ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VLAN」最新記事一覧

特集:成熟するOpenStack、企業における利用の現場(2):
NTTドコモにおける、OpenStackプライベートクラウドの価値を高める取り組みとは
NTTドコモでOpenStackによるプライベートクラウドを推進している人々が、2016年10月にスペインで開催されたOpenStack Summit Barcelona 2016で、自らの活動について語った。OpenStackを運用するというだけでなく、ユーザーにとっての価値を高める取り組みを進めている。(2016/11/21)

Tech Basics/Keyword:
イーサネット
無線LAN全盛とはいえ、オフィスでは有線ネットワークの「イーサネット」がまだまだ多用されている。その種類や速度、動作原理は? 40年以上の歴史を振り返りつつ解説。(2016/11/16)

特集:成熟するOpenStack、企業における利用の現場(1):
OpenStackの、NFVおよびコンテナへの取り組みから見えてくるもの
OpenStackは今、どのような状況にあるのか。どう普及してきているのか。本特集では、OpenStack Barcelona 2016で得られた情報から、これを探る。まず、アプリケーションとの連携をどのように進めているかについてお伝えする。(2016/11/1)

SDNで始めるネットワークの運用改善(1):
SDNの理想と現実――ネットワーク運用でのSDNの現実的な活用法を考える
本連載では、現実的な視点から、従来のネットワーク運用をいかにSDNによって改善できるのかを考えていきます。第1回では、SDNとそれに関連する技術についてあらためて整理します。(2016/11/2)

デジタル SPIDERIII:
高信頼ネットワーク構築が可能な産業用スイッチングハブ
デジタルは、過酷な環境でも使用できる産業用スイッチングハブ「SPIDERIII」を発表した。(2016/10/19)

FAニュース:
アンマネージドスイッチギガビット対応の産業用スイッチングハブ
デジタルは、過酷な環境でも使用できる産業用スイッチングハブ「SPIDERIII」を発表した。スイッチング機能やTP/TXインタフェース機能を備え、各種海外安全規格にも対応。信頼性の高いネットワーク構築を可能にする。(2016/10/6)

“おとり”を活用した新たなセキュリティ対策のアプローチ:
PR:サイバー攻撃者と防御側の立場を“逆転”させる「騙し」のテクニックとは
サイバーセキュリティの世界では長年、攻撃者側が有利な状態が続いてきた。攻撃者は何度でも侵入を試せるのに対し、守る側には1度のミスも許されないからだ。だが今、この状況を根本的に変え、攻撃のコストを大幅に高めるユニークなアプローチが登場している。(2016/9/26)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第2回】
いまさら聞けない無線アクセスポイントの選び方、クリニックで“安全”に増設するには
医療機関で使用する無線LANアクセスポイントは、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」わけではありません。認証方式はどれを選ぶべきか、設置場所はどこがいいのか、ポイントをおさらいしましょう。(2016/9/14)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第28回 Docker Networkingの基礎知識 ソフトウェア定義型時代の到来
今回からDocker環境のネットワーキングに迫ります。ネットワーキングと聞くと、とても難解なイメージがあるかもしれませんが要素技術は非常に重要です。従来の物理システムと異なる点もあるDockerのネットワーキングについて、まずは基本を解説します。(2016/9/8)

一筋縄ではいかない
OpenStackのスケーラビリティはIT担当者にとって“我慢大会”
OpenStackのコンポーネントは絶えず進化しており、そのことが返ってOpenStackのスケーラビリティ向上を阻害している。この問題が根強いのはなぜか、どうすれば克服できるのかを見ていこう。(2016/9/7)

FAニュース:
最大1300Mbpsの高速通信が可能な無線LANアクセスポイント
コンテックは、高機能無線LANアクセスポイント「FXA3200」を発売した。無線LAN規格802.11acに準拠し、3ストリームで最大1300Mbpsの高速通信が可能。5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信に対応する。(2016/8/23)

準備が問題の大半を占めるネットワーク移行
次世代ネットワークに安全移行、失敗をしない3つのアプローチ
既存のネットワークインフラを次世代ネットワークに移行する場合、変更に伴うリスクの大きさを考えなければいけない。そのリスクを考慮した移行の方法を紹介する。(2016/8/23)

