ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Visual Studio Online」最新記事一覧

特集:Connect 2015:
Visual Studio Dev Essentialsとは何か
マイクロソフトが新たに発表したサブスクリプションプログラム「Visual Studio Dev Essential」について考察していこう。(2015/11/26)

特集:Connect 2015:
マイクロソフトと.NET開発者の明日はどっちだ?
2015年11月に開催されたマイクロソフトの開発者向けイベントConnect();のキーノートから、これからマイクロソフトと.NET開発者が進む道を探る。(2015/11/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOpsを機能させるための開発ツールとは
DevOpsは、うまくやればチームによる計画、コーディング、構築、テスト、リリース、導入、運用、モニタの継続的連鎖を実現し、それを繰り返すことができる。開発環境の内実に目を向けて、その仕組みを紹介する。(2015/9/28)

リリースサイクルを改善し、ビジネス価値を生み出していく:
PR:DevOpsの本質はツールではなく考え方と実践――国内での普及を目指すDevOpsハッカソンの狙いと実態
日本マイクロソフトは9月5日、6日、DevOpsの本質を知るためのハッカソン「DevOpsハッカソン」を開催。本稿では、同ハッカソンを企画し、国内におけるDevOpsの普及に力を注ぐ、米マイクロソフト シニア テクニカル エバンジェリスト DevOpsの牛尾剛氏に「DevOpsの本質とは何か」についてあらためて話を聞き、ハッカソン当日の模様をリポートする。(2015/9/16)

ABC 2015 Summerリポート:
Windows 10移植、ドローン、Eddystone、Blink――プラットフォームを超えるAndroidの今を知る
2015年7月20日に開催されたAndroid Bazzar and Conference 2015 Summerのセッションの中からクロスプラットフォームに関連する4つの模様をリポートする。(2015/8/20)

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:
第1回 Visual Studio 2015って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための連載スタート。(2015/8/7)

連載:TFVC vs Git:
第4回 TFVCとGitのデプロイ、ビルド、テスト
今回はVisual Studio Onlineの新しいビルドシステムを使って、ソースコードをコミットしてからビルド/テスト/デプロイまでを自動的に行う方法を見る。連載完結。(2015/8/3)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio CodeでGitを利用する
Visual Studio CodeでGitHub、Visual Studio Onlineなどのサービスを利用して、ソースコード管理を行うための基本を説明する。(2015/7/21)

de:code 2015基調講演:
Windows 10、クラウド、モバイル、IoT、そしてHoloLens──全方位で逆襲するマイクロソフト
日本マイクロソフトは2015年5月26〜27日にエンジニア向けイベント「de:code」を開催した。本稿では、近年のマイクロソフトを取り巻く市場環境と二つの大きな戦略を見ながら、de:code 2015の基調講演の模様を凝縮してお伝えする。(2015/6/15)

連載:TFVC vs Git:
第2回 TFVCチームプロジェクトの利用
TFVCチームプロジェクトに接続し、ソースコードのチェックイン、変更の追跡を行う方法を説明する。また、VS以外の環境からVS Onlineを利用する方法も取り上げる。(2015/5/14)

WindowsユーザーのUnity開発をサポート:
PR:Unityの開発をさらに効率化! 「Visual Studio Tools for Unity」を利用する
Unityを編集する際には、規定では付属のMono Developを使います。しかしWindowsアプリケーションの開発者であればVisual Studioを使いたいところ。今回はそれをかなえる無償ツール「Visual Studio Tools for Unity」を紹介します。(2015/4/27)

連載:TFVC vs Git:
第1回 Visual Studio Onlineで使える二つのバージョン管理システム
本連載ではVisual Studio Onlineの特徴でもある集中型と分散型の2種類のバージョン管理について比較紹介する。(2015/4/17)

特集:.NET開発者のためのオンラインリソースガイド:
.NET開発者がよく使うサイト、本当に使えるサイト【2015年度版】
Web上には.NET関連サイトが数え切れないほどたくさんある。その中でも.NET開発初心者がまずは押さえておきたいWebサイトを厳選してまとめた。(2015/4/9)

連載:アプリケーションの運用監視:
第3回 APIの活用とロードテストの実施
New Relic APIの活用とApplication Insightsのログ出力のカスタマイズ、Visual Studio Onlineによるロードテストの実施方法を解説する。連載完結。(2015/1/23)

連載:アプリケーションの運用監視:
第2回 アプリの運用監視サービスを活用する
New RelicとApplication Insightsを利用して、Webアプリの死活監視など、各種の情報を取得する方法を解説する。なお、本記事は2015/1/14時点の情報に基づいている(2015/1/19)

Microsoft、Android/iOS対応のクラッシュ解析企業を買収 Visual Studioに統合へ
アプリ開発者向けにも「モバイル第一、クラウド第一」ソリューション提供を進めるMicrosoftが、マルチプラットフォーム対応のクラッシュ解析ツールを手掛けるHockeyAppを買収し、Visual Studioの「Application Insights」に機能を統合する。(2014/12/12)

.NETのオープンソース化、新たな無償版エディションの登場でこんなに変わる:
PR:エンジニアが「一番やってみたいこと」から考える未来へのステップアップ――Visual Studioならここまでできる!
@ITが実施した読者アンケートでは「興味がある次世代技術」として、「クラウドを活用した開発」「マルチプラットフォーム開発」「ビッグデータ」「IoT」といったテーマが上位に挙がっていた。マイクロソフトでは、既存のスキルや環境を最大限に生かしながらこうしたテーマに取り組みたいと考えるエンジニアのニーズに応えるため、「Visual Studio」を中心とした開発プラットフォーム全体の急速な再構成に着手している。(2014/12/10)

