ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Touch」最新記事一覧

日本マイクロソフト、Windows 8に最適化した“タッチ タブ”を備えたBluetoothマウス
日本マイクロソフトは、Windows 8の操作を便利にする「Windows タッチ タブ」を側面に搭載したBluetooth対応ワイヤレスマウス「Sculpt Comfort Mouse」を発売する。(2013/6/17)

Microsoft、非タッチ対応PC向けWindows 8マウスを発表 “Windowsボタン”付き
「Sculpt Comfort Mouse」は左脇のWindowsタッチタブを押すとWindows 8のスタート画面が開き、上下のスワイプでアプリリストを表示したり、アプリを切り替えたりできる。(2013/5/24)

ワコム液晶タブレット「Cintiq」に新製品 「24HD touch」と「22HD」
ワコムが液晶ペンタブレット「Cintiq」の新製品として、24.1インチでマルチタッチ操作が可能な「Cintiq 24HD touch」と、21.5インチでフルHDワイドの「Cintiq 22HD」の2機種が登場。(2012/7/10)

ファインテックジャパン/Display 2012:
iMacが“タッチ対応”に──後付けタッチパネルキット「iMask-M」とWindows 8への可能性
タッチパネル研究所が、同社のタッチパネルを採用したiMac用後付けタッチ化キット「iMask-M」などを展示。重ねてUSB接続するだけという簡易性で、Windows PC+“Windows 8”対応周辺機器として今後の需要増も期待される。(2012/4/11)

普通のタブレットに飽き足らない人へ:
“ハイブリッドモーションPC”はアリなのか?――「FMV LIFEBOOK TH40/D」実力診断
キーボード付きのタブレット、といってもAndroidではありません。Windows 7のフル機能とキーボードを薄型軽量タブレットに詰め込んだ「TH40/D」、果たしてその実力は!?(2011/8/15)

アイ・オー、Windowsタッチ対応の21.5型フルHD液晶を8月上旬に発売
アイ・オー・データ機器は、タッチパネル付きの21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF222FBR-T」を8月上旬に発売する。(2011/7/20)

PCの地デジ移行はしましたか?:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(後編)――強力無比なテレビ機能と独特のタッチ操作にハマる
「PCのテレビ機能なんてオマケでしょ?」と思っているなら、あまりにもったいない。VAIO Lのテレビ&レコーダー機能は“PCだからできること”を徹底追求しているのだ。(2011/7/1)

Windowsタブレット向けマルチタッチアプリ開発(1):
Windowsでもスマートにできるマルチタッチの基礎知識
(2011/6/24)

アイ・オー、Windowsタッチ対応の21.5型フルHD液晶「LCD-MF222FBR-T」
アイ・オー・データ機器は、Windowsタッチ対応の21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF222FBR-T」を近日発売する。(2011/6/22)

2011年PC夏モデル:
富士通、「FMV」夏モデル――新型タブレットやワイヤレスTV対応ノート、スリムな液晶一体型を投入
富士通は個人向けPCの2011年夏モデルを5月19日より順次発売する。2つのスタイルで利用できるタブレットやワイヤレスTV対応ノート、スリムな液晶一体型などを用意した。(2011/5/13)

2つのテレビ機能+新感覚のタッチ操作が楽しい:
新型「VAIO L」徹底検証――“テレパソ”の弱点を克服した24型ボードPC
PC、テレビ、レコーダーを1台で実現できる“テレパソ”は機能が豊富な半面、各機能が中途半端になりがちだ。ソニーの新型「VAIO L」は、この問題に正面から挑んできた。(2011/4/19)

徹底比較で違いが丸分かり:
PR:EIZOの“エンタメ”液晶ディスプレイ、用途別おすすめ機種はコレ!
「タダの液晶ディスプレイには興味ありません。この中に、ゲームや映画、テレビ、電子書籍に強い液晶ディスプレイがあれば、私のところに来なさい。以上」――とはいうものの、何をどう選べばいいのか? ここでは国内ディスプレイメーカーの雄、ナナオ(EIZOブランド)のエンターテインメント向け液晶ディスプレイ4機種をじっくり見比べて、用途別に最適なモデルを選び出そう。(2010/12/22)