特集:セキュアで高速な無線LAN環境構築のために知っておくべき全て(3):
「無線LAN環境構築で絶対押さえておくべきポイント」――オフィス移転を繰り返してきた担当者が語る
無線LAN環境構築のための具体的なポイントを探る本特集。今回は4度にわたりオフィス移転を繰り返し、その都度無線LAN環境の改善を続けてきた現場担当者に話を聞いた。(2016/7/28)

Cisco HyperFlexの実力(1):
PR:そのハイパーコンバージドインフラ、導入は本当に簡単ですか?
ハイパーコンバージドインフラ製品はなぜ注目されているのか、そして、仮想化環境の導入作業における、「第一世代製品」と「第二世代製品」の違いを、具体的に説明する。(2016/8/22)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第1回】
クリニックの無線LAN構築、まずはルーターを集約してネットワークを整理しよう
「無線LANルーターを入れたのに思ったような通信速度が出ない」という医療現場の声を解決するには、ベンダー任せだけでは限界があるものです。まずは院内にあるルーターの数と設置場所を見直してみませんか。(2016/7/25)

ネットギア、タップ型デザインの16ポート搭載ギガビットLANスイッチ
ネットギアジャパンは、設置しやすいタップ型デザインを採用した16ポート搭載ギガビットLANスイッチ「GSS116E」の販売を開始する。(2016/7/12)

「Interop Tokyo 2016」ブースレポート:
PR:既存スイッチをフル活用する「分散型セキュリティ」というやり方
IoT、そしてモバイル5G時代を目前に控え、通信キャリアにもさらなるセキュリティ対策が求められている。問題ある通信を“エッジ”で止めるには、セキュリティ機器を顧客の数だけ設置する必要があるが、コスト上非現実的だ。それならば、「既存のL2スイッチとセキュリティ機器を連携させればよいのでは?」。そんな視点から生み出された、キャリアグレードの新たなセキュリティソリューションを紹介しよう。(2016/7/8)

特集:セキュアで高速な無線LAN環境構築のために知っておくべき全て(1):
IoTで加速する「無線LAN環境の複雑化」――どう対処すべきか
モバイルやクラウド、IoTといったトレンドの中で、組織における「無線LAN環境」の見直しが迫られている。無線LAN環境構築と運用のポイントについて、日本ヒューレット・パッカードの無線LAN製品ブランド、アルバ担当者に聞いた。(2016/7/1)

工場用イーサネット入門(5):
工場のネットワークセキュリティ対策とは?
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第5回では、工場のネットワークセキュリティ対策について解説します。(2016/6/30)

身代金要求型マルウェアの脅威
危険な進化を遂げた「ランサムウェア」、ユーザーを守る“5つのキホン”とは
ネットワークセキュリティの強化が、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の感染を防ぐ鍵になりそうだ。企業がネットワークを改善し、この脅威を阻止する5つの方法を解説する。(2016/6/23)

Nutanix .NEXT Conference 2016:
ニュータニックスは「エンタープライズのためのAWS」になろうとしている
ニュータニックスは6月21日、「エンタープライズのためのAWS」を目指し、「ヴイエムウェアにできなかった社内ITインフラのクラウド化を進める」と、同社の年次カンファレンスで宣言した。(2016/6/22)

普及を阻むのはベンダーの独善的拙速
「シンプルなファブリック」でSDNは「2016年こそ本当に」離陸できるのか
「企業はメリットのないものを決して導入しない」「従来技術によるネットワークアーキテクチャは終わりを迎えようとしている」と語るネットワーク技術者が、SDNが普及するために必要な条件を示す。(2016/6/15)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】
「NFV」編──ネットワーク機器の全てをサーバで代替するNFVがなぜ普及しない
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「SDNとNFVの今後」を考えてみる。(2016/6/3)

