ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows 8レボリューション」最新記事一覧

Windows 8レボリューション:
第22回 Windows 8.1 PreviewのHyper-V
次期クライアントOSであるWindows 8.1のPreview版の機能紹介第3回。今回はクライアントHyper-Vの機能強化点などを解説する。(2013/8/1)

Windows 8レボリューション:
第21回 Windows 8.1 Previewの機能改善点
次期クライアントOSであるWindows 8.1のPreview版の機能紹介第2回。Windowsストア・アプリの変更点やシステムの設定、機能役割の変更点などについて解説する。(2013/7/11)

Windows 8レボリューション:
第20回 GUIを改善したWindows 8.1 Preview
タブレットPCでの操作などを考慮してスタート・ボタンを廃したWindows 8であったが、既存のWindows OSユーザーにとっては若干使いづらいものになっていた。その声を受けてGUIを改善したWindows 8.1はどうなったのか? Windows 8.1 Preview版のGUIを紹介する。(2013/7/1)

Windows 8レボリューション:
第19回 SSDでWindows 8システムを高速化する
Windows 8をSSDにインストールすれば、高速なシステムの起動やアプリケーションの実行が期待できる。Windows 8ではSSD向けの機能が実装されており、特に何もせずとも使えるが、いくらか注意すべき点もある。(2013/5/30)

Windows 8レボリューション:
第18回 Windowsストア・アプリをグループ・ポリシーで管理する
Windowsストア・アプリは誰でも簡単にインストールして利用できるのが大きな利点であるが、企業用途には向かないアプリやゲームなども少なくない。それらを禁止したり、許可したものだけを実行させる方法を紹介。(2013/5/9)

Windows 8レボリューション:
第17回 素早い起動を可能にする「高速スタートアップ」
Windows 8では起動とシャットダウンのメカニズムが刷新され、従来と比較すると大幅な高速化を実現している。OSカーネルの休止と再開を使った「高速スタートアップ」の仕組みを解説。(2013/3/21)

Windows 8レボリューション:
第16回 データを保護するBitLocker暗号化
PCシステムの盗難や紛失からの情報漏洩を防ぐには、BitLockerでディスクを暗号化して保護しておくとよい。パスワードなどを入力しない限り、PCを起動したり、データにアクセスしたりできなくなる。Windows 8のBitLockerは回復キーのSkyDriveへの保存など、いくらか機能が向上している。(2013/2/28)

Windows 8レボリューション:
第15回 タッチ対応だけじゃないWindows 8のエクスプローラ改善点
Windows 8のエクスプローラはリボン・インターフェイスを採用し、さまざまな機能に簡単にアクセスできるようになった。もう右クリックやキーを押しながらのクリックなどをしなくてもよい。ファイル・コピー機能も改善され、コピーの状況が分かりやすくなっている。(2013/1/31)

Windows 8レボリューション:
第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows 8の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/1/10)

Windows 8レボリューション:
第13回 Windows 8を持ち運ぶWindows To Go
Windows To Goとは、USBメモリやUSBハードディスクにWindows 8やアプリケーションをインストールして出張先や自宅へ持ち運ぶためのテクノロジ。ちょっと借りたPCでUSBブートさせれば、既存のシステムにいっさい手を加えることなく、いつもの環境をすぐに再現できる。(2012/12/26)

Windows 8レボリューション:
第12回 Windows 8の標準アプリ「メール」はどこまで使えるか?
Windows 8には、メール・クライアントとして「メール」というWindowsストア・アプリが標準装備されている。「メール」は、何ができて、何ができないのか、その設定方法と機能について紹介する。(2012/12/13)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

Windows 8レボリューション:
第10回 タッチで操作するWindows 8
キーボードやマウスを持たないタブレットPCではタッチUIでPCを操作する。スマートフォンでは当たり前のことだが、Windows 8の登場により、Windowsシステムでもやっと使えるようになった。今回はWindows 8におけるタッチ操作について解説する。(2012/11/29)

Windows 8レボリューション:
第9回 ファイルを自動バックアップするファイル履歴機能
Windows 8ではファイルやデータのバックアップ方法として、新たに「ファイル履歴」機能が導入された。ユーザー・ファイルしかバックアップしないが、最短で10分という、非常に短い間隔でファイルを自動的にコピー・保存できるので、すぐ前のバージョンを取り出すのも容易である。この新機能の利用方法や注意点を解説する。(2012/11/22)

Windows 8レボリューション:
第8回 Windows 8によるPCの「リフレッシュ」と「リセット」
Windows 8システムが起動しなくなった場合、PCのリフレッシュやリセットを使えば簡単に初期状態に戻せる。パッチなどの不具合によるPCの起動失敗時に役立つ「自動修復」についても解説。(2012/11/15)

Windows 8レボリューション:
第7回 Windowsストア・アプリの導入/管理
Windows 8の大きな特徴の1つであるWindowsストア・アプリについて、そのインストール方法やインストール済みアプリの管理方法などを詳しく解説する。(2012/11/1)

Windows 8レボリューション:
第6回 Windows RT搭載タブレット「Surface」ファースト・インプレッション
米国で発売されたMicrosoft純正タブレット「Surface with Windows RT」。そのハードウェアの特徴や従来のWindows OSとの比較をレポートする。(2012/10/31)

Windows 8レボリューション:
第5回 ユーザー・アカウントとパーソナル設定
Windows 8のユーザー・アカウントの管理方法やユーザーごとの個人的なプロファイル設定(パーソナル設定)の変更方法、Microsoftアカウントによるサインインの方法などについて解説。(2012/10/18)

Windows 8レボリューション:
第4回 Windows 8の新しいユーザー・インターフェイス
Metroアプリでは従来とは大きく異なる全画面型のUIを採用。その操作方法は? チャームメニューやMetroアプリの切り替え方法も解説する。(2012/10/4)

Windows 8レボリューション:
第3回 ARMアーキテクチャのWindows RTファースト・プレビュー
ARM対応の新Windowsがいよいよデビュー。Windows RTとは何か、IntelアーキテクチャのWindows 8とはどう違うのかを実機で検証した。(2012/9/26)

Windows 8レボリューション:
第2回 Windows 8の新しいスタート画面
Windows 8ではスタートボタンを廃し、スタート画面からアプリを起動するようになった。その使い勝手は? ショートカットキーの一覧も掲載。(2012/9/13)

Windows 8レボリューション:
第1回 Windows 8製品版の概要
ついに完成した次期Windows OS。タッチ操作を強く意識した新UIを持つWindows 8はどれだけ革新的か? まずはエディション構成と、ユーザー・インターフェイスとインストールの概要から解説。(2012/8/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。