ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Web 2.0マーケティング・イノベーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Web 2.0マーケティング・イノベーション」に関する情報が集まったページです。

Web 2.0マーケティング・イノベーション(8):
マーケティングの本質は“双方向性”にあり
「Webマーケティング」といっても、マーケティングの本質が変わるわけではない。Webの世界にそれをどう最適化するかというだけだ。ただそれ以前に「マーケティング」自体を誤解してはいないだろうか。(2012/10/10)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(7):
“真のコミュニケーション”とは何か
ITツールの進展は、消費者とのコミュニケーションを本当に取りやすくしてくれた。だが、ちょっと待ってほしい。まさにいま行っているそのやり取りは、本当に“コミュニケーション”と呼べるのだろうか?(2008/10/23)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(6):
顧客と企業が、互いに学び合う時代
人は1つ欲求が満たされると、さらに高い欲求を欲し続ける。顧客満足感を向上させるうえでマス・カスタマイゼーションの手法が限界に達しているいま、“新たな経済価値”を提供するものとは、いったい何なのか?(2008/10/3)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(5):
“きずな”がWebコミュニケーションの常識となる日
顧客との関係作りにおいて不可欠な要素となりつつあるエンゲージメント、“きずな”という概念。注目すべきは、コミュニケーションを重視する傾向が、マーケティングの世界だけではなく、Webメディア一般の在り方として定着しつつあることだ。(2008/9/8)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(4):
“きずなを結ぶ”新たな手法「エンゲージメント」
広告という情報の送り手側と受け手側に認識のズレが生じているいま、顧客との“きずな”を築く「エンゲージメント」という概念が注目されている。果たして関係構築の新しい形となり得るのだろうか? その現況を紹介する。(2008/8/26)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(3):
CGMが切り拓くマーケティングの未来
CGMはWeb 2.0時代の新たなメディアの在り方として大きな注目を集めているが、その特性をマーケティングに生かす試みも始まっている。こうした動向を追いながら、CGMの価値と可能性について考察する。(2008/6/27)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(2):
クチコミ・マーケティングの秘めた効果とジレンマ
ブログやSNSなどを通じた口コミで広がる評判を利用したマーケティング手法、いわゆる「口コミ・マーケティング」が注目を集めている。企業マーケティングでもこれを取り入れた例が増えているというが、果たして本当に有効なものなのだろうか?(2008/6/11)

Web 2.0マーケティング・イノベーション(1):
Web 2.0が企業マーケティングに突き付けるもの
これまで“Web 2.0”というキーワードについては、テクノロジ面から語られることが多かった。しかしWeb 2.0の真の価値とは、人間のコミュニケーション形態に変革をもたらし、ひいては企業や社会の在り方にまで大きな影響を与えることだ。本連載では、主に企業のマーケティング活動の面からWeb 2.0の本質をひもといていく。(2008/5/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。