ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Webフォント」最新記事一覧

モリサワのWebフォント30種が「さくらのレンタルサーバ」で無料で使えるようになったぞぉぉぉ!
モリサワとさくらインターネットが提携。(2016/6/30)

月間2万5000PVまで利用可能:
モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供
モリサワとさくらインターネットが協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モリサワのWebフォントの提供を開始したと発表した。(2016/6/29)

さくらインターネット、モリサワのWebフォントをレンタルサーバ利用者に無償提供
さくらインターネットが提供する「さくらレンタルサーバ」利用者が、モリサワのWebフォント30書体を無償で使えるようになった。(2016/6/29)

“フォント”に分かって使えてる?:
モリサワフォントが追加されたTypekitのライセンス・価格まとめ
アドビシステムズが提供するフォントライブラリサービス「Typekit」でモリサワフォントの一部書体が使えるようになったが、そもそもTypekitのライセンスや価格はどうなっているのか。モリサワフォントを使う上で問題点はないのだろうか。あらためて確認してみる。(2015/12/2)

PR:HTML/CSS不要で“プロ級”Webサイトってほんと? 「BiND8」で“化石”企業サイトをレスポンシブWeb対応最新サイトにリニューアル
(2015/10/21)

モリサワと協力、追加費用なし:
アドビ、フォントライブラリサービス「Typekit」にモリサワフォントの一部書体を追加
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、フォントライブラリサービス「Adobe Typekit」にモリサワ書体とTypeBank書体の一部を追加したと発表。20書体が追加費用なしで日本でも利用できるようになっている。(2015/10/6)

フォントの話をしよう モリサワ、「TypeSquare ブログ」開設
フォントの活用法や開発の裏話などを紹介。現在は、フォント「すずむし」のレビューやCSSサンプルの紹介記事などが掲載されている。(2015/3/4)

DNP、秀英体12書体をWebフォントサービス「FONTPLUS」に提供
「秀英明朝 L」「秀英明朝 M」「秀英明朝 B」など。(2015/2/19)

デジタル化、小型化の次は? 時代に求められる文字を提案する 「AXIS Font」、15年目の挑戦
デジタル化やデバイスの小型化を見据えて開発され、発売から10年以上経っても愛され続ける「AXIS Font」。次の50年を見据える今、フォント制作に対する思いを聞いた。(2014/12/9)

タイププロジェクト、「AXIS Font」のプロ版をリリース
Webフォントは2015年春からfonts.comで提供開始予定。(2014/12/3)

「BiNDクラウド」で実践:
PR:知識&センスゼロの記者が、デザイナーも驚くWebサイトを作れてしまった理由
イマドキのデザインで、スマホ&SNS対応も含めてサイトを「低予算」かつ「短期間」で作りたい──そんな人には「BiNDクラウド」がお勧め。知識&センスゼロの記者でもできたので大丈夫だ。(2014/8/25)

ブラック案件駆逐法(3):
コーディングの手腕がないデザイナーだけでWebページ制作をしてみた件について
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】コーダー不在時にクライアントから新たなページ追加のお願いが……。PhotoshopとMuseを使えば「デザインさえあれば何とかなる!」(2014/8/22)

月480円から、スマホ対応サイトも:
いきなり本格派──オンラインWeb作成「BiNDクラウド」、正式サービス開始
ハイセンスなWebサイトを“いきなり”作れてしまう、オンライン型のWebサイト作成サービス「BiND Cloud」が正式サービスを開始。月額480円のエントリーコースから始められる(2014/8/19)

ブラック案件駆逐法(1):
納期明日!? PSDを一晩でWebページにする最新Web制作フローを試してみた
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】突然、ランディングページを作れという案件が降って湧いて来た。納期は明日だ。PhotoshopのカンプをParfaitとDreamweaverを使ってWebページに仕立てる流れを動画付きで解説する。(2014/7/18)

Webサイト作成手順を勉強するまとめ(終):
絵心が無い人が簡単なグラフィック素材を作るのに役立つ記事8選
新社会人のWeb制作者/デザイナー向けにAdobe Creative Cloudの使い方を例に、現場で使える具体的な制作手順とテクニックを学んでいく入門まとめ連載。今回は最近流行の「フラットデザイン」なパーツ/グラフィック素材の制作に役立つFireworksの使い方について。自動シェイプ、パス、ブレンド、ストローク、スライスの使い方や、シェイプに模様やパターンを入れる方法、CSS書き出しなど、さまざまなテクニックを紹介します。(2014/5/23)

