート、海外メディアの幹部が驚いた2つのこと
上西小百合議員のツイートが、炎上商法ではないかと疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。サッカーJ1リーグ、浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合ったわけだが、海外メディアの幹部はこの事態をどのように見ているのか。(2017/7/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
40歳を超えても、イチローと上原がメジャーで活躍できるワケ
今年10月で44歳になるイチロー外野手と、4月に42歳になった上原浩治投手が、いまもメジャーリーグで活躍している。40歳を超えてても、なぜ2人は現役でプレーすることができるのだろうか。(2017/7/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
今オフ、大谷翔平はメジャーに移籍できるのか
ケガで苦しんでいた日ハムの大谷翔平投手が、戦列復帰した。二刀流の復活も近そうだが、気になることがある。それは、今オフのメジャー移籍が実現するかどうかだ。関係者に話を聞いたところ……。(2017/7/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか
右肩痛が原因で、ボールを投げることができない状況が続いている――。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。かつて「怪物」と呼ばれた男はこのまま引退してしまうのか、それとも現役を続行するのか。(2017/6/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「引退」がささやかれても、なぜハンカチ王子はたまに結果を出すのか
ある意味で「スゴい」と認めざるを得ない。日本ハム、斎藤佑樹投手のことだ。入団以来、ブレイクすることなく何度も「引退」がささやかれながら、なぜたまに結果を出すのか。(2017/6/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
低迷「巨人」の責任は、誰にあるのか
かつて常勝軍団だった巨人が、危機に瀕している。球団史上ワーストの12連敗を喫し、借金も「9」まで膨れ上がった。チーム低迷の要因はどこにあるのか。高橋由伸監督だけでなく、球団フロントにも責任があるはずだ。(2017/6/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ひょっとしたら、白鵬は「悪役」を演じているのかもしれない
大相撲夏場所で、横綱白鵬が優勝した。最近は稀勢の里に人気が集中し、脇役になりつつあったが、さすがの強さを見せつけた。勝っても負けても、世間から批判の目を向けられる白鵬は、ひょっとしたら「悪役」を演じているのかもしれない。(2017/6/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシングの村田諒太は、WBAのワナにはめられたのか
WBAミドル級王座決定戦で村田諒太が、アッサン・エンダムに判定負けした。この判定に対し、日本だけでなく世界中から「疑惑の目」が向けられているが、試合の裏で何があったのか。(2017/5/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。