ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「変圧器」最新記事一覧

蓄電・発電機器:
世界基準の1500Vパワコン、米国で評価され日本企業で初の受注
東芝三菱電機産業システムは、日本勢としては初めて太陽光発電システム用1500V系パワーコンディショナーの受注に成功した。(2016/6/8)

エネルギー列島2016年版(1)北海道:
再生可能エネルギーの電力を余らせない、風力・小水力・バイオマスで水素を作る
北海道で再生可能エネルギーから水素を製造する試みが広がってきた。家畜のふん尿で作ったバイオガスを利用するプロジェクトのほか、風力や小水力の電力でも水素を作ってエネルギー源に生かす。道内で余った電力は水素に転換して首都圏などに供給する。太陽光や地熱発電の取り組みも活発だ。(2016/4/5)

スマートシティ:
問題だらけのインド配電網、一足飛びの次世代実証事業にNEDOが参加
NEDOは、インド電力省などとの間で、ハリヤナ州のパニパット市内でスマートグリッド関連技術の実証事業を実施することで合意した。(2015/12/11)

製造ITニュース:
IoTへの注力拡大のため製品開発部門を新設
SAP SEは、IoT向けソリューションを拡充するため、顧客およびパートナーとの共同イノベーションに取り組んでいくことを発表。先進的なソリューションの開発に注力するため、IoTに重点を置いた製品開発部門を立ち上げた。(2015/11/19)

工場ニュース:
シンガポールで平膜ユニットの組み立て工場の稼働を開始
明電舎は、シンガポールの現地法人Meiden Singapore内に、セラミック平膜のユニット組み立て工場を建設し、稼働を開始した。同時に、研究開発センターも設立した。(2015/11/6)

信頼性を改善し、耐ノイズ性能高める:
ADIが独自絶縁部品「iCoupler」新シリーズ発表
Analog Devices(アナログ・デバイセズ)は2015年10月、独自のトランス応用型絶縁技術「iCoupler デジタル・アイソレーション」を用いたデバイスとして、従来よりも信頼性を改善し、耐ノイズ性能を高めた新製品5種類を発表した。(2015/11/2)

ヨドバシミステリー探訪:
単独で存在する特色ある別館 実はアクセサリーやホビーも充実!の巻
イラストライターのゆきぴゅーさんに、新宿西口のヨドバシカメラ各店を探検してもらう企画。今回は、西口エリアに点在する個性的な売り場を実際に訪れてみました。ちょっと場所が分かりにくいんですよね〜。(2015/9/30)

いまさら聞けない 電装部品入門(21):
スマートエントリーがあれば鍵を開けなくてもクルマに入れる!?
携帯キーを身に付けている状態で車両に近づくだけでドアの開錠を行えるスマートエントリー。極めて利便性の高い電装部品だが、無線を用いていることによる使用上の注意点もある。(2015/9/10)

Design Ideas ディスプレイとドライバ:
電源ICを使ったLEDの定電流駆動回路
LEDが光源として注目を浴びている。従来に比べて、効率や信頼性が高い場合が多いからだ。スイッチング電源を使えば、バラスト抵抗を用いた電流の制限方法に比べてさらに効率を高められる。(2015/9/4)

電源タップ+USBポート+モバイルバッテリーの3つが1つになった「世界巡業」発売
フォースメディアは、電源タップ、USBポート、モバイルバッテリーの3つの機能を1台に詰め込んだ「世界巡業」を9月上旬に発売する。(2015/8/24)

深夜の決闘!――話題の扇風機を夜のアキバでガチ比較
静かな扇風機は? 風を遠くまで届ける扇風機は? 深夜のヨドバシカメラ店内で大実験。バルミューダ、ダイソン、シャープ、東芝の最新型扇風機を横並びで比較してみた。(2015/8/4)

FAニュース:
ミャンマーに電力・配電用変圧器を手掛ける合弁会社を設立
日立産機とミャンマーのSoe Electric & Machineryは、電力・配電用変圧器事業を中心とする合弁会社設立の契約を締結した。協業関係を強化し、近年高まるミャンマーの変電・配電設備の需要に応える。(2015/7/30)

トリップアドバイザー、旅行動向調査「トリップバロメーター」を発表――4割がスマホトラベラー
トリップアドバイザーは、旅行動向調査「トリップバロメーター」を発表。スマートトフォンを使って旅行の計画や宿泊先などの予約を行う「スマホトラベラー」は4割にのぼることが判明した。(2015/7/9)

