ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WebMatrix」最新記事一覧

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(終):
キャンペーンサイトのアクセス解析とリポート作成
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。最終回は運用フェーズ。キャンペーンのKPIを設定し、アクセス解析の数値を確認し、改善策を考え、最後に成果のリポートを作成する流れを紹介。(2014/3/20)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(4):
WordPressでのスマホ表示最適化と使えるプラグイン
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。今回は、スマートフォン用のテーマ作成の手順を解説し、デバイスのユーザエージェントによって表示するテーマを切り替える無料プラグインを紹介。(2014/3/6)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
モダンなアプリを開発するためのモダンなアプリ開発環境
最終回ではVisual Studio 2013とVisual Studio Onlineを中心にモダンなアプリ開発を行うための環境について説明する。これら以外のマイクロソフトが提供する開発ツールについても見てみる。(2014/2/21)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(3):
WordPressでのキャンペーン運用に超絶便利なプラグイン3選
本連載では、全5回でWindows Azure WebサイトとWebMatrix 3によってWordPressをカンタンに導入し、キャンペーンサイトを構築して運用するノウハウを解説する。今回は、簡単に応募フォームを作れる「Contact Form 7」や入力データを管理する「Contact Form DB」、クラウド電子メールサービス「SendGrid」を扱うWordPressプラグインを紹介する。(2014/2/20)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(2):
WordPressインストール&テーマカスタマイズ超入門
本連載では、全5回でWindows Azure WebサイトとWebMatrix 3によってWordPressをカンタンに導入し、キャンペーンサイトを構築して運用するノウハウを解説する。今回は、ローカルPCにWordPressを簡単に環境構築し、テーマをカスタマイズしてクラウドにデプロイするまでの基本的な方法を解説する。(2014/2/6)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(1):
Windows Azure Webサイトで始めるらくらくキャンペーンサイト作成!
本連載では、全5回でWindows Azure WebサイトとWebMatrix 3によってWordPressをカンタンに導入し、キャンペーンサイトを構築して運用するノウハウを解説する。初回は、サンプルとなるキャンペーンサイトの概要とWindows Azure Webサイトの概要、WebMatrix 3のインストール方法までを紹介。(2014/1/23)

無料で始めるクラウドCMS構築超入門:
Windows Azure WebサイトとWebMatrix 3で楽チン構築・管理
無料試用版のあるクラウド環境「Windows Azure」と無償で使えるWeb開発環境「WebMatrix 3」の概要や、すぐに使えるCMSサイトをWebに公開する簡単な手順を説明する。(2013/12/4)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(2):
AWS×Azure PHP導入と開発環境の対決
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/3/7)

Microsoft、無料のWeb開発ツール「WebMatrix」リリース
Microsoftの「WebMatrix」は、Web開発者がWebサイトを簡単に作成・運営できるよう支援するツールだ。(2011/1/14)

Microsoft、SMB向けWeb開発ツール「WebMatrix」のβ版をリリース
「WebMatrix」はASP.NETに対応し、「IIS Developer Express」、「SQL Server Compact」などで構成される無料のWeb開発ツールだ。(2010/7/8)

dev .NET
特集:前編 Visual Studio 2005日本語版ベータ早期レビュー
Visual Studio 2005の日本語版ベータが、マイクロソフトからMSDN向けに提供開始された。次期Longhornを担う.NET Framework 2.0環境アプリケーションの統合開発、そして新たな構造の採用や効率化を高めた新版として注目される。早期レビューをお送りしよう。(2004/8/25)

マイクロソフトによるIT技術者のための総合テクノロジーカンファレンス
マイクロソフトの技術者と交流できるまたとないチャンス
開催10周年となる今年のTech・Ed 2004は、その対象をソフトウェア開発者だけでなくITProやアーキテクトまで広げているため、ジャンルを問わず数多くの技術者が集うことになる。そして、技術者同士のコミュニケーションを目的としたオープンステージでは、マイクロソフトのエンジニアとの交流の場も設けられる。(2004/8/19)

特集:第3回 Visual Studio .NETプログラミングの勘どころ
非常に多機能なVisual Studio .NETは、その機能性から使いこなしが難しい傾向にある。しかし、ちょっとした設定やノウハウで開発効率は高まる。この特集では、いますぐ実行可能な効率的な活用法を紹介しよう。(2004/8/11)

dev .NET
特集:第2回 スタートアップ.NET――開発ソフトの現状と目的別使い方(後編)
いまから始める.NET特集第2回後編では、マイクロソフト以外のベンダーの.NET Frameworkアプリケーション開発環境を見ていく。最近では、.NETでもフリーの開発環境が登場しており、商用との位置づけが戦略的なものとなってきた。次期Visual Studio 2005も見えてきた今、開発環境を再考してみよう。(2004/8/2)

MS、アマチュア向けVisual Studio“Express”版を発表
「Visual Studioは複雑すぎる」との声に応えたExpressエディションは、ホビイストや学生をターゲットに、価格を100ドル以下、サイズを30Mバイト以下に抑えている。(IDG)(2004/6/29)

dev .NET
レビュー:無償のWebアプリケーション開発ツール「ASP.NET Web Matrix 日本語版」
マイクロソフトがASP.NETのシェアを拡大すべく、意欲的な開発ツール「ASP.NET Web Matrix」をリリース。この記事では、Web Matrixの実力を検証すべく、アプリケーション作成の手順を追っていく。(2004/6/4)

マイクロソフト、無償提供「Web Matrix」でOSSに対抗
ASP.NETの普及は思う通りに進んでいない。マイクロソフトのこの悩みは、Java陣営の強みとなっている無償提供開発ツールへの対抗となり、形を見せた。(2004/6/3)

未経験者が無料ツールで始めるプログラミング教室
(2004/3/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。