マイクロソフトの新たな「2つのコア」とは:
プロダクティビティの革新に力を入れ開発者にチャンスを提供――MS新CEOナデラ氏
日本マイクロソフトが2014年10月2日に開催した開発者向けイベント「de:code Special Edition」に、マイクロソフトの新CEOサティア・ナデラ氏が登壇。今後のマイクロソフトのビジョンと日本の開発者に対するメッセージを語った。(2014/10/14)

連載:アプリケーションの運用監視:
第1回 アプリの運用監視サービスとは? New Relic vs. Application Insights
正式にリリースしたWebサイトが正常に稼働しているかを常時監視するなら、SaaS型の監視サービスが便利だ。お勧めの2大サービスの機能概要を解説する。(2014/10/6)

特集:.NET開発者のためのオンラインリソースガイド:
.NET開発者がよく使うサイト、本当に使えるサイト【2014年度版】
Web上には.NET関連サイトが数え切れないほどたくさんある。その中でも.NET開発初心者がまずは押さえておきたいWebサイトを厳選してまとめた。(2014/9/26)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第2回 Visual Studio 2013の基礎を知る
開発環境Visual Studioを使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2014/9/1)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第1回 初めてのVisual Studio 2013
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための連載スタート。(2014/8/27)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第6回 クラウドとソース管理
最終回となる今回は、クラウドで提供されるサービスを利用したソースコード管理や各種サービスとの連携の概要を紹介する。(2014/8/11)

稟議通過の決め手は「参加しないとMobile/Cloud First時代に生き残れません」:
PR:エバ四天王に聞く、70を超えるセッションが行われる開発者/アーキテクト向けイベント「de:code」の見どころとは
(2014/5/12)

安藤幸央のランダウン(67):
プログラミングもクラウドへ―― 学習&開発環境Webサービス23選まとめ
オンラインのプログラミング環境や、オンラインでコードを書いて学べる学習サイト9選、ビジュアル(子ども向け)プログミラングWeb環境5選を紹介する。(2014/2/24)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
モダンなアプリを開発するためのモダンなアプリ開発環境
最終回ではVisual Studio 2013とVisual Studio Onlineを中心にモダンなアプリ開発を行うための環境について説明する。これら以外のマイクロソフトが提供する開発ツールについても見てみる。(2014/2/21)

短期リリース&コスト削減に効く“クラウド開発環境”:
PR:Windows Azureが変革するアプリ開発の新潮流
マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Windows Azure」は、アプリケーション開発環境としても十分に使える――。このことに気が付いたアプリケーション開発者たちが、今、Windows Azure上でVisual Studioを積極的に使い始めている。機能は同じでも、作業工数と日数が減り、短期リリースが可能になるところがWindows Azure利用の最大のメリットだ。(2014/2/12)

Visual Studio Onlineで始めるGitとCI入門(3):
未経験者が実践で分かったテスト・ビルド・テプロイの流れ
テスト未経験者がTest Managerでテストケースを作成し実行する手順を解説。ビルド・デプロイ機能とも連携しCI環境を整えよう(2014/1/16)

Visual Studio Onlineで始めるGitとCI入門(2):
MonacoでPaaSアプリのコードを編集しビルド・テプロイを自動化するには
初心者がクラウド上のツールを使ってGit、CIを始めてみる連載。今回は、Webアプリのコードをチェックインすると自動的にビルドが開始し、PaaS環境にデプロイされるCI環境を構築する手順を解説。(2013/12/20)

Visual Studio Onlineで始めるGitとCI入門(1):
Git初心者がVisual Studio OnlineでGitを使ってみた
初心者がクラウド上のツールを使ってGit、CI(継続的インテグレーション)を始めてみる連載。初回は環境設定とGitでのバージョン管理の始め方を紹介。(2013/12/13)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
アプリのモダン化とそれを実現する技術としての.NET Framework
最近、マイクロソフトが唱えている「アプリのモダン化」とは? これを実現するための要素としての.NET Framework、今後重要になりそうなテクノロジを紹介する。(2013/12/9)

無料で始めるクラウドCMS構築超入門:
Windows Azure WebサイトとWebMatrix 3で楽チン構築・管理
無料試用版のあるクラウド環境「Windows Azure」と無償で使えるWeb開発環境「WebMatrix 3」の概要や、すぐに使えるCMSサイトをWebに公開する簡単な手順を説明する。(2013/12/4)

クラウド化、サービス化を加速するVisual Studio:
Visual StudioはコンパイラもクラウドAPIで叩けるように
TFS機能のオンライン化だけでなく、買収したInReleaseやサードパーティ製「Xamarin」の提供など、盛りだくさんな内容となっているVisual Studio 2013。クラウド/オンプレミスの垣根を越えた環境提供は次のバージョンでも継続する。(2013/11/20)

ソフト診断サービスも提供開始:
米マイクロソフト、「Visual Studio Online」発表
米マイクロソフトは、クラウド版のソフトウェア開発支援環境「Visual Studio Online」を発表した。Windows Azureを通じて提供する。新しいサービスも加えた。(2013/11/14)

Microsoft、クラウド式開発サービス「Visual Studio Online」を発表
Microsoftが統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2013」の立ち上げイベントで、GitHubのようなクラウド式共同開発サービス「Visual Studio Online」を発表した。5人以下のチームなら無料だ。(2013/11/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。