FAニュース:
逆位相の音で騒音を打ち消す、小型ANC装置を発売
ササクラは、騒音源の隣に設置するだけで、空間に広がる騒音を低減できる小型ANC装置「スポットサイレンサー」を発売した。騒音源の波形と逆の波形の音を重ね合わせることで低周波音を相殺し、騒音を低減する。(2015/7/6)

蓄電・発電機器:
変換効率97.5%の太陽電池向け中規模パワコン、曇りでも効率運用
日立製作所は太陽光発電用パワーコンディショナーの製品群を拡充。日照量が少ない場合でもより多くの電力の出力を可能にする回路構成とともに、電力変換最高効率97.5%を実現する300kWモデルを発売した。(2015/7/3)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第18回 日本は、なぜ「電圧100ボルト」なの?
日本の商用電源電圧は主に100ボルト。これほど低い電圧の国は世界的にほとんどなく、採用するのは日本と北朝鮮くらいだそうです。……こちら、ITインフラ界隈ではどんな影響があるかご存じですか?(2015/7/3)

N700系で試験走行「高速鉄道で世界初」:
SiCモジュール、東海道新幹線でも採用へ――JR東海
JR東海は新幹線車両向けに開発したSiC(炭化ケイ素)パワーデバイスを採用した駆動システムの実用化メドが立ち、今後、東海道新幹線への導入を検討すると発表した。(2015/6/25)

工場ニュース:
グローバル生産拠点としての活用を目指し、台中市に変圧器の新工場を完工
日立製作所は、台湾・華城電機との合弁会社である日立華城変圧器が、台中市の台中港自由貿易港区に変圧器の製造工場を完工したと発表した。生産能力は、400MVA変圧器換算で年間40台となる見込みだ。(2015/6/20)

Design Ideas 計測とテスト:
オペアンプで帰還ループに交流信号を印加する
信号印加用変圧器のコストと周波数帯域の制約を受けずにボード線図の測定を可能にするオペアンプを使った測定法を紹介する。(2015/6/4)

FAニュース:
超高効率変圧器を改良、小型・軽量化で幅広い搬入・設置に対応
日立産機システムは、超高効率変圧器「SuperアモルファスZero」シリーズをさらに改良した。従来に比べて小型・軽量化したことで、これまで搬入・設置が困難だったケースにも対応可能になるという。(2015/5/21)

FAニュース:
ICTを活用した次世代型FA関連機器市場、2020年に約5兆円に成長
富士経済は、インダストリー4.0やインダストリアルインターネットなど「ICTを活用した次世代型製造現場」に必要となるFA機器やシステムの市場調査を行い、展望をまとめた。(2015/3/19)

FAニュース:
出力抑制ルールに対応した、太陽光発電変電設備パッケージ
ダイヘンは、耐塩密閉構造エアコン・レスパワーコンディショナを搭載した、太陽光発電変電設備パッケージ「DISOLA PACK NEO」を発売した。パワーコンディショナ、連系盤、昇圧変圧器のオールインワンパッケージで、最短半日で設置できる。(2015/3/12)

分散電源でよりコンパクトに!:
PR:フライバック・コントローラ内蔵スマート・ゲート駆動フォトカプラ
「ACPL-302J」は、絶縁型電源を改善しゲート駆動設計を簡素化するスマートゲート駆動フォトカプラです。フライバック・コントローラを集積することにより、分散電源トポロジーを使用して変圧器とコンデンサをより小さくし、基板上の電源配線を簡素化し、電磁障害(EMI)とノイズを最小化することができます。(2015/3/4)

2016年から規制改訂に対応できる!:
PR:沿面距離/空間距離14.2mm 高電圧アプリケーション向けフォトカプラ
「ACNTファミリ」のフォトカプラは、高電圧アプリケーション向けに14.2mmの沿面距離と空間距離を持つ。2016年にも予定されるより厳しい規制基準「IEC 61800-5-1」への移行後にも対応する最新フォトカプラとなっている。(2015/2/1)

自然エネルギー:
海流・潮流・波力発電に挑む、海洋エネルギーでコストを20円以下に
日本が世界に先がけて取り組む海洋エネルギーの分野で4つの研究開発プロジェクトが始まる。2016年以降の実用化を目指す水中浮遊式の海流発電システムをはじめ、2020年代に発電コストを1kWhあたり20円以下に低減させる潮流発電や波力発電の技術開発を国の支援で推進していく。(2015/1/6)

