ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Whispernet」最新記事一覧

IoTと製造業の深イイ関係(2):
製造業のIoT化を加速させる安価な長距離無線ネットワークの可能性
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第2回は、製造業が製品をIoT化する上で役立つ、安価な長距離無線ネットワークとその採用事例を紹介する。(2016/9/14)

電子書籍界の黒船「Kindle」とは?(前編)
近い将来の日本進出が予想される、米Amazon.comの電子書籍サービス「Kindle」。なぜKindleは「電子書籍界の黒船」と形容されるのか。初代製品が登場してからこれまでに至る歴史を振り返りつつ、機能やサービスなどさまざまな観点から見たKindleの強みと特徴を、前後編にわたって紹介する。(2012/5/24)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle(1st generation)――Amazon.com
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、Amazonの電子書籍端末「Kindle」、その初代モデルを紹介する。(2012/2/18)

Amazon、Wordや画像ファイルをKindleに転送するアプリをリリース
Amazonが、PC上のMicrosoft Wordファイルやテキスト、画像を数ステップでKindleおよびiOS版Kindleアプリに転送できる「Send to Kindle for PC」を無料で公開した。(2012/1/13)

さらばUSBケーブル:
Amazon、Kindleへのファイル転送を簡略化する「Send to Kindle」リリース
Amazonは、Kindleへのファイル転送を簡略化する「Send to Kindle」をリリースした。(2012/1/13)

開封と気になる日本語対応や新機能など:
Amazon Kindle Touch(Free 3G+Wi-Fi版)レビュー
Amazonが2011年9月末に発表したタッチスクリーン採用の『Kindle Touch』。最もKindleらしいという意味で本命として期待していたデバイスだと語る代助氏が濃密すぎるファーストインプレションをお届けする。(2011/12/3)

Kindle Keyboard、新ファームでKindle Cloudをサポート
Amazonの第3世代電子書籍リーダー「Kindle Keyboard」の最新ファームが公開された。これにより、第4世代Kindleの新機能である「Kindle Cloud」にアクセスできるようになるなど、有益なアップデートだ。(2011/10/18)

79ドルの第4世代Kindleレビュー
Amazonが発表した第4世代のKindleを、Good e-Readerが辛口レビュー。さてその評価は?(2011/10/14)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
「iPhone 4S」と「Kindle Fire」、どっちがスゴい?
新しいiPhoneの発表を受け、IT業界はアップルがどう動くのかに注目している。なぜならライバルのひとつであるAmazonがAndroidタブレット「Kindle Fire」を199ドルで発表したからだ。iOSとAndroidの戦いは今、新しいフェーズに入ったのではないだろうか。(2011/10/6)

Kindle Print Replica、紙とほぼ同質の読書経験を提供
すべてのユーザーが同じページ数を参照することが求められる研究書や教科書の電子化に福音となりそうな「Kindle Print Replica」に市場関係者の注目が集まっている。(2011/9/5)

Google+はクラウド時代のトモダチコレクションなのか?
Googleの新しいソーシャルサービス「Google+」のフィールドテストが始まった。「FacebookやTwitterとどこが違うの?」という声もあるが、実際に使ってみると意外な便利さ、面白さがある。(2011/7/13)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle DX――Amazon.com
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米Amazon.comが販売する電子書籍端末「Kindle」の大画面モデルを取り上げる。(2011/3/25)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle Keyboard、Kindle Keyboard 3G――Amazon.com
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米Amazon.comが販売する電子書籍端末「Kindle」の第3世代に当たるモデルを取り上げる。(2011/3/25)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle 2――Amazon.com
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米Amazon.comが販売する電子書籍端末「Kindle」の第2世代に当たるモデルを取り上げる。(2011/3/25)

厚さ10ミリ前後の極薄ボディ:
板状のeBook端末「Reader」をなめるように触ってみた
ソニーの「Reader」は、2モデルとも厚さ10ミリ前後のスリムボディが特徴のeBookリーダーだ。別売のブックカバーを含め、細かくチェックした。(2010/11/25)

Kindle、Sony Reader、iPad……:
米国の電子書籍周辺事情を整理する(前編)
どうしても話題が先行しがちな日本のeBook/電子書籍。ここでは、米国におけるeBookの状況を整理しつつ、今後の動向を探っていこう。(2010/11/15)

電子書籍「自炊」完全マニュアル:
Kindleで自炊時に気をつけたい5つのテクニック
本の裁断やデータ化などについては前回までで触れた。今回以降はKindleやiPadといった電子書籍を読む側の端末における特性やTipsに言及する。(2010/8/10)

専用アプリは? 2倍モードは?:
「iPad」で気になるアプリを試してみた
4月3日に登場したiPad専用アプリから定番の2ちゃんねるブラウザまで、気になるアプリをいくつか試してみた。筆者のおすすめは……。(2010/4/7)

Appleイベント現地リポートまとめ(後編):
ぼくらは“未完成”の「iPad」に期待しすぎていたのだろうか
現地リポートまとめの後編では、iPadが登場した意味やそのインパクト、これからの展開について考える。iPadは出版業界の救世主になれるのか?(2010/2/1)

Amazon、Kindleのバッテリー駆動時間向上とPDFリーダー追加を発表
ホリデーシーズンに向け、AmazonがKindleの機能を向上させた。ライバル「nook」同様にPDFを変換せずに読めるようになり、バッテリー駆動時間が85%延びた。(2009/11/25)

Kindle 2が我が家にやって来た
世界約100カ国で使える3Gネットワーク接続がタダ――これを知って、思わずノリで注文したKindle 2が、手元に届いた。(2009/11/23)

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」、日本でも購入可能に
Amazonが電子書籍リーダー「Kindle」の国際バージョンを100カ国に提供する。(2009/10/7)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
電子書籍端末「Kindle」――黒船化する?しない?
米Amazonが、電子書籍端末「Kindle」を発売した。ネット書店界の黒船として、日本でも高い知名度を誇る同社だが、鳴り物入りで登場した新デバイスも黒船的存在になるのだろうか?(2007/11/22)

Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売
高速データ通信のEV-DO対応で、既に用意された9万冊以上の書籍を直接ダウンロードできる。本体は399ドルで、書籍は1冊10ドル程度から。通信は無料。(2007/11/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。