ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヴァル研究所」最新記事一覧

「LINE」読み上げなど新機能:
LINE、AIスピーカー「Clova WAVE」を正式発売
LINEがAIアシスタントスピーカー「Clova WAVE」を正式発売。7月に予約を受け付けた先行体験版からさらに機能を拡充。「LINE」メッセージの読み上げや送信機能も。(2017/10/5)

「駅すぱあと for Android」に「飛行機時刻表」機能追加
ヴァル研究所は、Android向け乗り換え案内アプリ「駅すぱあと for Android」ver.3.8.0をリリース。約87空港、約250路線の飛行機の時刻表を閲覧できる「飛行機時刻表」機能がPREMIUM機能(有料)として追加された。(2017/6/19)

「駅すぱあと」チャットbot、LINE WORKSに登場 話し言葉で経路検索
LINEと連携するビジネス向けグループウェア「LINE WORKS」で、駅すぱあとのチャットbotが利用可能に。(2017/6/13)

終電時刻をワンタッチでチェック 乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」に「酔っ払いモード」追加
終電を逃したときのイラストがなんともせつない。(2017/3/23)

位置情報ビジネスの推進:
「駅すぱあと」のヴァル研究所が位置情報アドネットワークのジオロジックに出資
ヴァル研究所は、位置情報を活用したマーケティング支援を手掛けるジオロジックに位置情報ビジネス推進などを目的に出資したと発表した。(2017/3/16)

PR:なぜかコミケ応援サイトを作ってしまった「駅すぱあと」の中の人が完全にコミケガチ勢だった件
「駅すぱあと」のPRのはずが、自分の大好きな作品やコミケをPRする場になっていました。な……何を言っているのかわからねーと思うが(略)。(2016/12/22)

交通費精算は“全自動”の時代に、予定表に訪問先を入れるだけ――APIエコノミーで進化するクラウドサービス
スケジューラに訪問先を登録するだけで、経路検索から交通費の精算までを自動で――。コンカーとSansan、ヴァル研究所が、面倒な交通費精算の手間を軽減するサービスを発表。API連携で実現した。(2016/9/8)

APIを探す手間や連携の煩雑さを解消:
ヴァル研究所、エンジニアとAPIをつなぐ“HUBサービス”を開始
ヴァル研究所は、複数のAPIを1カ所に集約することで、APIの利用上の課題を解消するサービス「Val Web Services」の提供を開始する。(2016/7/28)

「ツルモク独身寮」の窪之内英策がアニメ制作に初挑戦! 「駅すぱあと」が「サヨとコウの出発」を公開
アプリ「駅すぱあと」との連動キャンペーンや、メディアとのタイアップも。(2016/4/25)

年末に「よく検索された駅」ランキング
乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」を運営しているヴァル研究所は1月15日、2015年の年末に「よく検索された駅ランキング」を発表した。(2016/1/15)

セリフがキーワードに、駅すぱあと×週刊Dモーニングのコラボキャンペーン
キャンペーンに参加して、複製原画やマンガセットをゲット。(2014/12/12)

オラクルの経費精算アプリと「駅すぱあと」が連携
経費精算アプリケーション「Oracle Internet Expenses」と路線検索サービス「駅すぱあとWebサービス」の連携ソリューションが発表された。(2012/10/10)

Androidアプリ「駅すぱあと 経路案内」、全国200以上のバス情報を追加
「駅すぱあと 経路案内」でバス路線の経路案内が追加された。GPSと連動して近くのバス停を探してくれる機能もある。(2011/12/2)

「Sony Tablet」に経路探索アプリ「駅すぱあと for Tablet」を無償提供
ヴァル研究所は、ソニーのAndroid搭載タブレットデバイス「Sony Tablet」向けに経路探索アプリ「駅すぱあと for Tablet」を無償提供する。(2011/9/12)

最寄り駅までのルートが分かる 「駅すぱあと 周辺検索」
今いる場所の最寄り駅はどこ?――こんな時に便利なのが「駅すぱあと 周辺検索」。周辺の駅を表示し、行きたい駅までのルートを教えてくれる。(2011/6/27)

ドコモがspモードを拡充、基地局データを使った位置情報サービスを提供
ドコモのspモード対応スマートフォンで、基地局データを活用した位置情報サービスを利用できるようになった。(2011/3/29)

手軽に帳票作成とERPを連携:
PR:ワークフローシステムへの二大ニーズを実現
日常業務に密接にかかわるワークフローシステムは、社内のエンドユーザーからさまざまなニーズが寄せられることが多い。帳票作りなどへのニーズに対してきめ細かく応える製品に人気が集中しているようだ。(2009/1/26)