VAパネル/新スタンドを採用:
ナナオ、マルチタッチ対応の23型フルHD液晶「FlexScan T2351W-L」
ナナオの「FlexScan T2351W-L」は、Windows 7のマルチタッチに対応した23型フルHD液晶ディスプレイ。タッチ操作や電子書籍の閲覧に配慮した新スタンドを装備する。(2010/9/9)

Windows 7のタッチ機能を堪能できる:
7万円台の“侮れない”マルチタッチ対応PC――「ET2010AGT」実力診断
マルチタッチ対応の20型液晶を備え、デュアルコアCPUと外部GPUを搭載し、HDMI入力のディスプレイとしても使える。そんなPCが7万円ちょっとなら“買い”だろうか?(2010/8/12)

らくらくホン7とセットでどうぞ:
PCも“超らくらく”、シニア層+αに訴求──富士通、らくらくホン連携機能付き「らくらくパソコン3」
“らくらくホン7”と一緒に使う、かんたんPCが登場。富士通の3代目「らくらくパソコン3」は、らくらくホン連携機能を強化し、タッチ操作で扱える。(2010/7/27)

古田雄介のアキバPickUp! 番外編:
「いろんな人に深く自作を楽しんでほしい」――2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣
自作PCの祭典「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」が開催され、コアな自作ユーザーから声優ファン、女性やカップルまで、幅広い客層がベルサール秋葉原に集まった。(2010/6/14)

2010年PC夏モデル:
デジタル3波チューナー搭載となった18.4型フラッグシップノート――「FMV LIFEBOOK NH」
フルHD対応の18.4型液晶を搭載するフラッグシップノートPC「FMV LIFEBOOK NH」は、テレビ機能とCPUの強化が見どころだ。(2010/6/9)

2010年PC夏モデル:
キュートなデザインが光る14型ワイドノート――「FMV LIFEBOOK LH」
1366×768ドット表示の14型ワイド液晶を搭載する「FMV LIFEBOOK LH」は、“やさしい”デザインが特徴の「FMV-BIBLO S」を引き継ぐモデルだ。2010年夏モデルではCPU性能が引き上げられている。(2010/6/9)

マイクロソフト「XNA ゲーム ソフトウェア コンテスト 2010」の 結果を発表
(2010/5/17)

Microsoft、Windows 7向け「Touch Pack」を一般公開
Windows 7のタッチ機能を活用するアプリを集めた「Touch Pack」を、一般ユーザーにダウンロード提供する。(2010/4/22)

10.1型WXGA液晶×SSD×ファンレス×1.2キロ×10時間駆動:
“正攻法”で行くマルチタッチ対応モバイルPC――「Viliv S10 Blade」を駆る
完成度の高いタッチパネル搭載モバイルPCとして、知る人ぞ知る「Viliv」シリーズ。新モデルの「S10 Blede」は、Viliv史上最も使い勝手がいい1台かもしれない。(2010/3/30)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月22日〜2月28日):
PCも少しオリンピック特需? 地デジ内蔵PCが浮上
PCは普段の人気モデルに加えて、今回はデジタル放送チューナー内蔵モデルがいくつか浮上。オリンピック観戦と録画用に──というニーズも少しあったようだ。(2010/3/5)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月15日〜2月21日):
企業の期末需要もやや活発に──4万円台からの80型スクリーン付きプロジェクターなど
PCの売れ筋はほぼ2010年春モデルに移り、人気傾向も定着してきた。一方、期末時期のためか企業導入向け製品の動きもやや活発になっている。(2010/2/26)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月8日〜2月14日):
春のPC新機種、NECの「LaVie」「VALUESTAR」が好調
春の新生活商戦を担う2010年PC春モデルが出そろってきた。現在の売れ筋はすでにこれら新機種に移行しつつあるが、中でも人気モデルは何だろうか。(2010/2/19)

最高キーボードのThinkPad T400sはマルチタッチも最高?
「最高のキーボード」を搭載したThinkPad T400sにはタッチパネル搭載モデルもある。Windows 7で対応したマルチタッチの使い勝手はキーボードを超えるのか?(2010/2/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月1日〜2月7日):
PCの売れ筋、7割以上が春モデルに──MacBookも追随
PCの売れ筋は、2010年春商戦向けの新モデルに移ってきた。今回はMacBookやiMac、エイサー製小型PCなど海外メーカー製PCも健闘した。(2010/2/12)

