ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」最新記事一覧

ビッグデータ時代の課題を一刀両断!:
PR:“ストレージ維新”の到来を予感させるSDSアプライアンス、レノボ「DX8200シリーズ」の実力は
レノボ・ジャパンが2016年6月に開発意向を表明したSDS(Software-Defined Storage)アプライアンス「DX8200シリーズ」の出荷が開始された。市場では、これまでのストレージの概念を大きく変える製品として注目されている。(2016/12/7)

VDIに必要な高いコストや高度な知識は不要?
ワークスペースも「所有から利用」する時代―― “WaaS”が注目される理由とは
 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入しても、その効果を十分に発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”(Workspace as a Service)が注目されている。(2016/12/5)

PR:上半身だけがワープしまくる富士通の謎動画 その狙いは……
(2016/12/1)

「Linux Virtual Desktop」のサポート対象は?
Windowsでなくてもいいかも、VDIで高まる「Linuxデスクトップ」の可能性
仮想デスクトップインフラ(VDI)の主流は依然としてWindowsだが、オープンソースデスクトップを使いたければ、その選択肢も用意されている。(2016/12/1)

仮想化特有の課題を払拭
1人5万円台で手に入る、仮想化不要のリモートデスクトップとは
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。(2016/12/1)

今、求められるサービス・インテグレーションという考え方:
PR:企業内エンドユーザーに必要とされるITリソースとは何か? IBMとレノボの戦略的アライアンスの今[パートナー対談:日本アイ・ビー・エム]
企業がITに求めている価値とは何だろうか。さまざまなテクノロジー、ソリューションが日進月歩で市場投入され、企業はその情報収集・選定に時間を費やしている現状が否めない。一方で、先進ITによって競合優位性を格段に高められる時代になっていることも確かだ。テクノロジーやリソースの「組み合わせ」ソリューションではなく、顧客のビジネスにフィットしたITをサービスレベルで提供する、いわゆるシステム・インテグレーターからサービス・インテグレーターへの転換を目指すIBM、そして2年前IBMのx86サーバーを事業継承し、ITインフラポートフォリオをハイパーコンバージド・インフラ(HCI)やソフトウエア・ディファインド・ストレージ(SDS)へ急拡大しているLenovo。今回、同じDNAを持つ両社のトップから協業の理由とその可能性を探る。(2016/11/25)

なぜパフォーマンスが出ないのか?
エンタープライズNASのパフォーマンス問題と解決法
NASの運用で必ず生じる、パフォーマンスに関する問題。想定していた速度が出ない、速度が低下してきたといった問題は何が原因なのか。その解決方法を紹介する。(2016/11/24)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ストレージ編【最終回】
フラッシュデバイスの選び方、I/O以外に注目すべきポイントとは?
フラッシュデバイスの実装方式とそれぞれの特徴、選定ポイントについて解説する。IOPSに注目が集まる中、見落としがちなもう1つの重要な選定項目とは。(2016/11/22)

「フラッシュ」「スモールスタート」「クラウド」「ソフトウェア化」がテーマ:
デルとEMCジャパンが、HCIとストレージで柔軟性向上を目指す大量の新製品を国内投入
デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびストレージの新製品群を国内発表にした。新製品は、Dell PowerEdgeサーバを採用したHCI製品「Dell EMC VxRail」「Delll EMC VxRack」の新機種、ハイエンドストレージシリーズ「Dell EMC VMAX」の最下位機種である「Dell EMC VMAX 250F/FX」、そしてバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」の新機種、新OSおよび仮想アプライアンス版の強化。(2016/11/18)

「ストレージ」から見る仮想化の今【前編】
VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が「内部ストレージ」に移った訳
仮想化ベンダーが技術開発の中核にストレージを据え始めている。前編では、特に動きが活発なサーバの内部ストレージを活用した仮想化技術の最新動向を追う。(2016/11/14)

タッチスクリーンには対応している?
仮想デスクトップソフトをアップグレードすべき決定的な「5つの兆候」
お使いのVDIソフトウェアが最新のハードウェアをサポートしていないか、拡張できない場合は、アップグレードの時期が来ているかもしれない。アップグレードの決め手となる兆候を紹介する。(2016/11/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
これからのアイデアエコノミー時代では、ビジネスを支えるアプリケーションの基盤をいかに迅速に提供できるかが鍵となる。そこで注目されるのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。パブリッククラウドのような“迅速かつ容易な基盤提供”が大きな特長となっている。(2016/11/14)