ホワイトペーパー:
バンダイナムコのクリエイターの創造と発信を加速する高速ネットワーク導入の舞台裏
バンダイナムコ ホールディングスが、本社・未来研究所のネットワークの全面刷新を行った。単に機器を更新して高速化を図るだけでなく、クリエイターの生産性向上と管理側の負荷軽減の両立を目指した同社が取ったアプローチとは?(2016/6/2)

学歴と資格まで評価対象
「できるネットワーク管理者」になるための条件
ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。(2016/6/1)

PR:アナタの会社で「ネットワーク仮想化」ができない理由
クラウドや仮想化が身近になったものの、ネットワークの仮想化は進んでいないという企業は多い。コスト削減や効率化、ビジネスのスピードアップなど、さまざまなメリットがある一方で導入が進まないのには、日本企業の情報システム部門が抱える課題があるという。(2016/5/31)

PR:@IT読者調査で分かった、ネットワーク運用管理者が困っていること
ネットワークの運用管理に携わるITプロフェッショナルを対象とした@IT読者調査で、回答者の59%が作業ミスによりネットワークを停止させてしまった経験があると回答した。こうした経験から、運用担当者の負担がさらに重くなっている実態が明らかになった。(2016/5/30)

工場用イーサネット入門(4):
工場を止めないネットワークの基本機能と、ハブとスイッチの違い
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第4回では、工場用イーサネットでも使うハブとスイッチの違いに焦点を当てながら、「基本的なネットワークの機能」を解説します。(2016/5/30)

ビジネスを駆動するネットワークへ:
PR:Cisco DNAは、「社内ネットワークを何とかしたい」と思う全ての人のためにある
社内ネットワークが、「ビジネスの足を引っ張る存在」から、「ビジネスを促進する基盤」に変身できる仕組み、それが「Cisco DNA」だ。しかも機器の新規購入コストゼロからスタートできる(2016/6/1)

新規参入ベンダーが相次ぐ急成長分野
「とんでもない数の企業」がひしめくSD-WAN市場、2020年までの爆発的成長は約束されている?
ネットワーク専門家が注目している「SD-WAN市場の再編」「APIとSDN」「次期米大統領に望むサイバーセキュリティ政策」という3つのトピックを紹介する。(2016/5/25)

Interop見どころ案内:
PR:シスコだから実現できる「セキュリティソリューション」とは?
2016年6月8日〜10日に東京の幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」が開催される。シスコシステムズが展示する最新製品、ソリューションの中から見どころを紹介する。(2016/5/24)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第3回】
「SDN」編──“ネットワーク管理に向いていない人類”を助けるはずだった
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、この一連の連載で主役となる「SDN」の登場経緯から派生技術までを解説する。(2016/5/10)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第2回】
「OpenFlow」編──その実力以上に期待されてしまった救世主
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、VLANの泥沼から抜け出すために登場した「OpenFlow」について復習する。(2016/3/31)

東西DCを閉域網接続:
IDCフロンティア、東西リージョン間のクラウド接続を無料提供
IDCフロンティアは、同社の「IDCFクラウド」で、東日本リージョンと西日本リージョンを同社の閉域網で接続する機能を無料で提供する。(2016/2/26)

CCENT/CCNA 試験対策 2016年版(33):
ネットワークのトラブルシューティング――レイヤー2編
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は前回に引き続き、「ネットワークのトラブルシューティング」を扱います。前回は「レイヤー1」におけるトラブル事例と対策を紹介しましたが、今回は、「レイヤー2」におけるトラブルシューティングについて解説します。(2016/2/25)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」
「VLAN」編──全てはVLANの混沌から
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。まずは、現在のネットワーク環境ではこれを知らないと何も始まらない「SDN」からいってみよう。(2016/2/5)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(31):
スイッチのポートセキュリティ設定
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回はスイッチへの「悪意ある機器」の接続を防ぐセキュリティ設定の方法を解説します。(2016/1/28)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(3):
CentOS 7のネットワーク管理「NetworkManager」を極める
「CentOS 7」は以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更されたため、「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回はネットワーク管理の仕組み「NetworkManager」の基礎から運用方法まで分かりやすく解説します。(2016/1/27)