開発チームに誕生秘話を聞く:
「LOOX U」は、なぜスーツのポケットに入るのか?
世界最小をうたうコンバーチブル型UMPCから“Real Pocket size PC”に生まれ変わった「LOOX U」。その超小型軽量ボディに込められた“本気度”を開発陣にうかがった。(2010/2/12)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月25日〜1月31日):
春の新機種に対抗、旧機種もしぶとく──「VAIO N」がトップ
前回のデスクトップPCに続き、ノートPCも2010年春の新機種がランキングに登場した。“春商戦”はまだ少し先だが、現在はどのモデルが人気だろうか。(2010/2/5)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月18日〜1月24日):
販売トップはなんと「iMac」──PC春モデルも登場
2010年PC春モデルが登場した。まだ購買需要が鈍い時期ではあるが、これら新機種は果たして何位に入ってくるだろうか。(2010/1/29)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月11日〜1月17日):
PCの売れ筋、Windows 7に混じり「iMac」も2位と10位に
年末年始商戦が落ち着き、次の春商戦シーズンを控えて購買需要がやや鈍る時期である。ただ、春商戦向けの新製品登場などにともなう「値下げされた製品狙い」という買い方もある。(2010/1/22)

2010年PC春モデル:
HDMI入力を備えた最上位モデルや低価格テレビモデルが追加された“タッチPC”──「FMV-DESKPOWER F」
富士通のWindowsタッチ対応液晶一体型PC「FMV-DESKPOWER F」シリーズに、HDMI入力を備えたモデルやタッチ非対応の低価格テレビモデルが加わった。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
新型ポケットPC「LOOX U」など新デザインのノートPCを多数投入──富士通「FMV」シリーズ
富士通が2010年個人向けPC春モデルを一斉投入した。発売は1月21日からで、目玉は500グラムを切る超小型ポケットサイズPC「LOOX U」だ。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
映像とサウンドを“極める”、ほぼ全部入りのハイエンドAVデスクトップ──「VALUESTAR W」
ハイエンドAVデスクトップ「VALUESTAR W」がCore i5搭載でパワーアップ。デジタル放送、フルHD液晶、BD、ウーファー搭載ヤマハサウンドなど、PCとAVの流行機能を“ほぼ全部入り”で搭載する。(2010/1/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月4日〜1月10日):
そろそろ新機種? 売れ筋PCには安価・お得モデルも
今回の販売ランキングは休暇明け1回目の集計。商戦期はやや過ぎたが、従来の売れ筋モデルに混じって実売6万円前後と手頃な価格のPCもじわじわ順位を上げている。(2010/1/15)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月28日〜2010年1月3日):
「年末セール」「初売り」で売れたPCは?
今回のランキングは、年末の12月28日から年始1月3日の実績を集計したもの。休み中、「初売りセール」などで家電量販店などに出向いた人も多いと思うが、この期間で人気だった製品は何だろうか。(2010/1/8)

2010 International CES:
Apple対抗!? MS版「Slate」を披露──WindowsワールドをアピールするバルマーCEO
米MicrosoftのバルマーCEOが、CES開催前日の基調講演でマイクロソフト版「Slate PC」を披露。あわせて、同社の技術で今後このように変わる──とする“3つのテーマ”をアピールした。(2010/1/8)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月14日〜12月20日):
安価に購入できる、売れ筋「地デジ+BD一体型PC」は?
年末商戦もそろそろ佳境だが、「近日中に買う」ものはもう決まっただろうか。12月末現在、地デジ+BD一体型PCや実売10万円前後のオールインワンノートPC、1万円台後半の高機能A4複合機などが売れ筋だ。(2009/12/25)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月7日〜12月13日):
Web通販で「クリスマス前必着」、いつまでに買えば間に合う?
自分用の買い物はさておき、家族用などとして「クリスマスまで」に間に合わせなければならないプレゼントをWeb通販で購入するなら、いつまでに購入手続きをしておくべきか。……実はもう期日ギリギリだ。(2009/12/18)

