ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「赤坂8丁目発 スポーツ246(臼北信行)」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
東京五輪に襲いかかる「ドーピング丸投げ裁定」のツケ
国家ぐるみのドーピング隠ぺい問題で、ロシアのスポーツ界が揺れている。リオ五輪の出場については、各国際競技団体がその条件を満たしているかどうかを判断することになった。大会前にドタバタぶりを繰り広げているが、問題を先送りにすれば4年後の東京五輪にも影響が及ぶかもしれない。(2016/7/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神・金本監督のスパルタ式は、やっぱり時代錯誤なのか
阪神・金本監督の指導をめぐって、非難の声があがっている。一般的に「5回100球」が交代のメドとされているのに、エースの藤浪投手に161球も投げさせたのだ。監督の「懲罰登板」が大きな波紋を呼んでいるが、断行しなければいけない理由があったのではないだろうか。(2016/7/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから「巨人」のニュースが、めっきり減ってしまった
巨人の話題が盛り上がらない。成績が低迷していることもあるが、なぜテレビや新聞などで取り上げられる機会がめっきり減ってしまったのか。その責任のひとつに、“つまらない監督”の発言があるのかもしれない。(2016/7/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
これから「英プレミアリーグが“氷河期”に陥る」話
国民投票の結果を受け、英国のEU離脱が確実となった。これにより大きな影響を受けることになりそうなのが、イングランド・プレミアリーグだ。(2016/6/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だからいまも「現役」! 49歳のカズが教えてくれた人生のヒント
サッカーJ2横浜FCのFW三浦知良が、自身の持つJ2最年長ゴール記録を49歳3カ月24日に更新した。「スゴすぎる」という言葉しか浮かんでこないが、私たちの知らない世界でカズはどのような努力をしているのだろうか。彼の姿から何か学べることがあるのかもしれない。(2016/6/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローが「日本人のアイデンティティー」にこだわる理由
マーリンズのイチロー外野手が「日米通算」でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打4256本の記録を塗り替えようとしている。2001年から大リーグでプレーし、数々の記録を塗り替えてきたイチローのモチベーションはどこにあるのか。(2016/6/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大谷翔平が成長した背景に何が? 栗山監督の「二刀流育成術」
日本ハムの大谷翔平投手が世を席巻している。エース兼主力打者を務める“リアル二刀流”は、当初こそ世間から懐疑的な目を向けられていたが、着実に成果を出しつつある。21歳の若者が急成長している背景には、一体何があったのか。(2016/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
タレント女性の刺傷事件! スポーツ界にも衝撃が走っている 
タレントで大学生の女性が、刃物で首や胸などを刺された――。ショッキングなニュースが世間を震撼させているが、こうした事件は他人事なのか。プロのスポーツ界は決して他人事ではなく……。(2016/5/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
野球評論家の張本勲氏は、なぜ失言を繰り返すのか
人気情報番組『サンデーモーニング』に出演している野球評論家・張本勲氏のコメントが、ネット上でしばしば“炎上”する。現役時代の張本氏は偉大な選手だったのに、なぜ失言を繰り返すのか。スポーツライターの臼北氏が分析したところ……。(2016/5/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
133年目の奇跡を成し遂げたレスター・岡崎慎司のスゴさ
サッカーの英プレミアリーグで日本代表・FW岡崎慎司の所属するレスター・シティFCがクラブ創設133年目にして初優勝を遂げた。欧州のプロサッカーリーグで活躍する日本人選手は数多くいるが、岡崎は周囲からどのように評価されているのだろうか。(2016/5/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムが“ハンカチ王子”を「クビ」にしない理由
“ハンカチ王子”として一躍有名になった日本ハムの斎藤佑樹投手も今季でプロ6年目。もういい加減、一軍で活躍しないと「解雇」の二文字もチラついてきそうだが、球団はどのように考えているのだろうか。(2016/4/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
周囲の人間はどう見ているのか イチローと本田圭佑のスゴさ
日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。イチローと本田圭佑選手だ。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声などを取材したところ……。(2016/4/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人は開幕ダッシュに成功したが、新人監督の手腕は「賛否両論」
プロ野球開幕から間もなく3週間が経過しようとしている。セ・リーグは巨人が好スタートを切ったが、新指揮官の高橋由伸監督はどのように評価されているのだろうか。(2016/4/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
WOWOWの放送が終了した「UFC」は、今後どう巻き返していくのか
格闘技ファンの間に、衝撃が走った。有料放送局「WOWOW」が総合格闘技(MMA)の世界最高峰舞台と称される人気団体「UFC」の放送終了を発表したからだ。放送終了をきっかけに、UFC人気は下火になっていくのだろうか。(2016/4/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
前人未到のV36に“いちゃもん”……横綱・白鵬の苦悩
