ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wiiリモコン」最新記事一覧

新「Apple TV」のリモコンはWiiのようなモーションセンサー付き?
9月9日に発表されるとみられる新「Apple TV」のリモコンは、Siri対応でタッチパッド付きなだけでなく、任天堂のWiiリモコンのようなモーションセンサーも備えるという。Apple TV専用App Storeのゲームを楽しくプレイできそうだ。(2015/8/29)

「キノピオ」「クッパ」カラーの「Wiiリモコンプラス」登場 「スーパーマリオ」シリーズモデルは全6種類に
パパ、買ってー!(2015/1/16)

かわいすぎ! マリオとルイージのWiiリモコンプラス発売
これでマリオをプレイしたい。(2013/10/2)

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」に金のWiiリモコン付き限定パック 米で発売
米国で11月に発売される「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の限定パックには、ゼルダの紋章が入った金のWiiリモコンがついてくる。(2011/8/30)

週間ゲームソフト販売ランキング:
ソーシャルゲーム化する家庭用ゲームタイトル
PS3「L.A.ノワール」、PS3「inFAMOUS 2(インファマス2)」、PS3/Xbox 360「EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON」、Wii「Wiiリモコンプラス バラエティパック」と新タイトルが登場。(2011/7/14)

プラス1000円で12種類のミニゲームがパックに――「Wiiリモコンプラス バラエティパック」7月7日発売
Wiiリモコンプラスに12種類のミニゲームがセットになった「Wiiリモコンプラス バラエティパック」が7月7日に発売される。(2011/6/22)

Wiiリモコンプラスが2つ入った「Wii Sports Resort」同梱版Wii本体発売
Wii本体セットに専用コントローラと「Wii Sports Resort」を追加同梱した商品が6月23日から販売される。(2011/6/9)

チキンたちが壮絶な「お絵かきバトル」を展開――Wii向け「チキンバトル!チクチクブーン」12月21日配信開始
かわいいチキンたちがWiiリモコンで描いたアイテムを繰り出しバトルするという、ドイツ発のアクションゲーム「チキンバトル!チクチクブーン」が12月21日より配信を開始する。(2010/12/14)

Wiiリモコンで画面内の「ポコ」をふっ飛ばす!――「たたいて弾む スーパースマッシュボール・プラス」11月18日発売
ふっ飛ばした「ポコ」はブロックを壊したり現れるアイテムを取ったり、さらにはボスをやっつけたりと大活躍。Wiiモーションプラス専用で、パッケージにはピンクのWiiリモコンプラスが1個付属する。(2010/11/4)

「Wiiリモコンプラス」11月11日発売――同日よりWii本体に1つ付属
「Wiiモーションプラス」の機能を内蔵した新Wiiリモコン「Wiiリモコンプラス」が発売される。(2010/10/7)

Wiiリモコンでラインを振り回し敵を倒しまくる――「ラインアタックヒーローズ」7月27日配信開始
(2010/7/26)

全米最強の殺し屋たちによる死闘ふたたび――「NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE」10月21日発売決定
Wiiリモコンを振り回しバッタバッタと殺し屋たちを斬り倒していく「NO MORE HEROES」。その続編がついに10月、日本国内でも発売となる。(2010/7/15)

今夏のWii目玉タイトルがついにお目見え――7月8日「Wiiパーティ」発売
先日行われた「E3 2010」のカンファレンスで、任天堂が大いにプッシュしていたのがパーティゲーム集「Wii Party」。Wiiリモコンの特徴をうまく生かした14種類のゲームを収録し、7月上旬に発売される。(2010/6/24)

Wiiリモコンと色もオソロにしよう!――ゲームテック、Wii電源ツール「電池いりま線」「電池パック」にアオとピンクの2カラーを追加
(2010/5/18)

Wiiモーションプラスをつけたまま置くだけで充電――Wiiリモコン専用無接点充電セット
三洋電機は、Wiiモーションプラスを装着したまま、Wii本体のUSB端子を通じてWiiリモコン2台を充電することができる「Wiiリモコン専用無接点充電セット」を11月14日に発売する。(2009/11/12)

Wiiリモコン新色に「アオ」と「ピンク」が追加
任天堂は、Wiiリモコンのカラーバリエーションとして、すでに発売されている「ホワイト」と「クロ」に続き、「アオ」と「ピンク」を12月3日より発売する。価格は3800円。(2009/10/20)