Windows 7世代の最強テレパソか!?:
VAIO秋冬モデル“もう1つの目玉機種”――新生「VAIO L」を攻略する(後編)
強力な3波デジタルテレビ&HDレコーダー機能、独創的なコンテンツ再生ソフト、マルチタッチ機能まで備えた新生「VAIO L」。レビュー後半はその真価に迫る。(2009/12/17)

マルチタッチ×フルHD液晶×BD×3波ダブルチューナー:
VAIO秋冬モデル“もう1つの目玉機種”――新生「VAIO L」を攻略する(前編)
極薄軽量ノート「VAIO X」がよく目立つVAIO秋冬モデルだが、もう1つの要注目機種がマルチタッチ対応の液晶一体型PC「VAIO L」だ。その実力やいかに!?(2009/12/14)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月30日〜12月6日):
ボーナスで購入するノートPC、「約10万円」がターゲット?
商戦期は、予算こそ人それぞれながら「アレがほしい、何がいいか」と悩んでしまう時期。中でも、現在最も売れている機種は何だろうか。(2009/12/11)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月23日〜11月29日):
「プリンタ、どれがおすすめ?」と聞かれたら
年賀状シーズンが近づき、新機種とともに量販店のプリンタ売り場に活気が出てきた。今、自分用はもちろん、誰かに「プリンタ、どれを買えばいい?」と聞かれたら、どんな製品が勧められるだろうか。(2009/12/4)

元麻布春男のWatchTower:
富士通「FMV-BIBLO MT」に見るWindows 7 マルチタッチの“実用度”
Windows 7で新たに実装された「Windowsタッチ」機能に対応したPCが続々登場しているが、その使い勝手はどうなのか。富士通のノートPCでチェックした。(2009/12/1)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月16日〜11月22日):
iMac、3位へ浮上──Windows 7搭載PCに迫る
冬商戦向けの新製品が出そろってきた各社PCの新機種。デスクトップPCは液晶一体型のモデルが売れ筋だが、Windows 7搭載の新モデルに混じり、21.5型のiMacがじわじわ順位を上げている。(2009/11/27)

PC&PC周辺機器販売ランキング(11月9日〜11月15日):
「Windows 7」搭載PC、現在の一番人気は?
そろそろ「冬ボーナスで何を買おう」と迷ってくる時期だ。冬商戦の目玉の1つ「Windows 7搭載PC」は、現在どのメーカーのどのモデルが人気だろうか。(2009/11/20)

Windows 7新時代:
第5回 タッチ・インターフェイスで使うWindows 7
Windows 7ではタッチパネルやタブレットPCなどが標準サポートされている。触れて動かせるWindows 7のタッチ・ユーザー・インターフェイスとは?(2009/11/19)

Windows 7 交響曲:
Windows 7の進化をコントロールパネルで見る
各種設定をカスタマイズするのに欠かせないWindowsのコンパネ。Windows 7では項目が整理され、便利な新機能も加わった。XP、Vistaと比較しながらチェックしていこう。(2009/11/12)

組み込みOSの新潮流 −Windows 7−:
組み込みで使えるWindows 7の新機能トップ7
本稿では、マイクロソフトの販売代理店であるユニダックス主催の「組込みだってWindows 7!! 今日からすぐ使える最新機能 大活用セミナー」で講演を行ったマイクロソフトのセッション内容を基に、Windows Embeddedの製品ラインアップの概要と組み込み分野で使えるWindows 7の新機能について紹介する。(2009/11/10)

古田雄介のアキバPickUp:
ちびっ子から声優ファンまで――Windows 7発売後のアキバで「セブン博」
Windows 7の魅力を伝える「セブン博」がアキバで開かれた。会場には、自作PCユーザーだけでなく、家族連れやパソコン初心者の女性、声優ファンなど、多様な層が訪れている。(2009/10/26)

待望のWindows 7モデルが登場!!:
PR:新シリーズが続々登場!! 富士通の2009年PC冬モデルを徹底チェック
ついにWindows 7搭載PCが発売された。富士通はノートPCのラインアップを大幅に強化しており、中でもモバイルPCで新シリーズを複数投入しているのが特徴だ。まずは新モデルの見どころを整理した。(2009/10/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。