ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Viacom」最新記事一覧

CBS、IBM、SAPのデジタルリーダーに聞く変化への対処法
こっそり見ていた動画をワンタッチで隠す「ボスボタン」はこうして生まれた
CBS、IBM、SAPのデジタルリーダーは、デジタルビジネスの推進で大きなハードルに直面し、それを乗り越えてきた。彼らはそのハードルをどのように乗り越えたのか。(2016/7/4)

拡大するアジア市場制覇に向け:
モバイルアナリティクスの独adjust、日本オフィスを開設
モバイルアナリティクスを手掛けるadjustは11月17日、成長するアジア市場への本格展開に向け、日本および上海にオフィスを開設したことを発表した。(2014/11/18)

ソニーがクラウドベースのテレビサービス発表 3日間の番組をさかのぼって視聴可能
「プレイステーション ヴュー」(PS Vue)はライブ放送やオンデマンド視聴のほか、直近3日間に放送されたすべてのテレビ番組のコンテンツをさかのぼって視聴できる「キャッチアップテレビ」機能も。(2014/11/13)

日本進出のソーシャルニュースBuzzFeed、5000万ドル調達
SNSでシェアしやすい記事の量産で急成長し、1億5000万人の月間訪問者数を擁するバイラルメディアのBuzzFeedがAndreessen Horowitzから5000万ドルを調達した。資金は日本を含む海外進出やネイティブ広告事業の拡充に活用する。(2014/8/12)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

キティさん、全身緑に 「ミュータント タートルズ」とコラボ
ネコのキティさんがカメになった。(2013/11/19)

Tumblr、Web版ダッシュボードでも広告投稿表示スタート
Tumblrのモバイルアプリに続き、Web版のダッシュボードにも「$」マーク付きの広告投稿が表示されるようになる。(2013/5/31)

MONSTER、ヘッドフォン「DNA」に新色「レッドブラック」と「ホワイトタキシード」
完実電気は、米MONSTERのオンイヤー型ヘッドフォン「DNA」に新色「レッドブラック」と「ホワイトタキシード」を追加する。(2013/5/13)

MONSTER、バイアコムとのコラボ製品“DNA”にカナル型イヤフォンを追加
完実電気は、米MONSTERのカナル型イヤフォン「DNA -In-Ear Headphone-」を3月28日に発売する。(2013/3/15)

ビジネス英語の歩き方:
CESで注目された“Context Awareness”というバズワード
先日行われたエレクトロニクスの一大イベント「CES」で注目された“Context Awareness”という言葉。「コンピュータがユーザーの願望を読みとって、それに応じた情報の提供をする技術」ということだそうです。(2013/1/28)

Facebook、米国でYouTubeに次ぐビデオサイトに──comScore調べ
comScoreによると、7月に米国の1億8400万人がオンライン動画を369億本、動画広告を96億本視聴した。(2012/8/20)

米動画広告視聴回数、過去最高を記録――comScore調べ
プロバイダー別ユニーク視聴者数ではYouTubeを擁するGoogleがトップだったが、動画広告視聴回数ではHuluが2位のGoogleに大差を付けての1位だった。(2012/5/21)

YouTubeにドイツの裁判所が著作権保護機能追加の命令
ユーザーが投稿したコンテンツの著作権侵害をめぐる独著作権管理団体GEMAとYouTubeの訴訟で、ハンブルグの裁判所がYouTubeにはユーザーが投稿したコンテンツに責任があるとし、著作権保護のための機能を採用するよう命じた。(2012/4/23)

お気に入りのキャラクターが思い出を素敵に彩ります――DSiウェア「キャラ・パシャ!」シリーズ最新作1月配信開始
ニンテンドーDSiウェア「キャラ・パシャ!」シリーズ最新作は、「キャラ・パシャ!シナモロール」と「キャラ・パシャ!スポンジ・ボブ」の2タイトル。(2011/1/6)

YouTube、投稿ビデオの長さを15分に延長――著作権技術の向上で可能に
これまで一般ユーザーが投稿できたのは最長10分までの動画だったが、15分に延長された。著作権ツール「Content ID」の普及で延長が可能になったとしている。(2010/7/30)

