ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W+Radio」最新記事一覧

クラシック専門ネットラジオ「OTTAVA」がウィルコムスマートフォンに対応
ウィルコムとTBSラジオは、WILLCOM 03などのウィルコムスマートフォン向けにクラシック専門インターネットラジオ局「OTTAVA」の配信を開始した。インターネットラジオポータル「W+Radio」を通じて提供される。(2009/3/25)

料金改定とおサイフケータイで「定額・低額・あんしん」をさらに推進──ウィルコム 喜久川社長
ウィルコムの代表取締役社長 喜久川政樹氏は、1月22日に発表した新料金プランとおサイフケータイについて、ウィルコムの特徴をさらに際だたせるものだと胸を張った。WILLCOM COREのサービスは、2009年4月下旬に試験サービス、10月に本格サービスを開始する。(2009/1/23)

ウィルコムは不況時にいかに役に立てるか──新定額・新端末発表、COREは「順調」
FeliCa対応の新“京ぽん”やデータ定額を利用しやすくする新プランなどを発表したウィルコム。同社の本領という低料金と安全安心に磨きをかけ、不況下でも存在感を示していく考えだ。(2009/1/22)

ウィルコムとコミュニティFM団体、スマートフォン向けにサイマル放送を開始
ウィルコムとコミュニティ・サイマルラジオ・アライアンスは、「WILLCOM 03」などウィルコムのスマートフォン向けに、コミュニティFMをサイマル放送するサービスを開始した。ネットラジオサービスの「W+Radio」から利用する。(2009/1/22)

DSやPSPユーザー向けのモバイル無線LAN APも:
“おサイフケータイ”登場、新料金プランも――ウィルコムが2009年春モデルを発表
ウィルコムが、同社初となるおサイフケータイ「BAUM」と「WX340K」を発表。上限2800円のパケット定額を含む新料金プランやポータブルデバイス向けの無線LANアクセスポイントを発表するなど、利用シーンの拡大を目指す施策を展開する。(2009/1/22)

写真で見る「WILLCOM 03」(ブラックトーン)
ウィルコムのシャープ製Windows Mobile端末「WILLCOM 03」に、シックな魅力の新色ブラックトーンが登場した。新色モデルでは、従来の手書きメールを拡張した「手書きチャット」をプリインストールする。(2008/11/4)

ウィルコム、ネットラジオポータル「W+Radio」開始
ウィルコムは、W-ZERO3シリーズ向けネットラジオポータルを12月5日に開始する。エフエム東京の「MAGIC702」など4サイトを揃えるとともに、専用の「W+Radioプレイヤー」も用意する。(2007/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。