ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3」最新記事一覧

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(5):
【番外編】スライドショーアプリ開発に挑戦!!
今回も前回に引き続き、連載「ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3」の【番外編】として、ディジ インターナショナルの評価ボード「ConnectCore Wi-i.MX51」を使用し、このボード上で動作するアプリケーション開発の流れを紹介する。(2010/11/19)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(4):
【番外編】評価ボードを使ってCE 6.0 R3を体験しよう
本連載の番外編、今回は実際に評価ボードを利用し、OSの構築手順を交えながらCE 6.0 R3が起動するまでを解説。(2010/6/21)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(3):
CE端末でも「フリック」&「パン」操作が可能に! ― タッチ/ジェスチャ機能 ―
スマートフォンなどでおなじみの直感的なタッチパネル操作を実現する新機能「タッチ/ジェスチャ」について解説。(2010/5/6)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(2):
Silverlight for Windows Embeddedの実装方法
追加機能の一番の目玉といえる「Silverlight for Windows Embedded」を利用したアプリケーションの構築方法を解説。(2010/1/25)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(1):
Windows Embedded CE 6.0 R3でUIが大きく変わる!!
SilverlightやFlash Lite、タッチ/ジェスチャなど、UIまわりの大幅な機能強化が行われたCE 6.0 R3について紹介する。(2009/12/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。