ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42H」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W42H」に関する情報が集まったページです。

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

CEATEC JAPAN 2006:
“ワンセグ”と“カスタムバングル”が触って試せる日立ブース
「Wooo」の最新モデルが所狭しと並ぶ日立製作所ブースの携帯関連の展示は、現行モデルの「W42H」と「W43H」のタッチ&トライコーナーが中心だ(2006/10/4)

KDDI、「G'zOne W42CA」「W42H」の不具合を修正するソフト更新を開始
KDDIは、「G'zOne W42CA」「W42H」で確認されていた、特定の文字列を入力したり、その文字列が入ったメールを受信すると端末が再起動する不具合を修正するソフト更新を開始した。(2006/8/10)

特定の文字入力で端末が再起動──「G'zOne W42CA」「W42H」に不具合
「G'zOne W42CA」「W42H」において、特定の文字を入力すると端末が再起動する不具合があることが分かった。KDDIは預かり修理で対応する。(2006/8/3)

開発者インタビュー:
カスタムバングルでさりげなく、Wシーンでガラッと変身――“切り替え”ケータイ「W42H」
カスタムバングルで外見を、Wシーン機能で中身を切り替えられるというコンセプトの「W42H」。使い続けるほどに便利さに気付くはず、というW42Hにはどのような工夫が隠されているのだろうか?(2006/7/27)

おサイフケータイ対応、万年筆イメージの大人携帯「W42H」、新規は2万円前後
シーンに合わせて、ラインアクセントやメニューインタフェースを切り替えられる日立製WIN端末「W42H」が店頭に並んだ。価格は2万円前後。(2006/7/7)

「カスタムバングル」採用の「W42H」は30日リリース
au夏モデルの中で唯一のおサイフケータイ「W42H」は6月30日から発売になる。「カスタムバングル」や「Wシーン機能」などカスタマイズ機能が魅力の端末だ。(2006/6/27)

au夏モデル「W42H」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は6月14日にモバイルSuica対応機種を1モデル追加。auの夏モデルで唯一のおサイフケータイ「W42H」が新たに対応機種として認定された。(2006/6/20)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42H」編(2):
「カスタムバングル」は、しっかりはまっているか──「W42H」
アクセサリー感覚で付け替えられる「カスタムバングル」を採用した「W42H」。「簡単に外れてしまったりしないか」と心配する人もいるが……。(2006/6/1)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42H」編(1):
気配りスイッチは復活したか──「W42H」
アドレス帳やスケジュールを利用シーンに合わせて切り替えられるのが、日立製作所のau端末「W42H」。この端末に対して多かったのは、やはり気配りスイッチの有無を問う質問だった。(2006/5/31)

写真で解説する「W42H」
コンセプトは“モンブランの万年筆をイメージした、オトナのための携帯”――カスタムバングル&Wシーン機能の“切り替えケータイ”W42Hには、実は働くオトナにオススメの、実用的な機能が満載されている。(2006/5/22)

ボディも機能も、仕事用と遊び用で切り替え──「W42H」
W42Hは、アドレス帳や予定表を、仕事用とプライベート用で切り替え可能なWIN端末。内部機能だけでなく、外見もカスタムバングルで着せ替えできる。(2006/5/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。