ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「webMethods」最新記事一覧

5分で絶対に分かるAPIマネジメント、API経済圏
「API管理」の概要と必要性、技術構成、主要ベンダーなどについて解説。さらに、今注目される「API」の概要と、SOAとの違い、APIの公開における4者の役割と課題、今後どうなるのかについても紹介する。(2014/12/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaS導入成功のカギは、専門家の活用
社内にSaaSに関する専門知識がなくても、適切なサービス事業者の支援を得ることでSaaSから最大限の価値を引き出すことができる。(2014/5/30)

ストロングポイントを伸ばし続ける インフォテリアが事業戦略を発表
インフォテリアは2013年度の事業戦略説明会を開催。同社の主軸となる「ASTERIA」と「Handbook」の展望を示した。(2013/6/13)

セキュリティ・ダークナイト(9):
知らないほうがいいのかもね? 人の脆弱性にハラハラ
不正アクセス禁止法の改正によって、いわゆるフィッシングサイトの設置や、そこへ誘導するフィッシングメールの送信が禁じられることになった。今回は、そのフィッシングサイトの危険性、ひいてはそれにだまされる「人」というものの脆弱性を、実際にサイトを構築することによって検証してみる。(編集部)(2012/4/10)

CeBIT 2011 Report:
クラウド戦略の第一歩を踏み出す 独Software AG
情報通信の国際見本市「CeBIT」開幕を直前に控え、地元ドイツを代表するソフトウェア企業のSoftware AGが新戦略を発表した。(2011/3/1)

IDSシェアーとの経営統合による新戦略を発表 ソフトウェア・エー・ジー
BPM製品を提供するソフトウェア・エー・ジーは、今後注力すべき4つの戦略分野を発表した。(2011/2/15)

ソフトウェア・エージー、webMethods最新版で合併2社の完全統合を強調
ソフトウェア・エージーは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)製品であるWebMethodsの最新版として「webMethods 8日本語版」の提供を開始したと発表した。(2010/9/16)

Process World 2010 Report:
40年の歳月がもたらした「ビジネスプロセスエクセレンス」という新境地
独Software AGおよびIDS Scheerのユーザー企業向けカンファレンス「Process World 2010」の2日目には、Software AGのカールハインツ・シュトライビッヒCEOが登場。「企業のビジネスとITにパラダイムシフトを起こす」と同社のソフトウェア戦略を力説した。(2010/6/10)

Process World 2010 Report:
ビジネスとITが融合する時――Software AG
WebMethods、IDS Scheerの獲得により、BPMの包括的なソリューションを提供できるようになった独Software AGは、「ビジネス部門とIT部門の融合」が企業のビジネスを変えると提唱。これを「ビジネスプロセスエクセレンス」と定義し、ユーザー企業に訴求を図っている。(2010/6/9)

ソニー、ERPと連携する放送業界向けのビジネスプロセスソリューションを展開へ
ソニーは放送局や映像制作企業向けに、ERPシステムと連携する「メディアバックボーン」ソリューションを提供する。(2010/3/30)

日本でも実施を検討:
大学へのソフトウェア提供でユーザーのすその拡大を狙う独Software AG
独ソフトウェア大手のSoftware AGは、自社製品のユーザーのすそ野拡大を図るため、大学と連携したプログラムを実施している。日本での展開も視野に入れているという。(2010/3/26)

CeBIT 2010 Report:
「ビジネスプロセス」はERPより大きな市場になる――独Software AGの新戦略
独ハノーバーで開催されているCeBIT 2010で、ソフトウェア大手の独Software AGのカールハインツ・シュトレイビッチCEOが今後5年間に向けた新戦略を発表した。(2010/3/2)

ソフトウェアAG、AS/400の端末エミュレータ保守費用を大幅削減するツールを紹介
ソフトウェア・エー・ジーはレガシーシステムにおける端末エミュレータの保守費用を圧縮するソフトウェアを紹介した。(2009/11/30)

手軽にBPM:
ソフトウェアAG、中堅企業向けにwebMethodsを日本で独自にパッケージ化
ソフトウェア・エー・ジーは中堅企業を対象にした新ソフトウェアパッケージを提供している。(2009/9/3)

SOA Adoption for DUMMIESを提供:
Software AGのミコ・マツムラ氏、「OracleのSun買収は業界垂直統合の流れの一環」
Software AGのバイスプレジデントで最高戦略責任者のミコ・マツムラ氏は、「OracleによるSun Microsystems買収について垂直統合という業界の流れに沿っている」と指摘する。(2009/4/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
顧客の声への対応力が新たな差別化の“鍵”に
製品やサービスそのもので勝負できる時代は終わりを告げつつある。求められているのは、顧客の要望に対して、より迅速かつ的確に対応を可能にする業務プロセスの変革能力である。そのために、自社の業務を把握できる仕組みの整備が急務となっている。(2009/1/16)