Cloudian HyperStore/NexentaStor搭載アプライアンスを投入:
レノボ、SDS市場に参入 x86採用SDI製品のラインアップを拡充
レノボ・ジャパンが、SDI関連製品のラインアップを大幅に拡充する。SDSアプライアンスとハイパーコンバージインフラ製品を多数用意した。(2016/11/10)

ホワイトペーパー:
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
企業にナノコンピュータが進出している。その一例は、英Raspberry Pi Foundationの「Raspberry Pi」だ。VDIで使用されることが多い安価なクライアント端末のメリットは、コスト削減にとどまらない。「Raspberry Pi」のような端末では、セキュリティも強化でき、エンドポイント管理が容易になる。(2016/11/9)

「UEM」で仮想デスクトップ密度の70%向上も
デスクトップ仮想化の厄介な“リソース過剰割り当て問題”をなくす方法とは?
VMwareやCitrix Systemsなどによる「ユーザー環境管理」(UEM)ベンダーの買収は、デスクトップ仮想化の課題解消に向けた大きな一歩となる可能性がある。(2016/10/31)

オールフラッシュとソフトウェアデファインド、この2本柱が示す意図:
PR:アイデアエコノミーに向けてHPEはどう企業を支援するのか
2016年10月12日、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」が開催された。ビジネスのデジタル化により、戦略的な意思決定をスビーディーに実行に移すことが重要になってきた。そんな中、あらためて注目されているのが「ストレージ」である。HPEのストレージソリューションは、企業のビジネスにどのような価値をもたらすのか。主催者講演を中心にイベントを振り返る。(2016/10/26)

XenDesktop/XenApp事例
北陸銀行はVDI導入コストをどう捻出したのか? 解決した4つの課題
北陸銀行や北海道銀行を傘下に持つほくほくフィナンシャルグループは、XenDesktopとXenAppでVDI構築を進めている。同グループがVDIに取り組むのは、銀行ならではの課題を1つ1つ明らかにしていった結果だった。(2016/10/27)

ハイパーコンバージドインフラ比較【後編】
有名製品がベストとは限らない、「身の丈にあう」ハイパーコンバージドの選び方
大規模なハイパーコンバージドインフラだけに購入時のモデル選択は失敗できない。そうなると安全策になりがちだが、定番の「大手ベンダー」モデルが自分たちの組織に最適とは限らない。(2016/10/26)

ハイパーコンバージドインフラ比較【前編】
ベンダーに言い負かされないためのハイパーコンバージド選びのコツ
複雑怪奇なハイパーコンバージドインフラの選択作業は険しい道のりになる。ベンダーの膨大なラインアップに圧倒されず自分たちにベストな製品を選ぶために必要な「検討のガイドライン」を紹介しよう。(2016/10/25)

CADニュース:
設計基盤を“雲の上”に、日立が自社実践するクラウドサービスを販売へ
日立製作所は、グローバル展開する製造業向けに「クラウド型設計業務支援サービス」の販売を開始した。同サービスは設計環境をクラウドで一括提供するもの。(2016/10/24)

日立製作所 クラウド型設計業務支援サービス:
3次元データの共有時間を半減! グローバル統一の協調設計環境を実現するクラウドサービス
日立製作所は、国内外の拠点間における設計業務の効率向上を実現する「クラウド型設計業務支援サービス」の提供を、2016年10月19日から開始すると発表した。(2016/10/24)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
VDIで在宅勤務からBYODまで、低コストで実現するワークスタイル変革入門
近年、多くの企業が取り組むワークスタイル変革。そこで鍵となっている技術が、ユーザーの利用端末を問わず、高いセキュリティレベルを実現するVDIだ。VDI導入によりどのようなワークスタイルが実現できるのか、事例を交えつつ紹介する。(2016/10/26)

PR:新・財務会計システム用の基盤としてハイパーコンバージド・システムを導入 短時間での稼働を実現しクラウドより安価[導入事例:古川製作所]
真空包装機の大手メーカーである古川製作所は、財務会計システムを再構築するための基盤として、Nutanixをプリインストールした仮想化アプライアンスサーバー、インテル®Xeon®プロセッサーE5-2600 製品ファミリー搭載「Lenovo Converged HX シリーズ」を選択した。選択の決め手は何だったのか。そして、新・財務会計システム以外の活用方法とは。古川製作所のIT戦略を支えるレノボサーバーの魅力に迫る。(2016/10/24)

特選ブックレットガイド:
「デスクトップ仮想化」導入 〜よくある質問と回答〜
設計・解析現場へ導入する際、いろいろな疑問が出てくる……。(2016/10/21)

