ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Virtual Earth」最新記事一覧

関連キーワード

Microsoft、3Dモデル技術をVirtual Earthに統合
Microsoftは「Photosynth」技術をオンライン地図サービス「Virtual Earth」に統合し、商業利用も可能にした。(2009/5/11)

MS、3Dモデリングソフト「trueSpace 7.6」を無償配布
MicrosoftはVirtual Earth強化をねらって買収したCaligariの3Dモデリングソフトの無償提供を開始した。(2008/7/26)

MSの地図サービス、都内の3D表示に対応 「Virtual Earth」活用
「Live Search 地図検索」に、都内中心部のビルなどを立体的に見られる機能が加わった。地図プラットフォーム「Virtual Earth」を活用した。(2008/4/11)

MS、Google Earth対抗で3DモデリングのCaligariを買収
買収後、3Dモデラー「trueSpace」を持つCaligariは、Virtual Earthチームの一部となる。(2008/2/8)

マイクロソフト、SQL Server 2008に搭載される新機能を発表
マイクロソフトはSQL Server 2008の新機能や強化ポイントを紹介した。データ暗号化などの強化に加え、Virtual Earthとも統合する。(2008/1/15)

MS、オンライン地図のMultimapを買収
Microsoftはこの買収により、Multimapの技術をVirtual EarthやLive Search、広告プラットフォームなどに活用する。(2007/12/13)

MicrosoftとDassault、Virtual Earth用の3D作成ソフトを配布
Google EarthとSketchUpに対抗するため、無償で公開された。(2007/10/19)

地図に手描きで地域情報検索 「CHIZTEK」
マウスでなぞって手描きした範囲を検索する「CHIZTEK」がβ公開。Virtual EarthやリクルートのAPIをマッシュアップした。(2007/10/17)

マイクロソフト、Virtual Earthの日本語版APIを公開
マイクロソフトは、地図情報プラットフォーム「Microsoft Virtual Earth」の日本語版APIを公開した。(2007/9/20)

「Virtual Earth」日本語版API公開
マイクロソフトは地図プラットフォーム「Virtual Earth」の日本語版APIを公開した。3次元地図入りWebサイトなどを構築できる。(2007/9/19)

MSと仏Dassault Systemes、Virtual Earthで提携
メジャーなCADシステムであるCATIAで作成したデータが、Virtual Earthで利用可能になる。(2007/6/27)

Virtual Earthで“大リーグ観戦ツアー”?
ゴールデンウィークに米国を訪ねる予定のある人はいるだろうか。Microsoft の「Virtual Earth」によって3Dで上空から見られる都市が増えている。訪れる予定のある都市が対応しているなら、事前に上空から見てみるのがお勧めだ。(2007/4/3)

Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ:
地図とオンラインOSの関係(後編)
“マッシュアップの面白さは手軽さにある”。Webページを作る感覚でJavaScriptを使い、地図を自由に利用する醍醐味は? この記事では、Virtual Earth(地図)とWindows Messenger(メッセンジャー)のマッシュアップを紹介しよう。(2007/2/22)

Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ:
地図とオンラインOSの関係(前編)
公開された地図検索サービスAPIを利用し、派生となるコンテンツサービスを構築するサイトが増えている。MSのVirtual Earthは、Windows Live IDと連携するなどWindows Vistaとも親和性が高い。(2007/2/15)

最新のデジタル3Dマップはこう作る
NECとNECシステムテクノロジー主催のセミナーでは、最新のデジタル3D地図のソリューションが紹介された。MSのマップサービス「Virtual Earth」も登場した。(2007/2/10)

Virtual Earth、欧州100都市に「斜め上から」画像を追加
MicrosoftのVirtual Earthの特徴のひとつ「Birds eye view」機能が、新たに欧州の100都市に利用できるようになった。(2007/1/23)

MS、Virtual Earthを高解像度で表示
MicrosoftのVirtual Earthの米国地域が、高解像度画像で表示されるようになる。(2007/1/11)