業績好調のSofware AG、webMethods買収の成功が奏功
Software AGの業績が好調だ。カールハインツ・シュトレイビッチCEOは「SOAおよびBPM市場におけるリーダーになった」と話す。(2008/12/4)

Innovation World 2008 Report:
モルガン・スタンレーやコカコーラなど、ビジネスの流れを本気で考える米国企業
Software AGは「Innovation World 2008」でSOAを用いたBPM改革を強調する一方、Morgan StanleyやCoca Colaなど事例セッションも多く開催した。米国企業がITで仕事のやり方を改善する作業に熱心であることを印象付けている。(2008/11/5)

Innovation World 2008 Report:
Software AG、webMethods最新版を発表
Software AGは、メインフレームを運用する企業がSOAでシステムを刷新するためのソフトウェア「webMethods Application Modernization Suite」を発表した。(2008/11/4)

「既存システムを捨てるな」――ソフトウェアAG
ソフトウェアAGは記者発表会を開催し、既存システムをSOAで活用する手法に手応えを感じていることをうかがわせた。(2008/9/12)

BPMプロジェクトの成否を分けるものは?:
ニッポンのお家芸、「カイゼン活動」がBPMの本質
「BPMは幅広いマネジメントの原則だが、中でも最も重要なことは、できるだけスピーディーにプロセスを“カイゼン”することだ」と Software AGのガリメラ副社長は話す。(2008/9/10)

既存IT資産も活かしながらプロセス統合:
PR:SOAによるIT資産再活用が業務の見通しを可能にする
既存のIT資産を部品として業務プロセスを組み立て、新たな価値を生み出し、さらにプロセスを可視化し、最適化することがSOAだとするSoftware AG。同社のアプローチをもってすれば、企業に残ったレガシーシステムも含めてビジネスプロセスを統合できるという。(2008/7/22)

買収したwebMethodsが基盤:
ソフトウェアAG、メインフレーム資産の再利用によるシステム刷新を強調
ソフトウェア・エージーは、企業がSOAなどを利用していわゆるレガシーシステムを再利用するための製品について紹介する記者向けの説明会を開催した。(2008/6/12)

J-SOXが追い風?:
レガシー資産を生かすwebMethodsのアプローチとは
ITシステムは、「作る」より「買う」、「買う」よりも既存部品で「組み立て直す」ことでビジネス上の価値を迅速に引き出せるようになってきた。SOA基盤を提供するwebMethods/ソフトウェア・エー・ジーにとっては、J-SOXこそ追い風だという。(2008/4/16)

ホワイトペーパー:
ビジネス改善のあらゆる手段を1つで提供するスイート製品
Webサービス化、ESB、BPM、BAM、SOAガバナンスすべてに対応し、システム構築やビジネスプロセス改善、アプリケーション統合、既存投資の活用など、さまざまなビジネス課題を解決する手助けとなる包括的ソリューションを紹介する。(2008/4/10)

NEWS
ソフトウェアAG、ウェブメソッド統合の強みを生かした「webMethods 7.1スイート」日本語版
ビジネスプロセス統合プラットフォーム「webMethods 7.1スイート」の新バージョンを発表。既存IT資産を再利用するための機能を追加し、プロセス改善のサイクルを加速させるとしている。(2008/4/10)

ウェブメソッド買収で勢い:
SOAによる基幹システム再構築に勝機――ソフトウェアAG
基幹系システム向けデータベースを提供するSoftware AGはSOAWebMethodsを買収することで、メインフレームが稼働する大手企業のレガシー移行に力を入れる。日本法人の福島徹社長に日本市場での戦略を聞いた。(2007/12/20)

OracleによるBEAの買収提案でFusionをめぐる疑問が浮上
BEA Systemsに対する買収提案は、OracleのFusion Architecutreの開発状況などをめぐる疑問を呼び起こしている。(2007/10/15)

カナダのJuxtaComm、MSやIBMなど大手を特許侵害で提訴
分散型の異種コンピュータ環境でデータの変換・交換を行うシステムに関する特許を侵害しているとして、大手ベンダー多数を訴えた。(2007/8/30)

.NETユーザー必見! Oracle 10gのお作法(4):
IISを使用したWebサービスからのPL/SQLデバッグ
オラクル社が提供する3つの.NET環境用開発ツール「ODP.NET」「ODT」「ODE.NET」。Oracle 10gリリース2に対応した最新版を使って、Oracleデータベースを前提とした.NETアプリケーションの開発手法を解説する。(編集部)(2007/7/5)

ホワイトペーパー:
SOAへの戦略的IT投資の成功要因
経済環境やマーケットの激しい変化に対応するため、多くの企業がSOA(サービス指向アーキテクチャ)への戦略的IT投資を本格的に検討し始めている。SOAの必要性と、システム構築法を含む一連の対策について解説する。(2007/5/29)

