ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Web版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Web版」に関する情報が集まったページです。

「LINE」Web版で他人のタイムライン表示される可能性 CDNの設定ミス、修正済み
LINEはこのほど、「LINE」のWebブラウザ版「タイムライン」機能で、他のユーザーのタイムラインが一時的に表示される可能性がある不具合があったと明らかにした。既に修正済みという。(2018/6/7)

Web版Gmailに大型アップデート到来 カレンダーやToDoリストの表示、メールのスヌーズ機能など
今のところ適用は任意で、旧バージョンのまま使うこともできます。(2018/4/26)

学研やユーキャンとも連携:
メルカリがスキルシェアサービス「teacha」開始
フリマアプリを運営するメルカリは4月25日、知識やスキルを教えたい人と学びたい人をつなぐスキルシェアサービス「teacha」のiOS版とWeb版の提供を始めた。(2018/4/25)

Apple、Web版App StoreをiOSに合わせたすっきりデザインに
iOSアプリをデスクトップのiTunesからダウンロード購入できなくなって数カ月。Webで見るApp Storeのデザインが変わり、「App Storeプレビュー」として表示されるようになった。(2018/1/19)

スマホで見つける自分の物語 「発想がすごい」と話題になったキーホルダー「主人公レンズ 」のWeb版が公開中
いろいろな楽しみ方ができそうです。(2017/11/29)

「新R25」“β版”創刊 年内に本格始動へ
サイバーエージェント子会社がWebメディア「新R25」β版が創刊。今年4月に終了したWeb版「R25」を「Spotlight」と統合して再始動。(2017/9/20)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(14):
職場の“味見”は学生のうちに――「Wantedly People」Web版をほぼ1人で開発した東大院生のネオジョブホッピング体験記
試食や試着をするように、いろいろな企業に“お試し”就職してもいいじゃない。(2017/7/24)

「サイボーグクロちゃん」も:
「コミックボンボン」Web版で復活 「SDガンダム」再掲
講談社が、2007年に休刊した漫画雑誌「コミックボンボン」をWeb雑誌として復刊。毎週金曜日に漫画配信サイト「pixivコミック」上で無料配信する。往年の人気作「SDガンダム」シリーズなどを再掲載するほか、現在Web媒体などで連載中の新作も収録する。【更新】(2017/7/21)

「星のカービィ」ひかわ博一先生断筆の理由が、漫画「カメントツの漫画ならず道」で明らかに 反響受けてWeb版を前倒し掲載
連載終了から10年以上たって、本人の口から本当の終了理由が明かされました。(2017/6/28)

「メルカリ」Web版で個人情報流出 最大5万4180人分 キャッシュサーバ切り替えで障害
Web版メルカリで障害が起き、一部のユーザーの個人情報がほかのユーザーから閲覧できる状態になっていた(2017/6/23)

クレジットカード情報の一部も:
メルカリ、個人情報流出 最大5万4000人に影響
フリマアプリのメルカリが個人情報流出。Web版のメルカリユーザー最大5万4000人の個人情報が他者から閲覧できる状態にあった可能性があるという。(2017/6/22)

「女の市場価値はいくつまで?」 「VOCE」Web版の記事取り下げ 「不快にさせた」
「女の市場価値はいくつまで?」をテーマにした「VOCE」Web版の記事に、「女性を脅している」などと批判が集まり、編集部が記事を削除した。(2017/6/19)

ラティス・テクノロジー XVL Web3D Player:
Webブラウザ版の無償XVLビュワーの体験版を公開――年内に正式版をリリース予定
ラティス・テクノロジーは、同社の軽量化フォーマットであるXVL用の無償ビュワー「XVL Web3D Player」を発表し、体験版を公開した。(2017/5/12)

小学生の将来の夢に「YouTuber」が登場 学研「小学生白書Web版2016」調査結果
「自分らしく楽しいことをしながら稼ぐ、という新時代のビジネスに小学生も注目している」とのこと。(2017/4/6)

「Googleフォト」にホワイトバランスの自動調整機能
まずAndroidアプリとWeb版向けに展開し、iOSアプリにも近く導入。(2017/3/5)