YouTube、著作権侵害訴訟で大手メディア企業に勝利
裁判所は、YouTubeは著作権者からの動画削除要請に従っているため、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)で保護されると判断した。(2010/6/24)

「YouTubeは違法コンテンツを見て見ぬふり」――Viacomが非難
YouTubeはViacomに反論し、「Viacomは宣伝のために、無断投稿を装って自らテレビ番組をYouTubeにアップロードしていた」と主張している。(2010/3/19)

Apple、モバイル広告企業Quattro Wirelessを買収
Googleに続いて、Appleもモバイル広告企業を買収した。(2010/1/6)

せかにゅ:
P2Pユーザーを訴えるのは「いじめのよう」とメディア企業弁護士
大手メディア企業Viacomの顧問弁護士は、個人ユーザーを訴えたレコード業界の行為を「テロのよう」と批判している。(2009/11/18)

YouTubeとGoogle、オンライン動画視聴が月間100億回を突破
comScoreの8月の米動画サイト調査で、Googleのシェアは約4割だった。(2009/9/29)

PR:夏だ! 山だ! 海だ! ……いや、家だ! 今年の夏はXbox 360でバカンスを!
この夏はXbox 360で充実したゲームライフを過ごそうよ! と提案したい。なぜか? Xbox 360がとっても楽しいハードだから、だ。(2009/6/22)

Microsoft、次世代オンライン広告プラットフォーム開発で大手メディアと協力
Dow Jones OnlineやNew York Timesなどが「Microsoft PubCenter」の開発段階から機能に関するアドバイスを提供する。(2009/2/24)

オンデマンド映画サービス「epix」、米大手映画会社の合弁が発表
米大手映画会社による合弁会社が、映画のオンデマンド配信事業を年内にスタート。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」などの最新作を提供する。(2009/1/30)

2008年後半を振り返る:
Android以外は期待外れのGoogle
9月に金融危機がウォール街を直撃する数週間前の8月の猛暑の最中、わたしは2009年を迎えるまでにGoogleに実現してほしいことをリストアップしていた……。(2008/12/26)

MySpace、違法ビデオ投稿からも広告収益得るシステム
違法コンテンツの掲載と削除といういたちごっこの代わりに、ユーザー生成コンテンツからも収益を得ようというシステムだ。(2008/11/4)

ビートルズファミリーが全面協力の「音ゲー」発売へ
ポール・マッカートニー、リンゴ・スターらの協力で、ビートルズの楽曲が音楽ゲーム化されることが明らかになった。(2008/10/31)

GoogleとViacomの著作権侵害訴訟、ユーザーの視聴履歴は匿名で提出へ
Googleは、YouTubeユーザーデータをViacomに提出する際、ユーザーIDとIPアドレスを別のデータに置き換える。(2008/7/16)

海外ダイジェスト(7月4日)
Google TalkのiPhone版公開、Xboxがオーストラリアで値下げ、Google対Viacom訴訟で個人データ提供命令、ほか。(2008/7/4)

米裁判所、YouTubeユーザーデータのViacomへの提出を命令
Viacom対YouTubeの著作権侵害訴訟で、米連邦地裁がGoogleに対し、ユーザー名やIPアドレスを含むユーザーデータをViacomに引き渡すよう命じた。(2008/7/4)

4月の米オンライン動画配信、YouTubeでの閲覧が40億回以上
閲覧者1人当たりの閲覧時間は228分だが、最も閲覧時間の長い18〜34歳の利用者では、1人当たり287分に上った。(2008/6/18)

Hulu、番組ラインアップを拡充――「The Daily Show」が登場
Comedy Centralが放映する人気2番組がHuluに登場。全エピソードをHuluのサイトおよびパートナーサイトで無料で閲覧できる。(2008/6/12)

アイカーン氏、MSとの協議再開目指しYahoo!に取締役を推薦
「物言う株主」カール・アイカーン氏が、Yahoo!株式の大量取得に続き、Yahoo!に取締役10人を推薦。Microsoftによる買収提案の再考を促している。(2008/5/16)

