ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方」最新記事一覧

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(12):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(3)
前回は「Active Directory証明書サービス(AD CS)」のルートCA(スタンドアロンCA)の構築方法を解説した。今回は、発行CAの構築手順を解説する。(2015/12/2)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(11):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(2)
前回は「Active Directory証明書サービス(AD CS)」の設計について解説した。今回は、その設計を反映したAD CSの構築手法を解説する。(2015/9/18)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(10):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(1)
企業のIT環境には、証明書を使用したアプリケーションやネットワーク機器が多数存在する。その際に必要なのは「Active Directory証明書サービス(AD CS)」を核としたセキュアな公開鍵基盤(PKI)だ。今回は、AD CSの設計手法を解説しよう。(2015/8/28)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(9):
Windows展開サービスで大量のクライアントPCを一気に展開する(3)
前回は、「参照コンピューター」上で展開用のWindows 8.1をカスタマイズする方法を説明した。今回は、作成したカスタムイメージの取得から展開までを解説する。(2015/6/26)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(8):
Windows展開サービスで大量のクライアントPCを一気に展開する(2)
前回は、「Windows展開サービス」を使用して「install.wim」イメージからWindows 8.1をインストールしたところまでを解説した。今回は、「参照コンピューター」上でWindows 8.1をカスタマイズする方法を説明する。(2015/5/28)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(7):
Windows展開サービスで大量のクライアントPCを一気に展開する(1)
企業でクライアントPCを配布する際には、メーカーのOSプリインストール済みPCをそのまま使用せずに、自社でOSを再インストールすることもあるだろう。Windows Serverでは「Windows展開サービス」でクライアントOSの展開が可能だ。今回は、Windows展開サービスでのWindows 8.1の展開を解説する。(2015/4/23)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(6):
BranchCacheで遠隔地からのファイルアクセスを高速化
「BranchCache(ブランチキャッシュ)」は、ブランチオフィスでのファイルサーバーへのアクセスを高速化するWindows Serverの標準機能である。今回は、BranchCacheを解説する。(2015/3/24)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(5):
乱立するファイルサーバーはDFSで一元管理
「分散ファイルシステム」(DFS)は、ファイルサーバーへのアクセスを簡素化したり、高可用性や負荷分散などを提供したりするWindows Serverの標準機能である。今回は、DFSを解説する。(2015/3/16)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(4):
ファイルサーバー管理の強力な助っ人、FSRMを使いこなそう
ファイルサーバーはサーバー利用の基本だが、その運用管理は意外と面倒だ。今回は、ファイルサーバーの管理を楽にする「ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)」を紹介する。(2015/2/19)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(3):
DHCPサーバーの設定を確認し、挙動を理解する〜DHCPサーバー編(3)
DHCPサーバーを使用してIPアドレスを登録したDNSサーバーは、静的にIPアドレスを登録したDNSサーバーとは挙動が異なる。今回はDHCPサーバーの設定を確認し、その挙動を理解する。(2015/1/22)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(2):
フェイルオーバー機能を使いこなせ〜DHCPサーバー編(2)
Windows Server 2012 R2には、DHCPのフェイルオーバー機能が搭載されている。これにより、DHCPサーバーの柔軟な冗長構成が可能だ。(2014/11/21)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(1):
Windows Server管理の基本をマスターせよ〜DHCPサーバー編(1)
本連載では、Windows Server 2012 R2管理の基本となる「サーバーマネージャー」の使い方を解説していく。第1回目はWindows NTから提供され、現在まで機能アップされ続けている「DHCPサーバー」を取り上げる。(2014/10/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。