ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wiiザッパー」最新記事一覧

公式二次創作の時代へ ニコニコ動画で利用できる任天堂タイトルが発表 
もはやグレーではない!(2014/12/1)

限りある資源を大切に! 空き缶をリサイクルせよ――「530 エコシューター」登場
Wiiウェアで気軽にガンシューティングができるWiiウェアが任天堂より11月24日に登場する。(2009/11/24)

完全ローカライズでついに日本上陸――「デッドスペース エクストラクション」レビュー
圧倒的な恐怖と凄惨な描写で全世界を圧倒した「DEAD SPACE」の最新作「デッドスペース エクストラクション」が、発売された。前作は諸般の事情で日本では発売されていなかったため、今回が初上陸となる。Wiiで表現される新たなる恐怖の世界とは?(2009/10/13)

PR:衝撃のホラーシューティングゲームが完全ローカライズされて日本上陸――「デッドスペース エクストラクション」
Wiiで登場する戦慄のホラーシューティングゲーム「デッドスペース エクストラクション」。恐怖のムービーに加え開発者からのメッセージをお届け。(2009/9/16)

撃ちてし止まん――動画で見る「ザ ハウス オブ ザ デッド:オーバーキル」
(2009/7/28)

さらなる闇を――ホラーガンシューティング「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」
カプコンは、Wii新作タイトル「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」の開発を決定したと発表。全世界同時にティーザー映像を公開した。(2009/3/13)

ゲームロフト、Wiiウェア「ワイルドウエストガンズ」を配信
(2008/8/5)

「リンクのボウガントレーニング」レビュー:
ボウガンかついで青年リンク登場! 気軽に遊べて奥が深いWiiザッパー入門タイトル
任天堂初のWiiザッパー対応タイトルは「リンクのボウガントレーニング」。お値段もお手頃で、シンプルに射撃の面白さを味わえる作品だ。ガンシューティングは苦手なんだよなぁという方、試しにこれでガンシューティングの世界に入門してみませんか?(2008/5/26)

週間ソフト販売ランキング:
リンクがボウガン持ってやってきた
ゴールデンウィーク最中の先週、相変わらず上位2タイトルは順調に推移する中、Wiiザッパーを使用する新顔が3位にランクインしてきた。(2008/5/8)

週間ソフト販売ランキング:
新顔がランキングしてきたもののやはり2強
Wii「マリオカート」とPSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」の2強独走状態が続く4月21日〜4月27日までのソフト販売ランキング。(2008/5/1)

「エクストリーム」モードで自分の腕を磨け――「ザ ハウス オブ ザ デッド 2&3 リターン」
「ザ ハウス オブ ザ デッド 2&3 リターン」に用意されているオリジナルモード「エクストリーム」モードについて解説。またステージ3、4のボスキャラ攻略ムービーも掲載する。(2008/3/17)

ボスキャラの攻略映像を公開――「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2&3 リターン」
セガのWiiソフト「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2&3 リターン」。この「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」に登場するボスキャラ2体の攻略映像が公開された。(2008/3/10)

「メダル オブ オナー ヒーローズ2」Wiiザッパー同梱版数量限定発売
(2008/1/11)

2008 International CES:
ワイヤレスヌンチャク、振動付きPS3コントローラ、そしてWiiの排熱用ファン
毎年CESで面白いゲーム機向け周辺機器を発表しているNyko Technologies。今年は事前にワイヤレスのヌンチャクを展示するという情報を得ていたが、それ以外にもいくつか新しい周辺機器が展示されていたので紹介していこう。(2008/1/10)

この冬遊びたいゲーム特集(前編)
まもなくクリスマス! そして、正月がやってまいります。早いもので、今年もあとわずか。寒さも身に染みる季節ですし、おウチでゲームなんていかがですか? ITmedia +D Gamesでは、これまで掲載したレビューの中から、“この冬に遊びたいゲーム”をピックアップ。あなたはどのゲームをプレイしますか?(2007/12/13)

計算してみたらちょっと凹んだ
気がつけば年末です。一気に寒くなり、雪の便りも聞くようになりました。寒い時こそゲームです。今週は単純に計算してみたというお話。(2007/11/21)