3月の米オンライン動画配信、前月比13%増
3月の米動画閲覧回数は115億回で、前年同月を64%上回った。企業別の首位は、引き続きYouTubeを擁するGoogle。(2008/5/13)

「世界で最も革新的な企業」はApple
BusinessWeek誌の「世界で最も革新的な50社」最新ランキングでは、AppleやGoogleが上位を占めたほか、任天堂が初めてトップ10入りした。(2008/4/21)

MSが逃した魚は本当に大きかった
MicrosoftがYahoo!買収に執着するのは、かつてYouTubeを安く買収できるチャンスを逃したからかもしれない。(2008/4/17)

2月の米オンライン動画配信、日数差にもかかわらず前月上回る
ユニーク閲覧者数ランキングで10位にランクインしたABC.comは、閲覧者当たりの平均閲覧時間でも健闘している。(2008/4/17)

「スポンジ・ボブ」のバーチャルワールド開発へ
Viacom傘下の2社が、人気アニメ「スポンジ・ボブ」などのバーチャルワールドや、バーチャルコミュニティー「Neopets」の進化版の開発に取り組んでいる。(2008/4/5)

「サウスパーク」の携帯ゲーム、iPhoneなどに6月登場
人気アニメ「サウスパーク」を基にした携帯ゲームが、Windows Mobile対応端末やBlackBerry、iPhone向けに、RealNetworksから6月に登場する。(2008/4/3)

MTVの広告付きミュージックビデオを携帯電話に無料配信
mywavesのユーザーは、MTVやGameTrailersのビデオクリップを携帯電話で無料で視聴できるようになる。(2008/4/1)

Nickelodeon、親子向け携帯サイト立ち上げ
Nickelodeonが、子どもや親を対象とした新しい携帯サイト3つを立ち上げる。(2008/3/21)

1月の米オンライン動画配信、3分の1がYouTube
動画閲覧回数だけでなくユニーク閲覧者数でも、YouTubeを擁するGoogleが首位。1人当たりの平均閲覧時間も、他社サイトを大きく上回っている。(2008/3/15)

12月の米オンライン動画配信、脚本家スト原因で伸びる
企業別の閲覧回数ランキングでは、YouTubeを擁する首位のGoogleがさらにシェアを伸ばしている。(2008/2/9)

SNS型動画共有サイトFlux、開発者用ツールを提供
Viacomが支援するSNS型動画共有サイトが、開発者向けツールを発表した。(2008/2/6)

「物言う株主」アイカーン氏、Motorolaに取締役を推薦
カール・アイカーン氏が、Motorolaの次回株主総会で、元Viacom幹部など4人を取締役に推薦する意向だという。(2008/2/5)

Yahoo!、有料音楽サービスをRhapsodyに移行
Yahoo!が、Rhapsody Americaとの提携を発表。今後数カ月で、有料音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」をRhapsodyに移行する。(2008/2/5)

11月の米動画配信ランキング、Googleのシェアが31%に拡大
米国のネットユーザーの75%以上がオンラインでビデオを見ており、1人当たりの閲覧時間は平均195分だった。(2008/1/19)

2008 International CES:
Yahoo!、モバイルアプリの開発プラットフォームをオープン化
「Mobile Developer Platform」を活用したeBayやMySpaceなどのモバイルウィジェットが、近日提供開始予定。Yahoo!のモバイルサービス「Yahoo! Go」対応端末などで利用できる。(2008/1/8)

2008 International CES:
Philips、RealNetworksとの提携でRhapsody対応製品を投入
提携により、デジタル音楽サービスRhapsodyに対応したPhilips製オーディオ製品が登場する。(2008/1/8)

Microsoftの2008年は「いい年」――アナリストが予測
2007年はXboxの不具合やVistaの不調などの問題があったが、Vista SP1の登場で2008年は好転するだろうとアナリストは予測している。(2007/12/26)

MTV、大統領選特集プロジェクト向けに市民記者51人を採用
51人の若い市民記者が、大統領選を自分の視点から、ビデオ、ブログ、ポッドキャストなど、さまざまな形式で報道する。(2007/12/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。