「R25」Web版も終了 「収益化難しい」
デジタルマガジン「R25」が4月28日に終了する。「持続的に収益化できる事業構造をつくることが難しいと判断した」という。(2017/3/1)

「美術手帖」がWeb版を公開 1948年創刊のノウハウ生かしアート情報を幅広く発信
「美術手帖」の名前を関するWebサイト立ち上げは初。(2017/2/10)

「モーメント邪魔」の声多数……「Web版Twitterからモーメント消す方法」に注目
TwitterのWeb版に「モーメント」が加わったが、「邪魔」という声も多い。Web版Twitterからモーメントを消す方法を解説したブログが話題だ。(2017/1/27)

iOSのTwitterアプリに「もっと探す」タブ追加 モーメントやトレンド、検索が利用できる
数週間のうちにAndroidのTwitterアプリにも追加。Web版には「モーメント」タブ出現。(2017/1/27)

Skype.com、サインインせずに利用可能に
SkypeのWeb版で、SkypeアカウントやMicrosoftアカウントでサインインしなくてもチャットや通話を始められるようになる。アカウントを持っていない相手との通話に便利だ。(2016/11/15)

24時間気象番組「ウェザーニュース」Web版リリース BSデータ放送終了で
BSデータ放送の「ウェザーニュース」を引き継ぐ、Web版が公開。(2016/9/30)

「WEB版WORKING!!」のテレビアニメ「WWW.WORKING!!」が10月より放送開始! 第1話先行上映イベントも
まともな人がいないファミレスアニメがはじまる……!(2016/8/27)

サッカー日本代表・小林選手、「監督の指示を無視」記事に「なんだこれ」
記事のWeb版からは当該の記述が削除されています。(2016/6/9)

GoogleのリマインダーがWeb版カレンダーでも操作可能に
モバイル版Googleカレンダー、Inbox、Google Keepで同期して使えるリマインダーを、Web版Googleカレンダーでも作成・編集・削除できるようになる。(2016/4/6)

「WORKING!!」のWeb版がテレビアニメ化 タイトルは「WWW.WORKING!!」
原作は「WORKING!!」作者のWebサイトに掲載されている4コマ漫画。(2016/4/2)

Googleドキュメント、音声での編集が可能に
Googleドキュメントでは昨年9月から音声でのテキスト入力が可能だが、音声での編集も可能になった。まずは英語版のChromeブラウザ版で、改行やフレーズのコピー&ペースト、箇条書きなどができるようになった。(2016/2/25)

YouTube、右クリックで動画のループ再生が可能に
Webブラウザ版YouTubeのプレーヤーを右クリックすると表示されるメニューに「ループ」が追加され、これをクリックするとその動画を繰り返し再生し続ける。(2016/1/21)

東京ゲームショウ2015:
「艦これ」Androidで今冬リリース決定 ブラウザ版と完全互換、同じデータで家でも外でもプレイ可能
東京ゲームショウのDMMブースで発表されました。(2015/9/17)

オックスフォード英英辞典Web版に「cat cafe」(猫カフェ)が入ったニャ!
「Mr.」「Mrs.」などと同じように使うけれど、性別を特定しない「Mx」などの新語が追加されています。(2015/8/27)

CADニュース:
Fusion 360の日本語版は今秋から提供開始。Webブラウザ版提供は2016年半ば予定
オートデスクは2015年秋から3D CAD「Fusion 360」の日本語版を提供開始する。Webブラウザ版も準備中で、2016年半ばに提供開始予定だ。(2015/8/5)

『週刊Dモーニング』Web版でも有料号を配信、デジタル画集配信など20大企画も
これまでWeb版では無料号のみを配信していた。有料版配信を記念して、8月31日までに新規会員登録をした人を対象に、3カ月間の無料配信を実施する。(2015/7/30)

紙版休刊の『コミックガム』 今夏Web版としてリニューアル
コミックガムの公式サイトでは他の作品に先駆け、『一騎当千』(塩崎雄二)の連載を再開している。(2015/7/28)