日々是遊戯:
Wiiリモコン(クロ)? いいえ、これでもPS3用コントローラなんです
海外の周辺機器メーカーから、ちょっと変わったプレイステーション 3用コントローラが登場。誰もが驚いたそのデザインとは?(2009/10/16)

Wii Fit Plusに「Segwayに乗れるゲーム」
バランスボードとWiiリモコンを使って仮想空間でSegwayに乗れるゲームを、Segwayと任天堂が開発した。(2009/6/3)

Microsoftが「魔法の杖」の特許を出願
Microsoftが「Magic Wand」と題した技術の特許を出願している。Wiiリモコンに似た操作機器のようだ。(2009/5/19)

Wiiリモコンのポインターで照準を合わせる――「Wiiであそぶ メトロイドプライム」
Wiiであそぶセレクション第4弾として「メトロイドプライム」が登場。Wii版では、Wiiリモコンとヌンチャクを使い、「移動」と「照準」を切り替えることなく、同時に独立して操作することができる。(2009/2/9)

リニューアルしたゾンビパラダイスに行ってきた――メディア向け先行体験会
カプコンのWii用ソフト「デッドライジング ゾンビのいけにえ」のメディア向け先行体験会が開催。Wiiリモコンを使った直感的な操作の導入やビハインドカメラの採用など、変化を遂げたWii版に迫る。(2009/2/9)

指揮棒に見立ててWiiリモコンを振れ――「メジャマジ・マーチ」
(2009/1/16)

Wiiであなたもチアのメインダンサーに――「WE CHEER(ウィーチア)」
Wiiリモコンを振るだけで本格的なチアダンスが体感できる「WE CHEER」。「ナイス」なダンスは踊れるか?(2009/1/16)

Wiiリモコンでスマッシュ!!――「Wiiであそぶ マリオテニスGC」登場
「Wiiであそぶセレクション」第3弾として「マリオテニスGC」が登場。ラケットのようにWiiリモコンを振って、テニスを体感することができる。(2009/1/7)

Wiiリモコンで出前をとる――2009年春に「出前チャンネル」スタート
(2008/12/26)

Wiiリモコンで「ピクミン」を操作――「Wiiであそぶセレクション」第2弾
「Wiiであそぶセレクション」シリーズ第2弾として「ピクミン」が登場。ピクミンの能力を借りて惑星を脱出せよ!!(2008/12/15)

Wiiで野生の感覚を取り戻せ――「Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート」
「ドンキーコング」がWii向けの操作方法にアレンジされて新たに登場。Wiiリモコンでパンチや音波攻撃を繰り出せ。(2008/11/28)

「タツノコVS. CAPCOM」に対応のスティック登場
12月11日に発売されるWii用ソフト「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」に対応したWiiリモコン拡張コントローラが発売される。(2008/10/24)

マラカス代わりにWiiリモコン――「サンバDEアミーゴ」
音楽に合わせて登場するリズム玉が、周囲にある6つの枠に入るタイミングでマラカスを振るリズムアクション「サンバDEアミーゴ」が、Wii用ソフトとして12月11日に発売される。(2008/10/20)

東京ゲームショウ2008:
Wiiでカラオケ「JOYSOUND Wii」 マイクはUSBで接続
Wiiにマイクを接続してカラオケを楽しめる「JOYSOUND Wii」をハドソンが発売する。Wiiリモコンを振るとマラカスやタンバリンが鳴る仕掛けも備えた。(2008/10/9)

Wiiリモコンを持たずに遊ぶ?――Wii「レッツタップ」
操作は、Wiiリモコンを身近にある箱などの上に置き、その箱をトントンたたいて“タップ”するだけ。(2008/10/2)

「バシッッ!」とキャッチボールを体感――Wiiウェア「レッツキャッチ」
うまくキャッチすると、Wiiリモコンが振動、同時にリモコンからキャッチ音が鳴る。(2008/10/2)

Wiiリモコン専用ストラップに4色のカラバリ登場
(2008/8/21)

「零〜月蝕の仮面〜」レビュー:
“和”と“間”で魅せる、秀逸なホラーアドベンチャー
霊を扱ったホラーゲーム、「零」シリーズの最新作がWiiで登場した。Wiiリモコンを懐中電灯に見立てて進む新生「零」は、細やかな演出が行き届いたホラーアドベンチャーの秀作だ。さあ、怖いもん好きは射影機片手に朧月島へいらっしゃい。(2008/8/18)

Xbox 360版と異なる操作――「デッドライジング ゾンビのいけにえ」におけるWiiリモコンの使い方
Xbox 360版とWii版との大きな違いに操作方法が挙げられる。今回はWii向けにアレンジされた操作方法を画像とともに紹介していく。(2008/8/8)

