ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W47T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W47T」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

auの東芝端末4機種に不具合、ソフト更新で対応
KDDIは、auの東芝製端末「W47T」「DRAPE」「W51T」「W52T」に不具合があるとし、ソフトウェアアップデートの提供を開始した。EZニュースフラッシュが更新されない場合がるなど4点の不具合を解消する。(2007/8/31)

Rev.A、ワンセグ端末も──「ツーカーからau」、au無料交換対象機種を追加
KDDIは2008年3月にサービスを終了するツーカーから、auへ同一番号で契約変更するユーザー向けに提供する無料交換の対象機種を追加すると告知。ワンセグ搭載の「W51K」やRev.A対応の「W47T」などが含まれる。(2007/6/1)

ファーストインプレッション:
“Rev.A”でアップロードは12倍高速になるか──W47T
下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbpsを実現する、auの新たな通信方式“EV-DO Rev.A”。この第1弾となる携帯が東芝製のハイエンド端末「W47T」だ。どのくらい速度が出るのか早速試した。(2007/1/5)

携帯販売ランキング(12月11日〜12月17日):
冬商戦佳境でかなり鮮明に──秋冬モデルの人気傾向
デザイン、高機能、ワンセグ、スリム……冬商戦が激化する中、2006年秋冬モデルの人気傾向もはっきりしてきたようだ。今回新たに登場した「M702iS」、「W47T」は何位に入っただろうか。(2006/12/22)

アールデコが特徴のデザイナーズケータイ「DRAPE」、新規は2万円台前半
アールデコ調のデザインを取り入れた東芝製のWIN端末「DRAPE」が、都内量販店で発売された。新規価格は2万円台前半。FeliCaを搭載しない以外は、「W47T」と同じ仕様になっている。(2006/12/22)

「W44S」「W47T」がモバイルSuicaに対応
デジタルラジオに対応し、3インチ液晶を縦・横どちらへも開閉できる「W44S」と、Rev.A対応で下り1.8Mbpsでの通信が可能な「W47T」がモバイルsuicaに対応した。(2006/12/13)

au初のテレビ電話対応機「W47T」、新規は2万円台半ば
東芝製のWIN端末「W47T」が、13日から順次販売開始となった。15日に発売を控える都内量販店では、新規価格で2万円台半ばという販売予価が掲示された。(2006/12/13)

EV-DO Rev.A対応機「W47T」発売――12月13日から
KDDIは、下り3.1Mbps/上り1.8Mbpsの通信方式「CDMA2000 1x EV-DO Rev.A」に対応した東芝製端末「W47T」を12月13日から順次発売する。(2006/12/12)

CEATEC JAPAN 2006:
KDDIブースとW47Tを使ってテレビ電話──東芝ブース
KDDIとソフトバンクモバイル向けに、2006年秋冬モデルを計6機種も投入する東芝。テレビやレコーダーなどのAV機器に劣らず、携帯コーナーもなかなか派手な構成となっていた。(2006/10/3)

auの秋モデルを今日から試せる──KDDIデザイニングスタジオに実機登場
KDDIは、「DRAPE」「W47T」「W44K」を除く9機種の新モデルをKDDIデザイニングスタジオで展示している。実際に機能を試すことが可能だ。(2006/8/28)

写真で解説する「W47T」
Rev.A対応、au携帯としては初となるテレビ電話機能を備えるハイエンド機が「W47T」。Bluetoothはなくなったが、EZ FeliCaやデコレーションメールなどを中心とするauの新サービス各種に対応し、2.6インチ液晶や324万画素カメラ、スリムデザインなどを特徴とする端末だ。(2006/8/28)

“FeliCa”と“デザイン”、どっちを選ぶ?──Rev.A対応の「W47T」「DRAPE」
東芝製の「DRAPE」と「W47T」は、12月からサービスが開始されるEV-DO Rev.Aの対応端末。DRAPE(W46T)はアールデコ調のデザイナーズ携帯、W47TはFeliCaに対応したおサイフケータイだ。(2006/8/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。