SOAソリューションのwebMethods、独Software AGに買収される
両社は事業面に加え、顧客層の面でも「補完的」な関係。webMethods買収によりSoftware AGは、米国での顧客数を倍増させ、SOA・BPM市場での地位強化を狙う。(2007/4/6)

ホワイトペーパー:
すべての企業にSOAガバナンスが必要な理由
すでに多くの企業がSOA(サービス指向アーキテクチャ)を導入し、ITガバナンスの対象として扱っている。しかし、その方法論はまだ確立されているとは言いがたい。SOAガバナンスとはどのようなものか。どのように推進していけばよいのかを紹介する。(2007/1/29)

迅速なプロセス改善を支援、ウェブメソッドがSOAプラットフォームの新バージョン
ウェブメソッドは、エンタープライズSOAを基盤に業務プロセス統合を支援するプラットフォームの新バージョン「webMethods Fabric 7.0」を発表した。(2006/11/16)

ホワイトペーパー:
SOA投資を最大限に生かすためのチェックリスト
あらゆる業界の企業から、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に対し、ますます強い関心が寄せられている。SOAを成功させるには、取り組まなければならない点がいくつもあり、その中でも最も重要なことは、SOAが単に技術だけの問題ではないことを把握することだ。(2006/11/8)

MSのXML技術者が新興オープンソース企業へ
W3CにおけるMicrosoftの代表を務めていた技術者が、新興企業WSO2にマッシュアップ技術ディレクターとして入社した。(2006/11/1)

Column
SOAのライフサイクルはソフトウェア開発とは違う
かつてサンでJavaエバンジェリストを務めたインフラビオ副社長、ミコ・マツムラ氏は、SOAのライフサイクルを3つの期間に分割している。(2006/10/16)

動き出したSOAのいま:
ITベンダーを煽ったSOAの「必然性」――Gartnerアナリスト
「SOAは、エンジニアやビジネスマネジャー、ITマネジャーなど、その概念を受け取る人によって違った意味を持つ」と話すのは、ガートナーリサーチ ソフトウェアグループのイェフィム・ナティス氏だ。(2006/9/19)

ホワイトペーパー:
SOAを使いこなす7つのポイント
SOA(サービス指向アーキテクチャ)を使って企業情報システムを変革しようという動きが広がっている。そこで必要になるのが、SOA技術を適切に使いこなすための基盤であるSOAリファレンスアーキテクチャだ。(2006/9/8)

SOAは急速に現実解になっている――米WebMethods社長
SOAにおいてESB(エンタープライズサービスバス)機能を中心に製品やサービスを提供する米WebMethodsのデビット・ミッチェル社長に話を聞いた(2006/6/12)

「最初のSOAは失敗したが今後は必ず成功する」とウェブメソッド
ウェブメソッドは4月7日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)によるシステム構築において基盤となる製品「Fabric6.5」について説明する記者向けのブリーフィングを行った。(2006/4/7)

Tibco、データバスを核に日本版SOX法対応で企業を支援
アプリケーション統合ベンダーがそのデータ統合技術を核に、日本版SOX法に代表される内部統制対応のトレンドに乗ろうとしている。業績好調というTibcoもその1つだ。(2006/4/5)

Windows Communication Foundation概説:
Windows Communication Foundationとは
Windows Vistaに搭載予定の新しい通信基盤技術「WCF」の思想やそれがもたらす意味、プログラミン グ・モデルを紹介。(2006/3/21)

ウェブメソッドの清水新社長、ビジネス戦略を語る
ウェブメソッドの清水久生新社長が同社の今後のビジネス展開について説明した。(2006/3/9)

通信業界向けに受注システムの「核」を提供するビトリア
米Vitriaのデール・スキーンCEOに話を聞いた。(2006/2/16)

「例外」に特化したアプリケーションで勝負するビトリア
(2005/9/20)

ウェブメソッド、SOA対応ソフトウェアで新版をリリース
EAIソフトウェアを提供するウェブメソッドは、SOAによるシステム構築を可能にするためのプラットフォーム「webMehods Fabric 6.5」の提供を開始することを明らかにした(2005/7/26)

用語:EAI
(2005/4/26)

ODP.NETファーストステップ(2):
ASP.NETの利点を引き出すODP.NET活用法
Windowsプラットフォームにおけるアプリケーション開発は、.NETが主流となりつつある。本連載はVisual Basicから.NETへの移行を考えているOracleアプリケーション開発者に向けて、「Oracle Data Provider for .NET」を使うメリットや独自機能、新しいプログラミング・スタイルなどを解説する。(編集局)(2004/12/28)

Visual Studio Magazine
特集:後編 準備が整ったSQL Server 2005
SQL Server 2005ベータ2では、製品リリース版を感じ取るに相応しいほとんどの機能がブラッシュアップされた。特に、T-SQL機能では、暗号化やWS-Securityサポートによる堅牢さが追求された。(2004/11/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。