Wiiリモコンが“猿丸”愛用木製クラブに――「プロゴルファー猿Wii(仮)」
今秋、ゴルフマンガ「プロゴルファー猿」が、Wii用ソフトとして登場する。Wiiリモコンを使って、必殺ショット「旗つつみ」を繰り出せ!(2008/8/8)

触れる恐怖にようこそ――「零〜月蝕の仮面〜」
任天堂は7月31日、Wii対応のホラーアドベンチャー「零〜月蝕の仮面〜」を発売。Wiiリモコンやヌンチャクで“触れる恐怖”を体験できる。(2008/7/31)

Wiiリモコン置くだけで充電 三洋、専用の無接点充電セット
三洋電機が発売するWiiリモコン専用の充電セットは、非接触で電力を電送する無接点方式を採用。充電時に電池パックを取り出す必要がなく、専用ジャケットをつけたままでもOKだ。(2008/7/24)

Wiiリモコン専用の「eneloop」が登場
三洋電機から、「eneloop」の新シリーズ「Wiiリモコン専用無接点充電セット」が発売される。充電式電池パック、充電スタンド、ACアダプタをセットで約5000円。任天堂ライセンス商品。(2008/7/24)

Wiiリモコンの位置検出を強化する「Wii MotionPlus」を発表
任天堂は公式サイトにおいて、3D空間での動きをより素早く、より正確に反映するWiiリモコンの機能強化アクセサリーを“近い将来”発売すると発表した。(2008/7/15)

カラダを動かすことが楽しいと再認識――「ファミリートレーナー」
バンダイナムコゲームスは、Wii向けに一新された「ファミリートレーナー」を5月29日に発売する。Wiiリモコンでの操作がプラスされ、まさに全身運動を実現している。(2008/5/12)

今度はWiiがテレビ番組表に――「テレビの友チャンネル Gガイド for Wii」
任天堂のWiiチャンネルとして、「テレビの友チャンネル Gガイド for Wii」の配信が開始された。Wiiリモコンを使ってチャンネルの切り替えや音量調節も可能。(2008/3/4)

「ウイニングイレブン プレーメーカー 2008」レビュー:
Wiiリモコンで自在に味方を動かせる! Wiiの「ウイイレ」はひと味違う
Wiiで「ウイニングイレブン」シリーズの新作「ウイニングイレブン プレーメーカー 2008」が出ましたよ。「ウイイレ」に興味がある人は読んでくれると思うので、「ウイイレ」をやったことがない人、「ウイイレ」って何?っていう人、そんな人にこそ読んでほしいと思うのです。そんな「ウイイレ」なんです、本作は。(2008/3/4)

サムスをWiiリモコンで操作して探索――「メトロイドプライム3 コラプション」
任天堂はWii用ファーストパーソンアドベンチャー「メトロイドプライム」シリーズ最新作を3月6日に発売する。(2008/1/23)

ビザビ、Wiiリモコン2本を同時充電できる周辺機器を発売
(2007/12/13)

“命の尊さ”を世に問う医療ドラマ――「カドゥケウス NEW BLOOD」
アトラスのWiiソフト「カドゥケウス NEW BLOOD」は、Wiiリモコンを操作して執刀。爽快でリアルな外科医気分を体験できるが、“命の尊さ”を世に問う医療ドラマとしても、充実したストーリーを楽しめるのだ。(2007/12/6)

Wii、使ってますか?
「バッハのような顔をした」Wiiリモコンジャケットに関する記事が先週のアクセストップだった。そういえば記者は、家にあるWiiを長らく使っていない。(2007/10/9)

任天堂、Wiiリモコンジャケット無償提供
任天堂は、Wiiリモコン用保護カバー「Wiiリモコンジャケット」を開発し、無償で提供すると発表した。(2007/10/2)

「Wiiリモコンジャケット」任天堂が無償配布、利用呼び掛け
Wiiリモコンに装着して使う専用ジャケットを任天堂が開発し、無償で配布する。リモコンをホールドしやすくなる上、万が一の接触時にはクッションにもなるとして利用を呼び掛けている。(2007/10/2)

あの体感ゲームが22年ぶりに復活!? 「ファミリートレーナー アスレチックワールド」発売決定
専用マット上で走って飛んで、さらにWiiリモコンを使って腕を振ったり……。「ファミリートレーナー」がWiiで復活。2人で役割分担して進むアトラクションも!(2007/9/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。