ハイパーコンバージドは「期待先行」
ハイプ・サイクルで予測する注目ストレージ技術、“幻滅期”にあるのは?
ハイプ・サイクルとはGartnerが提唱する「技術のライフサイクル」だ。新技術は周囲の期待を集めて進化して絶頂期を迎え、幻滅とともに姿を消すか、普及によって安定期を迎える。最新のストレージ技術の将来は?(2016/10/19)

判断材料は「コスト」「機能」「互換性」
Microsoftの2大 仮想デスクトップ、「RDS」と「RDSH」のどちらを選ぶべきか
Microsoftが提供する仮想デスクトップ「リモートデスクトップサービス」と「リモートデスクトップセッションホスト」の、どちらを選択すべきか。判断材料は「コスト」「機能」「互換性」の3つだ。(2016/10/18)

特選ブックレットガイド:
「デスクトップ仮想化」導入検討と導入前検証のポイント
導入までの流れと注意点について。(2016/10/14)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
便利と安全の両立にどう挑む? 東急リバブルやDeNAが語るモバイル活用とセキュリティ対策の最新事情
企業・組織のスマートデバイス導入では、メールチェックなどから業務システムを使う高度活用ニーズが高まる一方、同時に高まるセキュリティリスクへの対策が大きな課題だ。モバイル活用の先進企業における取り組みや課題解決の最新動向が紹介された。(2016/10/12)

オールフラッシュデータセンターの世界:
PR:フラッシュファーストの時代、ストレージの製品選択基準はどう変わる?
ハードディスクドライブ(HDD)よりもまずフラッシュの適用を考える、「フラッシュファースト」の時代になってきた。こうした時代には、フラッシュストレージ利用についての考え方や、フラッシュストレージ製品の選択基準がこれまでとは変わってくる。(2016/10/12)

特選ブックレットガイド:
「デスクトップ仮想化」は設計・解析現場へ何をもたらすのか?
導入メリットを詳しく解説。(2016/10/7)

設計者の新しいワークスタイルを探れ!(0):
設計者も喫茶店でノマドする時代、来る? 場所にしばられない仕事を実現する技術
岩手の3D CAD“お困りごと”解決人・小原氏が、最新のハードで3D CADをぐりぐり動かしながら、設計者の新しいワークスタイルを楽しく模索していく連載。序章ということで、今回はリモートアクセスやクラウドの技術で設計者の仕事や生活がどう変わるか、思いを巡らせてみました。企業による実例も紹介します。(2016/9/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
企業にナノコンピュータが進出している。その一例は、Raspberry Pi Foundationの「Raspberry Pi」だ。VDIで使用されることが多い安価なクライアント端末のメリットは、コスト削減にとどまらない。(2016/9/30)

従業員の満足度を高め、IT部門も楽になる
ワークスタイル変革をもっと身近に、簡単に導入できるVDIとは
VDIは、サーバやストレージ、ネットワーク、クライアント端末と、関係するITが多岐にわたるため、構築や運用が難しい。これを簡単かつ短期間で導入、運用する方法を紹介する。(2016/9/29)

「VDI=コストが掛かる」は本当か?
VDIの投資効果を見極め、成功するための「3カ条」とは
VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは?(2016/9/29)

失敗事例で学ぶハマりどころと落とし穴
VDIトラブル“駆け込み寺”のメンバーがこっそり語る裏事情
大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。(2016/9/30)

「通信途切れた」とキレる前に
モバイルVPNに本当に必要なものはこれだ、ホンモノの常時接続で生産性向上
立派なシステムを導入した企業が感じる「もっと生産性が向上するはずなのに」。そこに足りないのはモバイルネットワークのケアだ。これまで投資したシステムをフル活用できる「妥協なき常時接続」を手に入れよう。(2016/11/4)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第50回 「自分のスキルは通じる?」 インフラエンジニアのキャリア事情
技術者としては、自分のスキルをぜひ知りたいですし、外の世界で力試しをしてみたいものです。その前に知っておきたい“ココヘン”的な事実とは?(2016/9/23)

革新的な変化を待つ時代でなくなった
Windowsの「仮想デスクトップ」が次のビッグウエーブにならない意外な理由
エンドユーザーコンピューティングの次の大きな波は何か。この分野に携わる人なら、誰もがここ数年にそう自問したことがあるだろう。だが、それは考えるべき正しい問題ではない。(2016/9/23)