時刻表っぽいフォント「DiaPro」が話題に  台湾のユーザーが無料配布
鉄道ファンに喜ばれそう。(2014/3/31)

時刻表風フリーフォント「DiaPro」 車種・車両記号も入力可
時刻表風のフリーフォント「DiaPro」が公開された。文字を組み合わせて特定の記号を表示する合字機能を使って、車両や車種を示す記号を入力できるのが特徴だ。(2014/3/31)

CSSやJavaScriptなどの読み込み時間も測定:
パフォーマンスを測定しボトルネックを特定、Googleが「Resource Timing API」
米グーグルは2013年12月11日、Webページを構成する個々のリソースについて読み込みなどにかかる時間を分析し、ネットワークパフォーマンスの最適化に活用できる「Resource Timing API」を発表した。(2013/12/12)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(5):
WebページをRetina対応させるテクニック〜実践編
前回のWebにおけるピクセルの基本的な話を踏まえ、今回はRetinaディスプレイをはじめとした高精細ディスプレイにWebページを対応させるテクニックを紹介する。(2013/9/26)

ズルいデザイン(4):
ズルいデザインテクニックを生かして作る、汎用性のあるズルいボタンデザイン
今回のテーマは「ズルいボタン」。これまでの連載で出てきた数々のズルいデザインテクニックを駆使して作成しよう。(2013/9/12)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(7):
Adobe Edge Code CCで行う超絶楽チンコーディング
HTML/CSSを編集するエディタは数多く存在する。アドビシステムズが提供する「Adobe Edge Code CC」もそのうちの1つだ。(2013/7/12)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(6):
Adobe Edge Animate CCでマルチデバイスゲーム
簡単なクレー射撃ゲームを作って、マルチデバイスに対応させてみよう。サンプルゲームのソースコードも参考にしてほしい。(2013/6/18)

ソフトバンク・テクノロジー、フォントワークスを子会社化
ソフトバンク・テクノロジーがフォントワークスを子会社化。Webフォントサービスなどで協力を強化。(2013/6/11)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(3):
Pinterest風グリッドレイアウトを作ってみよう
jQueryを使って、女性に人気の写真共有SNS、Pinterestのグリッドレイアウトを再現してみよう。(2013/6/10)

にわかデザイン(3):
HTML5+CSS3の「カンタン装飾設定」で今風デザイン
基本的にグラデーションや角丸はジェネレータからコピペして設定できるので、作業自体は簡単です。HTML5+CSS3サンプルを使って表現してみましょう。(2013/5/10)

UXClip(22):
オフラインWebの活路はモバイルアプリにある
「2013年、Web開発の進化を探る」勉強会レポート。HTML5はどこまで活用されているのか、またこれからどうなっていくのか?(2013/2/28)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(2):
ディレクター、営業さん必見! 手軽にRWDを試す
ディレクター、営業さんも簡単に使える、一瞬でレスポンシブWebデザインを試せるEdge Reflowを使ってみよう(2013/3/4)

Adobe、リサイズ対応Webデザインツール「Edge Reflow」のプレビュー版をリリース
Adobeが、Creative Cloud向けWeb構築スイートとDreamweaverをアップデートし、新たなツール「Edge Reflow」のプレビュー版を追加した。(2013/2/15)

グッドデザイン金賞に「LINE」やモリサワのクラウドフォント
2012年度のグッドデザイン大賞はNHKの子ども向けテレビ番組「デザインあ」に。金賞には「LINE」など。(2012/11/26)

Adobe、Web開発者向けデザインスイート「Edge Tools & Services」を発表
Adobeが、Webアニメーション制作ツールやモバイルアプリパッケージングツールで構成されるWebスイート「Edge Tools & Services」を、Creative Cloudユーザー向けに提供を開始した。(2012/9/25)

Google Docsがアップデート Google Driveや「LIFE」の画像挿入が可能に
450種類のWebフォントは日本語設定では利用できないが、WebカムやGoogleドライブの画像を直接挿入できるなど、幾つかの新機能が追加された。(2012/5/3)

