ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W43H」最新記事一覧

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

シード・プランニング調査:
秋冬モデルの人気端末、ドコモは「SH903i」、auは「W43H」、ソフトバンクは「911SH」
シード・プランニングの調査によると、秋冬モデルで高いシェアを獲得した端末は、ドコモが「SH903i」、auが「W43H」、ソフトバンクが「911SH」だという。(2007/2/26)

KDDI、日立製ワンセグケータイ「W43H II」を1月中旬に発売
KDDIは日立製ワンセグケータイ「W43H」のマイナーチェンジモデル、「W43H II」を1月中旬から発売する。新色が追加され、内蔵コンテンツなどが一部変更になっている。(2006/12/19)

開発者に聞く「W43H」(機能編):
“ない機能はありません”を目指した――「W43H」開発陣インタビュー
「W43H」の特徴はワンセグ対応だけではない。auの新サービスにいち早く対応したハイエンド端末であるにもかかわらず、かなりコンパクトなサイズに収まっている点も見逃せない。こうした小型化はどういった経緯でなされたのだろうか。(2006/10/17)

CEATEC JAPAN 2006:
“ワンセグ”と“カスタムバングル”が触って試せる日立ブース
「Wooo」の最新モデルが所狭しと並ぶ日立製作所ブースの携帯関連の展示は、現行モデルの「W42H」と「W43H」のタッチ&トライコーナーが中心だ(2006/10/4)

開発者に聞く「W43H」(デザイン編):
2層構造で魅せる、ハイエンド&スタイリッシュケータイの作り方――「W43H」開発陣インタビュー
デザインケータイに当たり前のようにワンセグを搭載。そんなコンセプトで開発されたのが日立製のWIN端末「W43H」だ。同社の初代ワンセグケータイ「W41H」から、どのような流れでこの新しい方向になったのだろうか。(2006/10/2)

華麗なボディをまとうワンセグ端末「W43H」、価格は2万円台半ば
特徴的なボディカラーとデザインをまとい、ワンセグチューナーを搭載する日立製作所製の2006年au秋冬モデル「W43H」が店頭に並んだ。新規価格は2万円台半ば。(2006/9/21)

「W43H」「W43CA」がモバイルSuicaに対応
ワンセグ携帯「W43H」とスタンダードな折りたたみ携帯「W43CA」がモバイルSuicaに対応。au秋モデルのうち、W43Sを含む3機種がモバイルSuicaに対応したことになる。(2006/9/19)

ワンセグ対応「W43H」とスタンダードな「W43CA」、9月21日から発売
KDDIは9月21日から、ワンセグが視聴可能な日立製端末「W43H」と、各種新サービスに対応したスタンダードなカシオ製端末「W43CA」を発売する。(2006/9/19)

対応端末も同日発売?──EZチャンネルプラスの「LISMO!Channel」、開局予定は22日
KDDIの新サービス「EZチャンネルプラス」の1番組、「LISMO!Channel」が、9月22日に開局する模様だ。サービス開始当初の対応端末は「W43H」と「W43CA」の2モデル。(2006/9/11)

秋冬モデルの“ここ”が知りたい「W43H」編(1):
どれくらいコンパクトになったのか──「W43H」
ワンセグとFeliCa機能を搭載し、EZニュースフラッシュやEZチャンネルプラスにも対応しながら小型軽量化が図られた「W43H」。初代ワンセグ端末の「W41H」に比べてどれくらいコンパクトになったのか。(2006/9/11)

写真で解説する「W43H」
前モデルの「W41H」と打って変わって、ワンセグ色を払拭した「W43H」。多くの新サービスに対応しつつ、ワンセグも当たり前の機能として搭載した。(2006/8/29)

使い勝手とデザインに磨きをかけたワンセグ携帯──「W43H」
強力なワンセグ機能を備えた「W41H」が「W43H」として生まれ変わった。“テレビ”を強く打ち出したW41Hから、自然な形でテレビ機能を備えるトータルなデザインを備えた端末に進化している。(2006/8/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。