任天堂、米国でWii Zapperを発売
日本ではバイオハザード、ゴースト・スカッドなどの対応が決まっているWiiのシューティング用アタッチメントが米国で発売される。(2007/11/20)

「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」インプレッション:
Wiiザッパーで群がるゾンビを狙い撃ち 2人プレイも熱い“バイオ”の追体験
11月15日に発売予定のWii用ソフト「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」を一足早く体験してきました。Wiiザッパーでゾンビを撃ちまくり、歴代「バイオハザード」を追体験できる待望の“バイオ”新作は、2人プレイも熱いガンシューティングですよ!(2007/11/14)

「ゴースト・スカッド」レビュー:
痛快。爽快。大爆笑。Wiiザッパー握って浮き世の憂さを吹き飛ばせ
国連が秘かに設置した特殊部隊と凶悪なテロリスト軍団の戦い……なんて小難しいは設定は忘れてしまえ。ここにあるのは、どこまでもアメリカンで、素敵にファンキーで、とてつもなくシリーなエンターテイメント。ビールかコークハイでも飲みながら、さあ、Let's Shoot!!(2007/11/12)

「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」エキストラパッケージの中身
(2007/10/12)

富士急ハイランドにゾンビ群がる――「戦慄迷宮EX. バイオハザード」をお先に体験
富士急ハイランドに10月6日から登場する期間限定イベント「戦慄迷宮EX. バイオハザード」を怖々体験! 記事内にはちょっとグロい写真がありますので、ご注意ください。(2007/10/5)

東京ゲームショウ2007:
「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」コーナーでWiiザッパーと出会った――カプコンブース
今回出展した8タイトルはすべてプレイアブル版となっているカプコンブース。中でも力の入れようがうかがえるのは、22台の試遊台を用意した「デビル メイ クライ 4」と、Wiiザッパーで遊べる「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」だ。(2007/9/22)

シレンに戦場に龍と来た! 「セガコンシューマ新作発表会 2007 Autumn」開催
セガは9月14日、品川プリンスホテルにおいて今冬から来春にかけて発売を予定している注目タイトルを発表。3大タイトルとして「風来のシレン3」や「戦場のヴァルキュリア」、「龍が如く 見参!」などが紹介された。(2007/9/14)

「Wii Zapper」は米国で11月発売、ゼルダの弓ゲーム同梱
Wii Zapperは11月19日発売で推奨小売価格は19.99ドル。「Link's Crossbow Training」が同梱される。(2007/9/11)

井上和香さんナイスショット! カプコン「Wii&DS新作タイトル発表会」
カプコンは8月31日、本年度発売を予定しているWiiおよびニンテンドーDS用新作タイトルの試遊発表会を開催。キャメロット開発のWii用ゴルフゲーム「WE LOVE GOLF!」を発表し、井上和香さんらが試遊に興じた。(2007/8/31)

「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」でWiiザッパー同梱版発売決定
(2007/8/31)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その13):
くねくねハニィは見た! 本当のE3
なかなか明けない梅雨だったけど、皆様体調壊してませんか? 胃潰瘍寸前のくせにまったく体重が減らないくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第13回目。実は密かにくねくねハニィはE3に潜入していたのであった! ちょっと遅れてしまったけどハニィの目から見た本当のE3をリポートしてみたので、よろしこ。(2007/8/1)

E3を総括する 〜北米の北米における北米のためのExpo〜:
「E3」これだけ読めば大丈夫?
現地時間の7月10日〜12日の期間、北米カリフォルニア州サンタモニカで「E3」が行われたが、昨年までのものとは大きく様子が違っていた。今年のE3を紐解きながら、今後のゲーム市場動向を推測する。(2007/7/19)

任天堂、「バランスボード」で体を鍛える「Wii Fit」発表
Wii Fitは、ヨガやストレッチなどの全身運動を行うゲーム。ノートPC大の器具を使用するのが特徴だ。(2007/7/12)

Nintendo Media Briefing:
宮本茂氏が「Wii Fit」を高らかに掲げる――「任天堂メディアブリーフィング」
任天堂は、北米サンタモニカで開催されたメディアブリーフィングにおいて、今後の注目株「Wii Fit」を発表した。また、「Wii Zapper」などのアタッチメントコントローラや「マリオカートWii」などの新規タイトルについても明かされた。(2007/7/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。