ホワイトペーパー:
セキュリティのためのネットワークセグメンテーションを可能にする次世代ファイアウォールの実力
近年、企業はネットワークの大きな変化に直面しており、従来のセキュリティ戦略の見直しを迫られている。セキュリティのためのネットワークセグメンテーションの有用性とそれを可能にするソリューションについて解説する。(2015/12/28)

OpenStack Summit 2015 Tokyo:
SDNプロジェクト「OpenDaylight」がもたらすインパクト、期待できること
2013年2月に発足したOpenDaylightプロジェクトは、当初のイメージとは大幅に異なる側面を持つ活動に発展しつつある。OpenStack Summit 2015 Tokyoを機に、OpenDaylightシニアテクニカルディレクターのフィル・ロブ(Phil Robb)氏、およびOpenDaylightアンバサダーである、NEC スマートネットワーク事業部 主席技術主幹の工藤雅司氏に聞いた。(2015/12/1)

技術論だけでは普及できない背景
DevOpsは「文化」、金融業界のリーダーが語るIT雇用の変化
パブリッククラウドやコンテナ技術、マイクロサービスなどの普及はIT雇用にも影響を及ぼしつつある。企業はスタックについて総合的に考えるDevOpsチームの構築を目指している。(2015/11/20)

Cisco ACI×Microsoft/Red Hat/VMware後編:
PR:クラウドはネットワークで初めて完結する、Cisco ACIと主要仮想化基盤の連携を解説
 仮想化/クラウド基盤の運用で大きな課題となりやすいのは、ネットワークだ。Cisco ACIはネットワークセグメント分割から高度なネットワークセキュリティに至るまで、これをマルチベンダーで実現できる、稀有なツールだ。シスコが9月8日に東京都内で開催した 「Microsoft/Red Hat/VMware クラウド基盤の最前線とCisco ACIご紹介セミナー」における、レッドハットとヴイエムウェアのプラットフォーム戦略、およびCisco ACIと3社の仮想化/クラウド基盤の具体的な連携についての講演をレポートする。(2015/11/30)

企業の仮想化はどこまで進んでいるのか?
IDCが実施したITインフラの仮想化調査では「サーバ+α」が着実に進んでいることが分かった。(2015/10/19)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(24):
DHCPとは何か――ルーターでDHCPサーバーを稼働させるための設定方法や仕組み、シーケンス、メッセージの種類、リレー、リース期間
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は、ルーターでDHCPサーバーを稼働させるための設定方法を解説します。(2015/10/8)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(23):
VLAN間ルーティングの設定と確認
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は、VLANの特徴をおさらいし、VLAN間ルーティングの設定と確認方法を解説します。(2015/9/17)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(22):
OSPFv3とOSPFv2の違い、そして設定コマンド
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は、IPv6に対応した「OSPFv3」について解説し、最後にコマンドによる設定方法を紹介します。(2015/9/3)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(3):
Kilo、Liberty、そして“Mitaka”。OpenStackはどうなる? コアデベロッパーによる開発プロジェクトの動向まとめ
OpenStackプロジェクトの開発メンバーによる、プロジェクト全体のアップデート解説。今秋、方針が固まるMリリース「Mitaka(三鷹)」の予想も。(2015/8/11)

意外なところに答えが:
「企業の社内LANにSDNは浸透しない」はウソである理由
企業LANに、果たしてSDNは必要なのか。多くの企業にとって社内LANでSDNを導入するようになる日は来るのか。これら2つの疑問への、意外な回答が見えつつある。無線LAN製品の進化だ。(2015/8/6)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門・機器選定編【第1回】
より速く、より密に、よりシンプルに 「スイッチ」の進化に3つの潮流
ネットワーク機器の基礎的な技術と機能について説明してきた「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」。今回からは最近の製品トレンドをおさえつつ、機器選定のポイントを説明していきます。(2015/7/30)

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【最終回】
手戻りのない OpenStack検討ステップ
「OpenStack」の設計には、効率が良く手戻りの少ない順序がある。これからOpenStackに取り組むアーキテクト向けに、検討すべき要素をステップで解説する。(2015/7/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。