Virtual Earth 3D、日本語環境でも利用可能に
Virtual Earth 3Dを非英語環境で利用できないバグが修正された。(2006/11/20)

Virtual Earth 3Dに、非英語環境にはインストールできないバグ
リリース直前に判明したバグに対処するため、英語版Windows以外にはインストールできない。(2006/11/9)

Live Search「地図検索」日本版とGoogle Maps検索を比較してみた
マイクロソフトは同社の検索サービス「Live Search」にVirtual Earthを利用した「地図検索」(β版)を追加した。例えば「丸の内」にある「レストラン」を検索し、リストと地図で一覧表示できる。同様の機能を持つGoogle Mapsと比較してみよう。(2006/11/7)

MS、Virtual Earthにリアルな3D地図を追加
MicrosoftのVirtual Earthで、全米15都市が3Dでリアルに表示されるようになった。対象都市は今後も拡大予定。また、3D地図内の道路脇や建物の屋上を広告スペースとして提供することも予定している。(2006/11/7)

GPS受信機をバンドルしたMapPointの見えない立ち位置
Microsoftのビジネス向け地図ソフトウェアの新版「MapPoint 2006」には、新しい地図データと位置特定機能が含まれる。一方で、Webサービス版の「MapPoint Web Service」は「Virtual Earth」への移行が着実に進んでおり、MapPoint製品の将来は不透明だ。(2006/6/1)

Microsoft、Vexcel買収で地図検索強化へ
写真測量、イメージ、リモートセンサー技術を手掛ける米VexcelをVirtual Earth事業部に組み込み、地域情報/地図検索サービスの強化を図る。(2006/5/5)

Microsoft、Virtual Earth推進の学術研究資金提供
Virtual EarthとTrustworthy Computingプロジェクトに関する学術研究を推進してもらう目的で、5カ国23大学の研究者に研究基金総額約100万ドルを授与する。(2006/2/17)

MS、Virtual Earth新版を間もなく立ち上げ
Virtual Earth新版はWindows Liveファミリーの一員になり、建物の画像を斜めの角度から見られる機能などを提供する。(IDG)(2005/12/7)

the Microsoft Conference 2005 Report:
RDBMSの父が語る“地図サービス”人気にMSの王手
ネット上の位置情報サービスが人気だ。いわゆる地図サービスのこの根底には、データベース利用が欠かせない。ほかでもなくMSであればVirtual Earthであり、SQL Serverが支えている。(2005/11/18)

MS、検索API公開でGoogleに対抗
MicrosoftはGoogle、Yahoo!への追い上げを図るため、来週の開発者会議でMSN Search、Virtual Earth、MSN MessengerなどのAPIを開放する。(IDG)(2005/9/9)

MS、開発メンバー出演のVirtual Earth PR「コスプレ」ビデオ公開
MSNのロゴである蝶の着ぐるみ姿でシアトル中を駆けめぐる開発者――こうしてVirtual Earthのデータを収集しました、というプロモーションビデオ。(IDG)(2005/8/22)

MSの“Earth”検索、β版が始動
Google Earthに対抗する「MSN Virtual Earth」のβ版がリリースされた。航空写真と道路地図を重ねて表示したり、Wi-Fiを使って自分の現在地を特定したりできる。(2005/7/25)

MicrosoftとGoogleの「宇宙戦争」で浮かび上がるローカル検索の課題
MicrosoftとGoogleがそれぞれ「MSN Virtual Earth」と「Google Earth」という新たなローカル検索サービスを開始した。このサービスには誰でも目を引かれるが、果たして真に有用でタイムリーな情報が提供されるのだろうか?(2005/5/31)

Googleの衛星写真サービスを追い、MSNも“Earth”始動へ
Microsoftは衛星写真と連動した地域インデックスサービス「MSN Virtual Earth」をこの夏公開すると発表した。(IDG)(2005/5/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。