「LINE MUSIC」のWebブラウザ版公開 スマホアプリは630万ダウンロード突破
LINEは、定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のWebブラウザ版を提供。PCで楽曲の再生・共有、プレイリストの作成ができる。(2015/7/23)

「LINE MUSIC」がPC対応 アプリダウンロードは620万件、再生数は6億8000万回に
「LINE MUSIC」の楽曲再生やプレイリストの作成などがPCから利用できるWebブラウザ版が公開された。(2015/7/23)

「R25」休刊 創刊から11年 Web主軸に刷新
リクルートのフリーマガジン「R25」が9月発行号を最後に定期刊行を終了。Web版を主軸に刷新する。(2015/7/3)

フリー誌「R25」が定期刊行を終了 10月にWeb版とブランド統合
『R25』は2015年9月24日発行号をもって定期刊行を終了する。(2015/7/3)

Web版Gmailに多数のテーマと絵文字が追加 テーマは編集可能に
Webアプリ版のGmailの背景画像として、数百点の高精細画像が追加され、ぼかしや周辺減光などの編集ができるようになった。また、メッセージで使える絵文字が増えた。(2015/7/1)

ピクシブのお絵かきアプリ「pixiv Sketch」がリリース
Web版・iOS版がリリース。アプリで撮影した絵をベースに、Web上で彩色したりも。(2015/6/30)

InstagramのWeb版がデザイン変更、プロフィールがすっきり
InstagramのWebアプリ版のデザインが変わり、プロフィールページに並ぶ写真が大きくなった。フィードとハッシュタグのページも変わる。(2015/6/10)

eBookJapan、まる丸かわいい182匹の“ニャンモナイト”を写真集に
2月22日の猫の日にちなんで募集したもの。ブラウザ版とダウンロード版の2種類を無料公開している。(2015/6/8)

世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」。鼓門のおもてなし力
金沢駅は2011年にアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版で、世界で最も美しい駅14選の6位に選出されています。(2015/5/18)

”罠”の擬人化女子の衣裳を“罠”で大破してセクシーな姿に ブラウザ版「影牢」がカオスでけしからん仕様
トラバサミやバナナの皮をどう使ったら、衣裳が破けるんだよ!!(2015/5/16)

Twitterで見逃してしまったツイートをトップに表示する公式機能「前回アクセスから今までのツイート」
iOS版で本日提供開始。Android版とWeb版でも近日スタート。(2015/1/22)

Tech TIPS:
PC版Gmailで、メール返信時にデフォルトで全員に返信されるようにする
PCのWeb版Gmailでメールに返信しようとすると、その送信先は元のメールの送信者だけに限られる。他の受信者も含めて全員に返信されるように、デフォルトの挙動を変更するには?(2014/12/17)

Office OnlineにSkypeチャット機能追加 文書を閉じてもチャットの続きが可能
Web版Officeスイート「Office Online」で、共同編集しながらのSkypeチャットが可能になる。文書を閉じた後も、Skypeでチャットを続けられる。(2014/11/24)

PCブラウザ版「LINE マンガ」にセルシスとメディアドゥのブラウザビューワソリューションが採用
(2014/10/22)

「LINEマンガ」にPC向けWebブラウザ版が登場
スマホ向けコミックサービス「LINEマンガ」にPCブラウザ版が登場した。(2014/10/15)

「LINEマンガ」がPCでも読める! 「PC向けWebブラウザ版」登場
自宅ではPCで読み、外出先ではスマートフォンで続きを読む――といったことも可能に。(2014/10/14)

Evernote、共同作業機能「Work Chat」などを発表 Web版も刷新
Evernoteが、チームでノートを見ながらチャットできる「Work Chat」や機械学習でコンテンツを解析し、関連情報を提示する「Context」などの新機能を発表。また、Webクライアントのデザインの刷新も発表した。(2014/10/3)

面白いアニメを知る・見るためのレビュー&口コミサイト「アニプラ」が登場
1000以上にカテゴライズされたアニメの情報や、口コミ・レビュー評価をチェックできるWeb版「アニプラ」が登場。(2014/9/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。