電力供給サービス:
日本が認めるスイスの技術、直流で効率良く送電できるHVDC
日立製作所とスイスABBは2014年12月16日、国内向けに高圧直流送電(HVDC)事業を展開するための合弁会社を設立することに合意したと発表した。日立製作所の営業ネットワークやプロジェクトマネジメント能力を、ABBの先進HVDC技術と組み合わせることで、再生可能エネルギーの大量導入や、国内の電力系統強化に役立てる。(2014/12/18)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(2):
コミュニティーづくりから実戦の場へ――世田谷ものづくり学校が描く新ビジョン
IID 世田谷ものづくり学校(IID)は2014年秋から、個人のクリエイターや中小企業を巻き込んでモノづくりを産業として発展させる体制を整えている。廃校を再活用したモノづくり拠点として2004年から行ってきた取り組みを基に、今後はどのようなビジョンで活動を進めようとしているのだろうか。(2014/10/21)

自然エネルギー:
ヤギは除草に役立つのか、鳥取で検証
SBエナジーが大規模太陽光発電所を拡大しながら、新しい試みにも着手し始めた。新しい試みとは、ヤギによる除草だ。900m2の土地にヤギ2頭を放ち、他の除草方法と比較する。(2014/10/14)

自然エネルギー:
総事業費1100億円で11月に建設開始、日本最大231MWのメガソーラー
岡山県の瀬戸内市で計画中の日本最大規模のメガソーラーが11月に着工する。発電能力は231MWで、総事業費が1100億円の壮大なプロジェクトになる。米GEが60%を出資して2019年4〜6月に運転を開始する予定だ。パワーコンディショナーにはGE製の1MW級の最新機種を採用する。(2014/10/1)

電力供給サービス:
2400kmを直流で送る、原発3基分の電力
スイスABBはアマゾン奥地にある大規模水力発電所から、大西洋岸まで2400kmを高圧の直流で送る送電線を作り上げたと発表した。世界最長だと主張する。送電できる電力量は原発3基分に相当する315万kW。52万5000V、5000Aの直流を1500km送電できる送電線の開発にも成功したという。(2014/9/19)

FAニュース:
日立、効率96%を実現するIE5レベルのアモルファスモーターを開発
日立製作所と日立産機システムは、産業用モーターの国際高効率規格で、最高レベルのIE5を達成するアモルファスモーターを、共同開発したと発表した。(2014/7/9)

広田稔のMacでごー!(28):
この夏、はかどるぞ! 海外旅行に持っていきたいアイテム“俺的ベスト10”
夏といえば旅行シーズン。長期休みを狙って、海外に脱出するために今から準備しているという人もいるはずだ。今回は海外でガジェットを活用する上で役立つアクセサリーをピックアップしていく。(2014/6/16)

PR:マンション一括受電で、悩みの管理費値上げを解決
東京都東大和市に建つグランドメゾン玉川上水ウエストスクエアの管理組合では、管理費と長期修繕積立金の値上げを避けることを前提に、さまざまな費用の見直しを進めていた。最後に残ったのが共用部分の電気料金だったが、中央電力の「マンション一括受電サービス」を導入することで、照明のLED化と合わせて2割の削減に成功した。サービス導入に当たっての秘訣は何だったのだろう。(2014/5/30)

タイムアウト東京のオススメ:
ワンランク上の旅をコーディネートする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/5/28)

FAニュース:
日立産機システム、超高効率変圧器「SuperアモルファスZero」シリーズを受注開始
アモルファス変圧器「SuperアモルファスX」シリーズをモデルチェンジ。鉄心素材に最新のアモルファス合金を採用し、無負荷損を大幅に低減した。(2014/5/8)

スマートエネルギーWeek2014 開催直前情報:
太陽光の変電部分を革新する、シュナイダーのコンテナ型ボックス
「スマートエネルギーWeek2014」におけるシュナイダーエレクトリックのテーマは、Bankability(バンカビリティー)だ。太陽光発電事業で重要なのは約20年にわたって、安定した発電を継続すること。そこに同社の機器やサービスが役立つという。パッケージ型昇圧変電所PVボックスを実装した実機を初めて展示する。(2014/2/24)

蓄電・発電機器:
大都市の郊外に建設したメガソーラー、コンテナ型の変電設備で安定稼働へ
神戸市の中心から約10キロメートルの郊外に、2つのメガソーラーが相次いで完成した。いずれも2MW(メガワット)の発電規模で、大量の太陽光パネルを不規則な配列で設置しても安定した発電量を得られるように、コンテナ型の変電設備を導入したことが特徴だ。(2014/1/28)