スタート時は154書体を用意:
モリサワ、クラウドフォントサービス「TypeSquare」を2月22日から開始
モリサワは、同社のフォントをWebブラウザ向けに配信するクラウドサービス「TypeSquare」を2月22日に開始する。サービス開始時は154書体を用意。また、年内は無料で使い放題になる。(2012/2/7)

Web Fontsの歴史と使い方(3):
Google Web Fontsから好きなフォントを使ってみよう
Google Web Fontsの使い方や、多くのフォントから気に入ったフォントを簡単に選ぶ方法を分かりやすく説明。あなたの好きなファミリは?(2011/12/13)

Web Fontsの歴史と使い方(2):
好みのWeb Fontsが使えるツールを探そう
WebFontsで利用できるフォントを提供している国内外のサービスと、WebFontsを利用するのに便利なツールを厳選してご紹介します(2011/10/21)

Adobe、クリエイター向けクラウド「Creative Cloud」を発表
2012年初旬スタート予定の「Adobe Creative Cloud」では、20Gバイトのクラウドストレージ、「Creative Suite」や「Touch Apps」、「Adobe Edge」などのアプリが利用できる。(2011/10/4)

Web Fontsの歴史と使い方(1):
インストールせずに、好きなWeb Fontsを使おう
WebFontsを利用すると、Web上にあるフォントファイルを読み込んでフォントを表示できます(2011/9/28)

モリサワ、クラウドフォントサービス「TypeSquare(仮称)」を発表
モリサワは、モリサワ書体をWebフォントとして利用できるクラウドフォントサービス「TypeSquare(仮称)」を2011年度内に開始する。(2011/8/10)

HTML5“とか”アプリ開発入門(1):
Webの3つの問題を解決する「HTML5」とは何なのか
最近よく目にする「HTML5」という言葉。JavaScriptのAPIやCSS3、SVGなどを含め、急速な広がりを見せつつある「HTML5」の基礎を学べる入門連載です。「HTML5を使うと、何ができるのか」「それを実現するには、どのようなプログラムを書いたらいいのか」をお届けします(2010/8/30)

「Opera 10.54」がリリース、深刻な脆弱性を解決
複数の深刻な脆弱性を解決した「Opera 10.54」のWindowsとMac版がリリースされた。(2010/6/22)

Google、オープンソースのWebフォント集「Font Directory」と「Font API」を公開
Googleは、Webフォントを利用するためのフォント集とそれを利用するためのAPIを公開した。HTML5とCSS3の組み合わせでWebの表現力がさらにリッチになりそうだ。(2010/5/24)

Google、開発者会議「Google I/O」開催 HTML5プロジェクトやWaveの公開を発表
Googleの年次開発者会議の初日には、H.264に変わるオープンなビデオフォーマット「WebM」プロジェクトやGoogle ChromeのWebアプリストアの立ち上げが発表された。(2010/5/20)

Mozilla、「Firefox 3.6」のRC1をリリース
MozillaのWebブラウザ「Firefox」のリリース候補版がリリースされた。約75%のアドオンが対応済み。(2010/1/12)

Mozilla、「Firefox 3.6」のβ1をリリース
Mozillaの次期Webブラウザ「Firefox 3.6」のβ1が日本語を含む各国版でリリースされた。プラグイン更新アラートやスキンアドオンのサポートなどが追加されている。(2009/11/2)

「Opera 10」α版、描画エンジン刷新で体感速度を約30%向上
Opera Softwareは12月4日、Webブラウザ「Opera 10」のα版を公開した。新しい描画エンジン「Opera Presto 2.2」を採用。従来よりブラウジングの体感速度を約30%向上したという。(2008/12/5)

Apple、Windowsにも正式対応の「Safari 3.1」リリース
Appleの最新版ブラウザ「Safari 3.1」は、MacとWindowsの両OSに対応、ページ読み込み速度はIE 7の1.9倍とうたっている。(2008/3/19)

MS月例アップデート、WindowsとOutlookの脆弱性に対処
1月の月例アップデートはWindowsとOutlookに関連した2件で、最大深刻度はいずれも「緊急」となっている。(2006/1/11)

フォントをWeb上で事前シミュレーションできる購入サイト
(2004/10/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。