またしても横綱・白鵬の行為が物議を醸している。大相撲春場所で前人未到の36度目となる優勝を果たしたものの、Vを決めた千秋楽の横綱・日馬富士との結びで見せた立ち合いの変化に批判が集中しているからだ。(2016/3/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「イジメ」「逆風」に屈しなかったイチローのスゴさ
大リーグのイチローが金字塔を打ち立てようとしている。メジャー通算3000本安打まで残り65本、日米通算でいえば、最多安打を誇るピート・ローズ氏の4256安打にあと43本。「やっぱりスゴいなあ」と思われたかもしれないが、そのイチローも海を渡った直後は苦労を味わっていた。それは……。(2016/3/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なでしこジャパンに“氷河期”が襲来するかもしれない
順風満帆だった日本女子サッカー界に厳しい現実が待っている。リオデジャネイロ五輪の出場権を逃したことによって、今後どのような逆風が吹き荒れるのか。筆者の臼北氏によると……。(2016/3/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賭博問題からどう這い上がるのか 地に堕ちた読売巨人軍
2015年10月に発覚した巨人所属選手による野球賭博問題。3選手が野球賭博に関与していたとしてNPBから無期失格の処分が下され、巨人からも契約を解除されていた。今回、新たにもう1人の選手が問題にかかわっていたことが明らかになった。(2016/3/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
中国が“爆買い”で、世界サッカー界を征服する日
中国がサッカーの分野でも“世界制覇”を狙っている――。こんな話を聞いても、多くの人は「そんなわけないでしょ」と思われたかもしれないが、ひょっとしたら実現するかもしれない。そう感じさせられる動きが、中国企業を中心に起きているのだ。(2016/3/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘
福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。(2016/2/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「日本人より日本人らしい」DeNAラミレス新監督の“人間力”
横浜DeNAベイスターズの新指揮官にアレックス・ラミレス氏が就任した。監督の力量は未知数だが、筆者の臼北氏は「うまくフィットすればチームを大きく変えることができる」という。その理由は……。(2016/2/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原和博が「スーパースター」から「容疑者」となった日
西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。かつての「スーパースター」はなぜ「容疑者」になってしまったのか。関係者に聞いてみたところ……。(2016/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
白鵬の頭の中に「引退」の文字はチラついているのか
10年ぶりに日本出身の力士・琴奨菊が優勝したことで、角界が大いに盛り上がった。その一方で気になったのは、横綱白鵬だ。周囲からは「引退の文字がチラついているのでは!?」という声が出ているが、本当にそうなのか。(2016/1/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「SMAP」はどうなってしまうのか スポーツ界で最も慌てたのは
独立騒動の渦中にあるSMAPが、グループの存続を宣言した。テレビを見て「すっきりしないなあ」と思われた人も多いと思うが、スポーツ界も同じ。中でも最も慌てているのは……。(2016/1/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
フジテレビの年末・総合格闘技イベントは本当に「大健闘」だったのか
昨年末、フジテレビの全面バックアップによって、総合格闘技『RIZIN』が開催された。視聴率は7.3%。実行委員長はTwitterで「皆さんのおかげで大健闘の数字を頂けました」とツイートしているが、本当に“大健闘”と言えるのだろうか。(2016/1/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人・高橋由伸監督が過去2度に渡って直面した「悲哀な運命」
2016年のプロ野球で注目すべきことのひとつに、12球団で最年少指揮官となった巨人・高橋由伸監督の存在が挙げられる。40歳の若さで人気球団の現場トップとなるわけだが、半生を振り返ってみると、光だけでなく影の部分も見え隠れしてくる。(2016/1/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
再契約を結んだ岩隈久志にみる「メジャーリーグ・ビジネス」の世界
メジャーリーガーの岩隈久志投手がシアトル・マリナーズと再契約を結んだ。本コラムでは、メジャーリーグ特有の「マネーゲーム」を振り返り、関係者たちの思惑についても分析した。(2015/12/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
安藤美姫はよく批判されるのに、なぜ“売れっ子”なのか
元フィギュアスケートの世界女王・安藤美姫さんがスペインのリンクに登場した。プロフィギュアスケーターとして華やかな演技を見せたこともあって、海外メディアからは好意的な報道が目立った。しかし、母国の日本では彼女の評判はよくない。(2015/12/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
フジテレビが放送する格闘技イベントは成功するのか
久々に日本の年末が格闘技フィーバーで盛り上がるかもしれない。フジテレビが新格闘技「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」を放送する予定だが、同イベントの見どころは……。(2015/12/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「年俸固定、複数年」は是か非か プロ野球選手の契約事情
プロ野球選手の契約更改交渉が連日のように行われている。たいして活躍していないのにもかかわず、下がっていない「推定年俸」を見て、「もらい過ぎだろう」と思ったことがある人も多いのでは。下がっていない理由に、契約内容があるようで……。(2015/12/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
まだ間に合う、やはり小久保監督は辞任すべき
