ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42H」最新記事一覧

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

CEATEC JAPAN 2006:
“ワンセグ”と“カスタムバングル”が触って試せる日立ブース
「Wooo」の最新モデルが所狭しと並ぶ日立製作所ブースの携帯関連の展示は、現行モデルの「W42H」と「W43H」のタッチ&トライコーナーが中心だ(2006/10/4)

KDDI、「G'zOne W42CA」「W42H」の不具合を修正するソフト更新を開始
KDDIは、「G'zOne W42CA」「W42H」で確認されていた、特定の文字列を入力したり、その文字列が入ったメールを受信すると端末が再起動する不具合を修正するソフト更新を開始した。(2006/8/10)

特定の文字入力で端末が再起動──「G'zOne W42CA」「W42H」に不具合
「G'zOne W42CA」「W42H」において、特定の文字を入力すると端末が再起動する不具合があることが分かった。KDDIは預かり修理で対応する。(2006/8/3)

開発者インタビュー:
カスタムバングルでさりげなく、Wシーンでガラッと変身――“切り替え”ケータイ「W42H」
カスタムバングルで外見を、Wシーン機能で中身を切り替えられるというコンセプトの「W42H」。使い続けるほどに便利さに気付くはず、というW42Hにはどのような工夫が隠されているのだろうか?(2006/7/27)

おサイフケータイ対応、万年筆イメージの大人携帯「W42H」、新規は2万円前後
シーンに合わせて、ラインアクセントやメニューインタフェースを切り替えられる日立製WIN端末「W42H」が店頭に並んだ。価格は2万円前後。(2006/7/7)

「カスタムバングル」採用の「W42H」は30日リリース
au夏モデルの中で唯一のおサイフケータイ「W42H」は6月30日から発売になる。「カスタムバングル」や「Wシーン機能」などカスタマイズ機能が魅力の端末だ。(2006/6/27)

au夏モデル「W42H」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は6月14日にモバイルSuica対応機種を1モデル追加。auの夏モデルで唯一のおサイフケータイ「W42H」が新たに対応機種として認定された。(2006/6/20)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42H」編(2):
「カスタムバングル」は、しっかりはまっているか──「W42H」
アクセサリー感覚で付け替えられる「カスタムバングル」を採用した「W42H」。「簡単に外れてしまったりしないか」と心配する人もいるが……。(2006/6/1)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42H」編(1):
気配りスイッチは復活したか──「W42H」
アドレス帳やスケジュールを利用シーンに合わせて切り替えられるのが、日立製作所のau端末「W42H」。この端末に対して多かったのは、やはり気配りスイッチの有無を問う質問だった。(2006/5/31)

写真で解説する「W42H」
コンセプトは“モンブランの万年筆をイメージした、オトナのための携帯”――カスタムバングル&Wシーン機能の“切り替えケータイ”W42Hには、実は働くオトナにオススメの、実用的な機能が満載されている。(2006/5/22)

ボディも機能も、仕事用と遊び用で切り替え──「W42H」
W42Hは、アドレス帳や予定表を、仕事用とプライベート用で切り替え可能なWIN端末。内部機能だけでなく、外見もカスタムバングルで着せ替えできる。(2006/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。