ヴァル、旅費や交通費などを簡単に申請/清算できる「駅すぱあと 旅費交通費精算システム」
ヴァル研究所は、オフィス向けの清算業務ソフト「駅すぱあと 旅費交通費精算システム」を発表した。(2008/12/1)

近・楽・長で選ぶメタボ対策ツール:
励まし合えば続けられる? 「健康仲間」に出会えるWebサービス3選
1人だけではなかなか続かないのが運動習慣。でも仲間がいれば励まし、競い合えるから挫折しづらそうだ。ジョギングやウォーキングなど、健康に特化したSNSやWebサービスを利用し、仲間と一緒にメタボ対策に励むのはいかがだろうか。(2008/7/31)

地震速報を個人PCに OCNのIPv6サービス活用
地震が発生すると、大きな揺れの到達時間や予測震度、震源地をPCにポップアップ表示。IPv6マルチキャストを利用することにより、一斉配信時の遅延などが避けられ、1秒程度のタイムラグで速報できるとしている。(2006/11/29)

グーグル、携帯向け乗り換え検索サービスに参入
モバイル版Googleニュースに続き、電車経路の検索サービスもスタート。携帯電話から使えるサービスを拡充中だ。(2006/10/18)

モリサワフォント723書体が1万円 大阪・日本橋の海賊版露天商を一斉摘発
「特に侵害行為が深刻な地域」とされる大阪・日本橋で海賊版露天商の一斉摘発が行われ、20人が逮捕された。(2006/9/22)

ヴァル研究所、高速バス探索機能を強化した「駅すぱあと」バージョンアップ版
ヴァル研究所は、「駅すぱあと」のバージョンアップ版「駅すぱあと バージョンアップ(2006年10月)」を発売する。最新ダイヤを収録したほか、高速バス路線機能を強化した。(2006/9/5)

ヴァル研究所、2006年夏データ収録の最新ダイヤ情報ソフト「駅すぱあと バージョンアップ」
ヴァル研究所は、路線情報ソフト「駅すぱあと」用の最新データ更新パッケージ「駅すぱあと バージョンアップ(2006年7・8月)」を発売する。夏のダイヤ改正に対応するほか約300路線の高速バス情報も追加した。(2006/5/30)

ヴァル研究所、最新ダイヤ情報を収録した「駅すぱあと」3製品
ヴァル研究所は、路線情報ソフト「駅すぱあと」シリーズの最新3製品を発表した。最新路線情報の収録と路線バス情報の追加のほか、特典動画コンテンツなども収録する。(2006/2/22)

ヴァル研究所、CO2総量計算機能が付いた「駅すぱあと バージョンアップ」
ヴァル研究所は、二酸化炭素排出量順検索などもサポートした路線/運賃計算ソフト「駅すぱあと バージョンアップ(2005年10月)」を発表した。11月30日までの期間限定販売で、価格は3675円。(2005/9/7)

春のJRグループダイヤ改正に対応した「駅すぱあと」バージョンアップ版
ヴァル研究所は、春のJRグループダイヤ改正を収録した「駅すぱあと バージョンアップ(2005年3月)」を3月1日に発売する。4月30日までの期間限定(1万本限定)で、価格は3675円。(2005/2/2)

PR:PCUPdate特別企画:年末大掃除計画発動!!:その3 名刺をデータ化して管理しよう
名刺を交換しても、管理するのはせいぜいファイリングする程度。それだといざ必要なときに、1枚ずつめくって探す必要があるし、面倒だ。そんな時に役立つのが、名刺整理ソフトだ。大掃除の締めくくりとして、たまった名刺を整理する方法を考えてみよう。(2004/12/20)

鉄道 日めくりカレンダーを特別収録――ヴァル、駅すぱあとのバージョンアップ版を発売
ヴァル研究所は、「駅すぱあと バージョンアップ(2004年12月)」を12月3日に発売する。価格は3675円。特別付録「鉄道 日めくりカレンダー2005」を収録している。(2004/11/11)

東京・神奈川の大部分の路線バス情報をカバーした「駅すぱあと」を発売
ヴァル研究所は、最新版「駅すぱあと(Windows)」を10月2日に発売する。価格は1万2600円。路線バス会社「神奈川中央交通」の情報やダイヤ改正などに対応した。(2004/9/7)

JRの夏の臨時ダイヤに対応した「駅すぱあと」を発売
ヴァル研究所は、JRグループの夏のダイヤ改正に対応した「駅すぱあと バージョンアップ(2004年7・8月)」を7月1日に発売する。3675円。(2004/6/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。