初の国際大会「プレミア12」で、日本代表の侍ジャパンは3位に終わった。大会前から「世界一を獲る」とぶち上げ続けていた小久保監督に対し、批判が集中。ネット上では今も沈静化する気配はまったくない。(2015/11/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
パリ同時多発テロ発生 日本のスポーツ観戦は安全なのか
フランスで同時多発テロが発生した。サッカーの国際親善試合が行われていたときにも、スタジアム近辺で爆発が発生。「セキュリティチェックが甘い」と言われている日本でのスポーツ観戦は、本当に大丈夫なのか。(2015/11/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本ラグビー界は、五郎丸の海外移籍を“歓迎”するのか
ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」で活躍することが決まった。久々にスポットライトを浴びるスターが現れたのに、日本ラグビー界は選手の海外移籍を歓迎している。その理由は……。(2015/11/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
本田圭祐が出場できない裏に、イタリア特有の“事情”
ACミランの本田圭祐が、もがき苦しんでいる。監督、首脳陣、サポーター、イタリアメディアを批判してからも、ベンチスタートが続いている。現地メディアは当初、本田の批判に対して好意的に受け止めていたが、なぜ風向きは変わったのか。その理由は……。(2015/11/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「高橋新監督」誕生の裏に、巨人の事情
巨人・高橋由伸監督が誕生した。目まぐるしいスピードで実現した“Gの政権交代”だったが、なぜ球団は高橋に「監督」を打診したのか。その理由は……。(2015/10/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神の救世主となるか 新監督「鉄人」の知られざる努力と忍耐
阪神タイガースの新監督に、金本知憲氏が就任した。かつてチームの精神的支柱としてその名を轟かせたが、球団側は新指揮官として、いったいどんな役割を期待しているのか。(2015/10/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
残念な結果に終わった広島カープ――続投の緒方監督はどっちのタイプか?
セ・リーグの優勝候補に挙げられていた広島カープが残念な結果に終わった。ファンの間からは「緒方監督辞任」を求める意見が多数ある中で、本人はユニホームを脱ぐ意思はなく、来季も続投。しかし、組織のトップは結果を残せなければ責任を問われ……。(2015/10/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
原監督は“対岸の火事”でいいのか 巨人を襲った野球賭博問題
プロ野球界を揺るがす一大スキャンダルが発生した。巨人の福田投手が野球賭博に関わった疑いが浮上したのだ。球団の管理責任はあるはずなのに、原監督は報道陣の前で……。(2015/10/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“乱セ”の裏で勃発した巨人の監督問題――その裏側にあるモノとは
“乱セ”に終止符が打たれようとしている一方で、巨人が大きく揺れている。某スポーツ紙が「原監督V逸なら解任も」と報じたが、その裏には関係者のさまざまな思惑が交錯しているようだ。(2015/10/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「名将」の予感を漂わせる、ソフトバンク・工藤監督の“人心掌握術”
プロ野球の福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ連覇を成し遂げた。就任1年目の工藤公康監督は、どのような手法でチームを引っ張って来たのか。手腕と人間性に迫ってみた。(2015/9/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
過去の汚名を背負いながら戦うファイター・秋山成勲という男
総合格闘家の秋山成勲が、再びリングに立つ。桜庭和志戦の“ヌルヌル事件”をきっかけに、すっかり「ヒール」になってしまったが、秋山の経歴を追いながら人物像に迫ってみると波乱万丈な半生が見え隠れする。(2015/9/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ちかぢか48歳。ゴン中山は“奇跡”を起こせるのか
47歳の元日本代表FW・中山雅史氏が現役復帰に向けて動き出した。3年近くのブランクを経て、再びプロのピッチに立つことはできるのか。(2015/9/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
年俸4億円を“持ち逃げ”……松坂大輔に生じる「説明責任」
ソフトバンク・松坂大輔投手が「残念な人」になってしまった。右肩関節の手術が終わると、日本を離れて「ハイ、サヨウナラ」。年俸をもらっている「プロ」なのだから、メディアを通じてファンに説明する責務があるのでは……!?(2015/9/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり只者ではない! 世界を相手に戦う、清宮とオコエの凄さ
夏の甲子園で日本中を沸かせた早実の清宮幸太郎内野手と関東一・オコエ瑠偉外野手が、「第27回U18ワールドカップ」のメンバーに加わった。メディアは2人にスポットを当てているが、彼らのどこがスゴいのか。本コラムの臼北氏が取材したところ……。(2015/8/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
甲子園を制した東海大相模と準Vの仙台育英――指揮官の指導法に迫る
夏の甲子園が終わった。ご存じのとおり、優勝は東海大相模、準優勝は仙台育英。メディアはさまざまな切り口で両校を取り上げているが、本コラムの筆者・臼北氏は両監督の指導法に注目した。(2015/8/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子はこのまま“終焉”を迎えるのか
ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が、再び一軍のマウンドに立つ。今季でプロ5年目。これまで目立った活躍をしていない彼に残された道は、結果を出すことしかない。果たして……。(2015/8/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。