ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シゴトでココロオドル人をふやす」最新記事一覧

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第7回 「楽しむ」について
私はこれまでの人生で、色々な人と一緒に働いてきました。その中で、伸びる人とそうじゃない人には1つの大きな違いがあります。それは、シゴトを「楽しめる」かどうか。シゴトでココロオドっているかどうかです。(2013/11/19)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第6回 社会的インパクトの最大化
よく取材などで「最終的に会社はどれぐらい大きくしたいですか?」とか「利益はどれぐらいまで伸ばしたいですか?」なんて聞かれます。けど、それらは全て結果であって、目標になることはあり得ません。(2013/11/5)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第5回 違うことはイケてること
天変地異が起きたとき、ユニークな特徴を持った個体がいる種が最終的に生き残ります。この自然界の原理は「チーム」にも当てはまると思います。今回はチームを構成するスタッフのユニークネスの重要性について考えます。(2013/10/18)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第4回 スーパー戦隊について
これまでに「ユーザ、ユーザ、ユーザ」「引き算」「まずやってみる」を見てきました。今日は4つ目の行動規範である「スーパー戦隊」について考えてみたいと思います。1人じゃ超えられない壁がチームだと超えられるんです。魔法みたい。(2013/10/7)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第3回 まずやってみる
ウォンテッドの行動規範(3)は、「頭でっかちに考えず、まずは動く最小限のプロトタイプを作って、フィードバックをもらいながら改善していく」です。(2013/9/18)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第2回 足すよりも、引いて引いて、捨てまくる
ウォンテッドの行動規範(2)は、「引き算:足すよりも、引いて引いて、捨てまくって、本質だけにフォーカスする。焦点を絞る。一度に1つのことだけにフォーカスして、そこに全力投下」です。(2013/8/30)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第1回 ユーザー、ユーザー、ユーザー
ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」を運営するウォンテッドにはユニークな行動規範があります。素朴で、力強くて、ちょっと可笑しいそれらの「きまり」は、市場を前にしたすべての人々の振舞い方の理想を示しているように思えました(「ITmedia マーケティング」編集部)。(2013/8/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。