ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W47T」最新記事一覧

関連キーワード

auの東芝端末4機種に不具合、ソフト更新で対応
KDDIは、auの東芝製端末「W47T」「DRAPE」「W51T」「W52T」に不具合があるとし、ソフトウェアアップデートの提供を開始した。EZニュースフラッシュが更新されない場合がるなど4点の不具合を解消する。(2007/8/31)

Rev.A、ワンセグ端末も──「ツーカーからau」、au無料交換対象機種を追加
KDDIは2008年3月にサービスを終了するツーカーから、auへ同一番号で契約変更するユーザー向けに提供する無料交換の対象機種を追加すると告知。ワンセグ搭載の「W51K」やRev.A対応の「W47T」などが含まれる。(2007/6/1)

ファーストインプレッション:
“Rev.A”でアップロードは12倍高速になるか──W47T
下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbpsを実現する、auの新たな通信方式“EV-DO Rev.A”。この第1弾となる携帯が東芝製のハイエンド端末「W47T」だ。どのくらい速度が出るのか早速試した。(2007/1/5)

携帯販売ランキング(12月11日〜12月17日):
冬商戦佳境でかなり鮮明に──秋冬モデルの人気傾向
デザイン、高機能、ワンセグ、スリム……冬商戦が激化する中、2006年秋冬モデルの人気傾向もはっきりしてきたようだ。今回新たに登場した「M702iS」、「W47T」は何位に入っただろうか。(2006/12/22)

アールデコが特徴のデザイナーズケータイ「DRAPE」、新規は2万円台前半
アールデコ調のデザインを取り入れた東芝製のWIN端末「DRAPE」が、都内量販店で発売された。新規価格は2万円台前半。FeliCaを搭載しない以外は、「W47T」と同じ仕様になっている。(2006/12/22)

「W44S」「W47T」がモバイルSuicaに対応
デジタルラジオに対応し、3インチ液晶を縦・横どちらへも開閉できる「W44S」と、Rev.A対応で下り1.8Mbpsでの通信が可能な「W47T」がモバイルsuicaに対応した。(2006/12/13)

au初のテレビ電話対応機「W47T」、新規は2万円台半ば
東芝製のWIN端末「W47T」が、13日から順次販売開始となった。15日に発売を控える都内量販店では、新規価格で2万円台半ばという販売予価が掲示された。(2006/12/13)

EV-DO Rev.A対応機「W47T」発売――12月13日から
KDDIは、下り3.1Mbps/上り1.8Mbpsの通信方式「CDMA2000 1x EV-DO Rev.A」に対応した東芝製端末「W47T」を12月13日から順次発売する。(2006/12/12)

CEATEC JAPAN 2006:
KDDIブースとW47Tを使ってテレビ電話──東芝ブース
KDDIとソフトバンクモバイル向けに、2006年秋冬モデルを計6機種も投入する東芝。テレビやレコーダーなどのAV機器に劣らず、携帯コーナーもなかなか派手な構成となっていた。(2006/10/3)

auの秋モデルを今日から試せる──KDDIデザイニングスタジオに実機登場
KDDIは、「DRAPE」「W47T」「W44K」を除く9機種の新モデルをKDDIデザイニングスタジオで展示している。実際に機能を試すことが可能だ。(2006/8/28)

写真で解説する「W47T」
Rev.A対応、au携帯としては初となるテレビ電話機能を備えるハイエンド機が「W47T」。Bluetoothはなくなったが、EZ FeliCaやデコレーションメールなどを中心とするauの新サービス各種に対応し、2.6インチ液晶や324万画素カメラ、スリムデザインなどを特徴とする端末だ。(2006/8/28)

“FeliCa”と“デザイン”、どっちを選ぶ?──Rev.A対応の「W47T」「DRAPE」
東芝製の「DRAPE」と「W47T」は、12月からサービスが開始されるEV-DO Rev.Aの対応端末。DRAPE(W46T)はアールデコ調のデザイナーズ携帯、W47TはFeliCaに対応したおサイフケータイだ。(2006/8/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。