法制度・規制:
「断熱材」と「BEMS」、改正省エネ法で取り組み進む
省エネ法が改正された。エネルギー需給のうち、需要側を改善するための改正だ。要点は2つ。断熱材にトップランナー制度を導入したことと、電力ピーク対策を需要家が進めやすいよう制度を変更したことだ。(2014/1/7)

電力供給サービス:
風力発電所が集中する東北に大型蓄電池を配備、最大出力40MWで2015年に稼働
日本最大の風力発電の拠点になる東北地方で、大型蓄電池を利用して電力の安定化を図る実証事業が始まる。東北電力が宮城県で運営する「西仙台変電所」に最大出力40MWの蓄電池システムを導入して、2015年2月から運転を開始する計画だ。変電所に設置する蓄電池では世界最大級になる。(2013/11/27)

蓄電・発電機器:
系統連系の設備コストを低減、小型変圧器の採用が効く
大規模太陽光発電所や風力発電所を系統に接続する際に必要になる施設、接続点。接続点に設置した機器の電力消費をまかなう機器にコストアップ要因があった。日新電機が開発した小型変圧器は、接続点に設置する変圧器のコストを20%削減できるという。(2013/11/1)

FAニュース:
富士電機機器制御、小型化し取扱い性を向上した新型高圧負荷開閉器を発売
主接触子とアーク接触子を一体化。接点構造を簡素化することで小型化を実現した。また、配線方法やヒューズホルダ構造などの改善により、作業時の取扱い性や信頼性を向上した。(2013/10/25)

電力供給サービス:
世界最大の洋上風力発電所、その送電事業を取得した三菱商事の狙いとは
2020年には約5000万kWにまで規模が拡大する欧州の洋上風力発電。三菱商事は洋上風力発電に不可欠な海底送電事業を取得することで、市場拡大と歩調を合わせた事業拡大を狙う。2013年9月には世界最大の洋上風力発電所London Arrayの送電事業を他企業と共同で、700億円を投じて買収した。(2013/9/12)

初めから分かる一括受電(1):
まとめ買いで電力を安く手に入れる、一括受電の秘密とは
大量にまとめて買えば値段が安くなるのは経済の常識だ。これは電力にも当てはまる。一般のオフィスビルではビルのオーナーもしくは管理会社が電力会社と契約して、まとめて電力を購入するのが普通である。しかし、同じ建物でもマンションの場合、各住戸が個別に電力会社と契約して割高な電力を購入している。この問題を解決する方法として注目を集めるのが「一括受電」だ。(2013/9/9)

FAニュース:
東芝、産業用モータ・変圧器関連子会社2社を合併
産業用低圧モータ・変圧器の販売・サービス事業と開発・製造事業に分かれていた子会社2社を合併して事業体質を強化する。(2013/8/26)

発電の仕組み(2):
なぜなぜ風力発電、生まれ変わる古代の技術
風の力で羽根車を回転させる風車の歴史は古い。中国やエジプトでは3000年以上記録をさかのぼることができる。発電機が発明された直後に風力発電が芽生えたものの、ある1人の人物がいなければ、現代の風力発電はなかったかもしれない。(2013/8/13)

FAニュース:
三菱電機、第二次トップランナー基準対応の配電用変圧器
鉄心などの材料や設計を最適化し、現行の「トップランナー変圧器Nシリーズ」からエネルギー消費効率を平均で約12.5%改善した。(2013/8/5)

FAニュース:
日立産機、トップランナー変圧器2014対応の配電用変圧器を改良
配電用変圧器「SuperトップランナーII」シリーズをモデルチェンジ。地震災害を想定して変圧器の変位量を検証。鉄心の材料・フォルム設計を見直して低騒音化した。(2013/7/29)

下請けから最終製品メーカーへ:
技術力を生かすため、自社ブランドの医療機器開発に挑戦
技術や機能だけではなくデザインも優れた最終製品を作る! もともとは電気絶縁材料メーカーだった吉田電材工業の最終製品開発。(2013/6/28)

スマートオフィス:
30%の省電力と節水を実現、京王電鉄が13種類の設備を事務所に導入
京王電鉄は東京に新設する事務所で省電力と節水を実現するため、太陽光発電の他、照明、空調、給湯、トイレなどに工夫を凝らした。LED照明やヒートポンプ式給湯器など導入しやすい設備など、合計13種類の設備を複合的に組み合わせて効果を高めている。(2013/6/27)

長さ3メートルのUSBケーブルが付いたスマホ/タブレット用ACアダプター
サンワサプライから、3メートルのロングケーブルで場所を選ばず使えるスマートフォン/タブレット用ACアダプタ「BM-ACTAB3Mシリーズ」が登場した。(2013/6/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。