ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Woooケータイ W62H」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Woooケータイ W62H」に関する情報が集まったページです。

KDDI、「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」「Sportio」をアップデート
KDDIは、auの「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」「Sportio」にケータイアップデートの提供を開始した。基地局との通信が最適化され、通話品質が向上する。(2011/7/7)

auの「Woooケータイ W62H」「E05SH」「Sportio」に不具合――ソフト更新を開始
auの「Woooケータイ W62H」「E05SH」「Sportio」に、SSLサイトで大きなファイルアップロードを行うと接続が切断されるなどの不具合。ソフトウェア更新機能「ケータイアップデート」で対応する。(2009/7/14)

「Woooケータイ W63H」の“ここ”が知りたい:
第2回 ビュースタイル時のワンセグの操作性は?――「Woooケータイ W63H」
「Woooケータイ W63H」は2008年夏モデルとして登場した「Woooケータイ W62H」と同様、日立製作所の薄型テレビ「Wooo」の技術を採用した高性能なワンセグを搭載する。第2回では、このワンセグ機能に関する質問をチェックした。(2009/1/14)

auの「W62CA」と「W62H」に不具合――ソフトウェア更新で対応
カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」と日立製作所製の「Woooケータイ W62H」に不具合があることが判明。KDDIは「ケータイアップデート」のソフトウェア更新で対応する。(2008/10/10)

「W62SH」「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」発売──分割は月々2000円前後から
KDDIは7月17日、シャープ製の「W62SH」を発売した。また19日にはカシオ計算機製の「G7zOne W62CA」と日立製作所製の「Woooケータイ W62H」の販売も始まっている。(2008/7/23)

伊東美咲さん、涼しげな浴衣姿で「Woooケータイ W62H」をアピール──「わたしもこれから使うんです」
日立製作所は東京の新観光名所 赤坂サカスで「Woooケータイ W62H」の新CM発表会を実施。CMキャラクターを努める伊東美咲さんも涼しげな浴衣姿で駆けつけ、新Woooケータイをアピールした。(2008/7/22)

開発陣に聞く「Woooケータイ W62H」:
2WAYオープンスタイルに込めた、“映像のWooo”の神髄──「Woooケータイ W62H」
2代目“Woooケータイ”「W62H」はディスプレイが横にも開く機構を採用し、テレビに加えて“映像全般”を楽しむスタイルを提案する。なぜこのデザインなのか、初代Woooケータイから何が進化したのか。Woooケータイ W62H開発チームに開発の裏側を聞いた。(2008/7/20)

横にも開く有機ELで高画質映像を楽しめる「Woooケータイ W62H」、7月19日発売
KDDIは、ディスプレイが横にも開く“2WAYオープンスタイル”を採用した日立製作所製の「Woooケータイ W62H」を、7月19日に発売する。横画面の有機ELディスプレイで、ワンセグや動画コンテンツを快適に視聴できる。(2008/7/18)

写真で解説する「Woooケータイ W62H」
ディスプレイが横にも開く新機構“2WAYオープンスタイル”を採用する「Woooケータイ W62H」。どこかで見たことのあるスタイルではあるが、ワイド画面の有機ELディスプレイと横向き画面でワンセグや動画コンテンツ、横向きゲームアプリなどのAV機能を高画質に楽しめる“ハイエンドAV-Gear”に仕上げた。(2008/6/4)

横にも開く“2WAYオープン”と有機EL、高画質を楽しむハイエンドAV-Gear──「Woooケータイ W62H」
“Wooo”の映像へのこだわりはそのままに、ディスプレイが横にも開く新スタイル“2WAYオープンスタイル”やKCP+を採用した日立製作所製の「Woooケータイ W62H」。ワンセグのフレーム補間や映像高画質化技術、横向きのワイド画面で楽しむ3Dゲームなど、映像・ゲームコンテンツを高画質で楽しめる。マジョーラカラーも引き続き採用する。(2008/6/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。