まず、排気口のほこりを掃除しよう
古いPCでも「あと1年」戦えるようにする、幾つかの延命テクニック
会社の中には、いろいろな事情があって古いPCを使っている人もいる。予算がなくても古いデスクトップPCやノートPCの寿命を延ばす方法を紹介しよう。(2016/9/22)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(5):
デスクトップ仮想化「よくある質問と回答」
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。最終回となる第5回では、デスクトップ仮想化「導入までの流れとポイント」でピックアップできなかった、よくある質問とその回答について紹介する。(2016/9/20)

低価格ソフトってどうなの?
「クライアント仮想化」の主要3社を比較、ユーザー企業が着目すべきポイントとは
デスクトップ/アプリケーション仮想化を実現するソフトウェアの中から、主要3社(シトリックス、ヴイエムウェア、パラレルス)の製品をピックアップ。それぞれの特徴を紹介する。(2016/9/13)

意外な経営メリット
DaaSがセキュアにワークスタイル変革を実現できる理由とは?
多様な働き方を支える仕組み、そして情報漏えい対策としてDaaS(Desktop as a Service)は効果的だ。オンプレミスの仮想デスクトップインフラ(VDI)と比較すると、その理由が分かる。(2016/9/15)

PR:仮想化の運用管理を、よりスマートにするには――レノボ×VMwareのハイパー・コンバージド・インフラで解決できること
ITインフラの効率的な運用を目指して仮想化を進めてきたのに、なかなか管理負荷を減らすことができない――。そんな課題に頭を悩ませていないだろうか。こうした問題はサーバ、ストレージ、ネットワークを個別に構築・運用するという現状の仕組みに端を発しているが、レノボとVMwareによれば、仮想環境のハイパー・コンバージド化が課題を解決するカギだという。(2016/9/12)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第49回 「ワークスタイル変革」が失敗する日本企業のここがヘン!
最近のIT系セミナーなどでもよく取り上げられるテーマの1つが「ワークスタイル変革」です。なんだかIT部門がやるべき仕事のように思いがちですが、やはり“ココヘン”が存在します。それは――。(2016/9/9)

一度に多くのことをやろうとするとダメ
Windowsをクラウドでホストして利用――「DaaS」導入が流行る理由と失敗する理由
DaaSは、管理が簡易になるなどのメリットがあるが、どんな状況にも合うわけではない。例えば、DaaSプロジェクトとOSの移行を一挙に進めようとすると、間違いなく失敗する。(2016/9/9)

いまから仮想化インフラ高速化を始めるには
「オールフラッシュアレイ+FCが安くて簡単」はあり得るのか?
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANを、エントリーモデルのフラッシュストレージでも。検証済み構成で、導入から運用までを一括して頼めるのも魅力だ。(2016/9/12)

一筋縄ではいかない
OpenStackのスケーラビリティはIT担当者にとって“我慢大会”
OpenStackのコンポーネントは絶えず進化しており、そのことが返ってOpenStackのスケーラビリティ向上を阻害している。この問題が根強いのはなぜか、どうすれば克服できるのかを見ていこう。(2016/9/7)

PR:「こんな会議室じゃ仕事にならない!」と情シスに直談判してみた
7月にオフィスを移転したアイティメディア。オフィスも広くなってデザインもモダンに。のびのびと働けるかと思った矢先、どうしても解決してほしい問題が……。そんな思いを持った編集部員が、情シスに相談(直談判)してみたのでした。(2016/9/16)

PR:経営課題化してきたサイバーセキュリティ――企業・組織を守るために経営者は何から始めるべきか?
ビジネスにIoTやビッグデータをはじめとするITを積極的に取り入れることで、より自社の競争力を加速させる「ビジネスのデジタル化」が進む今、企業ではこれまで以上にセキュリティ強化を検討することが必要となる。なぜならデジタル化を進めることで必然的にサイバー攻撃の対象も増え、企業は常にITリスクと背中合わせと言えるからだ。システム構築と運用の現場に寄り添ってきた日立システムズは、セキュリティ強化の最初の一歩はシステム全体を可視化しリスクを洗い出すことだと話す。(2016/9/1)

PR:ファイルサーバを社外から利用したい! その「現実解」とは
他社との競争が激しさを増す中、社員間のコラボレーション強化が企業の経営課題になっている。その対応に向け、社内外を問わないファイル共有が強く求められているが、その中でも社内文書を管理するファイルサーバは、現状では社外からの利用には制限が多い。この状況を打破するための現実的な方策について探りたい。(2016/8/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。