ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W43CA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W43CA」に関する情報が集まったページです。

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

“ペンギンケータイ”が最新サービスとワンセグに対応──「W51CA」
カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルだ。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場する。(2007/1/16)

こんなペンギングッズ、売ってます──写真で見る、カシオの「Heart Craft」アトリエ
「W41CA」のペンギンや、「W43CA」の「顔あれこれ」など、カシオ端末の人気キャラが登場する書籍「Heart Craft」。作品の世界と発想の元をかいま見られる「Heart Craft Atelier」を訪ねた。(2006/10/18)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
手ブレ軽減機能を新たに搭載、もちろん“カシオらしさ”も継承──「W43CA」
もともと「カメラ機能」への期待も高く、ファンも多いカシオ計算機製端末。2006年au秋冬モデル「W43CA」のカメラ機能はどのような進化を遂げたのか。名機「W41CA」と比較しながら画質・機能チェックしてみよう。(2006/10/11)

「W43CA」開発者インタビュー:
付きあってみたらいい人だった。そんな携帯です──開発陣に聞く「W43CA」(後編)
「A5512CA」の顔や「W41CA」のペンギンなど、最近のカシオ携帯で注目を集めているのが、待受画面やメニュー画面などのプリセットコンテンツ。「W43CA」でも、そのこだわりは健在だ。(2006/9/22)

Mobile Weekly Top10:
熱意が高じて怒られちゃいました──「W43CA」開発裏話
こだわりのプリセットコンテンツが人気を集めているカシオ端末。最新モデルの「W43CA」では、その熱意が高じて……。(2006/9/21)

2.6インチワイド液晶搭載のW41CA後継機「W43CA」発売、価格は1万台後半から
手ブレ軽減機能付きAFカメラ、2.6インチワイド液晶、EZ FeliCa、EZチャンネルプラスなどの機能を搭載するカシオ計算機製の2006年au秋冬モデル「W43CA」が店頭に並んだ。新規価格は1万台後半から。(2006/9/21)

秋冬モデルの“ここ”が知りたい「W43CA」編(2):
QVGAでのムービー撮影は可能か――「W43CA」
「W41CA」の使いやすさはそのままに、新サービスに対応し、各スペックを向上させた「W43CA」。ポケベル対応やフォントサイズ、画像編集機能など使い勝手についての質問が寄せられた。(2006/9/21)

「W43CA」開発者インタビュー:
多機能な中に“普段着”の使いやすさを──開発陣に聞く「W43CA」(前編)
「W41CA」のスペックを引き継ぎながら、auのWIN向け新サービスの多くに対応したのが「W43CA」。開発陣は、使うほどに味が出る文房具のような端末作りを目指した。(2006/9/20)

「W43H」「W43CA」がモバイルSuicaに対応
ワンセグ携帯「W43H」とスタンダードな折りたたみ携帯「W43CA」がモバイルSuicaに対応。au秋モデルのうち、W43Sを含む3機種がモバイルSuicaに対応したことになる。(2006/9/19)

ワンセグ対応「W43H」とスタンダードな「W43CA」、9月21日から発売
KDDIは9月21日から、ワンセグが視聴可能な日立製端末「W43H」と、各種新サービスに対応したスタンダードなカシオ製端末「W43CA」を発売する。(2006/9/19)

秋冬モデルの“ここ”が知りたい「W43CA」編(1):
有機ELを採用したサブディスプレイの視認性は──「W43CA」
誰にでも使いやすく、親近感がわくオーソドックスなデザインを目指したという「W43CA」。まずは、その質感やサブディスプレイの視認性など、ボディ周りからチェックしていこう。(2006/9/12)

対応端末も同日発売?──EZチャンネルプラスの「LISMO!Channel」、開局予定は22日
KDDIの新サービス「EZチャンネルプラス」の1番組、「LISMO!Channel」が、9月22日に開局する模様だ。サービス開始当初の対応端末は「W43H」と「W43CA」の2モデル。(2006/9/11)

持ちやすさ、使いやすさ、楽しさを追求した2.6インチワイド液晶搭載機──「W43CA」
ロングセラー端末「W41CA」の後継機となる「W43CA」は、W41CAの楽しさ、使いやすさを継承しつつ、auの最新サービスにもしっかり対応した端末だ。どんな端末なのか、写真で紹介していこう。(2006/8/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。